>>ブログトップへ

5月 26 2019

布施の大事さ

何かメチャメチャ暑いですね。名古屋など連日の三十度超えです。とても五月とは思えませんね。

これだけ暑くては、せっかくたまった宇連ダムの水も(わずか十パーセントくらいだけでしたけどね。たまったのは。あのような大雨が降ってもです)あっという間に蒸発してしまうでしょう。

よりにもよって未曽有の水不足の時に限って、これだけ暑くなるというのですから、これだけ間が悪い話もありません。

本当に悪い方、悪い方へと導かれています。

それはそうでしょう。この辺り、これだけ悪いことが起きているにもかかわらず(トラック、豚、水)誰一人、反省したそぶりもみせません。

お前のせいでこうなった、悪いのはすべてお前、みたいな傲慢な人たちばかりです。

これではいいことが起きてくるわけがない。謙虚に反省する人が出てこない限り、この辺りで起きている(すさまじい)災いは止まらないのです。

ここに書いていることをもう少し真剣に考えたらどうでしょう。これだけのことが起きているからです。

いま起きていることは、夢でも自然現象でもないのです。多くの人々のあまりの不遜な態度がこれほどの現象を現させているのです。(もちろん神によりです)

そのような事実を、いい加減、認めてはどうでしょう。私のいった通りのことがこれだけ起きているからです。

何度もいいますが、このブログを読んでいることに(如来の教えに巡り合えたことに)感謝して布施でもされたらどうでしょう。

そうすれば、このような災いも止まりよいことも起きてくるからです。

布施といえば、またウナッシーさんから布施をいただきました。心より感謝いたします。いつもならお礼はメールでするのですが、今回はブログに書いておきました。

もちろん、このブログを見ている他の人たちへの皮肉を込めてです。(笑)

あまり笑い事でもありませんよね。だって、それをするかしないかでこれだけの違いが現れているからです。

布施をしてくれているウナッシーさんにはちゃんと奇跡が現れているのです。

それに対し、嫌がらせしかしない人たち(または私のいうことを無視し続けている人たち)には、これもまたちゃんと災いが現れています。

しかも、ずいぶんひどい災いが現れているところもあります。(この辺りを筆頭に)

これだけ起きていることが違っているのに、それでも、その事実を無視し続けている。もはや狂っているとしか思えませんね。

それほどの愚かな態度を取り続けている人が多いからです。

だってそうでしょう。何度も書きますが布施してくれている人にはちゃんと奇跡が起きているのです。

では、布施してくれる人が増えたらどうなるのですか?

当然ではありますが、布施してくれる人が増えるのなら起きる奇跡も増えるということになります。

そういう現象が実際に起きているからです。

では、災いはどうなるのでしょうか?

災いが起きている人たちが反省し布施してくれるのなら、その人たちに起きていた災いは奇跡に変わるのですから、その分、災いは減ることになります。

また、災いが起きていない人たちが布施してくれたとしても、それだけ愛の行為をする人が増えるのなら、当然、世に現れる現象も愛ある現象が増えるということになりますから、そうなれば必然的に起きる災いは減るということになります。

つまり、私に布施してくれる人が増えれば増えるだけ、奇跡が現れ、災いは減って行くということです。

別にこれは都合のいい話でも何でもありません。実際にそうなるからそうなると書いているのです。それはやってみれば分かります。

私に布施の行為をするだけで奇跡が現れ災いが減るのです。

こういう事実をいつまでたっても理解しようとしないから私は愚かだといっているのです。

実際そうでしょう。何でよくなる方法がすぐ目の前にあるのに(それも凄く簡単によくなる方法がです)それをいつまでたっても行おうとしないのでしょう。

それをやろうとしないから災いが止まらないのに、そういう自分たちの間違った行いを棚に上げ、いつまでたっても災いを人のせいばかりにしている。

それではよくなるわけがないのです。自分たちの行いをいつまでたっても正さないからです。

まだ分かりませんか?布施することの(愛の行為の)大事さがです。

それだけ布施するという愛の行為は、特に如来の教えを説いている者への布施の行為は、尊く多くの徳を得ることが出来るということです。

だから、別に布施などしなくても如来の教えを実践しただけで奇跡が現れてくるのです。如来の教えの実践は、それほど徳を得る行いもないからです(布施をしなくても奇跡が現れた人はいくらでもいます)

その(それほどの徳を得る行いを説いている)如来の教えを説いている私に布施するのです。

そのような行為ほど尊いものはなく、だから、そのような行いをするだけでも、災いは起きなくなり、奇跡が現れるといっているのです。

それだけ尊い行いをするなら、それだけ多くの徳を得ることになり、それだけ多くの徳を得るなら、当然、災いからは逃れ、奇跡が現れてくるはずだからです。

また、逆にそのような行いを頑なに拒否し続けているから(自分たちは救われているのにです)これだけ多くの災いが現れるのです。

作用、反作用の法則です。

これまで布施したことがある人は多いと思いますが、布施しただけで奇跡が起きますか?

