>>ブログトップへ

ブログ

7月 15 2018

法のない弊害

昨日は暑かったですね。

三十八度を超えたところがいくつもあったそうですが(名古屋も三十七度を超えました)これから二週間ほどは猛烈な暑さになるとのことが気象庁より発表されました。(関東から九州までの地域がです。四十度を超えるところも出るかもしれないとのことです)

豪雨の後は猛暑ですか。(それも異様なです。二週間もそんな暑さが続くというのですから)今回の西日本豪雨の被災地など最悪ですね。(相変わらずの異常な運の悪さです。ほんと変わっていません)

西日本豪雨は日がたつにつれ被害のひどさが分かってきますが、しかし、よく考えてみればです。

最近は毎年、豪雨で亡くなる人や家が流されたり泥だらけになったりする人たちが出ています。

つまり、このような豪雨被害は程度の差こそあれ、ここ数年は毎年必ずどこかで起きているということです。(中には広島のようにわずか四、五年の間に、二度もひどい豪雨被害〔土砂災害〕が出ているところもありますが)

いくら温暖化とはいえこんなに起きるものでしょうか?ひどい水害がです。これだけ狭い国でです。

日本は、そんなひどい水害だけではなく、その間、大きな地震が起きたり(大阪や熊本など)火山の噴火が起きたり、竜巻も起きて、大きな台風まで来ています。(しかも年に何度もです)

そうして(これまでなかったような)異常な寒気や異常な猛暑がこれまた次々に現れているのです。(現在の猛暑もそうですが、今年の初めなど何年に一度という強烈な寒気が何度も入ってきました。こんなことこれまでは起きなかったことです)

こう見てくると、ありとあらゆる天変地変が最近の日本には頻繁に(というか、次から次に)起きているということになりますが、これを個々だけとらえて、やれ温暖化が原因だとか、地震や火山の活動期だとかいうことはいくらでも出来るのですが、しかし、本当にそうなんでしょうか?

これだけ集中して天変地変が次から次に起きている国が他にあるのでしょうか?最近は世界中でよく天変地変が起きているといってもです。(日本の近くで大国である中国やロシアでも、日本ほど多くの災害は起きていないと思いますが……どう思いますか?このブログを見ている人たちはです)

私など、どう考えても日本には(天変地変などの)異常現象が起きすぎているように思えますが、例えば、これほどの天気になるということを、本当に気象庁は予測しているんでしょうか?

私は、気象庁の予想以上のことが起きているのではないかと思えて仕方ないんですが、だって、例えば今年初めに入ってきた何年に一度の寒気でもそうです。

こんな凄い寒気など年に一度入ってくればいい方ですが、それが次から次に入ってきたのです。こんな予測は最初気象庁はしていなかったはずです。

たしかあの時は、一度凄い寒気が入ってくるという予報は気象庁から出ていましたが、その後、何度もそんな寒気が入ってくるなどいっていませんでした。

一度寒気が入ってきてから予報が変わったのです。来週も、またその次の週も、同じような凄い寒気が入ってくるとです。

確かこの時は、私がブログを書くのをやめたくらいの時でしたが、それはともかく、ということは、この時は気象庁の予想外のことが起きたということになります。

その後はご存知のとおり、二月までは凄い寒くて、三月から急に暑くなり、その後は暑くなったり、急にまた寒くなったりのくり返しで(極端な寒暖差が続いて)天気も荒れていました。(凄い数の雷が起きた時もありましたし)

その間、地震や火山の噴火、竜巻などもあり、そうして今回の西日本豪雨です。

気象庁はある程度の予測はしていましたが、果たして、ここまでひどい現象が現れるということまで予測が出来ていたのでしょうか?

例えば、今年だけの気象を考えてもです。

何がいいたいのかといえばです。気象庁の予測をはるかに超えるほどの現象が、特に最近の日本には現れているのではないか、ということなのです。

どうですか、気象庁の皆さん。今年の気象だけ取ってみても予想以上のことが次々に起きているのではありませんか?

失礼な言い方ですが(科学技術の最先端をいく気象庁に向かってです)気象庁の予測が、今の日本の激しい気象についていっていないようにも思えるんですが、そう思うのは私だけでしょうか。

それを正直にいってください、などといってもいうわけありませんが(苦笑)案外、神の力を一番分かっているのは気象庁の人たちなのかもしれません。

神の力に人の考えは及ばないからです。

それはともかく、よく考えてみて下さい。例えば今回の西日本豪雨のような異常な大雨がこれから毎年起きたら、インフラ整備などいくらしたところで意味がありません。

これだけの広範囲で大雨が降るのです。そのインフラ整備の弱いところから、川などが決壊してその付近に甚大な被害をもたらすからです。

それは熊本地震や大阪地震でも同じだし、大型で強い台風が来ても同じだということです。

日本中に、どんな天変地変からも守られるしっかりしたインフラ整備が出来るわけがありません。起きる天変地変の範囲が広ければ広いほど、ある程度の減災はできても被害をなくすことは出来ないということです。

だからといって、インフラ整備をしなくてよいといっているのではもちろんありませんが(だからこそ、インフラ整備はしっかりしていかないといけないと私は思っていますが)私がいいたいことは(何度もいいますが)いくら何でも起きすぎているのではないですか、日本にはこのような異常な天変地変がです、ということです。

