>>ブログトップへ

2月 28 2020

危急存亡の秋

皆さん、もうドン引きしている場合ではありません。(昨日はそういう人が多かったものですから)

早くこの神理に帰依してください。そうして祈りましょう。正しい祈りはきかれるからです。

すぐにこのすさまじい新型肺炎の特効薬など出来ないのです。

では、祈るしかないでしょう。祈りで止めるなり、ペースを落とすなりしないと、このままほっとけばどれだけこの新型肺炎の感染が拡大するか分からないからです。

何か政府は大胆なことをしていますが(全小中高の休校要請…凄いことしています)何をしたところで、この新型肺炎を止めないことにはどうにもならないのです。

このまま新型肺炎の感染拡大が続けば、すべてのイベントの中止、学校は休校、企業は休業などなど(政府のそのような要請はいいのですが、要は後の補償ですよ。それをどれだけしてくれるのか、ですよね。こういう何も出来ない時は政府は金を出せばいいのです。MMT理論の証明が出来ますね。〔自国通貨では破綻しない〕ガンガン国債発行して金をばらまきましょう。こういうこれまでにない非常事態にはそれも仕方がないからです)そうなれば私たちの生活に支障をきたしてくるのは誰だって分かります。

問題はこの新型肺炎なのです。この新型肺炎の感染をどうやって止めるのか、それなのです。

では、それをするしかないのではないですか。自分たちのやれることでです。

私は本当の神の教えを知っています。では、それで新型肺炎を止める努力をするといっているのです。

しかし、これほどの勢いの新型肺炎の感染を止めるには(あるいはペースを落とすには)それなりに多くの人の祈りの力が必要です。

だから早く、この本当の神の教えである正法神理に帰依してくれといっているのです。このブログを見ている多くの人たちはです。

そうして一緒に祈りましょうといっているのです。大勢で祈らないと、私たち(一人や二人)の祈りだけではどうにもならないからです。

もうそういうレベルではなくなっているからです。(何せもう新型肺炎は日本だけではなく世界に広がっていますから)

だから一人でも多くの賛同者を求めているわけです。この正法神理のです。一人でも多くの人の祈りの力が必要であるからです。

だからもう「お前のいうことなどきけるか」などといっている場合ではないのです。きいてもらうしかないのです。

私のいうことをです。(この神理に従ってもらうしかないということです)長年このブログを見ている人たちはです。

どれだけ嫌でもです。もう日本だけではなく世界人類の危機が迫っているからです。

別にかまいませんよ。そちら(皆さん方)のいうことをきいてもです。しかし、皆さん方のいうことをきいてもどうにもならないでしょう。

何とか出来るんですか?この状況をです。何ともならないでしょう。皆さん方ではです。

だって、皆さん方のような心の人たちばかりであったから、これだけ天変地変も激しくなってきたのだし、癌やコロッと逝くような急死も増えたのだし、そうしてこの新型肺炎です。

滅びてしまうのではないですか。皆さん方のような考えで(心で)いたらです。

実際そちらに(滅びに)向かっているからです。

しかし、私たちのような心になれば奇跡も次々に起きてくるのだし、そうして祈りもきかれるのです。

それが事実であるということは、このブログを見ている人たちが一番知っているはずです。

ではもうやるしかないのではないですか。くだらない(小さな小さな)意地など、いつまでも張っているのではなくです。

もうすべてを投げ出して、この正法神理に帰依するしかないのではないですか。

そうすれば自分が救われるだけではなく、多くの人まで救えるからです。

それともまだ関係ない、そんなこと知ったことか、みたいなことをやり続けるのですか。これだけすさまじいことが起こされていてです。(ほんと滅びますよ。そんな判断しか出来ないとです)

このままではどれだけ多くの人が滅ぼされるか知れないのです。今回の新型肺炎はそれだけ恐ろしい疫病であるからです。

こんな疫病などこれまでなかったのです。

そうではないでしょうか。だって、潜伏期間は全然分からない(一、二日から一ヶ月ほどの間があって)症状も全然分からない(無症状の人もいれば軽い症状の人もいて、重体になる人もいれば死ぬ人までいる)完治したかどうかも分からない(治ったと思っても数日したらまた再発する時もあり)そうして不思議なことに感染して治っても抗体が出来ず、また再感染する人までいて、そのような摩訶不思議なウイルスがすさまじい感染力を持っているのです。

もうこれまでの常識など通用しない、そんなウイルスが現れているのです。(だから医療関係者もそういう考えを持たないと〔これまでの常識にとらわれていては〕間違うんじゃないですか。判断をです)

ではこんな異常なウイルスの特効薬がそう簡単に出来るのでしょうか?ワクチンが出来ますか?そんなにすぐにです。(また、そんなに慌ててつくられても副作用がひどかったら何もならないし)

