>>ブログトップへ

10月 16 2017

被害を減らすには

よく降りますね。(今日も朝から名古屋は雨です)

昨日もほぼ一日(多少のやみまはありましたが)雨が降っていました。シトシト降っていて本当に梅雨のようです。

十月にこんな天気になりますかね。皆さんいい加減、心を入れかえませんか。

やはり日本の南の海上に台風(二十一号)が発生したようだからです。そうして、その台風は日本に向かって来るようだからです。

まさに予言(ただの予想なんですが)通りです。

このままではまたこの台風は日本に大変な被害をもたらすことになるでしょう。皆さんの心がまったく変わっていないからです。

あの五号、十八号が日本を直撃した時とです。(あれから〔八月〕心を少しでも変えた人がいますか?法に対してです。いないですよね。まだ誰も布施してくれないんですから。というより、布施する人が減りましたから。〔北海道の方が今年は布施してくれそうもありませんから〕では、このままではもっとひどいことが起きそうです。法に協力する人が減っているというのですから。〔恐〕)

今年だけでも(今年だけでです)これで三度目です。(だから何年も前から考えたらもう何度こういうことが起きたか分からないくらいです)

それでもまだこのブログを読んでいる人たちは私のいうことを無視するのですか?

自分のことばかりしているのでしょうか。

皆さん方が、そのような態度を取り続けているばかりにこれまでずいぶん多くの人たちが、命を落とし、けがや病気をし、また住む場所をなくしたのです。

そのようなことが起きたのは、すべて皆さん方が法を無視した結果なのです。(少しは心が痛みませんか?)

神の心をいつまでも無視しているからこういう悪いことが何度も起されるのです。

いい加減、神の心を理解されてはどうでしょう。私たちは皆、神がいなければ生きることさえ出来ないからです。

少しで結構です。本当の神の教えを伝えてもらったのですから、それに対する報恩の行為をしてください。

それが人として当たり前のことであるからです。(そういう当たり前のことさえ、このブログを読んでいる人たちはしないから、天がこれほど怒っているのです)

しかし、もったいない話ですね。そのような法の実践(報恩の行為は法の実践ですから)くらい昨日書いた人としての目的を果たす(心を磨く)行為もないというのにです。

自分たちの本当の目的も果たせ、そうして人としての筋も通せて功徳も得る、これほどの善い行いを何でいつまでもやろうとしないのですか?

だからよいことが起きてこないのです。

このままではまた甚大な被害が日本に出ることは分かりきっています。自分たちのことばかりやっているのではなく、もう少し周りのことまで考えてはどうでしょう。

一人一人が少しでも心を広げるのなら、その広がった分、災いが減るからです。

あの前回、同じようなことが起きた時からこのブログを見ている人たちの心がまったく変わっていないから、また同じことが起されるのです。

では、そのような人たちが少しでも心を変えれば起きることは違ってきます。

少しでよいから心を広げ行いを変えてください。そうすれば、その変えた分だけ被害が減るからです。

特にこの辺りの人たちなど不徳の塊みたいな人が多いのです。(それはそうでしょう。心を救われたのに感謝一つせず、嫌がらせをしている人たちばかりなんですから)そういう人たちは、他の人たち以上にやらないとまずいのです。

それを一番分かっているのは他ならぬこの辺りの人たちなのではないですか?

どこかの会社も今日はずいぶん静かですし(騒ぐと病気になりますから。周りの人も自分たちも)昨日、一昨日と、そのどこかの会社が休みだったのに、どこかのマンションも静かでした。(いつもはどこかの会社が休みの時は、どこかのマンションの人たちがバシバシうるさいですから)

なぜ、静かになったのでしょう。そういうことは悪いことだからと反省したのでしょうか?