しかしまた、次から次に天変地変が起きれば起きたで、こういう現象が普通で自然などと思う人も出てくるから難しいところなのですが(このような激しい天変地変が日本にも次々に起きるようになったのだとか何とか思ってです)しかし、よく考えてみて下さい。

現在の日本に起きている異常現象は何も天変地変だけではないのです。

この辺りの現象もそうですし(車がどんどん減っていく)今年に入って有名人がたくさん亡くなっているということもそうでしょう。(ここ数日だけでも俳優やら若いパフォーマー〔歌手かな?〕やら、元プロ野球選手やら有名人がたくさん亡くなっています)

細かいことまで書いたら切りがありませんが、現在の日本には(本当に異常な)異常現象が次々に起きているのです。

だから私がいいたいことは、いつまでもこういうことを全部「自然現象」と受け流していていいのかということなのです。

神の力を恐れ、信じる時が来ているように思いますが、そこはどうなんでしょうか?

それともこのブログを見ている皆さんは、まだ、神の力を信じようとせず、表の現象に無理やり当てはめ(例えば、温暖化、地震の活動期、多死社会など)これほど多く起きている異常現象を無視して、自分のことばかりしているのでしょうか?

しかし、もうそれでは危ないのです。いつ自分にその異常現象が現れるか分からない、そのような時代にすでに入っているからです。(そのような正しいことに気づけるのはこのブログを見ている人たちだけなんですが…)

神を信じ、ここに書いてあることを信じ行っている人たちには、すでに次々に神の奇跡が現れています。

それに対し、神を信じようとせずここに書いてあることに逆らい、時代が変わって起きてきた異常現象を、すべて私のせいにして嫌がらせをし続けている人たちには、次々に天罰がくだっているのです。

このブログを見ていてここに書いてあることを何もしようとしなければ、いずれそのような人たちにも天罰はくだるのです。

しかし、この教えを知らない人たちには、もっとひどい天罰がすでにくだりつつあります。

この教え(正法神理)が存在しない場所にはこれからまだ多くの災いが起きてきます。

この教えの大事さをこのブログを見ている人たちはもっと自覚すべきなのです。

追伸…これほどの異常現象が日本には次々に起きているのです。いい加減、神を信じて(その神とはここに書いてある本当の神です)私のいうことに従ってもらえませんか?

そうすれば災いは止まるからです。(本当に止まるんですよ。これだけ集中して〔しかも次から次に〕異常現象が起きるわけがないでしょう。起されているのです。誰もいつまでたっても本当の神の力を理解しようとしないからです。だから、これほどの現象が起きているのは、このブログを見ている人たちのせいだと何度もいっているでしょう。このブログを見ている人たちがそれを認めないだけです)

特にこの辺りで怒っている人たちは、私のいうことに従わなければ、その災いが止まることはありません。

どれだけそれを私のせいにしていたところで無駄です。その災いの原因は自らの行いがつくっているからです。

私のいっていることを実行してください。(私に自分たちが間違っていたと頭を下げ感謝して布施する)それをするなら、その起きている災いはすぐに止まるからです。

しかし、それを行おうとしなければ、その災いは(あなたたちが滅ぶまで)止まることはないのです。

神を信じて行ってください。そうすれば幸福はすぐにやってくるからです。

(もう誰もそれを理解しているのでしょうが…後は、それをやれるかやれないか、それだけでしょう。何度もいいますが、私に頭を下げると思うからそれは悔しくて出来ないのです。神に頭を下げると思えばいいのです。神の偉大さを理解するならいくらでも頭を下げられるはずです。私にかかわっていることはすべてそうなのです。神の偉大さを理解するか、しないか、その一点なのです)

0コメント

7月 13 2018

法に逆らうことの恐ろしさ

西日本豪雨の死者数が二百人になったそうですが、その半分近くを広島が占めています。(十三日現在で広島県の死者数は九十一人です)

広島は前回ブログを書いたすぐ後に、雨が降っているわけでもないのに川が氾濫するし(府中町の榎川)いくつかのため池まであふれたようです。

何かおかしいですね。広島はこの教えを拡げた方がいいでしょうね。そうしないとまたどんな悪いことが起きるか分からないからです。

そういう場所はあります。悪いことがよく起きるという場所はです。そこに住む人の心に問題があるからです。

しかし、そこに住む人が(この教え通りの)正法の心になるなら、そこに悪いことが起きることはなくなります。だから、広島にも法を拡げた方がいいと私はいっているのですが、そうはいっても手段がありませんし、そういう遠い場所ばかりでなく近くでも十分不幸は起きています。(それも広島以上にです)

まずは、そこから何とかしないといけないでしょうね。そこから先に広島など他の地域に法が伝わっていく道があると思うからです。

この近所の人たちは皆、ずいぶん怒っています。(また今日も朝から異様な怒りようです。どこかの会社などです)しかし、近所から少し離れると、それとは逆にずいぶん引いている人が多いのです。

これだけ車もトラックも減っています。怒ったり引いたりする現象が、きっとそこかしこに現れているんでしょう。

本当に恐ろしいことです。

それを全部私のせいにしていますが、この辺りの人たちなど平気で法に逆らっています。それでは恐ろしいことは起きるでしょうね。

法に逆らうということは神に逆らっていることと同じであるからです。

いっていることの意味がお分かりですか?