それこそ、特効薬が出来たと思ってそれを服用していても、また後でドンドン再発する人が出てきて、実はこの特効薬はまるで効いていなかったなどということも起きかねないのです。

それだけ今回の新型コロナウイルスは得体が知れないからです。

こういう時は神に祈るのが(そうして神に何とかしてもらうことが)一番なのです。

正しく神に祈るなら絶対に悪い方にはいかないからです。それこそ調和と安らぎのうちに解決の道に導いてくださるからです。

だから、正しく祈れる人がたくさん必要だといっているのです。

こんな未知の異常なウイルスを何とか出来るのは神しかいられないからです。

多くの人々は、間違った宗教を正しいと信じているから、祈っただけで変わるかと思っているのです。間違った宗教など何をしても無力だからです。

実際、これまではそうでしたから。仏教やキリスト教やイスラム教の信者などが集まって祈っても(あるいは他の新興宗教の信者たちが集まって祈っても)それで何か変わるということなどなかったからです。

どれだけ多くの人が、どれだけ祈ろうと、何の奇跡も起きなかったからです。

だから、祈ったくらいで何か変わるかと、祈っているだけで物事が解決出来れば世話はないと、そう思っているわけです。多くの人がです。

しかし、それは間違った宗教だからなのであって(間違った宗教の祈りでは奇跡が起きるわけがありませんから。だから祈りで分かるのです。自分のしている宗教が正しいかどうかはです)正しい宗教は違うのです。

正しい宗教は、祈ればちゃんと奇跡が起きるし、その正しい宗教をしている人たちが大勢で祈れば大きな奇跡が現れるのです。

それが嘘ではないということは、このブログを見ている人たちなら分かるはずです。

逆にいえば、このブログを見ている人たちでなければ分からないのです。そのような「事実」はです。

だから私はいっているのです。(もうずいぶん前からです)このブログを見ている人たちは大きな使命があるとです。大きな責任があるとです。

こういう危急存亡の秋になれば、私がそういった意味もよく分かるのではないでしょうか。

このような時に正しい祈りが出来るのは、このブログを見ている人たちだけであるのです。そうして正しい祈りを大勢でするなら、どれだけ大きな問題も必ず解決の道がついてくるのです。

では、この新型肺炎の問題も解決の道がついてくるということです。大勢の人が正しい祈りをするならです。

いま現在は、日本だけではなく世界が、危急存亡の秋を迎えているのです。

それにもかかわらず、まだ、このブログを見ている多くの人たちは立ち上がろうとはせず、自分のことだけをし続けるのですか。自分さえよければそれでよいと思っているのでしょうか。

しかし、そんなバカげた発想もないのです。

それをしていたら、もうその自分さえ滅びてしまうからです。この新型肺炎は自分たちが何をしていても(それこそ仕事をしていようが、遊びをしていようが、勉強をしていようが)迫ってくるからです。

だからこういう超がつくほどの非常時になれば分かるのです。そういう(小さな)考えがいかにバカげているかがです。間違っているかがです。

そういう考えは自分で自分の首を絞めているのと同じであるからです。

だから分かったはずです。そのような小さな考えの間違いと、この正法神理がこのような時にどれだけ必要であるかがです。

これほどの非常事態に世界の人々を救える力があるのは、この(本当の神の教えである)正法神理だけであるからです。

この状況で立ち上がらなくて(自分のことだけでバタバタしていてです。またやっています。どこかの会社などです…そういう現象も、この神理に帰依して祈るなら起きなくなるのにです)そうして神に祈らなくて本当によいのですか?

しかし、私たちの正しい祈りがなければドンドン悪い方向にいきますよ。日本だけではなく世界がです。

この新型肺炎はこれから世界に広がっていくからです。これからが最悪のシナリオの本番であるからです。

多くの人々が正しい祈りをするなら必ず奇跡は現れます。(しかも大きなです)

危急存亡の秋が迫っています。それでも何もしようとはしないのでしょうか。このブログを見ている多くの人たちはです。

0コメント

2月 27 2020

人類史上初の出来事

新型肺炎のニュースが続々と入ってきますね。

安倍総理がスポーツや文化の全国的なイベントの二週間の自粛を要請されたようですが、少しはやる気を出されたのでしょうか?

新型肺炎の拡大を抑えることのです。(じゃあ、もっと金も出せよといいたいです。百五十億円程度ではなしにです。他国は新型肺炎の対策費は一桁違っています。〔数千億円レベル〕)

しかし、肝心の中国からの入国者を止めないことにはどうしようもないんではないですか。だって、中国の新型肺炎の感染者や死亡者など中国が出している数字と、実際の数字は一桁違うといわれているからです。

だから、いくらイベントを止めても、肝心かなめの中国から入ってくる人を止めないことには、ザルで水を救っているようなものだからです。

北海道は道内すべての公立の小中学校を一斉に臨時休校にするらしいですね。まあ、やらないよりはマシなんでしょうが、一週間や二週間休ませたくらいで状況が変わるんでしょうか?