そんなわけがありません。単に災いがたくさん起きだした、それだけの理由でしょう。

だから静かにしているのです。(それも一時のことでしょうが)下手なことをして自分たちに何か起きても嫌だからです。

そういう心では災いは止まらないのです。

自分が悪いとは少しも考えず、また悪いことが起きたら嫌だから今のところは静かにしていよう、そんな心でいてどうして災いが止まるでしょう。

何度もいいますが、心を変えないとその災いは止まらないのです。

自分たちがしていた嫌がらせを反省し、心を救われたことに感謝し、そうして報恩の行為を行わない限り、その災いは止まらないし、よいことも起きてこないのです。

そこまでやってはじめて普通の善人といわれる人のレベルであるからです。

それが出来ない間は、普通以下の(どちらかといえば悪人)レベルの人であるからです。(特にこの辺りの人たちは低レベルです。心を救われたお返しに嫌がらせをしているくらいですから)

それではよいことが起きるわけがないのです。

そういう(心の面から見て)悪人が多いから、日本はこれだけ悪いことが続くのです。

その国に(心が)よい人が多いか、悪い人が多いかは、その国に起きて来ることで分かるです。

これだけ天変地変がよく起こり(しかも異常なです。五号、十八号の時も異常でした。今回も同じです)異常現象まで(特にこの辺りは)次々に起きている、これほど異常な国は他にないのです。

それだけ異常なことが起きている国の人々の心は一体どうなっているのか?いずれ法が世界に拡がったのなら、これだけ恥ずかしいこともないのです。

もし、この後、法が世界に拡がるなら、それだけ異常な心の人が多いから、それだけ異常なことが日本には起きていると、世界の多くの人々が分かるようになるからです。

何度もいいますが、少しで結構です。皆さんの心と行いを変えませんか?

そうすれば、今回の台風(大雨)被害もずいぶん減ることになるからです。

(少しの心でも多くの人が変えるのなら、その分、災いは減ることになるのですから、心を変える人が多ければ多いほど被害は減るということになります。本当に一度されてはどうでしょう。そうすれば分かる人も出てくるからです。やらないと分からないのです。少しで結構です。布施を実践してみてください。〔いつまでも他人事のように思っているのではなくです。このブログを見ている人たちは誰もこのような災いを現している当事者なのです〕そうすれば今回、起きてくることは必ず変わるからです)

2 コメント

10月 15 2017

目的と手段の違い

今日は朝から天気予報の予報通り雨です。

天気も悪いですが、この辺りで起きていることも相変わらず悪いです。昨夜も(十時過ぎくらいに)近くに救急車が来ていたようでした。

いまだこの辺りは救急車がよく走っていて病気になっている人が多いようですが、いつまでも心と行いが悪いままなら、いつまでも悪いことは起き続けます。

反省されてはどうですか?反省して心と行いを変えない限り、起きていることは変わらないからです。

いつまでも頑なに同じことをし続けていても、そのしていることが間違っている限り(その目的を間違えている限り)いいことは起きてこないのです。

いい加減、気づかれてはどうでしょう。手段と目的は全然違うということをです。

例えば、仕事、仕事と仕事さえしていればいいと、神などそっちのけで、嫌がらせをしながら仕事をしている人たちもありますが(苦笑)別に私たちは仕事をするために生まれてきているわけではないのです。

仕事は、この世の肉体を維持するためだけにすればいいのであって(あくまで仕事はこの世の肉体を維持するためのお金を稼ぐ手段にすぎませんから)その仕事を優先して、仕事さえしていればそれでいいと心をそっちのけで金儲けだけしていても、それは私たちの本来の目的ではないのですから、心が悪いままいくら仕事をしたところでいいことは起きてこないのです。

実際そうなのではないでしょうか。仕事をよくしていても、ちっともいいことが起きてこないところはたくさんあります。(どこかの会社などその典型ですね)