何でお前のいうことに逆らうことが神に逆らうことになるのか?バカも休み休みいえ、などと思う人もいるでしょうがとんでもありません。

私のいうことに逆らう人は神に逆らっているのと同じなのです。

だって私のいうことをきいている(ここに書いていることを実践している)人には確実に奇跡が起きているのです。(私をはじめとした、ウナッシーさんたち)しかし、その反面、ここに書いていることに逆らっている人たちには、これもまた確実に災いが起きているのです。(車が激減していることや、これだけ怒ったり引いたりしている人が多いことでも、その事実が分かります。それだけ多くの人がこの辺りは私に逆らっている〔嫌がらせしている〕のです)

私のいうことをきいている人には奇跡が、そうして逆らう人たちには災いが起きる、では、何でそういうことが起きるのですか?

しかも確実にです。

これこそ、私が説いている教えが本当の神の教えである何よりの証拠なのです。

本当の神の教えを説いているから、その教えに従う人には奇跡が起き、逆らう人には災いが起きるのです。

本当の神の教えには、そのような(神の偉大な)力が内在されているからです。(偽の教えをどれだけ実践しても奇跡は起きませんし、その教えに逆らっても災いは起きません。偽の教えには何の力のないからです)

では、私のいうことに逆らうということは、その本当の神の教えに逆らうということになって、それはすなわち神に逆らっているのと同じことにならないでしょうか?

なるのではないですか。同じことでしょう。本当の神の教えに逆らうということは、神に逆らっていることと同じなのです。

だから私は「私のいうことに逆らう人は神に逆らっているのと同じだ」といっているのです。

だからこの辺りはいいことが起きてこないのです。多くの人たちが本当の神に逆らい続けているからです。(もう私のいうことに逆らいっぱなしですから。この辺りの人たちは。大人から子供までです。〔苦笑〕)

そればかりか、この辺りの多くの人がこの本当の神の教えをもう何年にも渡りきき続けてきたのです。(ほんとこの辺りは大人から子供まで読んでいますから、このブログをです)

それにもかかわらず、それに対してまったく感謝しない、それどころか嫌がらせをし続けているというのですから、一体それはどういう態度なんでしょうか?(ほんと意味が分かりません)

本当の神の教えを何年にも渡りきき続けてきたなど、どれだけ有難いことか分からないのにです。

この世で本当の神の教えに巡り合うだけでも、どれだけ幸運なことか分からないのです。

その幸運なことを何年にも渡り受け続けたにもかかわらず、それに対して嫌がらせしかしていない、一体この人たちは何をしているんでしょう。

そんな態度を取り続けていて、いいことが起きるわけがないでしょう。自分たちの態度があまりに不遜であるからです。(普通に不遜などという言葉ではいい表せないくらいの凄まじい態度です。その凄まじさに驚いて言葉が出ないくらいです。本当の神の教えをきき続けていて、まったく感謝せず、嫌がらせをし続けていたなどです)

それを考えるのなら、なぜこのようなことが(他の地域では起き得ないような現象が)この地域で起きてきたのかは分かるはずです。

そこに住む人たちの態度が(神に対し)あまりに(他の地域以上に)ひどいからです。(というか、本当に他の言葉が見つからないのです。この地域の皆さんの態度があまりにひどすぎてです。あまりに大きな罪をつくりすぎています。いま現在でもどこかの会社などこのブログを書くのをじゃまし続けているのですから)

そのようなドン引きしているところは三重の辺りまでそうなのですが(少し前に久しぶりに三重県の長島町に行ったのですが〔一年ぶりくらいにです〕ずいぶんみな引いているのです。何でこんなに皆が皆、引いているんだろうと最初は不思議でしたが、そのうちに分かりました。一号線がガラガラだったからです。長良川にかかっている橋の上〔伊勢大橋〕からもう車がガラガラで〔こんなことこれまで初めてです。あの道はいつもトラックが一杯走っていましたから〕こんなに車が減ってしまってはそれは引くだろうなと納得したわけです)これがみな私のせいだとでもいうのでしょうか?

自分たちのそのような行いを棚に上げてです。

とんでもないのです。みな自分たちのせいなのです。それだけ大きな罪を(というか、凄まじい罪を)この地域の人たちはつくっているということを自覚してください。(本当に凄まじい〔超傲慢で超不遜な〕態度を皆さん方は取り続けているのです。いま現在もです)

皆さん方は大変な幸運を手に入れたにもかかわらず、その幸運に感謝もせず、嫌がらせをし続け、神に逆らいまくっているのです。(本当に恐ろしい態度を取り続けています。普通であったら全員死刑〔あの世に引き上げられる〕でしょう。それほどの超傲慢不遜な態度です)

その地域に悪いことが起きるのは、起きるだけの理由が必ずあります。

いつまでも多くの人がそんな不遜な態度を取り続けていてよいのですか?

そのような態度を続けている限り絶対にいいことは起きてこないのです。

追伸…どうですか?少しは自分たちの傲慢さがお分かりですか?(それともまだお前のせいですか?)