まず、起きませんよね。布施したくらいで奇跡などです。どれだけ高額の布施をしたところでです。

しかし、この教えを実践するなら、それだけで奇跡が起き、それに感謝して報恩の布施の行為を行うなら、さらにたくさんの奇跡が現れるということです。

現実に、そのような人が現れていますし(ウナッシーさん)また、そのような行いを無視し、頑なに自分たちの行いを押し通している人たちには、たくさんの災いが現れているのです。

では、頑なに自分の行いを押し通すより、どう考えても布施した方がいいということになります。

それこそ金の問題ではないのではないでしょうか。自分の行い一つで、自分の運、不運が大きく変わってくるからです。

自分の行いを少し変えるだけでいくらでも奇跡は現れてきます。

それなのに、いつまでそれを行わず、頑なに間違った行いをし続けている。

それほど愚かな行為もないのです。

追伸…昨日、千葉県で震度5の地震が起こりました。

東京も震度4のところがあったそうですが、アメリカのトランプ大統領が来日するその日にこれほどの地震が起きるなど、これもまた間の悪い話です。(昨日トランプ大統領が来日されました)

アメリカ大統領の来日が日本にとって、それほど間が悪いということなのでしょうか。(笑)そんなことはないと思いますが、ハードな交渉もほどほどにしていただきたいものです。(苦笑)

アメリカファーストも大事なことですが(ほどほどの)中道はもっと大事なことであるからです。

現在の日本には本当の神の教えである(古くは釈尊、キリストが説かれた)正法神理が現れています。(それで日本はいま現在、大変なことになっているのですが。〔苦笑〕)この教えはやがてアメリカへも拡がり、世界をも救うことになります。

その正法神理が出ている国をあまりにいじめてしまうと、アメリカにもその反動が現れ、様々な現象も現れてくるからです。

今アメリカは中国との貿易戦争のさなかにあります。

そればかりでなくEU、中東、北朝鮮などなど、やはりアメリカの影響が大きく、世界はアメリカ中心で回っているといえますが、日本には親米と親中派があり、そうして親北みたいな人たちもいて、混とんとしています。

もちろん私は親日ですが(日本人だから当然ですが)この日本を通してアメリカや中国など他国とも調和していきたいと切に願っています。(やがてこの正法神理をそのような国々にも伝えていかなければいけないからです)

しかし、日本にいる親米、親中、親北の人たちは日本をすっ飛ばして(日本の国益を考えず)いきなりの親米、親中、親北みたいな人が多く、そのような人たちは、そのような国々から重宝がられはしますが、使われるだけ使われて、後々は捨てられるということを理解していないのは本当に哀れです。

そんな自分の国をすっ飛ばして(自分のことと)他国のことのためだけに動く人など、どの国の人からも信用されていないということを、その人たちは知らないからです。

まあ、そのような話はいいのですが、とりあえず私は現時点では親米派です。トランプ大統領の今後のご活躍を心から応援しています。

(日本では〔世界でも〕トランプ大統領はいろいろいわれていますが、北朝鮮のミサイルが飛ばなくなり〔もしかすると〕拉致問題も解決の糸口がつかめるかもしれないのですから、その一点だけ見ても〔現時点では〕トランプ大統領に感謝すべきなのではないですか。日本はです。〔中国との問題もありますし〕その後のことは、その後のことで、また臨機応変に対応していくしかありませんよね)

0コメント

5月 23 2019

心と災害

もう素直に頭を下げたらどうでしょう。これだけの悪いことが起きているからです。

特にこの辺りの人たちはそうした方がいいでしょう。何しろこの辺りは史上最悪の災いが現れているからです。(車は減り、豚コレラは止まらない、未曽有の水不足は続いているなどなど)

そういう時は昔から(昔ならですね)自分の行いが悪かったと反省し、神に手を合わせて頭を下げ、行いを変えたものです。(もっと謙虚にです)

だから、災いも収まっていったのです。そのような行いが正しかったからです。

しかるにこの辺りの人たちは、災いが起きているのに反省して謙虚になるどころか、その災いを人のせいにしてよけい傲慢になっています。

これでは災いが止まらなくなり、史上最悪の災いまで現れてくるのも致し方ない話でしょう。そのような(傲慢で間違った)行いを皆が皆しているからです。

そのような態度を変えない限り、災いは収まらないのです。

この辺り(東海三県)でこのブログを見ている人たちは感謝して布施くらいされてはどうでしょう。(ずいぶん救われたでしょう。このブログを読んでです)