本来の目的をそっちのけにして手段ばかりをしているからです。

だからよくならないのです。手段をどれだけやってもそれでよくなることはないからです。目的を達成しないとよくなってはいかないからです。

もし、仕事が私たちの目的であるのならば、よく仕事をしている会社にはいいことがたくさん起きてこないといけません。(人としての本当の目的をたくさん果たしていることになるからです)しかし、どれだけ仕事をしても、悪いことがたくさん起きている会社が実際にあるのです。(この辺りにある会社などその典型です。悪いことが起きている会社が多いですから…というか、そんな会社ばかりといっても過言ではないでしょう)

どれだけ仕事をしても、悪いことが起きているということは、それは仕事をすることが目的ではないということを教えているのです。

自分たちの目的でないことを一生懸命して、肝心の自分たちの本当の目的をおざなりにしているからいいことが起きてこないのです。

私たちが本当の目的を果たすのならよいことが起きてこないはずがないからです。

では、私たちの本当の目的とは何か?ということですが、それはもうこのブログに何度も書いていますので分かる人も多いと思います。

私たちの本当の目的とは心を磨く(霊を磨く)ことなのです。

その心を磨くことを誰もしていないから、よいことが起きてこないのです。

だから私には奇跡が起きているのです。私たち(人間)の本当の目的である心を磨くということを常にしているからです。(だからいっているのです。本当の目的を果たすのならよいことがたくさん起きてくるとです)

しかし、この辺りの人たちはそれを間違えているのです。(そのような目的を取り違えているのは特別この辺りの人たちだけではありませんが)その本当の目的を間違え、他のことを目的としているから災いばかりが起きるのです。

そうではないでしょうか?本当の目的(心を磨くこと)が分かっているのなら、心を救われた人に嫌がらせなど絶対にしないからです。

その心を救われるということは、心を磨くということに対し、これ以上のよいことはないからです。(心が救われないことには心を磨くことは出来ませんから。心が救われていなくてどうして心が磨けましょう)

人としての目的が本当に分かっているのなら、この辺りの人たちにとって私くらいの恩人はいないはずです。しかし、それがまったく分かっていないからこれだけ不幸が起きているのです。

その一番の恩人に悪いことをし続けているからです。

それではいいことが起きるはずがないのです。一番の恩人に悪いことをし続けているということは、一番悪いことをし続けているということになるからです。

だから、この辺りは悪いことが起き続けているのです。この世で一番悪いことをし続けている人が多いからです。

私たちがこの世に出てきた本当の目的は心を磨くことなのです。そうであるなら、いま自分たちがしていることは、その目的に叶っていることなのでしょうか?それとも叶っていないことのでしょうか?

それを常に考え行動しないといけないということです。

それが一番の幸せになる道であるからです。(だからこの辺りの人たちは不幸になる道を一直線に進んでいるということです)

そういう目的と手段を履き違え(はきちがえ)ている人が世の中にはたくさんいます。

だから不幸になる人が多いのです。

しかし、私たちが本当の目的を知り、その目的に向かって進むのなら、人は誰でもよくなっていきます。(心を磨けば磨くだけ人はよくなりますから)

絶対に手段と目的を間違えてはならないのです。その間違いさえなければ、それだけでよい人生を送れることになるからです。

追伸…だから例えば、将棋の藤井四段などいま高校に進学するかどうかで迷っているようですが、将棋はあくまで心を磨くための手段に過ぎないのです。(それが目的になっていませんか?)

その目的と手段を間違えなければおのずと正しい道は分かるはずです。

0コメント

10月 14 2017

感謝の心

昨日夕方帰って来ると、どこかの会社の連中が尋常じゃないくらい怒っていました。いよいよやばいんじゃないですか。(滅びの時が来たようです。アーメン)

昨日のブログであの連中もやっと自分たちが悪いと気づいたのではないでしょうか。

我の強い連中が少しでも自分が悪いのではないか?と思うと、そう思ったとたん現象が現われ出します。(それまでは、その我の強さが気づきの現象を抑えていたからです)

少しでも自分が悪いのではと気づいたのなら早く反省した方がいいでしょう。全員に現象が現われてからでは遅いからです。(今日は休みのようです。ちょうどいいのでよく反省してください。何度もいいますがあなたたちは多くの人を病気にしているからです)

