>>ブログトップへ

7月 16 2019

神に疎(うと)い人たち

ニューヨークのマンハッタンで大規模停電が起きたようですね。

信号も消え、地下鉄も止まり、あの有名な繁華街のタイムズスクエアでも電光掲示板の映像が消えて混乱し、ブロードウェイも影響を受けたとか。(そうですか。そちらにいられるんですね。皆様方は)

何かこちらと(東京などと)同じようなことが起きています。(最近の東京など電車がよく止まって混乱していますから。〔苦笑〕)神の教えのじゃまをすると(あるいは無視していると)どこも似たようなことが起きるようです。

まあ、それはともかくです。くれぐれもいっておきますが、日本には本当の神の教えが出ています。

その教えを否定するような態度はおやめください。そうしないと大変なことが起きるからです。

その大変なことがすでに日本にはたくさん起きているのですが、どうも日本の人たちは「神」という言葉に疎いようで、どれだけ天罰を食らっても、それを天罰とは認めず責任転嫁しているだけのようです。

そういう意味では神に疎い人たちは幸運なのかもしれません。どれだけ神の業が起こされていても、神が分からない人たちは、その神の業の恐ろしさを感じないようであるからです。

現在でも、あちこちで起きている大雨や東京などの天気(異常な日照不足)でも(もうこんな極端なことが何年も続いているのですから)十分、神の恐ろしさは分かるはずですが、これらはみな温暖化のせいとしか思わないようです。

しかし、東京の人たちで、この異常な日照不足を神の業であると知っている人たちもいます。そういう人たちがいつまでも神を無視する態度を取り続けるのであれば、このような異常な状況はいつまでも続くでしょう。

こちらの人たちも同じです。あまりに神の恐ろしさを認めようとしない人たちばかりです。

そのような傲慢な態度をいつまでも取り続けるのであれば、起きている恐ろしい神の業はいつまでも出続けるでしょう。

こちら名古屋圏の人口減少も止まらないようですし(怒っている人は多いし、車は相変わらず少ないし、豚コレラも全然止まりません。では、人口減少も止まらないのでしょう)もう責任転嫁はやめたらどうでしょう。

すべて神を認めようとしなかった自分たちが悪いからです。

昔の人ならです。これほどのことが起きているのならもう恐れおののいて、神の恐ろしさを認め自分たちの行いをよく反省したのです。

だから、異常現象も段々収まって行ったのですが(その反省が神の心に叶って)しかし、現代の人たちは、その神をいつまでたっても認めず、恐れようともせず、反省しようともしません。

それでは起きている異常現象は止まらないのです。

そのような傲慢な心が神の怒りを買い続けているからです。

その神の怒りが、このような異常現象として現されているのです。もう何年にもわたりこういう現象が起き続けているのです。

いい加減、そのような事実を理解してはどうでしょう。神をまったく恐れようとせず、反省しなければこのような現象は止まらないからです。

いつまでも(無理やり責任転嫁して)神と、そうして神の恐ろしさを認めようとしない人たちばかりです。

本当に恐ろしいことです。

これでは今後まだ、どれだけ恐ろしことが起こされるか知れないからです。

しかし、このような異常現象もそうですが、少なくとも、今のような偏った景気は何とかしてもらわないといけませんよね。

あまりに日本の人々が(一部の人たちが儲けているだけで)貧困であっては、この本当の神の教えである正法神理もよけい伝わらなくなるからです。(異常現象プラス貧困な人が多くては、神の教えより先に飯を食べなければいけないということになって、神の教えどころではなくなるからです)

参院選も全然盛り上がりませんもんね。何が争点かよく分からないし、テレビでは、これから不景気に向かっていくようなニュースばかりであるからです。(米中貿易戦争の影響で中国のGDP成長率が過去最低とか、日本の工作機械の受注率が去年の同じ時期に比べて三十数パーセントも下がったとか)

これでは参院選も盛り下がるでしょう。ろくな話がないからです。(これ以外でも〔イランなどの〕中東問題はありますし、ヨーロッパの景気も下降気味であるとかいいますし、ブレグジット〔イギリスのEU離脱〕問題もありますから)

なんか参議院は自民が快勝しそうなんですよね。

では、どうでしょう。この参院選が終わったら、続けて衆議院も解散して、解散総選挙を行ってはです。

もう今後の不景気は確定なのです。

このような状況をかえりみて方針転換して、消費税減税を争点として解散総選挙を行うのです。

そうすれば、参議院に続き(まだ結果が出ていないので分かりませんが)衆議院も自民が快勝して憲法改正から何から何までやれるようになるからです。

どちらにしても、このまま参院選で自民が勝ってそのまま消費税を上げるなら、この秋以降は大変なこと(リーマンショック以上の不景気)になりそうです。(絶対なるでしょうね。このまま消費税を上げるならです)

あまりに日本が貧困になってしまっては中国などの思う壺です。(それを望んでいる人もいますが)それは望まないんじゃないですか。

ニューヨークの方々などはです。

参院選が終わったら続けて衆院選、そうして争点は消費税減税、これくらいはしないといけないでしょう。

それ以外でも日本は神から相当の怒りを買って何を起こされるか知れないからです。(ということは、まだ不景気のタネが増えるということですから)

今のところの日本は悪い方、悪い方にしか行っていません。

この方向を変えるには、私たち一人一人が神を思い、神の心に従うことです。そうすれば、よい方、よい方にと導かれて行くからです。

いつまで神に疎いままでいるのですか?