それくらい謙虚で徳を得る行いもないからです。そうすることが一番の災いを収束させる方法であるからです。

如来の教えなどそうは巡り合えるものではないのです。

そのような稀有な如来の教えに巡り合っているにもかかわらず、まったく感謝もしないで嫌がらせなどし続けているから(愛知の人だけでなく、三重や岐阜の人たちもです)これほどの災いも起きてくるのです。

それだけ(私だけでなく)神に対して傲慢でひどい態度もないからです。

如来の教えなど神の愛が現れてこなければ巡り合えるものではないのです。(それだけ巡り合うことが難しい教え)そのような(特別な)神の愛をいただいているにもかかわらず、まったく神に感謝しようとしない。

如来の教えをさも当たり前のように怒りながら見ている。

これだけ傲慢不遜でひどい態度もないのです。(ほんと何様でしょう。〔苦笑〕)それではひどい現象も現れてくるわけです。

それだけメチャクチャな態度もないからです。(超傲慢だわ、恩を仇で返しているわ、自分たちのひどい態度に対する自覚はないわ、もうやっていることがデタラメです)

しかし、これほどの現象が現されているにもかかわらず、それでもまだ自分たちの傲慢さが分からない。反省する気などサラサラない。悪いのはすべてお前などという態度を取り続けるのであれば、この辺りに起きている災いはもっとひどくなり、さらに悪い結果が現れてくるでしょう。

それはこれまでの歴史が証明しているからです。それを多くの人たちは知らないだけなのです。

これまで災いが止まってきたのはすべて(すべてです)その地域の人たちが反省したからです。

反省したから、その地域に起きていた災いは止まったのです。その反省の心を観て、神が災いを止めたからです。

そういうことを書いても、このブログを見ている人たちはなかなか信じませんが、しかし、私のいっていることの正しさを、それこそ平成の世が証明してくれたのではないでしょうか。

平成の世ほど大きな災いが立て続けに起きた時代はこれまでなかったからです。

なぜ、平成の世はあれほどの災いが現れたのですか?

それは平成の世の誰も、その災いを自分のせいとは思わず、すべて責任転嫁して反省しなかったからです。

だから、平成の世はあれほどの災いが、あれほど立て続けに起きたのです。誰も心を変えようとしなかったからです。

これまでは、起きている大きな災いなど(例えば、地震や台風、大雨や大雪など)時間が過ぎれば止まるとそう思われてきました。

しかし、平成の世はどれだけ時間が過ぎても大きな災いは止まらなかったのです。繰り返し、繰り返し、何度も起きて来たのです。

なぜでしょうか?

なぜ、平成の世はそれまで(明治、大正、昭和、それ以前も)起きていなかったような大きな災いが(小さな災いも含めてですが)いつまでたっても止まらなかったのでしょう。

それは、平成の世の人たちが過去のどの時代の人たちよりも、傲慢で無反省であったからです。

だから、災いが止まらなかったのです。だから、過去、起きたことがないような災いが立て続けに起きたのです。

過去のどの時代の人たちよりも平成の世の人たちは、傲慢不遜であったからです。

そのような災いはすべて人々の心によって起こされていたのです。それを多くの人たちは単に知らなかっただけなのです。

過去、多くの聖者がそのことは伝えていたはずなのにです。(釈尊、キリスト、モーゼなどなど)

それを多くの人は理解しようとしなかった、自分たちの心が災いを現すなど、そうそう信じられることではなかったからです。

しかし、昔の人は(平成以前の人は)すべてを信じないながらも、ある程度はそのことを分かっていたのです。

だから、大きな災いが起きてくると反省し、その結果、大きな災いは止まったのですが、平成の人たちは、まったく(まったくです)それを信じようとしなかった。

大きな地震が起きてくれば、それは地震の活動期、すさまじい台風や豪雨になれば、それは温暖化のせい、日本に災害が多いのは地形のせいなどなど、何か災いが起きて来ても、それをことごとく責任転嫁して、まったく反省しようとしなかった。

その結果が、大きな災いが止まることなく何度も何度も現れるという「平成の大災害」につながったのです。

起きている災いは時間が過ぎれば自然に止まるのではないのです。

それは後から見てそのように見えるだけで、その当時の人たちの心が変わったから、その時、起きていたひどい災いは止まったのです。

これまで数々起きた、地震や台風、大雨や大雪などすべてそうなのです。

あの平成の世のような天変地変が、これまでこれだけ立て続けに起きたことがなかったのは、その当時の人たちが、大きな災いが起きることによって心を入れ替えたから、起きなくなったのであり、平成の人たちのように、どれだけ災いが起きても、心をまったく変えようとしなければ、その災いは止まることはないのです。

むしろひどくなるのです。(この辺りがいい例です)

それを、平成の時代が証明しているのです。(私はくどいほどそれをいいましたけどね。誰も私の意見をきこうとしなかった。その結果が、平成の大災害となって現れたのです)

何度も書きましたが、平成の世ほど多くの人が傲慢不遜であった時代はないのです。その結果、これまでにないほどの災いが現れました。

令和の世も同じようにしたいのですか?