しかし、専門家はこの一、二週間がこの新型肺炎が終息するか拡大するかのヤマだというのですから、この一、二週間はおとなしくしていた方がいいのでしょう。

よく意味が分かりませんが。(なんで今になって、一、二週間おとなしくしているだけで、そんなに大きく状況が変わるのでしょう。〔もっと前の今年のはじめくらいならともかくです〕シロウトの私には全然意味が分かりません)

しかし、例えば、この新型肺炎の感染者が出ている日本国内のベストスリーが、北海道、東京、愛知なんですが(現時点では)これ知事の心が変わるだけでずいぶん変わるんですけどね。

感染者の数がです。

そこは残念です。このような災いがたくさん起きているところの知事などは左翼の心が強いか、地元民を思う心があまりないか、そのような愛のない心が災いを現せるからです。

だから、今回の新型肺炎ベストスリーの知事などです。そういう心が強い人たちなのでしょう。こういう多くの災いが現れる時に、そのような知事たちの心が分かるからです。

私の地元の大村知事はもちろん左翼なんですが(それはもうみな知っています。例の表現の不自由展の件でです)北海道の知事も似たようなもんなんでしょう。

いろいろ噂はきいていますから。この知事のよくない噂はです。(苦笑)そうして東京都知事もあまり東京都民を愛してはいないようです。(去年東京には凄い台風〔十九号〕も来ていますし)

本当の愛ある(地元民を本当に思っている)知事のところには災いなど起きないからです。(または起きても大したことがない)その知事の愛の心が自分の住んでいる地域を守るからです。

そのような愛ある人が少ないから、これほどのすさまじい新型肺炎も現されているのです。

まあ、それはともかくです。

しかし、今回の新型肺炎は本当にすさまじいですね。相当怖いんじゃないですか。この肺炎の広がりの早さはです。

だってもう世界中に広がり始めて、昨日など世界の新規感染者が中国を上回ったとのことですが(しかし、中国は出してくる数字が当てになりませんから)どこまで広がっていくのでしょう。

この新型肺炎の感染はです。すでに南米やアフリカなどにも拡大していっている様だからです。

これでは世界中に新型肺炎が広がるのも時間の問題のような気もしますが、しかし、これだけの勢いで(わずか二、三ヶ月ですもんね。この新型肺炎が発生してからです)これだけ大きく世界に広がっていく疫病ってこれまであったんでしょうか?(スペインかぜなども凄かったらしいですが)

もし、これまでにないほどの(すさまじい感染力を持った)疫病がいま現在現れて来ているとしたらです。

私たちは、これまでの人類の歴史上、体験したこともないようなすさまじい体験をしているということになりますが、そう考えてよいのでしょうか?

まず、それで間違いないでしょう。これほど短時間で、これほど大きく世界に広がった疫病などこれまでないはずだからです。

ということは、私たちには、これまでの人類の歴史上ないほどの災いが(恐ろしいことが)現れて(起きて)来ているということになりますが、そういう自覚があるのでしょうか。

多くの人々はです。

なにか、そのような恐ろしさの自覚が全然ない人も多いようですが、しかし、そうであるならです。

決して大げさな言い方ではなく、このことをよほど重く受け止めなければ、本当に人類が滅ぶことになると思います。

人類史上初の災いが現れているということは、それはつまり人類史上なかったほどの神の怒りが、いま現在の世界の人々に向けられているということになるからです。

そうであるなら、相当危ないでしょう。この新型肺炎はです。それほどの神の怒りがこの新型肺炎として現れて来ているのならです。

そんな八十パーセントの人が軽症で終わるなどということはないはずだからです。もっと恐ろしい能力を、この新型肺炎の新型コロナウイルスは有しているはずであるからです。

では、この新型肺炎の本当の恐ろしさは、感染力や最初の感染だけではなしに、前から書いていますが再感染した後にあるのではないでしょうか。

この新型コロナウイルスは、最初の感染の時より再感染した時の方がずっと恐ろしさを増すようであるからです。

湖北省の医師がツイッターにツイートしているようですが、この新型肺炎は再感染すると、肺がダメになったり、急に心臓が止まったりして致死率がぐんと上がるそうです。

この新型コロナウイルスは、感染して治った後でも抗体が出来ない特殊なウイルスであるようだからです。

だから何度でもかかるということです。周りに新型肺炎の感染者がいる限りはです。

人類史上初のすさまじい感染力を持ったウイルスがもうそこら中に広がっていて、そうして、そのウイルスに対するワクチンも特効薬もまだないのです。しかし、何度でもこの新型肺炎にはかかるのです。抗体が出来ないからです。

何度もこの新型肺炎にかかれば、その致死率はドンドン高くなっていきます。

これだけ恐ろしい話もないのではないでしょうか。

これでは人類は滅びませんか?しかもあっという間にです。とにかくこのウイルスの広がるスピードが速いからです。

これまでの人類の歴史上、体験したことがないほどの速さでウイルスが広がっていくからです。

これほどの恐ろしいことがすでに目の前に展開されているのですが、そのことにお気づきなのでしょうか?