そのような心のままでは不幸にしかならないのです。

追伸…相変わらず勝手なことをいっている韓国とは揉めまくりですね。

私たち日本国民は大喜びですが(これまでずいぶん我慢してきましたから。韓国にはです)どうでしょう。

フッ化水素などの横流し疑惑のある韓国に対し、その問題だけではなく、徴用工や慰安婦問題、そうして竹島まで返してもらわねば、韓国に対する輸出規制は絶対にやめないと宣言したらです。

どちらにしても、ここまで来たら、そのような諸問題が解決するまでは韓国に対する輸出規制はやめられないでしょう。

今回はとことんまでやりましょう。悪いのは韓国の方であるからです。

(反省させるところは反省させないと韓国のためにもならないのです)

2 コメント

7月 14 2019

勇気

何の奇跡も起きない皆さん、怒ってばかりいないで、いい加減、私のいうことをきいてください。そうすれば救われるからです。

こういう書き方が神経を逆撫でするんでしょうか?

しかし、こちらは逆恨みされ嫌がらせばかりされています。そういう書き方にもなるでしょう。

ここに書いていることを行えば災いは起きないのにです。

それにもかかわらず、それを自分でやろうともせずにいて、行いを変えないまま(ということは心が汚いまま)悪いことが起きて来たら私のせいにしているだけです。

「バカじゃないか」と思うのも無理はないでしょう。救われたかったらやればいいのです。ここに書いてあることをです。

私が、そんな悪いことばかりしていたら私にもっと悪いことが起きて来てもおかしくはないでしょう。しかし、私には奇跡しか起きて来ないのです。

そのような法則は無視し、悪いことをすべて私のせいにして、自分たちの行いは一切、省(かえり)みない。それではよいことが起きてくるわけがないのです。

そういう都合のいい単純な発想しかしないから、この辺りの人たちはいいことが起きて来ないのです。

何年、同じことをしていれば気がすむのでしょう。いい加減、理解しませんか。自分たちの行いが間違っているとです。

私は行いが正しいから(悪いことなどしていないから)奇跡が起きているのです。どれだけそれを認めたくなくても、起きてくる奇跡が、私が正しいことをしているという何よりの証拠なのです。

では(正しい行いをしている私が)このブログに書いているように行いを変えるなら、起きてくることは必ず変わります。

くだらない意地などもう捨てて(そんなくだらない意地など持っていたところで百害あって一利なしだからです)勇気を出して行いを変えてください。

そうすれば救われるからです。

さて、私も勇気を出して書くんですが(苦笑)ピタリと止まりましたね。おかしなメールがです。

ちょっとリアルで怖いです。本当に存在してるんですね。影の世界政府って。(しかも、私のような一人でブログを書いているだけの者にまで脅しをかけてくるなんて信じられません。〔涙〕)

しかし、大丈夫でしょうか。最初私は、嫌がらせメールの相手が誰だか分からず、メチャクチャ祈ってしまったからです。(やくざと知らずに山口組の組員祈るみたいなものです。〔大汗〕)

まさか、そちら系の人とは思わず「何だこいつ、誰にこんなメール送ってんだ」と思い「こういう奴には神の恐ろしさを教えてやらんといかんな」とも思ってガンガン祈りました。

何度かおかしなメールが来て、そうしてその中に外国人の写真入りのメールが入っていたから「…あれ、まさか…」などと気づいたわけで、その前までは知らずにずいぶん祈ってしまったのです。

だから、そちらに出ていないか、心配です。

おかしな病がです。(その流れで前回のようなブログを書いてしまいました。出来心です。〔涙〕)

まあ、余裕だとは思いますがね。私一人くらいどうとでもなるからです。(脅そうが、暗殺しようが、金と女で堕落させようがです。〔苦笑〕)

しかし、その私一人がこの辺りではずいぶんな騒ぎになっています。(そこらへんはご存知だと思いますが)ずいぶん多くの人にずいぶん災いが現れています。

いくら影の世界政府の皆さんとはいえ、神の力にはなかなか抗(こう)しえないでしょう。ちょっと心配ですね。ずいぶんそちらを(知らずに)祈ってしまったからです。(何か出たら暗殺されます。〔涙〕)