そういう(怒り心頭といった感じの)人たちが昨日もたくさんいました。そういう人たちも早く反省してもらいたいものです。

逆恨みばかりしていないでです。

ところで昨日と一昨日ではずいぶん気温差があったようですね。(東京など昨日と一昨日では最高気温の気温差が十三度もあったそうです。〔昨日十五度、一昨日二十八度〕)もちろん晴れと雨の差はあったにせよ本当に極端です。

しかし、この時期にこんな天気になりますかね。

その昨日から降り出した雨がこれからずいぶん続くそうではないですか。

例年ならこの時期は、天気のいい日が続いていないといけないはずなのに(一年で一番天気がよい時期なんじゃないですか十月などです)天気予報では今月一杯くらいは天気が悪い日が続くそうです。

梅雨でもないこの時期に、これから雨が二週間以上も続き(今日は十四日ですから)おまけに台風まで来るかもしれないというのですから(日本に来そうな台風がこれから発生する予報が出ています)先ほどの気温差もそうですが本当に異常ですね。

十月だというのに異様に暑くなったり(一昨日までのような暑さが数日続いていましたから)こんな十月中旬から末くらいまで秋雨前線の影響が出るなど明らかにおかしいのです。(いつもならこんな時期まで秋雨前線が日本に停滞などしていないですから)

それに今頃台風です。(時期が遅すぎです)

マァ、あの七月からの(異常なゲリラ豪雨が次々に起きた)異常気象がいまだ続いているということでしょう。

まだ(ウナッシーさん以外は)誰も布施してくれないからです。(本当に罰当たりな人たちばかりです)

そうして相変わらず、嫌がらせをする人も責任転嫁して怒っている人もたくさんいるからです。(逆恨みして怒っている人など最近は増えているくらいですから)

ということは、このままの状況が続けばまだ発生するかどうか分からない台風は確実に発生し、その台風は日本に来るでしょうね。

そうしてこの台風は、五号、十八号同様、日本列島を縦断し、また今回も秋雨前線の影響で台風が来る前から列島は大雨になり、各地で甚大な大雨被害が出ることになります。

それは予言しておきましょう。今のままなら必ずそうなるからです。

この予言が外れてほしいのですが、残念ではありますが外れないでしょうね。

あの時から(五号、十八号が列島を直撃した時から)何も変わっていないからです。では、同じことが起こります。(五号、十八号の時もいった通りのことが起きましたし)

多くの人が法に対する態度をいつまでも変えようとしないからです。

では、起きることが変わるはずがないのです。何度もいいますが、そのような現象はすべて人々の心を観て天が行っていることであるからです。

またひどいことになるのでしょうね。本当に残念です。

法を知っている人たちが、いつまでも法に帰依しようとしないからです。それどころか、その法に逆らい潰そうとしている人たちまでいるからです。(どこかの会社などその典型ですが)

何でそんなバカなことをいつまでもしているのでしょう。もう意地を張らず頭を下げればいいだけの話ではないですか。これだけ起きていることに差があるのですから。

それなのに何でそこまで無理しているのでしょう。そのような態度のままでは不幸になるのが分かりきっているのにです。

こちらには奇跡が、私に逆らっている人たちには災いが次々に起きているのです。口だけではないのです。

実際にそういう現象が現われているのですから、従うしかないのではないですか?奇跡が起きている方にです。(災いが起きている方に従ったら災いしか起きないのですから)

それなのにいつまで逆らい続けるのでしょう。そんな態度を多くの人が取りつづけているから、こんなおかしな天気にもなるのだし、おかしな現象も次々に起きるのです。

そういう人たちの心と行いが間違っているからです。(しかも大間違いです)

だからこんなひどいことが起きているんでしょう。ひどい態度を取っている人が多いからです。

何で心を救われた者に感謝もせず、嫌がらせをしているんですか?そうして、そんな間違ったことをしているために起きてきた天罰まで、その者のせいにしているのでしょう。

そんなひどい行いもないでしょう。だからひどいことが起されるのです。自分たちがひどいことばかりしているからです。(因果応報です)