多くの人たちはです。

つまり、それほどの(これまでの人類史上ないほどの)神の怒りを買っているということです。現代の人たちはです。

だからこれほどの恐ろしいことが起きているのです。神の怒りが現象として現れているからです。

その原因とは何なんでしょう。それほどの神の怒りを買っているその原因とはです。

それに気づかないといけないということです。それも早くです。

そうしないと新型コロナウイルスの広がるスピードは相当速いからです。このウイルスが世界中に広がってしまっては、ドンドン世界人類は滅びっていってしまうからです。

この新型肺炎に対抗できるのは、真の神の教えであるこの正法神理だけなのですが、まだそれに気づきませんか。

このブログを見ている多くの人たちはです。

これほどのすさまじい災いが現れている現代に、奇跡を現しているのはこの正法神理だけなのです。

その神理の偉大さに、早く気づいて、早く理解し、早く実践しないといけないということです。

そうしないと、すさまじい災いは、すさまじい速さで、すさまじく広がっていくことになるからです。

0コメント

2月 26 2020

正法神理対新型肺炎

新型肺炎の感染者の拡大が止まりませんね。

次々に感染者が出てくるようですが、しかし、こちらはこちらでです。

どこかの会社のお怒りも止まりませんし(昨日など凄かったですから。その分、今日は引いています。昨日凄かった分、その後の天罰も凄かったようです。最近はすぐに天罰が現れてくるようだからです。まさに天罰覿面です)やたら怒ったり引いたりしている人が出てくるのも止まりませんし、車が減るのも止まらないようです。

私が何をいいたいのかといえばです。

新型肺炎の災いも大変なものですが、こちらの災いも大変なものだということです。

日本だけ見るならです。今のところいい勝負なのではないでしょうか。新型肺炎と正法神理の天罰はです。こちらはこちらですさまじ数の災いが現れているからです。

どちらもまた凄い力であると思いますが、新型肺炎とこの正法神理、どちらが強いのでしょうね。

神の力はです。

災いが現れていてはいけませんが、その現れる現象(奇跡)によっては当然、起きている現象を抑えることも出来ます。

だからどちらの力が強いのかといっているのです。正法神理が現す神の力の方が強ければ新型肺炎を抑えることも出来るはずだからです。

では、この異常に現れてきた新型肺炎を止めることも、私なら可能であると思いますがそこはどう思うでしょうか。このブログを見ている人たちはです。

私には同じような現象(奇跡や災い)がたくさん現れているからです。

しかし、大丈夫なんでしょうかね。

何が大丈夫かって、この新型肺炎の感染者がこれだけ増えてきて、そのせいで、イベントなどの中止や延期、縮小などが相次いで、プロ野球やサッカー、ゴルフの無観客試合や試合の延期や中止も次々に発表され、そうしてオリンピックまでも、中止するかどうかを五月下旬までに決めないといけないという発表までされているのです。

そうして株もだだ下がりだし、この新型肺炎でつぶれるところ(ホテル)まで出てきて、大不況にもなりかけているというのに、財務大臣など追加の経済対策を「いますぐ何か考えているわけではない」などとのんびりしたこといっているし、新型肺炎に対する、あの政府が出してきた基本方針なども、前からの方針と大して変わりません。

はあ、となりませんか。これほどの政府のやる気のなさを見るとです。

これでは新型肺炎の感染者は増える一方でしょうし、景気は下がる一方でしょう。新型肺炎大恐慌がくるかもしれません。あまりに日本政府が無策であるからです。

何なんですかね、これ。(最近はこんなモヤモヤが続いていますが)明らかに政府は、国民の生命や財産より自分たちの都合を優先しているようだからです。

そういう政府にしか見えませんよね。あのような基本方針しか出してこないのであればです。(みんなよく怒りませんね。あんな新型肺炎に対する基本方針など出してきてです)

とりあえず、現在の日本はです。そういう国であるのです。

これほどの災い(新型肺炎)が現れて来ても、国では大したことが出来ない、そういう状況であるのです。

そうであるならです。自分たちで何とかするしかないのではないですか。国を当てに出来ない以上です。

だから、神にも祈らないと、そうして、その神の力も借りないとこの災いは止まりませんよと私はいっているのです。

国が止める気がなさそうであるからです。(中国からの入国禁止もしないし、病院もすぐにいってはいけないとか、肺炎の検査もすぐにはしてくれないようだからです。これでは災いが増え放題ですね。〔苦笑〕)