ど、どうでしょう。こちらの人たちのように無駄な抵抗をするのではなく、そちらの方々は豊富な資金をお持ちだとききます。

では、少々の布施などされたらです。そうすれば神も喜ばれ災いが現れることもないと思うからです。

こちらの人たちなどひどいものなのです。

こちらの人たちはどれだけそれをいってもやろうとしません。だから、天変地変はドンドン現れる(今日もまた九州や四国など大雨になるかもしれないといわれていますし、東京辺りでもひどいものですね。七月に入り全然晴れないそうではないですか。〔これだけひどい日照不足は観測史上初だそうですが〕こんなことばかり起きて、もはや日本は災害列島などと呼ばれているのです)癌も今や二人に一人がなるといわれ、経済も(景気がいいというばかりで)ひどいものなのです。(偏ってしまってです。これは、そちらのお力がかなりあると思いますが…)

私が、何がいいたいかといえば、こちらの日本の人たちは、神に何年も逆らい続けているばかりに、ドンドンひどいことが起きて来ているということです。

こういうことがそちらの皆さんに起きて来てもいけません。だから、恐れ多いとは思いますが、書かせてもらっているのです。

そういうことが起きて来ない方法をです。

何せ相手は神なのです。仮に私をどれだけ脅しても、また評判など落としても(様々な手法で)犯罪者などに仕立て上げても(濡れ衣を着せて)そうして暗殺などをしてもです。

それではダメなのです。

神はすべてお見通しであるからです。

だから、そんなことをすればするだけよけい神の怒りを買ってしまうのです。(ただし、私を堕落させて心を変えることが出来れば災いは起こらなくなります。神が私から離れるからです……弱点書いてどうする。〔苦笑〕)

ですから、もし、そういうことをすればです。こちら以上のことが、そちらに起きかねません。こちらだけでもずいぶん多くの災いが現れているのです。(何せ今年はこれまでで一番日本の人々の人口が減ったそうですから。〔四十三万人〕少子高齢化ばかりでなく起きている多くの災いもずいぶん関係していると思いますよ。日本の人口減少にです)

だから、こういうバカげたことは、そちらの皆さんはされないと思います。ずいぶん頭のいい方々が揃っているときいているからです。

では、どちらが得かはすぐに理解されるでしょう。少しくらいの布施などされたらどうでしょう。その方が安全であるからです。

それに、そうはこちらを意識されることもないのではないでしょうか。日本のお歴々がそちらに逆らうなど出来るわけがないからです。(それはお分かりであると思います。やれる人がいるわけがない。〔笑〕)

ちゃんと日本はいわれたことをしているはずであるからです。(だから、日本もお手柔らかにお願いします。トランプ大統領にもよろしくお伝えください)

それに私など、その日本の片隅で一人ブログを書いているだけなのです。仮に私の名が売れて金など入って来ても、誰も私になど寄っては来ないでしょう。

すでにこれだけのことが起きているのです。私に寄って来て病気になるのも嫌だろうからです。

ですから、それほど心配したこともないと思うのですが…どうでしょうか?

まあ、お手柔らかにお願いします。本当の神の教えを説いている私にあまりちょっかいをかければそのような人たちは必ず不幸になっているからです。(ここら辺、そういう人たちがごまんといます)

しかし、どれだけ栄耀栄華を極めていようと、いずれは寿命は尽きます。(不老長寿の薬などないのですから)

あの世は確実に存在します。あまりに間違ったことをし続けるなら死後は、確実に地獄に堕ちないといけなくなるのです。

少しは神の心に従うというところも見せないと後々苦労されるのではないでしょうか。いくら影の世界政府といわれる方々でもです。

その点でいうならです。この本当の神の教え(正法神理)は本当に貴重なものであると思いますがいかがでしょうか。

私も勇気を出して、このようなことを書いています。このブログを見ている人たちは、少しはそれに応えていただきたいものです。

(ほんと、一人で何やってんだろうと思う時がよくあります)

追伸…何か寄付が集まらないで困っている人たちがいるようなので、寄付が集まる方法を書いておきます。(まったく布施が集まらない、私がいうのも何ですが。しかし、私の場合、その布施をしようとしない人たちに次々に災いが現れているのですから、これは布施をしようとしない人たちが悪いと〔しないといけないと〕明らかに分かります。だからいえるのです)

寄付が集まらない人たちは、まず自分たちが寄付をすればいいのです。

そうすれば、善因善果、悪因悪果という原因結果の法則や循環の法則により、自分たちにも寄付が集まるようになるからです。(本当ですよ。そのような法則は確実に作用するからです)

だから、自分たちがまず積極的に人に寄付することですね。そうすれば、より以上の寄付が自分たちに集まってくるからです。

寄付しなければいけないのに、寄付をしていない人はいませんか?