同じでかまわないというのであれば、そのままの(傲慢な)態度を続ければよいのですが、令和の世は平成のような大災害が起きる世にはなってほしくないと、そういう人がいるなら、その人は謙虚に私のいうことに耳を傾けるべきでしょう。

そうして心と行いを変えるべきでしょう。

そうすれば、その人に災いが起きてくることはないからです。

どちらにしても傲慢より謙虚です。その謙虚さを忘れてはならないのです。

そのような謙虚さこそ、どのような時代になっても、自分を守り、正しく導いてくれる唯一の指針であるからです。

(こういうことって他のもので分かりますか?他のもので〔本でもネットでも何でもいいんですが〕ここまで繰り返し、心のことを書いて、その現れる現象まで教えてくれるものってないと思うんですが……それにもかかわらず、多くの人が感謝もせず平気で読んでいます。もう少し謙虚な心と態度を取ってください。そうしないとまたどんな不幸が現れてくるかしれないからです)

0コメント

5月 21 2019

古今未曽有の災い

あちこちで大雨になっているようですが、この雨で少しはたまったんでしょうか。豊川用水のカラになった宇連ダムに水がです。

しかし、この後はまたしばらく晴れが続くとのこと。(しかもずいぶん気温が上がるとか)どちらにしても水不足は変わらないでしょう。この辺りは宇連ダムだけでなく、その周辺のダムもどこも水が少ないようであるからです。

それでは、一日、二日雨が降ったところで、水不足が解消するまでにはとても至らないはずであるからです。(テレビでもそんなこといっていましたし。これだけ晴れが続いていては、少々雨が降っても、その雨は乾いた大地にしみこんでいくだけでたまるまでいかないと)

しかし、この辺りは本当についていませんね。まるで祟られているようです。

そうではないでしょうか。だって、トラックがこれだけ減っているのもそうですが(これだけでも十分祟られています)愛知県など(岐阜もそうですが)あちこちの養豚場で豚コレラがずいぶん発生しました。

その豚コレラがまだ収束していないにもかかわらず、今度は未曽有の水不足です。

トラックも(人も)豚も、水もドンドン減っていっています。これを祟りといわずしてなんというのでしょうか。

まるでこの辺りが滅びる前兆のようです。(これが前兆なら確実にこの辺り滅びると思うんですが…ほんと大丈夫でしょうか。危ない現象がこれだけ立て続けに起きていて、この如来の教えをガン無視していてです)

縁起でもありませんが、それほどの災いがこの辺りは次々に現れているのです。

しかし、日本に現れている災いはそれだけではないのです。

GDP(国内総生産)の速報値が(一~三月期の)昨日出たようですが、多くの人の意に反し、なんとプラスと出たようです。(皆マイナスだとばかり思っていたはずですが…)

しかし、その中身は単に輸入が大きく減ったため、そのような数値になっただけで、このGDPの七割を占める個人消費と設備投資はマイナスなのですから、実質はマイナスのはずなのですが、こういう数値が出ると、その数値だけを捉え、だから消費税は予定通り上げるとぶち上げる、私たち貧乏な庶民の敵がたくさん出てきます。

この状況で(実質はマイナスなGDP、米中貿易戦争、来年のオリンピック不景気、この辺りだけではない数々起きてくる天変地変などの多くの景気悪化要素)消費税なんぞ上げたら、どれだけ景気が悪化するか分からないのですが、そのようなことに一切かかわらず無情にも消費税上げを押し通す人たちがたくさんいるのです。(日本の財政が悪化しているからと、おバカなことをいい続けてです)

これはこれで、これだけの災いもありません。(多くの人がもっと貧困になるのですから)だから、この消費税上げもまた大きな災いの一つといえるのです。(だいたい、消費税を上げる理由がないでしょう。日本にはです。財政再建などする意味〔必要〕がないと、アメリカから入って来たMMT〔現代貨幣理論〕でもいわれているのですから。もし、この理論が正しかった場合、日本の財政再建論者は大変な間違いを犯していることになります。専門家はもっと真剣にこのMMTの議論をされては〔深めては〕どうでしょう。これからの日本の財政の行く末に大きくかかわることであるからです)

そうしていま大坂で騒がれている、大阪都構想、あれもそうでしょう。

この都構想はこちらにもあるのですが(中京都構想がです。その他にも北海道や沖縄、あるいは横浜〔でしたっけ?〕独立論とか、いろいろあるみたいですが)その賛否についてまた住民投票を行うそうですが、大阪都構想がよい悪いはともかく、こんなに頻繁に住民投票など行えば、当然、大阪の人々の考えは割れ、反目するようになります。(だから、どこの国も〔EU離脱問題のイギリスもそうですが〕住民投票など頻繁に行われないんでしょう。民意が真っ二つに割れてしまうからです)