しかし、もうあまり時間もないのです。これからは法の世がどんどん深まっていき、いつまでも末法の心のままの人たちには次々に災いが起きてくるからです。(すでに起きていますけどね。こちらに起きている現象もそうだし、西日本の豪雨もそうです。もう法がないところにはいいことは起きてこないのです)

どうですか、これからは、私が歩いていたのなら嫌がらせなどして来るのではなく(ほんとこれ以上の罰当たりな態度はありません。だから本当に罰が当たるのです)「いつもブログを読ませてもらっています。ありがとうございます」くらいいって、謙虚な態度で布施くらいされたらです。(それが当たり前の態度なんですけどね。本当はね)

そうすれば、悪いことなど起きずによいことが起きてくるからです。

何度もいいますが、もうこれからは正法の世が段々深まっていきます。よい行いをしない限り、よいことは起きてこないのです。

私に感謝して布施するなど、これ以上のよい行いはありません。(法を説いている者に布施するのですから、これ以上のよいことはありません)

態度を変える以外ないのです。

態度を変えさえすればそのような人たちは救われていくからです。

0コメント

7月 10 2018

増税より減税

西日本豪雨の死者、行方不明者は二百人を超えているようですが、これほどの現象が起きているにもかかわらず、心を変える人はゼロですか。(やはり誰一人布施しようとしませんね)

本当に不遜な人たちばかりです。なぜ、日本にこれだけ集中して天変地変が起きているのか、本当によく分かります。

それだけ神の心から遠い人が多いからです。

こちらの人たちも怒っている人たちばかりですからね。(誰一人、自分が悪かったなどという謙虚な態度を取る人はいません)これではとても布施をもらうなど無理だなと思いましたが、何が起きても(それこそ日本が滅んでも)まったく神など思わず、反省もしない人たちばかりのようです。(どえらい〔傲慢な〕人たちばかりがこのブログを読んでいるようです。どうしましょう、ウナッシーさん。〔苦笑〕)

ただ、この後、何が起きても知りませんよ。それだけはいっておきます。何度もいいますが、今回、これほどの豪雨になったのも、このブログを見ている人たちの態度に原因があるからです。(よく来ないですね。台風八号がです。私は一瞬ひやとしましたが)

しかし、どれだけそれをここに書いても自分に何か悪いことが起きない限り、自分が悪いとは分からない人たちばかりのようです。

自分たちに悪いことが起きる前に気づいてほしいものです。本当の神の教えをきいているのなら、報恩の行為は絶対にしないといけないということをです。

きいているだけで何もしようとしなければ必ず最後には罰が当たるということをです。(ほんとこちらの人たちなどずいぶん、その罰が当たっているんですが…それでも気づかないのですから呆れます)

まあ、神を思おうとしない人たちに、どれだけ神のことをいっても仕方ないのでここらで話を変えますが、なんですか。

これほどのひどい豪雨が、これほどの広範囲で起き、甚大な被害がこれもまたこれほど広範囲に出ているというのに、消費税はそのまま変更なく予定通り(2019年十月から)上げるつもりなんでしょうか。

総理はじめ国会議員の先生方はです。(鬼ですね。相変わらず庶民の考えをあまり理解していられないようです。こういうどさくさにまぎれてカジノ法案を適当に審議して決めてしまおうという魂胆でしょうか。〔今は野党がいうようにカジノより災害への対応でしょう〕知りませんよ。そんな鬼のような方々に癌が続出しだしてもです)

2014年の四月に消費税を八パーセントに上げてからこれまでだけでも、ずいぶんひどい天変地変の被害が出て(地震や火山の噴火、豪雨被害は数知れず)そうして今回、史上最悪の豪雨被害まで起きたのです。(これだけ広範囲で甚大な被害が出ているのです。史上最悪の豪雨災害といっても別に間違いじゃありません)

これまでの災害で、全国各地でいまだ避難している人がいますし(今回の豪雨でもまたそのような気の毒な方がたくさん出ました)まだ災害から復興していないところもあちこちにあって、ダメ押しのようにこれほど甚大な災害が起きたのです。

それなのにこの状況で増税なのですか。

ほんとありえませんね。国のお歴々の発想はです。

災害だけではなく、景気もよくなっているといっても、実質賃金は下がっているんだし、デフレもまだ脱却できていません。

実際は景気がいいのではなく単に人手不足なだけですよね。その人手不足を景気がいいとごまかしているだけなのではないですか。(ほんと実際に景気がいいのは一部の人だけなんですから、そんなの景気がいいとはいません)

このような状況でです。増税はないでしょう。どう考えても減税です。そうしないと景気も、今回の西日本豪雨の復興もままならないからです。

その復興も増税で財源をつくらないと出来ないとでもいうのでしょうか?もう、その話はいいです。(苦笑)

国債でいいではないですか。赤字国債がどれだけ増えようと、その赤字国債で破綻した国などないんですよね。(まじめな話、国債で財政破綻などするんですか?〔専門家ではない〕国会議員の先生方は財政破綻するなどといっている人もいますが…。〔苦笑〕)そんな前例はないんですから、とりあえず前例のない話はやめましょう。(いつもそういうこといいますからね。国側の方々はです。〔苦笑〕)

それに一時、赤字国債が増えても、その減税効果で復興が早まって景気が(本当に)よくなるなら、そのうちに赤字国債は減っていきます。(ギャーギャーいわれているプライマリーバランスがプラスになってです。〔苦笑〕)