そういう人に感謝の心で寄付をするなら、自分たちに入ってくる寄付は確実に増えてくるのです。

0コメント

7月 11 2019

続、起きている恐ろしい事実

前回のブログのように、ちょっと本当のことを書くとこの辺りの人たちアホみたいに怒っていますが、怒ってもしょうがないでしょう。

事実は事実なんですから。

そういう事実を認めたくないのか、それとも怖くて仕方がないのかそれは知りませんが、不幸になりたくないのであれば、心を入れ替えることです。

心を正しく入れ替えるのであれば不幸はやってこないからです。(もちろん行いもですが)

そういえば今年の(日本人の)人口調査の結果が出たようですね。

今年は、人口減が過去最大(四十三万人)だったそうですが、その人口減の中でも、特に、名古屋圏(岐阜、愛知、三重)と関西圏(京都、大阪、兵庫、奈良)の落ち込みが大きいとのことです。

関西圏はともかく、名古屋圏の落ち込みなど、この辺りで起きている現象が大きく作用しているのではないでしょうか。

なぜなら、愛知県など(なんと)今年はじめて人口が減ったとのことだからです。愛知県はこの調査が始まった昭和四十三年(1968年)以来、一度も人口減はなかったのです。

それが今年初めて人口が減ったとのこと。それまでの数十年、減らなかった愛知県の人口が今年なぜ減ったのでしょうか?

出生数が減ったからでしょうか?それとも高齢化の影響が東海地方にも出て来たのでしょうか?

そればかりではないでしょう。流行病の影響もかなりあると思います。

この流行病の影響で、それまで減らなかった愛知県の人口が今年はじめて減ったのです。(名古屋の人口は微増とのことですが〔なんか歩いていても増えている感じしませんけどね。最近は特にです〕単にそれは他の地域から名古屋にくる人が増えているだけでしょう)

それにこの人口調査は今年の一月一日時点のものです。今年に入ってまた一段と車など減っています。それこそ来年の人口調査が怖いです。

こういう事実まで分かってきているのですから、早く止めないといけないのではないでしょうか。

この辺りの流行病をです。

そうしないと、名古屋圏の人口が、まだこれからどれだけ減るか分からないからです。この数年で名古屋圏だけ異常に人口が減ったら怖いからです。(汗)

そうなりかねないのではないですか。なぜなら、今回の人口調査などまだ車が(トラックが)減り出して一年もたっていない時のものであるからです。

たしか車が減りだしたのは、去年の二月くらいからでした。(私がブログを書かなくなってしばらくしてからそういう現象が起こり始めましたから。去年の一月末くらいからでしょう。私がブログを書かなくなったのは)それからこの辺りの車がドンドン減って行ったのです。

そうしてそれは名古屋以外の愛知県内や三重県の辺りまでそうなって行ったのです。(わざわざ私は他の地域まで道路の車を見に行きましたから)

ずいぶん恐ろしいことが起き出したなと思っていたら、今回の人口調査です。

私の思っていることが裏付けされたようです。確実に東海三県の走っている車は減っているようです。その東海三県の日本の人々の人口が確実に減っているからです。

しかし、ずいぶん恐ろしい事実なのではないでしょうか。走っている車がドンドン減っていくなどです。

そうしてそれは、このブログ(如来の教え)を書かなくなった時より始まったなどです。

では、このブログをまったく書かなくなったら日本はどうなるのでしょう。きっと滅ぶんでしょうね。

だって、しばらく(ほんの四~五ヶ月)書かなかっただけで、こんな現象が現れるのです。

では、全然このブログを書かなくなったら、ほんの数年で日本中にこういう現象が現れて来て、段々日本の人口が減って行き滅ぶんじゃないですか。

日本はです。

そのような事実を、この名古屋圏で起きている(恐ろしい)現象が証明しているのです。

こういう事実が分かったにもかかわらず、それでも認めないのでしょうね。

このブログを見ている人たちは、この如来の教えの大事さをです。

これほど分かりやすい現象が現れているにもかかわらずです。(本当に罰当たりな人たちばかりです。この教えを大事にするなら奇跡が起きるのに)

ほんとすさまじい傲慢さですが、しかし、これだけ傲慢な人が多くては止まらないでしょうね。災いはです。

相変らず激しい雨も続いていますし(東京などもひどそうですね。雨というより日照不足がです。この十日間くらいはほとんど晴れていないようではないですか)まだこれから西日本などで激しい雨になるところもあるとか。

本当にどこもいつまでたっても止まりません。『災い』がです。

皆さん方がいつまでたっても心を変えようとしないからです。(本当に凄い人たちですね。これほどの現象が現れているにもかかわらず、まだ頭を下げようとしないからです。神に対してです…天上界の人たちも呆れているでしょう。これだけ傲慢な人たちは史上初であるとです)

まあ、しかし、そのような傲慢な人たちに比べです。私などもうそこらじゅうで(災いどころか)愛が返ってきます。

ほんと嫌になるくらいです。(苦笑)

歩いていれば、あちこちから鳥が飛んで来て周りを飛んでいますし(すずめ、ツバメ、ムクドリ、カラスなどなど、ピィピィ鳴きながら飛んでいます。カラスはギャーギャうるさいんですが。〔苦笑〕)川や海など行けば魚が寄ってくる。

動物園や水族館など行けば異様に愛想のいい動物ばかり。もう、動物たちから異常な愛の返り方なのです。

人がいなければ私の周りはあまりに愛があふれて溺れそうなくらいです。(笑)

何で私にはこれだけ多くの愛が返ってくるのでしょうか?そうして私以外の人たちには、何でそれだけ多くの災いが返ってきているのでしょうか?