そういうひどい態度を反省もせず、し続けているからひどい現象が繰り返し起されているのであって、それをどれだけ私のせいにしたところで、そのひどい現象が止まるわけがないのです。

そのひどい現象は、自分たちがしているひどい行いが自分たちに返って来ているだけであるからです。

だから、そのひどい行いをやめるしかないのです。

そのひどい行いをやめない限り、ひどい現象は返ってき続けるからです。

だからやめるしかないのです。自分たちの私に対するひどい行いをです。それ以外、ひどい現象を止める手立てはないからです。

その自分たちのひどい行いが、ひどい現象を自分たちに起している原因であるからです。

だから感謝するしかないのです。そのひどい現象を止めたいのであればです。(その現象を止めなくてもいいという人はご自由にお続けください)

自分たちの態度が間違っているのだから、自分たちの態度を改めるしかないのです。その態度さえ間違わなければ悪いことは起きてこないからです。

もう何度も同じことを書いていますので、これ以上同じことは書きませんが、私に感謝すればいいのです。そうすればいいことが起きてくるからです。(実際にそれを実践しているウナッシーさんには奇跡が起きているではないですか)

私に対し、誰も感謝しないからいいことが起きないのです。

昨日でも私に頭を下げた人は一人だけでした。(小学校の高学年くらいの女の子が一人だけです)あとは知らん顔をしていくか、嫌がらせをしていく人ばかりです。

これではひどい現象は現われるのです。多くの人が心を救われた私に対する態度が間違っているからです。

もっと私に頭を下げる人が増えてこないといけないのです。それだけ多くの人が私に心を救われているからです。

そういう心が救われたことに対し、ちゃんと感謝する人が増えて来て、はじめてこの辺りで起きているひどい現象は減り始め、そうして布施(報恩の行為)までする人が出て来るなら、今度は奇跡が現れ始めるのです。

全国的にも私に布施する人たちが増えてくるなら、いま現われている(十月とは思えない)天気も段々よくなっていきます。

そのような多くの人たちの正しい行いが、天気も正常に戻すからです。

それを(感謝と報恩の行為)実践しない限り、よい事は起きてきません。

だからやるしかないのです。四の五のいっていないでです。間違っているのは自分たちの方であるからです。

このブログを見ている多くの人たちは、このブログを通して法を知ることで心が救われた人も多いと思います。

では、少しは自分の行いを反省し感謝して報恩の行為を実践されてはどうでしょう。

それが人として当たり前の行為であるからです。

人の道から外れた行為を(よりにもよって)このブログを見ている(法を知らされている)多くの人々が行っているから、このような異常現象が次々に現されるのです。

その人の道から外れた行為を正常に戻してください。そうすれば起きてくる現象も正常に戻るからです。

法を知らされた人々は、すでにそれほどの力が備わっているということを知るべきなのです。

2 コメント

10月 13 2017

原因・結果、作用反作用

昨日ブログを書いた後、昼の少し前のことです。

救急車が家の近くに来て誰かを運んで行ったようでした。

それを私のせいにして、またどこかの会社の連中がガンガンやって怒っていたようですが、その時、ふと「この連中がこれだけ毎日やかましくしていれば病気になる人も出るわな」と思いました。

その時、ぽっかり心に浮かんできた思いがあったのですが(『この者たちがこの辺りの人々を病気にしている』)どうもこの連中、この辺りの人たちをずいぶん病気にしているようなのです。(だから昨日、運ばれた人もこの連中のせいでしょう。午前中ずいぶんうるさかったですから)

救急車で運ばれなくても、この辺りでこの数年で病気になっている人は何人も(何十人も)いるはずです。(だからこの辺りでも私に怒っている人が多いのです)