だからよけいいっているのです。こんな政府が頼りない、日本という国に生まれているのなら、自分で自分を守らないと、このまま新型肺炎などかかればです。それこそいつ治してもらえるか知れないからです。

それにこの新型肺炎は、一度目より再感染した場合がもっと怖いようです。(致死率がずっと上がるようですよ。〔突然死したりしてです…いま流行りのです〕)しかし、この新型肺炎は超感染力が強い。

では、感染者が周りに多ければ、それこそ何度かかるか分かりません。新型肺炎は八十パーセントが軽症などという言葉に安心している場合ではないのです。

実はその裏にすさまじい危険が隠れているからです。

いま現在は、それほど恐ろしい状況になっているということを自覚してください。すでに周りに超危険なことがたくさん現れているということです。

何度もいいますが、そういう時にです。本当の神の教えであるこの正法神理を無視していて本当によいのですか?

もしかしたらです。この新型肺炎に打ち勝つことが出来るのは、この正法神理だけかもしれないのにです。

この神理に帰依するなら、神から守られます。そうして正しい道に導いてももらえます。

それでも無視しますか。この正法神理をです。

だとしたら、それだけ愚かな行いもないのです。

0コメント

2月 25 2020

奇跡は災いに勝る

もうテレビなど観ているとほぼパニくっていますね。新型肺炎のニュースの時などはです。

これだけ新型肺炎が広がり出しては(日本だけではなく世界に)それはそうなるんでしょうが、昨夜専門家がこの新型肺炎対策のことで記者会見していました。

それによるとこの新型肺炎はここ一~二週間が急速な拡大か終息かの瀬戸際とのことで、この一、二週間を無難にいければ(集団感染が連鎖的に起こるようなことを避けられるなら)終息するかのような言い方をしていましたが、しかし、誰もそんなことは信じないでしょうね。

いくら専門家の意見といえどもです。これだけの勢いで新型肺炎が広がり出していてはです。

そんなことで(集団感染を防ぐくらいで)止まるわけがないからです。もうあちこちから新型肺炎の感染者が続出し出しているからです。

だいたい、横の中国で爆発的に感染者が増えているのに、その中国からの入国を全面禁止にもしないで、どうやって止められるのでしょう。これだけ感染力が強い新型肺炎をです。

皆さん、もう怒っていたり引いていたり、あるいは無視したりしていても時間の無駄なのです。

そんなことをしている間に、一人また一人と新型肺炎の感染者が増えていくからです。

もう帰依するしかないでしょう。この神理にです。このままモタモタしていれば自分自身も新型肺炎に感染してしまうかもしれないからです。そうして重い症状になるかもしれないからです。

いくら新型肺炎にかかった人の八十パーセントの症状は軽いといわれていてもです。自分が二十パーセントの重い症状の方に入るかもしれないし、二~三パーセントしかいない死ぬ人の方に入るかもしれないのです。

いくら若くてもです。それが絶対ないとはいいきれないのです。すでに二十代でも重体になっている人もいるからです。(北海道の女性)

だからもうこの神理に帰依するしかないといっているのです。これだけの勢いで日本にも新型肺炎が広がり出しているからです。

ワクチンも特効薬もない現在、この状況では本当の神の教えに頼るしかないでしょう。本当の神の教えに頼るなら奇跡も起きてくるからです。

しかし、これまで通りのことをしているのなら、もういつどこで新型肺炎に感染して重症化するか分からないのです。もう日本中のいたるところで感染者が出ているからです。

だから早くこの神理に帰依しませんか、といっているのです。帰依するなら、そういう人がもし新型肺炎になどかかればすぐに祈ることが出来るからです。

そうしてその祈りは、この神理に帰依している人であるならまずきかれるからです。

しかし、まったく帰依する気もない人が新型肺炎にかかった時だけ祈ってくれといわれてもです。それで仮に祈っても、その祈りがきかれるかどうかは分からないからです。(そんな都合のいい祈りなど神はきいてはくれないでしょう)

すさまじい状況になりつつあります。もう真剣に考えてはどうでしょう。この正法神理への本気の帰依をです。

その方が安全であるのだし(特に年寄りなどは)出来る範囲、実践していくなら、後々救われてもいくからです。

それにそのような人が増えてくればです。帰依した人、全員で祈れば、このドンドン世界に広がっている新型肺炎の広がりを抑えることも出来るし、正しく祈れる人がたくさん出てくるなら、この新型肺炎の新型コロナウイルスを消滅させることも出来ると思うからです。