今は非常事態なのです。(それも相当のです)とりあえず減税して、災害被害にあっている人たちの負担を減らして、景気が完全に回復するまで(そうしてデフレを完全に脱却するまで)それを続け、その後に増税でも何でもすればいいんではないでしょうか。

景気がよくなって、災害が起きているところが復興できれば、少々増税したところで文句をいう人も少ないからです。(というか、それが健全なやり方ですよね)

それに、このような多くの人が苦しんでいる時に国が減税してくれるなら、どれだけ多くの人が救われるか知れないのです。そのような愛ある減税を国がしてくれるのなら、その国に起きている災いも減ることになるからです。(国が愛ある行いをするなら、その分、災いは減ることになります。これは本当です。国も人も同じなのです。愛ある行為は災いを減らすのです)

とにかくこの状況での増税は、私たち庶民に死ねといっているようなものです。(ほんと私など貧乏の塊ですから。誰も布施してくれませんので。〔苦笑〕)

このような普段起きえないことが起きているのです。政治家の方々は、災害被害にあわれている人たちまでもよくよく思いをはせ、政治を行っていただきたいと切に願っています。

追伸…今回の西日本豪雨で特に気になることがあるんですが、それは広島のことです。

今回の豪雨でも死者が突出していますし(広島だけ四十人を越えています)広島は四年前にも数十人の人が亡くなるという痛ましい土砂災害があったばかりなのです。

あまりにも続きませんか。ひどい災害がです。

何でですかね。なにか広島は(災害ばかりでなく)悪いことがよく起きるという記憶が私には強いんですが、広島の人たちは共産主義の人が多いんでしょうか?

それとも原爆で亡くなった人たちが祟ってでもいるんでしょうか?

私はあまり広島のことを知りませんので、その辺りの理由はよく分かりませんが、どちらにしても広島のようなところは、私が説いているこの正法神理を拡げた方がいいでしょうね。

そうすれば広島に起きる災いはぐっと減るからです。

名古屋がいい例です。名古屋の人たちの多くがこのブログを読んでいて、曲がりなりにも私の説いていることを知っている人が多いので、今回の豪雨も大したことがなかったですし、ここ数年は名古屋に大きな災害は起きていないのではないでしょうか。

起きてませんよね。ここ何年間かは名古屋に大きな災害などです。ただ個々で(この教えに)逆らっている人が多いので、その分、罰が当たる人が多いのですが…(それでは意味がないですかね?)それはともかく、この教えが拡がれば、少なくとも大きな災害がその地域に起きることはなくなります。

広島だけではなく、他の地域でこのブログを読んでいる人たちは、少し真剣にこの教えを学び拡げてみませんか?

そうすれば、少なくとも自分の住んでいる地域は平和で安全になるからです。

(だって、そんな災害の募金ばかりをテレビなどで呼びかけているではないですか。〔今回の豪雨もそうですが〕もうキリがありませんよね。あまりに災害募金が多すぎてです。だから、災害を減らさないといけないのです。それにはこの法を拡げることが一番なのです)

0コメント

7月 08 2018

法を説いている人に対する態度

やはり凄まじい雨になりましたね。今回の超広域な(沖縄から北海道までですから)記録的豪雨はです。(九州や四国などまだ大雨のおそれがあるそうですが)

十一府県(京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、福岡、佐賀、長崎、岐阜、愛媛、高知)に大雨の特別警報が出たということだけでも、どれだけ凄まじい雨が各地に降ったのか分かりますが(これだけ一変に大雨の特別警報が各地に出たのは過去最多だそうですが)線状降水帯が何本も出来て(こんなのは一つ出来ただけでも、その線状降水帯の下の地域は大変な大雨被害が出るのに)浸水被害や土砂崩れ被害が相次ぎ、川の氾濫もあちこちで起きたようです。

この豪雨被害で死者、行方不明者は百人を超えるということで、全国的に大変な被害が出ているようです。(これも途中経過ですから。あとどれくらいの人が被害にあっているのか、まだはっきり分からない状態です。とにかく被害にあった地域が広域に及んでいるからです)

予想はしていましたが、まさかこれほどひどい被害が出るとは本当に惨憺(さんたん)たる思いです。

一昨日、私が祈り、その祈りが(天に)ききとどけられるなら、これほどひどい被害も出なかったと思うからです。

しかし、いつものことですが、またこのブログを見ている人たちは私のいうことを無視し、素知らぬ顔です。(それでは私がどれだけ祈ってもきかれません)

その結果、これほどひどい被害が出ているということです。

いつまでも、そんなことがあるわけないととぼけますか?しかし、ここに書かれた通りのことがもう何度も起きているのです。

いつまでもとぼけたり、すべて私のせいと怒ってばかりいないで、いい加減、認めたらどうでしょう。

自分たちの責任をです。神を無視している自分たちが悪かったとです。

そういう(神を無視している)態度の人が多いから、自分たちに悪いことが起きるのです。

神を信じ、私のいうことを行う人が多いのなら、これだけ悪いことも起きないのです。

心が痛む人はいないのでしょうか?このような凄まじい被害が出ているのは自分の責任もあるのではないか?と少しくらい思う人はいないのですか?