もちろんそれは行いが違うからです。

私は何の見返りもなく如来の教えを世に説き続けています。如来の教えを見返りもないまま、世に説き続けているとはどういうことでしょうか?

それは世に一方的に愛を放(はな)ち続けているということになるのです。しかもその愛は最上級の愛です。(如来の愛以上の愛はありませんから)

だから私には、動物たちから溺れてしまうほどの愛が返ってくるのです。それほどの愛を常に私は世に放ち続けているからです。

その自分の出した愛が自分に返ってきているだけなのです。

では、私以外の災いばかりが返ってきている人たちはどうでしょう。

そのような人たちは、ただ自分のために金儲け(仕事)をしているだけで、あとは自分のためにその金を使うか、怒りや妬みやひがみを出すくらいで、愛など出していないのでしょう。(仮に愛を出すにしても微々たるものなのでしょう)

それでは災いくらいしか返ってこないのです。(そうして微々たる愛には微々たる愛しか返ってきません)

自分が出したものしか自分には返ってこないからです。

自分の周りに起きていることは、自分がこれまでしていることなのです。

大変恐ろしいことが起き始めています。(もうずいぶん前からですが)早く心を入れ替えないと、その恐ろしいことは止められないのです。

追伸…少し前から(影の世界政府のことを書きだした頃から)おかしな(わけのわからない)メールがたくさん入るようになりました。

もしかして影の世界政府の皆さんからの嫌がらせでしょうか?

もしそうならありがたい話です。なぜなら、そういうことであるなら(そちらが手を出してくるなら)そちらの皆さんにも私の祈りが届くはずであるからです。

どうぞたくさんのメールをお送りください。こちらも一生懸命祈るからです。

そうして私の祈りが届いたら、ぜひ、影の世界政府の皆さんも心を入れ替えこの教えに帰依してください。

そうすれば、がっぽり布施ももらえるであろうからです。(ずいぶんたくさん儲けてみえる人たちばかりでしょうから。〔笑〕)

2 コメント

7月 09 2019

起きている恐ろしい現実

いい加減やめませんか?流行病を私のせいにするのはです。

怒って私のせいにしていても仕方ないでしょう。おかしな病気になったのなら、医者に行くか、それとも私のいうことをきくかのどちらかにしてはどうでしょう。

その方が早くよくなると思うからです。

昔も流行病で多くの人がコロコロ死ぬということなどよくあったのです。

江戸時代など痘瘡(とうそう・天然痘)やはしか、風邪(インフルエンザ)などの流行で、短期間に想像を絶するほどの人の命が失われたのです。(江戸時代に江戸の町で、インフルエンザでひと月に八万人以上の人が亡くなったという記録まであるくらいです)

だとしたら、現代にそういうことが起きても決して不思議ではないわけです。時代が変われど、起きることにさほど変わりがあるわけはないからです。

人の心はそれほど変わらないからです。(心が変わらなければ同じようなことは起きてきます)

こちらなどトラックが減りっぱなしで増えて来ないのです。では、もうトラックの運転手の多くが亡くなっていると考えてもよいのではないでしょうか。病気なら、回復すればトラックの数がまた戻ってきてもおかしくはないからです。

しかし、いつまでたってもトラックの数は戻って来ないのです。

では、最悪のことがたくさん起きていると考えてもおかしくはないでしょう。恐ろしい話ですが、そう考えざるを得ません。(どうもそのようです。あちこちで確認していますから。運転手やトラック会社など通ると私が直接きいてです)

それが現実なのです。現実は現実として受け入れましょう。現実逃避をしていても危ないだけであるからです。

もうそれほど危ないことが起きているということです。

それなのにまだ如来の教えを勉強しようとはしないのですか?責任転嫁ばかりで心を汚いままにしていて平気なのでしょうか。

そのような心が流行病を呼んでいるというのにです。

昔は、例えばインフルエンザなど流行っても、薬や注射を打って治すなどということは出来なかったのです。(江戸時代にインフルエンザを治す薬などなかったのですから)そうして、マスクもなければ、うがいや手洗いなど、そういう予防するという知識もなかったのです。

治す薬も予防するという知識もなく食べ物も粗末なのですから、こういう病気になれば、昔など次々に人に感染して、それこそ江戸の町や村の人々が死に絶えるということがあっても、決して不思議ではありませんでした。

昔は伝染病の感染を防ぐ力などないに等しかったからです。

インフルエンザなどはかかっている人の唾などかかって菌が入れば、まず感染してしまいます。はしかなんて空気感染までしてインフルエンザよりも、もっと感染率が高いのです。

それにもかかわらず、それで多くの人が亡くなっても、ある程度、時期が過ぎると、そのような病気の流行も段々減っていき収まって行きました。

なぜでしょうか?何で、伝染病の感染を防ぐ力もなく薬もないのに、そのような伝染病が段々収まって行ったのでしょう?