つまり私たち(正法神理を実践している者たち)の手で、この新型肺炎を終わらせることも出来るということです。

嘘ではありません。本当に出来るから出来るといっているのです。それくらいの力はこの正法神理にはあるからです。(それは別に祈ってこのウイルスを消滅させるという意味だけではなく、早くワクチンや特効薬が出来るというそういう導きも含めてです)

それが本当の神の教えの偉大なる力であるのです。無力の間違った宗教とは違うのです。この正法神理はです。

しかし、このブログを見ている多くの人たちが今の様に何もしないまま傍観(ぼうかん)していればです。いつこの新型肺炎が終わるか知れないのです。

もうすぐにピークがくるのかもしれませんが(まずそれはないと思いますけどね。中国のすさまじい状況を見るならです)下手すれば感染者が日本でもドンドン増えて手がつけられなくなるかもしれないのです。(その確率の方が高いような気もしますが…今の状況を見るならです)

この新型肺炎の新型コロナウイルスは暑さに弱いなどといわれていますが、他国を見るなら(暑い国にも広がっているのだから)それは希望的観測にしかすぎないと分かるのだし、暑さに弱いどころか、何度かかってもまたかかることになるという、異様な強さ(変異さ?)を持った異常なウイルスであるようだからです。(そうして再感染すると死ぬ確率が高くなるとかもいわれていますし…)

だとすればです。これだけ危ないウイルスもないのです。

だからいっているのです。この正法神理をやりませんか、とです。そうすれば多くの人が心も身体も救われていくからです。

何度もいいますが、これほどの状況がすでに現れて来ているのです。超がつくほどの危ないウイルスが拡散しているのです。

しかもそれは日本だけではなく世界中にです。

ということは、それがどれだけ恐ろしい状況をこれから招くことになるのかは、もう想像がつくはずです。隣の中国(武漢)を見ればよく分かるはずであるからです。

もし武漢と同じように日本がなるならです。すさまじい数の人々が感染し、そこらじゅうに感染者があふれて医療崩壊を起こし、狭い国の日本でそんなことが起きるのなら、経済崩壊も起きるでしょうし、学校崩壊も起きるでしょう。

そうなれば当然、多くの人たちの生活も崩壊するのです。

そのような崩壊の連鎖が待っているということです。このすさまじい感染力を持った新型肺炎がこのまま日本に広がるならです。

しかし、多くの人々がこの神理に目覚めるなら、それを止めることが出来るのです。神が正しい道に導いてくださるからです。

その神の力はどうしても必要なのです。これだけ危ない状況が現れて来てはです。

人間の力だけではもう止めることが出来ないからです。これだけ世界に新型肺炎などの(噂によると生物兵器が)蔓延し出したらです。

それプラス激しい天変地変、そうして癌や心筋こうそくなどの成人病の激増です。

本当にこれ以上、神理を無視するなら人類は滅びの道へと一直線に進むことになるのです。

そのような気配がもう現れて来ているのです。いたるところでです。

その恐ろしさがまだ分からないのでしょうか。このブログを見ている多くの人たちにはです。

それなのにまだこの本当の神の教えである正法神理を信じようとはしないのでしょうか。

別に、一緒にやるのがどうしても嫌なら個人でやればいいのです。やり方は自由であるからです。要は実践すればいいのです。

この正法神理をです。そうすれば救われていくからです。

後は少しずつでも協力して(年に一、二度の布施)くださればそれでいいのです。それでも神は許されると思うからです。

少しの協力でもしてくれればこちらはこちらでするからです。神理の流布をです。

そういう人が増えてくるなら、必ず状況は変わってくるのです。よい方にです。

神理を実践する人が増えるなら、神の力がそこかしこに現れ、神の力がそこかしこに現れるなら、奇跡もそこかしこに現れ、奇跡がそこかしこに現れるなら、いま現れている災いも消えていくことになるからです。

奇跡は災いに勝るからです。愛(神)の力は悪の力に勝るということです。

しかし、神理を実践する人が増えて来ないと(愛を実践する人が増えて来ないと)悪の(新型肺炎の)広がりはどうにもなりません。

このまま増える一方となり世界を覆うことになるでしょう。この新型肺炎がです。

今の状況のすさまじさに早く気づいてください。そうしないと、この神理の有難みも分からないからです。

いま現在も新型肺炎の感染者はドンドン増えていっています。日本だけではなく世界中にです。(だからもうパンデミックになっていますよね。世界の情勢を見るならです)

それを止めることが出来るのは、神理の実践、それのみなのです。

0コメント

2月 24 2020

最大のピンチは最大のチャンス

しかし、この辺りはもの凄いですね。

だって、ただでさへこの辺りはずいぶん車が(トラックが)減っているのです。多くの病気が出てです。

それにもかかわらず、何と名古屋で一番最初に新型肺炎にかかった人が、この近辺から出たというのですから(そう想像出来ます)もう目も当てられません。

そうして、それで感染した人と濃厚接触した人が(これも驚きますが)五十数人も出ているというのですから、それではこれから、どれだけ新型肺炎がこの辺りに広がってくるか知れません。