本当に愛がない人が多いと思わざるをえません。

このブログを見ている人たちが、そのような心の人が多いから、これほどひどい結果が現されているからです。

もう少し愛をもたれたらどうでしょう。法に縁を持ちながら、神を少しも思わず、愛を出そうとしなければ、その人は必ず不幸になるのです。(こちらの人たちは、もうそのような現象がたくさん現れています)

法(正法神理)に縁があった人たちは、その法をしっかり勉強しないとこれからどんどん不幸になっていきます。もうそういう時代になっているからです。

だから、いま何も自分たちに起きていないからと何もしなくていいと、そういうことではなく、起きる前にそれと気づいて、この教えを勉強することです。

それが自分の心の成長となるからです。

それに悪いことが自分たちに起きてからでは遅いでしょう。そのような傾向が(法を知りながら、その法をしっかり勉強しない人たちは不幸になる)すでに今回の豪雨被害にも現れているのです。

今回の豪雨で被害が出たところを見るとそれが分かるのです。

今回の豪雨被害は、北海道や沖縄などにも出ていますが、それよりも西日本や東海では岐阜などに集中して現れています。

例えば、教育研究会未来などは京都、大阪、岐阜、福岡など会員が多いですし(ただしこの情報は、私が未来にいた時は、という注釈がつきますが、今もさほど変わらないでしょう。本部が京都にあるからです)GLAも北海道(北海道本部)や大阪(近畿本部)岡山(中国四国本部)福岡(九州本部)などに本部があるのです。(GLAは東京の総合本部以外で地方にも本部があるようです)

今回の異常豪雨は、こういう法に(如来に)縁のあった人たちが比較的多い場所(支部や本部がある場所)に被害が集中しているのです。

こういうことでもよく分かると思います。法に縁がありながら、法をしっかり勉強しないと不幸になるといっていることがです。

GLAや未来の人たちは法に縁がありながら、法をしっかり勉強していない人たちばかりであるからです。

GLAの高橋桂子氏や未来の北村氏では如来が説かれた正しい法は説けません。だからGLAや未来では大して奇跡も起きていないのですが、GLAや未来にいる人たちは、それに気づかず本当の神の教えを勉強していると思い込んでいるのです。

こういう人たちなど法に縁がありながら法をしっかり勉強していない最たる人たちといえるのです。いつまでたっても、説かれている教えが本当の神の教えではないと見抜けない人たちばかりであるからです。

この私のブログを見ている人たちもそうですし、GLAや未来の人たちもそうなのです。

皆、如来が説かれた本当の神の教え(正法神理)に縁がありながら、しっかり勉強していない人たちばかりであるのです。

そういう人たちがことごとく不幸になっていくのです。

もう本当の神の教え(本当の如来の教え)を勉強しないといけない時代が(時が)来ているからです。(だから、その本当の神の教えを全然勉強していない人たちは、もっと不幸になるということです。そのような時代である正法の世にすでになっているからです)

だから、今回、そのような如来の教えに縁がありながらしっかり勉強しない人たちが比較的多い所に、ひどい被害が出ているのです。そういう場所にひどい被害が出れば、自分たちの勉強していることが間違っているのではないかと気づく人も出てくるからです。

そうして、そういう人たちの気づきだけではなく、その人たちが勉強している教えは間違っていると世の多くの人たちにもはっきり示すためにです。(そういう人たちがいる場所に災いばかり起きるようなら、その人たちのいっていることは間違いだと誰でも分かるからです)

いま現在、正しいものは(高橋先生と園頭先生が説かれた本当の如来の教え〔正法神理〕は)この私が説いている教えだけなのです。

本当の如来が説かれた教えを説いているから、次々に奇跡が起きているのであるし、それに逆らう人たちには次々に災いが起きているのであるし、また、書いたことが現実に起きるのです。

それもこれも、すべて本当の正法神理がここに書かれてあるからです。

それに対し、GLAや未来の教義をきいたところで何も奇跡は起きませんし(だって私は未来にいた時にこれほどの奇跡は起きていなかったですから。私だけではなく未来の誰にもです。もちろん北村氏にもです)きかなくても別に悪いことが起きることはありません。(私は北村氏のいうことことをきかなくても、何も悪いことは起きませんでした。きかなくなってむしろよいこと〔奇跡〕が起きだしました)

本当の如来の教えでないものなど何の効力もないからです。

しかし、このブログには本当の神の教え(如来の教え)が書かれてあるから、書いたことが実現するのであるし、奇跡も災いも起きてくるのです。

本当の如来の教えとは、そのような神通力が必ず(その教えの中に)存在しているからです。

私に対する態度を改め、もう少しここに書かれたことをやっていただけませんか?