そういうことを考えていっているんでしょうか?大阪維新の会をはじめとした元市長さんたちはです。

あの元市長さんなど、大阪都構想を賛成する人が勝つまで住民投票をやり続けろみたいなこといっていますが、ほんとメチャクチャですね。

これでは大阪が揉めるだけだと思うんですが、どうも大阪維新の会を見ていると、この大阪都構想の住民投票もそうだし、カジノの誘致もそう。なんでも民営化で道州制もそうなんですが、このようなことを次々に行って、日本を潰そうとしているとしか思えないのですが、一体どういうつもりでやっているのでしょうか。

だってやっていることがおかしいでしょう。

住民投票を何度も行って大阪市民を反目させ、カジノを誘致して人々を堕落させ、そうして、何でも民営化して人々の生活を不安定化させ(例えばあの水道法のようにです。全部民営会社にやらせて料金をつり上げる)道州制に変えて日本をバラバラにする、どう考えても、日本をよくするようには見えないのですが、これで日本はよくなると本当に思っているんでしょうか?

大阪維新の会はです。

だとしたら、よほど考えがおかしいと思うんですが、それに自分たちの意に反した議員を党を除名するだけではなく、国会議員までやめさせようとしています。(例の北方領土のことで戦争発言をした議員のことですが)

ああいう発言をして党を除名するのはまだ分かりますが、国会議員まで全力でやめさせようとしている。あまりにやっていることに愛がありません。(少なくとも自分の党の国会議員であったのですから。これでは他の議員もいつやめさせられるか分かりませんね。党の方針に少々でも逆らったらです。党も国会議員もです)

これだけ愛のない政策といい、同じ党の議員に対する仕打ちといい、もしかしたら維新の会は、左翼思想に次ぐ、第二の反日勢力なんでしょうか?

一連のしていることを見ているとそうとしか思えないからです。

ここまで考えてやっているとしたら、相当の策士ですし、こういうことまで考えずに、ただ、大阪都構想を行えば大阪はよくなる、カジノを誘致すれば経済はよくなる、民営化し道州制にすれば日本はよくなると、単純に考えて行っているとすれば相当のバカなんですが、一体どちらなんでしょうか。

大阪維新の会はです。

どちらにしても、これもまた災いの一つでしょう。この大坂維新の会のこのような政策が全国に広がれば、これほどの災いもないからです。

そうして、あの皇室を(皇統を)潰そうと(あることないこと週刊誌に書いて)躍起(やっき)になっている連中もそうでしょう。

日本の中心である皇室がなくなれば日本がバラバラになるのは目に見えています。

だから、それをしたくてたまらないのでしょう。日本がバラバラになるなら、これだけくみしやすい話もないからです。(他国から見たらです)

だとすれば、これもまた災いの一つなのです。

このように考えるならです。

現在の日本は古今未曽有の災いに見舞われているといっても過言ではないのです。それほど多くの災いが現在の日本には現れているからです。(神の天罰、財政問題、政治問題、思想問題などなど)

しかし、このような災いはです。まず、神への考えを変えるなら、順次解決していくのです。

逆にいうなら、神への考えが間違っているため、神以外の様々な問題が起こってくるといっても間違いではないからです。

それほど神以外の問題は、神の力を借りるならすべて解決していく問題であるからです。

政治を主にするのも、経済を主にするのも、あるいは国を主にするのも、それはかまいませんが、しかし、そのような問題はすべて部分であるということです。

それがすべてではないのです。

すべて、そのような問題は一部分の話であり、すべては神に、その神の心にかかっているということを知ってください。

神の心を主としなければ、神の心を中心としなければ、このような問題は解決しないのです。

なぜなら、神がすべてであるからです。神がそのようものすべてをつくられたのであり、神が全体であるからです。

だから、まず神を(その心を)主としないといけないのです。そのような神の心が多くの人々の心にいきわたって、はじめて、政治も、経済も、そうして国もよくなって行くからです。

だからこそ、まず、この神の心(正法神理)を主としないといけないと、この正法神理の元に集まらないといけないと、私はいっているのです。

すべての元は、この神の心にあるからです。

現在の日本には古今未曽有の災いが現れています。

この災いから再興するには、まずは、この正法神理を実践する以外にないのです。

2 コメント

5月 19 2019

如来の教えの必要性

最近は、歩いていると怒っている人よりも暗い顔をした人の方が多いんですが、何かあったんでしょうか?悩み事があれば相談にのりますが。(そういう仕事ですから。〔苦笑〕)