これをただの自然現象で、何でもそうだが時期があって、その時期を過ぎれば下火になり自然に収まって行くと考えてしまうと間違えてしまうのです。

このような伝染病が、時期だけで何の予防も薬もなく自然に収まるわけがないからです。

しかし、実際は時間が過ぎれば自然に病気が収まって行きます。だから、みな間違えてしまうのです。

こういうことは、すべて時間が過ぎれば自然に収まって行くものであるとです。だから、薬がない昔は、その時間の(流行る時期の)過ぎるのを待つしかなかったのであるとです。

しかし、それは間違いなのです。このような流行病は時間がたったから収まったのではなく、その病気になっている人たちの心が変わったから、段々収まって行ったのです。

つまり多くの人の心が変わったからこのような流行病も収まったということです。神が、その病気の発生を、段々(その人たちの心に合わせて)収めて行ったからです。

何でも同じなのです。

天変地変もそうだし、このような流行病もそうです。

昔の人は、ひどい災いが続けば、それは神の怒りだと知っていたのです。だから、あまりにひどいことが起きてくるようだと、みな自分が悪かったからこういうことが起きているのだと、これまでの行いを反省し、多くの人が心を変えたのです。

その結果(神の心に叶う人が増えて)段々その災いが収まって行ったのであって、決して時間が過ぎたから起きている災いが自然に収まって行ったわけではないのです。

それが事実なのです。それを多くの人たちは知らないだけなのです。(だからとはいえです。心を変えれば病気が治るのなら薬はいらないではないか、などという極論はもちろん間違いです。そのような心を直すための補助として様々な薬を神は人間に与える導きをしているからです)

まあ、知りようがありませんが、当時、そのような災いが起きたという記録は残っていても、江戸時代の人たちの心の中までの記録は残っていないからです。

だから、江戸時代に数々起きた流行病などがなぜ収まって行ったのか、それは心を変えたせいで収まって行ったという証拠はありませんが、しかし、残念ではありますが、そのことが正しいということを、現代の人たちが証明しているのではないでしょうか。

証明していますよね。江戸時代に比べればはるかに文化文明が進んだ現代においても、その心を変えなければ、起きてくる災いは止まらないからです。

こちらで起きている流行病もそうだし、いまや災害列島などといわれる日本中で起きている天変地変もそうです。

現代の人たちが少しも心を入れ替えようとしないため(神を認めて恐れようとしないため)そのような災いは起き続けているからです。

だから私はいっているのです。「この如来の教えを無視していてよいのですか?」とです。

何度もいいますが、これだけ災いが起きている時に奇跡が起きているのは(如来の教えを実践している)私たちだけなのです。

ということは、私たちだけが正しいことをいって(して)いるということであり、だから奇跡が起き続けているのです。

正しいことをしていれば、その正しさを神が証明してくれるからです。その神の証明が奇跡として現れているからです。

如来の教えこそ正しいものであり、その正しいものを実践しているから、私たちには次々に奇跡が現れるのです。

いろいろなことをいう人がいますが、果たしてそれが正しいことなのでしょうか?その人のいうことに奇跡という裏付けがあるのでしょうか?

それがないのであれば、そういう人のいうことをそのまま信じてしまうのは危険でしょう。すでに間違った考えでいる人たちに次々に災いが現れているからです。

もう正しいことをしっかり理解しなければ自分の命が危ないのです。(これだけ多くの災いが日本中に起きていてまだそれが分かりませんか?)もっと現実をよく見たらどうでしょう。

そうすれば、正しいことが分かってくるからです。(そうして恐ろしいこともです。もう少し恐れてはどうでしょう。神の力をです)

その正しいことが分からなければどれだけ危ないことが起きてくるのか?

それをよく理解しないといけないのです。

追伸…こういう(恐ろしいこと)が次々に起きています。今やらなくていつやるのでしょう。

如来の教えの実践をです。

それに如来の教えが出ている時にしか、大きく世を変えることは出来ないのです。今この教えを知っている人たちが立ち上がらなくては、どちらにしても滅んで行くことになるでしょう。

そのような道しか今の人々には残されていないからです。(段々周りのものを搾り取られてです。影の世界政府によってです)

それを変えることが出来るのは、この如来の教えしかないのです。

少しずつでも結構です。協力してもらえませんか?一人だけではやりようがないからです。

少しずつでも力が結集するなら大きく世の中を変えることが出来ます。(神の力によってです)

少しずつでも神に従った方がよいと思います。私たちは生きている間だけではなく、死んだその先も神に従って(魂が)生きていくことになるからです。

0コメント

7月 07 2019

中道の心(ちゅうどうのこころ)

参院選が始まりましたが、しかし、困りましたね。

何が困ったかって、今回はマジで入れる政党がないからです。

今までは自民党に入れていたんですが、最近の自民党の出してくる法案のひどさは度が過ぎています。さすがに今回は自民党には、と思っているんですが、では、どの党(議員)に入れるのか、といわれると、入れる党も議員もいないというのが現状です。