そうしないと、これから時代が進めば進むだけ不幸になる人が増えて行くからです。

(だから、このブログを見ている人たちばかりでなく、GLAや未来の人たちも早く気づかなければいけないのです。そのままでは必ず不幸になるからです。〔今回の豪雨で不幸になった人もずいぶんいるんではないでしょうか〕つまり、私が書いているこの教えを実践する以外、もはや救われる道はないということです)

追伸…雨が大して降らなかったからと安心している場合ではありませんでしたね。

昨日その大雨の最中に(夜の八時過ぎにあまり雨が降らなかった関東地方に)大きな地震が起きたからです。(千葉で震度5)

東京で生放送で歌を歌っていた人たちもヒヤッとされたのではないですか。少々後ろめたい人もいるはずだからです。(少々ではありませんが)

あるいは東京で、そのような地震(震度5)を起こすことも天は出来たはずですが、そうしなかったのは、生放送を壊してしまってもいけないと思ったからでしょう。

しかし、いつまでたっても天の心を理解しない人たちばかりであるなら、これからはそういうことも起きてくるでしょう。

もうこれほどの現象(全国レベルの激しい天変地変)が現れだしているからです。

もし明日(月曜日)以降も私のいうことを無視する人たちばかりであるなら、今回以上の悪い現象がまた現れるということです。

それだけ如来の教えを無視しているという態度は罪深いことであるからです。

また無視を続ける人たちばかりなら、多分あの猛烈に発達した台風八号は日本に向かってくるのではないかと思えてなりません。(今の予想では沖縄の南を通過して中国の方に行ってしまう予想ですが、その台風がまた急に日本の方に向けて進んでくるかもしれません。実際にそのようなことが前に起きたことがありますから)

この状況で(猛烈に発達した)台風八号が日本にやってくるなら、一体どれだけ大きな被害が出るのか知れないのです。(いま現在でも西日本に大変な被害が出ているのですから)

もうこれ以上、本当の如来の教えを無視するのはやめてください。それでは不幸にしかならないからです。

また幸、不幸ということではなく、この世に出てきて本当の如来の教えに出会ったのなら喜んで実践する、それが神の子である私たち人間の当たり前の道であるのです。

その当たり前の道を進もうとしないから、悪いことが次々に起きてくるのです。(その進んでいる道が間違っているからです)

いい加減理解していただけないでしょうか。ここに書いていることをです。(もっと真剣にです)

とりあえず、お気持ちだけで結構です。このブログを見ている人たちは布施をお願いします。そのような報恩の行為(愛の行為)が自分も、そうして多くの人をも救うことになるからです。

(何か、今回の現象をまだ温暖化の影響などと寝ぼけたことをいっている人がいましたが、この人たちは、たしか前に私がここに書いていることは嘘みたいなことをいっていた人たちですよね。〔天はちゃんとそのことを覚えているようです〕あまりとぼけたことをテレビでいっていてはそのうちに引き上げられてしまいます。〔最近有名人で亡くなる人が多いですから〕あなたたちはまっ先に布施してくれた方がいいと思います。天はまだその罪を赦していないからです)

2コメント

7月 06 2018

天の怒り

凄い雨ですが大丈夫でしょうか?

しかもその(ひどい)大雨被害が北海道から本州、四国、九州、沖縄の全国にいたるというのですから言葉もありません。

一日で記録的な大雨となったところがあちこちにあるのに、このような大雨が日曜日まで続くというのです。

最近は大雨が降る時は異常な降り方をしますが、今回はまた異常さの度を超えていますね。全国的にたくさんの地域で異常な大雨が二日も三日も続くというのですから。

これではまるでノアの方舟現象です。

凄まじい大雨がこれからまだ各地で予想されています。これではどれだけひどい状況になるのか想像がつきませんが、これほど異常な大雨が全国的に降るというのです。

凄まじいまでの天の怒りを感じますね。

一体、誰がこれほど天を怒らせているんでしょうか?

それはもうお分かりですよね。もちろんこのブログを見ている人たちです。

ではなぜ、これほど天が怒っているのでしょうか?

それは、この半年でこのブログを見ている人たちの心が全然変わらなかったからでしょう。それが必要以上に天を怒らせているのです。

この半年とはどういう意味かはお分かりですよね。この半年とは、私がブログを書かなかった期間です。(一月末から六月の中頃まで書きませんでしたので、正確には五ヶ月くらいですが)

半年近く法を説かなかったわけですから、少しは法の大事さが分かった人が出てきてもよさそうなものですが、どうもそういう人はいなかったようで、それで天がこれほどの怒りを見せているのです。(法の大事さが分かった人が出てきたのなら、ブログを再開したとたん、喜んで布施してくれる人が出てきてもよさそうなものですから。しかし、実際は布施してくれたのはウナッシーさん一人だけです。前と何も変わっていません)

これでは天も怒るでしょう。いつまでたっても法のことを理解しない人たちばかりであるからです。(皆さんこの半年の間、何も法のことを思わなかったのですね。そこは本当に残念です)

これでは、この先まだ何を起されるか分かったものではありませんが、とりあえず頭を下げる小学生も何人か出てきました。(前のブログを読んだあたりからです)そこらへんからでも期待しましょうか。

少しはこのブログを見ている人々の心が変わってくることをです。(まあ、それでは遅々として進みませんが)

しかし、小学生から期待していても、このような凄まじい天気がすぐに変わることはありません。

この天気を変えるには、法をよく理解した人たちが法を実践しないと変わってこないからです。

とりあえず昨日、私の辻説法をきいていた人たちは(昨日は朝から家を出て、一日、外で辻説法をしていました。ブログを書かなくなって、そういうことをちょくちょくしています)心を変えて私に頭を下げ布施くらいされてはどうでしょう。(昨日もそういったんですが)

もう相当引いている人たちが多いからです。

会社や工事現場の人たちもそうなんですが、特に電車の運転手の人たちなど相当やばそうです。早く昨日いったことを実践してください。そうしないとあなたたちは全員癌になります。