この新型肺炎は感染力だけはやたら強いからです。(もう名古屋の満員電車やバスなど相当やばいでしょうね。これでトラックに引き続いて電車やバスまでいなくなりますかね。私にあまりにブシュブシュやりすぎているからです)

どこまで行くんですかね。この辺りの不幸はです。もう不幸がドンドン広がり大きくなっているからです。

こういうことになるのです。次々に悪い順序をもらうのです。神理に感謝もせず逆らい続けているとです。

とにかく悪い方、悪い方へと導かれるのです。この辺り多くの人たちが神理を見ているのに、その神理を説いている者に感謝もしないで嫌がらせばかりしているからです。

だからいいことが起きないのです。完全に態度を間違えているからです。

こう書くと、また意地になって嫌がらせしてくる人も多いんですが(ほんと子供か)もうそんなこともしていられないでしょう。そういう態度をいつまでも反省しないと、もっとひどい現象が現されるのは必然だからです。

何度ひどいことが起きれば分かるのでしょう。神の存在がです。これほどのことを人がやれるわけがないでしょう。

もう目には見えませんが、確実に存在する、そのような神の意識を(エネルギーを)理解すべきなのです。

そのような意識が(エネルギーが)働いているから、そのような現象が現れているからです。

このままでは、この辺り(癌やコロッと逝く人ばかりでなく)超感染力が強い新型肺炎までドンドン広がって、それこそ(名古屋が)日本初の都市封鎖などされるかもしれません。

中国のようにです。それだけひどいことも起こされるということです。あまりにこの辺りの多くの人が神をなめて神理にひどく逆らうようならです。

いい加減、反省されたらどうでしょう。そうすれば状況は全然変わってくるからです。

どちらにせよ、新型肺炎だけでも次々に感染者が現れて来ています。全国的にもです。いつまでも多くの人が神理に逆らい(あるいは無視を)続けるなら、韓国のようなことも起きてくるかもしれませんね。

韓国などもう毎日百人単位で増えていっている様だからです。新型肺炎の感染者がです。

それは中国同様、韓国は韓国としての理由があるからでしょう。例えば、他国に対して(特に日本に対して)ずいぶん恩を仇で返しているとかです。

そういう事実を韓国や日本の左翼がどれだけ認めなくても、天は(神は)正しいことを知っています。誰が(国が)どれだけ、そのような事実を認めなくても、韓国が日本に対して恩を仇で返していて、それをいつまでたっても改めようとしなければ天罰はくだるでしょう。

国であろうと人であろうとそれは同じであるからです。原因結果、作用反作用の法則は、人であろうが国であろうがちゃんと作用するからです。

だから、私は恩を仇で返していてはいけないといっているのです。恩を仇で返していては、その罪は二倍、三倍になって恩を仇で返している人たちに返っていくからです。

それだけ罪深いことをしているということです。恩を仇で返すという、そのような行為はです。

だから、この辺りは不幸に次ぐ不幸が、不運に次ぐ不運が、現れているのです。

相当多くの人が、相当多くの恩を仇で返しているからです。

そういう人たちがこの辺りだけではなく、日本中に、もっというなら世界中にいるのではないでしょうか。この新型肺炎の広がりを見るなら、そうとしか思えないからです。(もうこのブログを見ている人は世界中にいますから)

それだけすさまじい広がり方をしているからです。このような(新型肺炎を通した)天罰がです。

つまり、この神理に対する天罰と思想が悪いことによる天罰と、そのようなことが合わさってもはや人類全体が滅亡の危機に瀕(ひん)しているということです。

あまりに多くの人々が神の心から離れてしまっているがためにです。

そう思いませんか。だって、おかしいでしょう。この新型肺炎の広がり方はです。もう世界中に広がりつつあるのです。

何でこんなに広がるのでしょう。この新型肺炎の新型コロナウイルスはです。

このウイルスは暑さに弱かったんではないのでしょうか?