まあ、道路を見ていれば暗い顔にもなるんでしょうが(こうも車が減っては)これを私のせいなどと思って怒っている人もずいぶん減りましたよね。(まだ多少はいますが。そういう愚かな人もです)

もう、私のせいにしていたところでどうにもならないと理解する人も増えているんでしょう。

実際そうですもんね。いくら私のせいにしていたところで、災いは減るどころか増える一方であるからです。

では、もう観念してこの正法神理を勉強すればいいと思うのですが、そういう人はなかなか出て来ないようです。

しかし、もう全国的に危ない現象が多発しているのです。

昨日も、鹿児島県の屋久島で五十年に一度の大雨が降り、まだ登山客が孤立したままだとか、箱根山で火山性の地震が増えて噴火レベルが2に上がったとかいっていましたよね。

今日もまだ九州辺りは大雨に注意が必要とのことですが、また起きてきましたからね。このようなひどい天変地変が次々にです。

それ以外でも、暴走事故は立て続けに起きる(しかも年寄りの事故が多い。昨日もあったようですね。年寄りの車が暴走し人をはねて死亡させた事故がです。本当に立て続けです)大きな火事は起きる、昨日など(一昨日でしたっけ?)小学生が集団で熱中症です。

それほど暑くもないのに大勢の小学生が急に熱中症になるというのですから(これじゃ運動会も出来ません)ほんといいこと起きません。

何でこんなに簡単に熱中症になるのでしょう?必要以上に(最近は熱中症をうるさくいわれていて)気をつけているはずなのにです。

それなのに集団で熱中症になるなど不思議といえば不思議ですね。(昔ってこんなに熱中症になりましたっけ?水を飲むなとかいわれていたのにです)

私は(神が)悪い方、悪い方に導いているように思えてならないんですが、これで南海トラフでも来たらもう日本も終わりですね。(これだけ悪いことばかり起きて〔起こされて〕いるところに〔おまけに景気まで悪化していますから〕超巨大地震である南海トラフが来たら、とどめでしょう)

そういうギリギリのところに日本は来ているんですが、気づいていないようです。日本の危なさに日本の人たちは誰もです。

神の心を理解しない人がほとんどだからです。

日本全体が、そういう(すさまじい)状況であるにもかかわらず、この辺りの人たちは他地域の人たちよりも、もっとひどいことをしているというのですから、この辺りだけ特別(ひどい)ことが起きてきても決して不思議ではないわけです。

むしろ起きない方がおかしいのです。現在の日本は、もう神に頼る以外、助かる道はないはずなのに、この辺りの人たちは、その神の心を説いている私に嫌がらせしかしないからです。(この状況でなんてバカなことを)

いい加減、自分たちが悪いのを認めて反省してはどうでしょう。

この状況でまだ神を怒らせるなら、南海トラフが来て、ジ・エンドということにもなりかねないからです。

私は、こういうことを(神の心に逆らい、法を説いている人に嫌がらせなど)すれば悪いことが起きる、こういうことを(神の心に従い、法を説いている人に感謝して布施など)すればよいことが起きると、そのようなことを教えているだけです。

実際、その通りのことが(嫌がらせをしてくる人には天罰が、布施する人には奇跡が)起きているのですから、これだけ正しい話もないわけです。

この辺りの人たちは、その私のいうことに逆らい続けているから、これだけ悪いことが起きているのだし、その悪いことが(全国同様)最近はこの辺り拍車がかかっているようです。

だって、これだけ車が減っているにもかかわらず交通事故は多いし(全国ニュースでもこちらの事故のニュースをやっていました)おかしな事件も多い(これも全国ニュースでやっていました。夫が妻を殴り殺したとか、火事などもです)それプラス、超水不足です。

愛知県や静岡県に水を供給している豊川用水の最大の水源である宇連ダムが、カラになってしまったそうですね。

これまでは水があまり必要でなくなった、秋口から冬にかけてこういうことが起きたことはあったそうですが、夏前のこれから水が必要な時期でのこれほどひどい渇水は初めてだそうです。

そうであるならこれだけ運の悪い話もありません。これまで起きたことがないような最悪の現象が現れているからです。

こういう現象を見れば、この辺り、どれだけ悪いことが起きているのかということが本当によく分かります。

こういうひどい状況が現れていても、それでも反省はしないというのでしょうか?自分たちは一切悪くなく、悪いことはすべてお前のせいといい続けるのでしょうか。

この辺りの人たちはです。

しかし、この辺りにこれだけ悪い現象が現れているということは、この辺りの人たちがそれだけ悪いことをしているということなのです。

それを神が(天が)教えているのです。

それを認めようが認めまいが、それは自由なんですが(認めるわけがありませんが。この辺りの人たちが、自分たちが悪いなどです。〔苦笑〕)どちらにしても、これほどひどい水不足の時はです。