どうも、そういう人たちが病気になったほとんどの原因は、この連中のせいであったようなのです。

よく考えてみれば、毎日毎日、かなりうるさくしていまからね。(町中に響くような音も平気で立てますから。このブログをじゃまするためにです。凄まじい悪魔ぶりです)

これだけ毎日でかい音を立てられたら病気にならない方が不思議です。この辺りは小さな子供からよぼよぼの年寄りまでたくさんいるからです。

そのやかましい音と、この連中が出す波動で(悪魔の波動ですからね。そんなのに当たったらみな病気になります)この辺りで病気になっている人も多いようです。

だから、この連中も病気になっているのです。その自分たちが出した病気の念が自分たちに返ってきてです。

まさに因果応報ですね。

だから、この辺りで病気になっている人など私のせいというよりも、この連中が原因で病気になっている人も多いのです。(それが全部私のせいになっていますが…)

このどこかの会社の連中は、それだけ迷惑な音とおかしな波動を出しまくっているからです。

こういうことでも分かるんじゃないですか。私が人を病気にしているわけではないということがです。

本当に人を病気になどしていたらこのようになるのです。(これ以上のよい見本はありません)

もし、私が人を病気にしているのであれば、この会社の連中と同様、私も病気にならないとおかしいのです。自分がした行いは必ず自分に返るからです。

それに、ずいぶん多くの人を私は病気にしているんですよね。

本当に私が、そんなに多くの人を病気にしているのなら、自分やその家族、親戚にまで、その病気が返ってこないとおかしいのです。

それだけ多くの人を病気にしているのなら、とても私一人だけでは、その多くのお返しを受け止めることが出来ないからです。(実際にどこかの会社など、家族や親戚にまで病気になっている人がいるのです。それが何よりの証拠です。この連中はそれだけ多くの人を病気にしているということです)

しかし、私の家は私が病気になっていないだけではなく、母も普通であるのだし(年相応の病気はありますが、今でも毎日、朝から買い物に出かけ、昼過ぎまで帰ってきません)親戚も病気になったなどききません。(妹家族がひどい病気にでもなったのなら連絡があるでしょうから)

私の家族や親戚など誰もひどい病気になっていないのです。

なぜでしょうか?もし私がそんなひどいことをしているのなら(多くの人を病気にしている)自分だけではなく、家族や親戚にまで悪いことが起きてきても不思議はないはずなのに、誰もひどい病気になっていないのです。

これこそ、私が人を病気になどしていない、何よりの証拠なのです。

私はそんな悪いことをしていないから、悪いことが返ってこないのです。(私だけではなく、家族や親戚までもです)

私は、悪いことどころかよいこと(多くの人の心を救っている)しかしていないからです。

実際に私には次々に奇跡が起きているのですから、これ以上、私がよいことをしているという証拠はないはずです。

悪いことをしている者によいことは返ってこないからです。

だからいい加減、私に罪を擦り付けるのはやめてはどうですか?(私はやっていないという証拠をちゃんと見せているのですから)そのような責任転嫁も罪になるからです。

自分たちが病気をしているのは人のせいではなく自分のせいなのです。(仮にどこかの会社の連中に毎日やかましくされても、それでも病気にならない人はなりません。〔私のようにです。私が一番集中的にそのような嫌がらせをされているからです〕すべて自分の心次第なのです。また人のせいで何かの事件などに巻き込まれて病気になったとしても〔例えば、食中毒か何かでもです〕それも自分のせいなのです。自分の心が悪いからそういう悪い順序をもらうのです)