しかし、暑いはずのシンガポールやマレーシアとか、中東のイランや、あるいはいま夏であるオーストラリアにまでおかまいなしに広がっています。(それにアフリカにも広がっているんでしょう。確認できていないだけでです)

それではこのウイルスは本当に暑さに弱いのか?ということにもなります。暑さに弱いのであれば、暑いところにまでドンドン広がるのはどう考えてもおかしいからです。

しかし、このウイルスがもし暑さにも弱くないのであればです。このウイルスのピークが一体いつくるのか分からないし、どうやってこのウイルスの流行をおさめるんでしょう。

ワクチンや特効薬などまだいつ出来るか分からないのにです。

だから私は、今は世界人類の危機に瀕しているのではないのか、といっているのです。

この新型コロナウイルスが全世界に広がるようなら、人類が滅亡するということも十分あると思うからです。

そう思いませんか。だってこのウイルスは弱点らしい弱点がないのです。そうして、感染力はやたら強くて何度でも感染するのです。(再感染した人もすでに中国ではいるようですから)

では、いくらこのウイルスが重症化する確率が低いとはいえ(それも年齢や持病とか、あるいは衛生環境によってまったく違いますから)何度もかかるなら、そのうちに合併症など起こしてドンドン人が死んでいくということも十分あり得るからです。

そういうことがこのままいけば世界中で起きるのです。

そうなるなら、世界人類滅亡の危機といっても決して過言ではないように思いますがどうなんでしょうか。

それだけ危ない異様なウイルスであるということです。今回のこの新型コロナウイルスはです。

ではどうするのか?ということです。

昨日のブログではありませんが、この新型コロナウイルスに対し科学だけに頼っていて、それでよいのかということです。

何度もいいますが、まだワクチンや特効薬などいつ出来るのか分からないのにです。

こういうすさまじい状況にすでになっているのですが、それでもこのブログを見ている皆さんは神には頼らないのですか?

そんな神など認めませんか?これほどの危機に直面していてもです。

それでも現実逃避して仕事やら遊びやらでごまかしますか?

しかし、もう、その仕事や遊びもです。この新型コロナウイルスによって制限され始めているのです。

残念ですね。皆さん方がこれまで逃避していた、仕事や遊びにまで影響し出しているというのですから、この新型コロナウイルスはです。本当に皮肉な結果です。(本当に何から何まで天の配剤ではないのかと思えますね。いつまでも神を信じようとしない、現代の人たちに対するです)

どうですか、もうそんな現実逃避はやめて、このブログを見ている人たちは、真剣にこの神理と向き合いませんか?

そうすれば、自分が助かるだけではなく、この人類史上最大の危機からも脱することが出来るからです。

昨日も書いたのですが、この正法神理は、そこらにあるただの拝み宗教などとは違うのです。

神を認めて、その神の心に合わせて自分たちの態度を正しく改め、そうして神に対する正しい祈りもして(だから祈りもきかれる)科学(原因と結果)も認める。

そのような宗教と科学の一致を説くものであり、だから、神理とは宗教でもあり科学でもあるのです。両方を内在する教えであるからです。(それはそうでしょう。宗教も科学も元は神の心から現れてきたものであるから、両方を兼ねているのはある意味当たり前のことであるのです。正しい神の教えであるならです)

そうして、その神理を多くの人が行うならです。多くの奇跡が現れて来て、災いも止めることが出来るのです。

つまり、いま世界に広がりつつある新型コロナウイルスの猛威も止めることが出来るということです。この神理が世界に拡がっていくのならです。(だってこのウイルスは、中国武漢の海鮮市場の動物から発生しただの、武漢にあるウイルス研究所から漏れ出ただのいろいろいわれていますが、結局、神がつくられたことには変わりがないからです。そういうところを通して〔人やら動物やらをです〕神がつくられたのですから、神に頼めば、そのウイルスを消し去ることも可能なのです。その神に頼む方法は、この神理が行っている正しい祈りしかないのです)

もういい加減それを信じてもらえないでしょうか。何度もいいますが、嘘をいう者に奇跡など起きないからです。

そうして、昨日のブログにも書きましたが、このような異常現象は(今回の疫病や天変地変なども含めたです)人の心(の変化)で止めることが出来るからです。

それを信じて、一緒にやってもらえないでしょうか。この神理の流布をです。

いつまでも小さな殻に閉じこもっていたところで何もいいことは起きません。いいことどころか、このブログを見ている人たちのあまりの頑なな態度によって、いま全世界が大きな危機に瀕しているのです。

本当の神の教えを知っている人たちが、その神の教えを世界に伝えようとしないばかりにです。

だから、小さな自分を捨て、一歩先に進みませんか?(少しでいいので、この神理を実践されませんか)そうすれば、そこから正しい道がついてくるからです。

いつまでも小さなことにこだわっているのではなく、もっと大きな心になり、自分には厳しく人には寛容を旨として進まれるなら、その進む道は光明に満たされ多くの奇跡が現れてくることになります。

口だけではダメなのです。実践が必要なのです。その実践が奇跡を呼ぶからです。

いま現在、世界人類に大きな危機が迫っています。しかし、このような最大のピンチは最大のチャンスでもあるのです。

この時に一気に自分の殻を破って自分の心を変えるなら、必ず奇跡は現れて来ます。

共に進みませんか?

そうすれば、神の光は必ずや現れてくるからです。

0コメント

Next »


あなたは人目の訪問者です。