それこそ神に頼らなければいけないのではないですか?このような時は、神頼みしか救われる方法がないからです。

しかし、この辺りの人たちが雨乞いなんかしても神はきいてくれないでしょう。

何せ、如来の教えを説いている私に嫌がらせしかしないというのですから。その私が祈るなら、雨など簡単に降らせることが出来るのにです。

本当に残念です。私とこの辺り(主に東海三県)の人たちと仲が悪くてです。(苦笑)

私はこの辺りの人たちが自分たちが悪かったと反省さえしてくれれば、いつでも仲直りしますよ。誤解や勘違いは誰にでもあることであるからです。(私にだってありますから……それにしても、そういう誤解や勘違いがちょっと長すぎますが。〔苦笑〕)

このようなことを考えるならです。如来の教えは必要なのではないですか。特に今のように災いが多発している日本などではです。

今のように如来の教えを無視し続けるなら、災いばかりが起きてきます。(実際に起きています)

早く気づいてください。如来の教えの大事さをです。

この如来の教えの必要性を多くの人たちが理解しない限り、日本によいことが起きてくることはないのです。

追伸…日本にこれだけの災いが現れているのですから、皇統を潰そうとしている人たちも少しは反省されたらどうでしょう。

そのような間違った行いがよけい日本に災いを呼んでいるからです。(それも神の心に背く行為であるからです)

ソロソロ出てきていませんか?あいも変わらず皇統を潰そうとおかしな記事を書いている(他国の工作員の?)人たちに災いがです。(例えば、おかしな病気などです)

そういう現象が現れだしたら、気をつけてくださいね。それでも無反省に同じ間違いをし続けていると(皇統を潰そうとする記事を書き続けていると)もう災いがボンボン現れだすからです。

こちらがそうであるからです。(それにそのような記事は、神武天皇はじめ歴代の天皇の怒りを当然買っています。どういう悪いことが起きてくるか(しかも末代まで)分からないのです)

日本の人々は神の心に背く行為ばかりをしています。だから、これだけ多くの災いが日本に現れているのです。

だから、そのような神の心に背くような行為は出来るだけ減らしていかないといけないのです。

そうしないと日本に起きている災いはいつまでたっても減らないからです。

0コメント

5月 17 2019

現世利益

また車が園児に突っ込んだらしいですね。(園児にけがはなかったそうですが、かばった保育士が骨折。もちろん保育士のこれ以上の愛の行為はありません。自分の身を犠牲にして園児を助けたのですから)

アクセルとブレーキの踏み間違いで(ですよね。今回も)車が突っ込む事故が最近は立て続けに起きていますが、ここにそんなこと書いたとたんですね。

そういう事故が続出し出したのはです。

一度や二度じゃないでしょう。(何度くらい起きましたっけ?もう十回近く起きてませんか?)いくら何でも起きすぎですよね。そんな事故ばかりです。

ここに下手(へた)なこと書けませんね。如来の教えを書いているブログに下手に書くと、その書いたことが何度も起きそうだからです。

試しに、このブログを読んで感謝しない人たちが一人一人癌になっていく、みたいなことを書いておきましょうか。(苦笑)そうしたら本当にそういうことが起きてきて、みな感謝せざるを得なくなるからです。(笑)

どっちみち似たようなことがもう起きていますからね。書くまでもないのでしょうが、三~四日前に名古屋港に行ったんですが、ちょっと驚きました。

帰り道、ほとんどトラックが走っていなかったからです。(ほんと少なかったです。あの辺りはたくさんトラックが走っていたのにです)

そういえば最近はまた一段とトラックが減っているように感じたので、道路を意識的に見ていたら、名古屋港だけではないですね。

あちこちの道路で、もうほとんどトラックが走っていないようにも見えます。

名古屋のトラック連中が滅ぼされているんじゃないですか。そう考えてもおかしくないくらいの少なさです。

しかし、トラックが滅ぼされたら、次は他の人たちだと思うんですが、そういう危機感はないのでしょうか?

この辺りの人たちはです。

本当に大丈夫なんですかね。他ごとばかり(仕事や遊びなど)やっていて、如来の教えを平気で無視し続けていてです。

この教えを実践した方が危なくないと思うんですけどね。この状況ではです。

しかし、災いが起きるよりは、この教えを実践して奇跡が起きた方がよほどいいと思うんですが、これだけトラックが減っていても(これだけ災いが起きている人が続出していても)そうは考えないのでしょうか?