しかし、今回だけは意地でも自民党には入れたくないし(なんか、本当に最近の自民党は変わってしまいましたよね。安倍総理もこんな人でしたっけ?人が変わったようにおかしな〔金持ち優遇の〕法案や日本が変わってしまうような法案を、次々に通してきて〔しかも強引に〕消費税まで上げるとのこと。その分、法人税は下げるとかいわれていますが、これだけ内部留保がたまっている大企業の法人税を下げ消費税は上げる?逆でしょう。儲けている会社の法人税を上げて庶民にまともに負担がかかる消費税を下げないといけないのに〔露骨な金持ち優遇政策です〕これでは庶民を苦しめる悪代官と越後屋の悪だくみのようです。このような偏った政策ばかり。どうしてしまったんでしょう。安倍総理も自民党もです)さりとて名古屋など立憲民主党を応援している人が多そうですので(昔の民主王国の流れですかね)それに乗っかって立憲民主などに入れようものなら(この人たち女系天皇論など平気で出してきていますが…こんなとこ応援する人が多いから名古屋はろくなことが起きないのです)そんな左翼政党に票を入れれば、このご時世(正法の世)です。

何が起きるか分かりません。(日本をバラバラにしようとしている左翼政党を応援する人が多いところなど、どんな激しい天変地変を起こされるか知れませんから。天からです。怖いです。〔汗〕)

じゃあどこにするんだということになります。今回は選挙に行くのをやめておきましょうか。〔苦笑〕それとも白紙で投票するかですよね。

とか思って新聞を見ていたら、愛知の中にN国党員という候補者がいました。

最初は「何だこれ、おかしな宗教団体の候補者か」(幸福実現党みたいな。〔苦笑〕)と思いましたが、よく調べてみると、それは「NHKから国民を守る党」とのことでした。

NHKの偏向報道は未だ直っていないようですし(左翼的な番組ばかりじゃなく、一度でいいから右翼的といわれるような番組をつくってみろといいたいです。〔国民から受信料取ってんだから公平につくれよ〕…それは無理ですか、上の人たちが左翼的な人が多いから。〔苦笑〕)受信料もワンセグにまで広げてずいぶん儲けているようですし(NHKの純資産が七千~八千億円もあるそうですね。どんだけあるんだという話ですよね。もっと受信料下げろよといいたいです)それに犯罪者も多い。(よくニュースでNHKの職員が何かしたとかやっています)

そうであるなら、ぜひ、NHKは改革してほしいので、今回はこの候補者に入れるか、とも思っていましたが、そうしたらこの党も社民かどこかと組むとかききました。(危ない左翼思想の人たちばかりです。〔涙〕)

マジで入れるとこないです。

しかし、寂しい話ですね。入れる政党がないということはです。もう少し庶民の味方であり、日本にとって公平で正しい政治が出来る政党が出てきてほしいものですが(奇跡が現れるようなです)なかなかそれは難しいでしょう。(奇跡が起きる政治を行うには、この教えで説く神の心を基にしないと出来ませんから)

そこまでは難しいのでしょうが、しかし、なんでまともな政治が出来ないのでしょう。どちらかに偏った政治しかです。

それもこれも、多くの人々が神の心から離れてしまった結果でしょう。だから政治も偏るのです。

神の心から離れるということは中道の心から離れるということです。(神は法秩序という中道の法則の中に姿を隠されたと高橋先生はいわれていましたので)中道の心から離れるということは、極端で偏った心の人が増えるということになりますので、では、極端に偏った政治もはびこるでしょう。

そのような多くの人々の(中道から離れた)偏った心が政治(政治家)にも現れるからです。

だから、この正法神理を拡げないといけないといっているのです。この教えで説いている中道の心をです。

神の心から離れた人が増えると、天変地変が起きるだけではなく、政治、経済、教育などすべてにおいて、このような極端な偏りが蔓延(まんえん)し悪い方向にしか行かないからです。

まさに現在がそうでしょう。政治もそうなら経済もそう。(政治だけでなく、経済も凄くそれが分かりますよね。儲ける大企業など極端に儲けて、中小企業などは皆カスカスです。これだけ偏った経済もありません)そうして教育なども同じでしょう。

昨日でしたか、同級生を刺し殺した中学生のニュースが流れていましたが、学問ばかりを詰め込んで心を豊かにすることは教えない、それでは頭でっかちの子ばかり出来てしまい愛深い子は育ってきません。

最近、子供の自殺や陰険ないじめが増えたのも、そのような偏った教育により愛深い子が減ったからです。(先ほどの事件もそうですが、いじめやケンカくらいで同級生を殺しますか?そこまではしないでしょう。子供らにも愛がなくなっているのです)

このように神の心から離れれば離れるだけ、すべての面で悪い方向に行くのです。中道の心から離れてしまうからです。

そのような神の心から離れた極端な心の人が増えたため、天変地変はドンドン激しくなり(だから天気も極端になり)おかしな事件や事故も増え(最近の年寄りの車の暴走事故などその典型でしょう。極端な心が最後に現れるのです)癌なども増えるのです。(癌も極端に頑固だとなると園頭先生がいわれていました。そういう極端な心の人に現れる病気なのです)