特別、病気だけではありませんが、そういう悪いことが起きてきたのなら、まず自分の心と行いを反省すべきなのです。

そういう悪い順序をもらうだけの原因が必ずどこかにあるからです。

そうして、そういう悪い順序をもらう心を反省し、よいことを行っていくのなら、自分たちの生活は黙っていてもよくなっていきます。

この世は、そのような法則(原因・結果、作用反作用の法則)が必ず作用しているからです。

とにかくすべてのことは自分の心と行いにかかっているのであって、責任転嫁などまったくの論外なのです。

自分の行いさえ正しければ悪いことは起きないからです。

自分に悪い結果が現われて来るのは、自分が悪いことをしているからです。それを人のせいにしている暇があるのなら、まず自分の行いをよく反省してみてください。

そうすれば自分の悪いところは必ず見つかるからです。

あとは、その悪いところを直しさえすれば、自分に悪いことが起きることはなくなります。

よい原因を自分がつくればよい結果は必ず現われてきます。

悪いところを直し、よいことを自分で行ってください。そうすれば悪いことは起きなくなるからです。

追伸…昨日も私が歩いているとやたら怒っている人が何人かいましたが、今回のブログを読んでもらえれば分かりますように、それはただの逆恨み以外の何ものでもないのです。

もし私が人を病気になどしているのなら、私も病気をしないといけないからです。(一応注意はしましたけどね。「自分たちは俺に散々心を救われているくせに少しも感謝せず、散々嫌がらせをしたのに一度も詫びを入れず、そうして悪いことが起きてきたら、それは俺のせい。じゃあ自分たちのやっていることはどうなんだ」とです。下を向いている人が多かったですね。そういうことをいえば自分が悪いと子供でも分かるからです…そういうことをいわないと分からないのでしょうか?)

この世の法則は正しく作用しているのです。人を恨んでいる暇があるなら、自分の行いをよく反省してみてください。

その方がよほど幸せになれるからです。

0コメント

10月 12 2017

逆恨み

相変わらず朝から、引くほど怒っているところがあるようですが(もちろんどこかの会社なんですが)この辺りの人たちは毎日のように怒って誰か彼か私に嫌がらせをしてきます。(どこかの会社以外でもです)

しかし、そのような人たち(会社の連中)は、私に自分たちの悪いところを指摘されると、とたんに静かになる人も多いのです。(どこかの会社のように何をいってもきかないところもありますが)

昨日もそうでした。夕方、家の近くまで帰って来ると、わざとらしくガチャガチャ音を立てている会社が(二社くらい)あったのですが「何で人のブログを読んで心が救われているくせに、そんな嫌がらせばかりして来るんだよ。そんなことをしていて悪いことが止まるわけがないだろう」といったとたんに静かになりました。

この人たちは何で自分たちの行いを反省しないのでしょう。(何度いってもです。ほんと不思議ですね)その自分たちの行いさえ変えれば災いは止まるのにです。

何か起きたからと逆恨みして(自分たちのそのような行いを棚に上げて)私に嫌がらせばかりしていたら、もっと悪いことが起きてきます。

くだらない噂を真に受け、どれだけ悪いことを私のせいにしたところで、その悪いことは、自分たちの行いが自分たちに返ってきているだけなのですから、悪いことが起きたら、まず自分たちの行いを振り返り、その行いを正しいものにしないといけないのです。

その行いさえ変えれば、その起きている悪いことは(必ず)止まるからです。

実際、この辺りの人たちに次々に悪いことが起きているのは、起きている人たちの行いが悪いからです。

その行いを直さない限り悪いことは止まらないのです。

起きている悪いことをどれだけ私のせいにしてもダメなのです。

この辺りで悪いことが起きているすべての人(家や会社)は、私に感謝もせず嫌がらせをしているからです。

嫌がらせまでしていなくても(それは単に私と顔をあわす機会がないからであわせればやるという人はいくらでいるでしょう)悪口をいっている人は多いと思います。(その悪口でもダメなのです。園頭先生の悪口を散々いっていた未来の連中にも癌になる人がたくさん出たからです。法を説いている人に悪いことはご法度なのです)

しかし、そのような人たちはみな私に心が救われた人たちばかりなのです。

心が救われた者に(法を説いている者に)そのような態度(嫌がらせや悪口)は論外なのであり、心が救われた恩ある者に、そういう悪いことしかしていないこの辺りの人たちはよく考えてみればです。