この辺りの人たちなどです。

まあ、考えないから誰もそれをしようとしないのでしょうが、それにしてもひどいですね。名古屋の状況はです。

それで昨日、久しぶりに内海の方に行ってきたのです。あちらはどうかなと思ってです。

しかし、行ってから気がついたんですが、元々あの辺りは車が少ないので、車やトラックが少ないのかどうかサッパリ分かりません。(苦笑)

ただ、向こうの人たちの様子が前よりはずいぶん引いているようにも感じましたので、やはり車が減っている(災いがたくさん起きている)のではないかと思われます。

それでも行きの電車の中などひどいものでした。朝は大学生が多いので、もうあっちでゴホゴホ、こっちでガハガハ、うるさいうるさい、行きはもうずっと辻説法をし通しでした。

あれだけちょっかいをかけて来て大丈夫なんでしょうか?これだけ災いが現れている状況でです。(癌が続出したりして)そのような嫌がらせは怒りや憎しみの行為以外の何ものでもないからです。

この状況で、そのような(悪の)行いは必要以上に災いを呼んでしまうのです。

もうこのような状況では(最初に書きましたが)愛の行為が絶対に必要なのです。愛の行為を行うなら逆に災いから守られ、奇跡が現れてくるからです。

それは私が証明しているでしょう。昨日でもずいぶん(鳥たちももちろんですが)魚たちが寄って来ましたから。

昨日はなぜか野間の海岸に高校生が何人かいて(いつもなら〔内海はともかく〕野間の海岸には誰もいませんので)私が海に向かい声をかけているところを見ていた高校生もいたようですが、見えていましたかね。

たくさんの魚たちが集まってきたところがです。(昨日も沖からたくさんの魚がこちらに寄って来ました)

まあ、小さいのが多かったから見にくかったかもしれませんが(昨日は細かい魚が凄い数、寄って来ていました。後は十~十五センチくらいの奴も寄って来ていました)ちょこちょこ跳ねていたのもいたし、ずっと見ていた女子高校生たちの一団もいたので、多分見えていたでしょう。(自分たちもこの教えを実践すればこのようなことが起きてきますが…やらないか、昨日見ていた高校生たち、この教えをです)

それはともかく、そのような愛のあふれた現象が現れるということは、それだけ愛の行為を行っているということであるのですから、そうであるなら私に災いが起きることもないでしょう。

よく寺や神社で謳(うた)っている、家内安全、交通安全、商売繁盛、厄除開運、無病息災、大願成就などなど、このような現世利益はです。

この如来の教えである正法神理を実践するなら当たり前に起きてくることであるのです。だから、特別こんなことを謳う方がおかしいのであって、こういうことは信仰をするなら当たり前に起きることなのです。

しかし、今その当たり前に起きること(正しい導き)が起きなくなっているのです。災いばかりが現れてです。

皆、それなりに信仰をしているのにです。

では、その信仰は正しいのでしょうか?

末法の世では、そのような間違った、口だけ信仰(苦笑)でもごまかせたわけですが、このような正法の世となると、もはや間違った口だけ信仰ではボロが出てしまいます。

ドンドン悪いことが起きてくるからです。間違った信仰をしていたらです。

つまり、正法の世になれば正しい信仰をしていなければ、自分が正しく導かれることはないということです。

ということは、間違った信仰をしていたら、家内安全も、交通安全も、商売繁盛も、厄除開運も、無病息災も、大願成就も、出来ないということになります。

現に出来ていません。この辺りの人たちはもちろんですが、日本全体がそうなのです。(天変地変は増え、癌になる人も増え、景気も全然よくならない〔実質賃金が全然上がらない〕)

それは正しい信仰をしていないからそうなるのであり、正しい信仰をするなら現世利益は当たり前についてくるのです。

その正しい信仰をいつまでも無視していてよいのですか?

それ以上の不遜な行為はないのです。

(ということは愛の反対の行為をしているということですから当然、災いが増えます)

追伸…なにか終身雇用はもう難しいと大企業のトップたちがいっているようですね。(そうして実際に終身雇用の見直しが相次いでいるとか)

ほんとよくいいますよね。これだけ大企業は儲けていてです。(内部留保がどんだけあるんでしょう。おまけに法人税まで下げているんでしょう。〔政府と大企業のトップたちが結託してです。消費税を上げるかわりにです〕どんだけ自分たちばかり儲けるんでしょう)

大企業のトップからしてこれです。(では、その会社で長年働いた〔ということは、その会社に長年尽くした〕人はどうなるのでしょう。少し〔年を取り〕能力が落ちたらさっさと捨てるというのでしょうか?本当に愛がありません)最近は本当にひどいものです。自分のことしか考えない、自分たちのことしか頭にない、そういう輩が増えたからです。

先の皇室を(皇統を)潰そうとしている連中もそうですが、こういう強欲経営者たちも同じように祈ってあげましょう。(神よどうぞ、このような人たちに様々な現象を現し正しくお導きくださいとです)

そうすれば、少しはこのような強欲ぶりの間違いも分かるはずであるからです。

2 コメント

Next »


あなたは人目の訪問者です。