この辺りのおかしな現象もそうでしょう。要は極端な人が多いから現れるのです。

極端に神を嫌い(私がいう正しい神をです)極端に人の(私の)いうことをきこうとしない。そのような中道から離れた極端な心が、そんな現象を現すのです。

次々に人が病気になるなどという極端な現象をです。

しかし、昔もこのようなことは起きたのです。昔も流行病(はやりやまい)で次々に人が死ぬなどということはよくあったからです。(昔はペストやはしか、コレラなどでです)

その現代ばんが、今この辺りで起きている病気でしょう。昔の伝染病などでは現在は流行病になりません。(医学が発達しているためすぐに治ってしまい)

だから、このような(例えば癌などの)病気が流行るのです。昔も今も極端な人が増えればこのような病が流行ったからです。(菌などばらまかれていなければという条件付きですが)

時代をおいても、それは同じであるということです。

だから、この辺りのそういう流行病を止めるには、極端な考えを改めることです。つまり、もっと柔軟で聞く耳を持つ人が増えれば、そのような病気は流行らなくなるということです。(まあ、私の意見をきけということです。そうしないとこの辺りの流行病は止まらないでしょう)

しかし、それは全国においても同じでしょう。日本全国でこれだけ癌になる人が増えてきたのも(今や二人に一人)それだけ我が強くて人の意見をきかない極端な人が増えてきたからです。(ほんと最近は増えましたよね。そういう人がです。このブログを見ていてまったく布施しようとしないという極端な態度も、その現れでしょう。〔苦笑〕)

では、そのような性格を直せば癌は減ってくるということになります。

まあ、あまり物質面からばかり病気の原因を考えるのではなく(食べ物とか、運動不足とか)もう少し心の面からも考えたらどうでしょう。

心を直せば、健康になる人は(おかしな病気にならない人は)ずいぶん増えると思うからです。

とにかくです。神の心から離れれば離れるだけ悪いことが起きてきます。現在の日本の人たちは(日本ばかりではありませんが)一体どこまで行ってしまうのでしょう。

それだけ神の心から離れてしまってはよいことが起きてくるわけがないからです。

追伸…まだ、皇統を潰そうと画策している人たちがいますが、ずいぶんそういう人たちも腰が引けて来たようですね。

もうやめたらどうですか?それもまた神の心から離れた行為であるからです。

そういう人たちを誰が祈っているか分からないし(このブログで「祈りましょう」とか書いてしまったので)私など歴代の天皇陛下にまで祈っています。

ほんと危ないですよ。正しい祈りをしている人がいるのに間違ったことをし続けるのはです。

こういうことから考えてもです。この教えを勉強し、実践すればするだけ(正しい祈りもそうですが)奇跡は起きてくるのです。

しかし、その正しい教えを伝えられているにもかかわらず、無視したり、逆らったりしている人が多いため、日本が壊れそうになっていますが(あまりに天罰を受けてです。日本を災害列島などという人たちが出てきたことでも、その事実が〔どれほどの天罰を受けているのか〕よく分かります)そう考えればです。

これほど頼りになる教えもないということになります。無視したり、逆らったりしているだけで、日本を破壊するほどの天罰が現れてくるからです。

前回のブログで影の世界政府のことを少し書きましたが、そういう存在をただ人に知らせるだけで、それでその存在がなくなるのでしょうか?

そんなことでなくなっていくのなら、このような存在が何百年もの間、続くわけがないのです。

簡単になくならないから(そうして巨大な力を有しているから)世界を裏から支配できるのであって、では、そのような存在にどうやって対抗していくのでしょう。

向こうはすべての力を手に入れているというのにです。

だからこそ、この真の神の教えである正法神理を勉強しないといけないというのです。この教えの神の力のみが唯一、そのような存在に対抗出来うる力であるからです。(だからこちらは、霊的な防御と攻撃、それをするしかないということです。それが現れてくるのがこの教えだからです)

この教えの元、多くの人が集まり、そうして心を一つにして正しい祈りをしながら事を行っていくのなら、様々な奇跡が現れて来て調和と安らぎのうちに正しい方向に進んで行くのです。

そうすれば、段々影の世界政府は崩れていきます。

影を消していくには光が必要であるからです。そのような強烈な(神の)光を発することが出来るのは、この正法神理しかないからです。(この正法神理という教えを依り所とするなら、その教えが心にある限り、永遠になくなることはありません。しかし、政治や経済、あるいは国などはいつなくなるか、いつ変わるか分からないのです。永遠になくなることがない、また変わることこともない、この正法神理を基とすることこそ正しいことなのです)

だから、私は、この教えを勉強しないといけないと(帰依しないといけないと)そういい続けているのです。

この教えでなければ、真に世界を救えないからです。(裏も表も含めてです)

ヘタレはいりません。男であらなら(別に女でもいいのですが)真に世の中を救いたいと思うのであるなら、この教えの元に集まるべきでしょう。

そうしない限り、本当に自分も救われ、そうして、本当に世の中をも救う道はないからです。

0コメント

Next »


あなたは人目の訪問者です。