いいことが起きるわけがないのです。

最初から(法を説いている者に)恩知らずな行いを(悪いとも思わず)多くの人がし続けているからです。

だから、自分たちの行いをよく振り返り、行いを正さないといけないといっているのです。(いつまでも的外れな逆恨みばかりしているのではなくです)

その行いさえ正せば、起きている悪いことは必ず止まるからです。それどころかいくらでもよいことが起きて来るからです。

法を説いている者によいことをするなら、逆に奇跡が起きるからです。

そこを誰も直さないから(悪いことが起きると逆恨みして感情的に私が悪いと決めつけ嫌がらせばかりして来るから)いつまでたっても自分たちにいいことが起きてこないのです。

最初から自分たちの考えが間違っていたのです。自分たちが間違えているから自分たちに悪いことが起きているのです。

その自分たちの間違いを自分たちが理解していないから、私を逆恨みしている人が多いのです。

そのいい例が、この辺りでもいまだ神などいないといっている子供も多いのです。(大人はずいぶん変わってきましたが、子供はまだ神などいないという子が多いです)しかし(正法の世に時代が変わっているにもかかわらず)いつまでもそのような考えでいては当然、罰は当たるのです。

子供とはいえ、それだけ不遜な考えもないからです。

神につくられた我々自身が神を否定しているのですから、これだけ不遜な考えもないわけです。

だから、そういう不遜な考えの子供が間違った噂を信じて私に嫌がらせなどしてきた場合、一発で罰が当たるのです。

その罰を多くの子供は、それは私が(病気に)したと思い込んでいるのです。

これは大人も同じで、大人は子供と違い無神論以外でも多くの毒をすでに心の中にためているのです。その多くの毒を持った心の人が私に嫌がらせをしてきた場合、これもまた一発で罰が当たるのです。

その私に(法を説いている人に)対する嫌がらせがトリガーとなってです。

それを、そのような罰が当たった人たちは(自分の心と行いの間違いは一切考えず)すべて私のせいにしているということです。

しかし、そのような心の人たちは(大人であろうと子供であろうと)遅かれ早かれ何か悪いことが起きるのです。(そういう心が災いを呼んでです。天変地変や事件や事故、あるいは病気などで体を悪くしたり死んだりする人は多いと思いますが、それがこのような心の人たちなのです)

そのような間違った心を、その人自身が持っているからです。

それに自分が気づいていないだけで、悪いことが起きている人はすべて自分自身(の心と行い)に問題があるのです。(その悪いことでも、私に嫌がらせさえしなければそんなに早くその人に現われなかったのです。しかし、そのような人たちは心を救われている私に嫌がらせをするという悪いことを実践してしまった。その結果、もっと後で起きるはずであった悪いことがすぐに起きてしまった。そんな〔恩を仇で返す〕悪いことを自分が行ってしまったからです。自分の行いが悪かったのです)

実際そうではないですか。この辺りの(大人さえ)私に自分たちの悪いところを指摘されてはじめて自分の悪い行いに気づく人はたくさんいるのです。

では、自分の悪いところに気づいていない人たちなど(大人、子供あわせて)この辺りだけでもごまんといるということになります。

多くの人は、ただ、自分の悪いところに自分で気づいていないだけなのです。それで私を逆恨みしている人がこの辺りにはたくさんいるのですが、自分の行いが悪かったのです。

だから悪いことが自分たちに起きているのです。

逆恨みをどれだけ続けてもよいことは起きてきません。逆恨みしている自分たちが悪いからです。

すべて(すべてです)心を救われていながら、それに一切感謝しなかった自分たちが悪いのです。

そこが始まりなのです。

最初にボタンを掛違えてしまうと最後までおかしくなりますが、しかし、最初に掛違えたボタンを直しさえすれば、その掛違いは段々直っていきます。

それをされませんか。それをしない限り、起きてくる現象は悪くはなってもよくはならないからです。

2 コメント

Next »


あなたは人目の訪問者です。