私がするのではなく、あなたたちの行いを見ていると必ずそうなるといっているのです。

この人たちは、そういう癌になるような行いを自ら実践しているからです。(特に運転手の人たちはそうです。〔バスやトラックも含めて〕だから、そういう人たちがどんどん減っているのです。自ら、病気になるような行いをしているからです)

その行いを反省する以外、運転手の人たちが救われる道はないのです。もう反省されてはどうでしょう。そうしないと救われようがないからです。(もちろんその行いとは昨日いったような行いです)

これほどの天気が現されているのです。仮にこちらに癌が出る人が増えたところでさほど驚くことでもないでしょう。

全国的に起きている現象が現象であるからです。

もう全国的に人がいつ死ぬかしれない危ない状況であるのです。

何でこんな危ない状況になっているのですか?これが私のせいなのでしょうか?

何度もいいますが、これほどの現象を一人の者が起せるわけがないのです。

時代が変わったのです。もう多くの人の(悪い)心がまともに現れる時代になったのです。どれだけ信じられなくても、それを理解してもらうしかないのです。

それを信じ、理解しない限り、救いの道はついてこないからです。

皆の心が悪いままだから、これほどの現象が現れてきているのです。

それをどれだけ私のせいにしたところで、この悪い(恐ろしい)現象が止まるわけがないのです。この悪い現象は自分たちの心が現しているからです。

だから、自分の心を変えるしかないのです。

心をよくしないと、心をきれいにしないと、このような恐ろしい現象は何度も何度も現れてくるからです。

責任転嫁をしていては、そのような心がよくなることはないのです。だから多くの人が不幸になっているのです。

『誰も自分の心をよい方に変えようとしないからです』

もう潔く認めてください。自分が悪かったと、自分が間違っていたとです。

そうすれば、そこから初めて本当の救われる道がついてくるからです。

潔く自分が悪かったと認めない限り、救われる道はついてきません。私のいうことを無視していたところで、悪いことが次々に起きてくるのです。

では、いつまでもその悪い現象を無視したり、その現象に対し怒っていたところで、それでは少しも救われることはないのではないでしょうか。

その起きている現象がよい方に変わらない限りです。

起きる現象をよい方に変えたいのであれば、自分の心を変える以外にないのです。

何度でもいいますが、もう自分の心が現れる時代になっているのです。この教えを勉強し実践してください。

この時代に救われる道は、もうそこしかないからです。

追伸…カジノ法案が今日、参議院の審議に入るようですね。全国的に異常な大雨が降っているこの状況で最悪のタイミングですね。

これ以上、被害が出るような審議だけは避けていただきたいものです。アメリカのいいなりになるのも結構ですが、日本が潰れてしまっては元も子もありません。

そこは良心的な審議を期待しています。おかしな審議をしてこちらの人たちのように国会議員の先生方にも癌が多発してもいけないからです。(こちらの人のようにって…)

それはそうとこのブログを読んでいる人たちは、今すぐ布施してくれないでしょうか。(もちろん喜んでです)何度もいっていますが(ほんとこんなことばかりいっています)そのような愛ある布施が集まるなら、祈りも通じて、いま全国で降っている雨も弱まるからです。

雨が弱まるなら、起きる被害もずいぶん減ると思うからです。

それともまだ無視しますか?私のいうことを信じようとはしないのでしょうか。

それは神を無視しているのと同じことであり、そんなことをし続ければ、天の怒りはさらに増すのです。(だから増しているんですが)

いい加減、理解していただけませんか。ここに書かれたことをです。そうして、ここに書かれたことを無視することがどれだけ危ないことであるかをです。(今回もこれほど激しい現象が現されているのですから)

ここに書かれたことを実践しない限り、このようなひどい天気も、起きている異常現象も収まることはないのです。(何度でも起されますよ。ここに書いたことを実践する人が出てこない限りです。また来週は台風八号がやばそうですし)

皆さんは信じているから、このブログを読んでいるんですよね。(まあ、面白半分に読んでいる人もいるのでしょうが、そういう人は少ないでしょう)信じたのなら実践してください。

実践がなければ救いの道は現れてこないからです。

(実践しないからこの辺りの人たちは救われないのであるし、この辺りだけではなく、もう東京や大阪も同じでしょう。大阪など今回の大雨が危ないですし〔京都なんか特に危なそうですよね。凄い雨になっていますから。あそこは未来の本部もあるし、いつ川が氾濫してもおかしくはないですね〕東京もずいぶん今年は有名人が亡くなっているのです。他人事ではないのではないでしょうか。有名な人は東京にたくさんいますから。〔桂歌丸さんの後にも有名漫画家が亡くなったようですし〕もうこのブログを見ている人たちは、この教えを実践しないといけないのです。そうしないと天の怒りが増すばかりであるからです。天の怒りが増せば、もっと激しい現象が現れてきます。この半年の間、本当にこのブログを見ている人たちは何も心を変えなかったのですか。〔それではあまりに寂しいです〕少しでも心が変わった、成長したというのであれば、それを見せてください。すでに見せ始めた小学生たちもいます。心を成長させなければ、このブログを見ている意味はないのです)

0コメント

« Prev - Next »


あなたは人目の訪問者です。