>>ブログトップへ

10月 11 2017

大きな間違い

11:18 AM ブログ

昨日は久しぶりに金山に行ったんですがね。思ったより静かでしたね。(多少はされましたが)もっとブシュブシュやられるかと思ったんですけどね。

昨日あんなブログを書いたからです。

まさかビビッているということはありませんよね。あのバスやトラックの運転手の方々がです。(苦笑)

マァ、誰でも神は怖いですから(やっと出てきましたか、そういう心がです)ビビるのが当たり前です。どうですか。そういう心が少しでもあるのなら布施くらいされたらです。

そうしないとこれ以上災いが現れ出したらやばいでしょう。特に運転手の人たちなどです。(ずいぶん出てるんですよね)

私に嫌がらせをすればするだけ悪いことが起きてきます。それはなぜか?

簡単な話です。その嫌がらせをしている人たちが間違ったことをしているからです。

だから災いが現われるのです。(何度もいいますが、正しいことをしていれば奇跡が現れますから)

まだ分かりませんか?自分たちの間違いがです。

ずいぶん市バスの運転手など怒っていますが、あなたたちも私のブログは読んでいるはずです。しかも、大分前からです。(何年も前から嫌がらせをされていますから。ということは、もう何年も前から私のブログを読んでいたということです)

では、もうずいぶん前から私に神のことや心のことを知らされ、心も救われていたということになります。

それにもかかわらずあなたたちは一人として私に感謝しないのです。私のブログを読み、多くの運転手が私に心を救われているはずなのに、それには一切感謝せず嫌がらせをし続けている。

最初から、そんな恩を仇で返す行いをしていてはいいことが起きるわけがないと思うのですが、何でそういう自分たちの行いを棚にあげて、悪いことが起きてきたら、それもみな私のせいにして怒りまくっているのですか?

どこをどうとっても悪いのはあなたたちの方であるのにです。

その自分たちがしている悪いことに勝る悪いことを、私がしているとでも思っているのでしょうか?だから、そんな悪い奴には悪いことをしても別にかまわないと、そう思っているのでしょうか?

そうでもなければ、それだけ自分の悪事を棚に上げ人を悪く思うのもおかしいからです。

悪いことをしている奴には悪いことをしてもかまわないと、そういう考えがすでに間違いなんですが(キリストは汝を責め憎む者のために祈れといわれましたが…。それにそんな悪い奴によく心が救われていますよね。かっこ悪くないですか。〔苦笑〕その恩はどう返すつもりなのでしょう?〔そんな恩を返す気など毛頭ありませんか・笑〕)それはともかくです。

私を悪く思う、そういう考えが間違いであるとまだ分かりませんか?私のブログをこれだけ読んでいてです。(人のブログを読むのなら、もっとしっかり読んでください)

あなたたちが間違えているのです。(だからあなたたちに災いが起きているんでしょう。その災いは私のせいではなくただの天罰です)

あなたたちは私のブログを読んだのなら、まず感謝しないといけなかったのです。

ところが、あなたたちは私のブログを読み、これまで起きていなかったような現象を私が起こしたと書いてある、その部分だけ悪くとって(モーゼやキリストと同じ奇跡を現しているというのにです)あいつは悪いことをしていると、あいつは悪い奴だとそう判断して、多くの運転手が私に嫌がらせを始めたのです。

あなたたちがそういう判断をしたため、そのような悪い噂がトラックの運転手連中にも流れ、そうしてトラックの運転手連中も私に嫌がらせを始めたのではないですか。(そこはよく分かりませんが)

しかし、そういう判断は間違いであったのです。

だから、あなたたちに次々に災いが起きたのです。(現在進行形ですが)

そのようなあなたたちの考え自体が間違っていたからです。(しかも大間違いです。だからそれだけひどい現象〔天罰〕が現われているのです)

あなたたちが怒っているような現象は起さざるを得なかったのです。日本は無神論の人があまりに多かったからです。

そういう考えの人たちを有神論に変えるには、そういう恐ろしい現象を人の手で起すしかなかったのです。

そうしなければ日本人の唯物無神論を払拭することは出来なかったからです。

人の手でそれを起さなければ、どれだけ天変地変が激しく起きても日本の人々は、それは神の力であるとは思わなかったのです。

だからそれを(誰かが)やるしかなかったのであり、実際、それまでの日本の人々は、どれだけ激しい天変地変が起きても科学者のいうことしかきかなかったではないですか。(何が起きてもそれはただの自然現象)

しかし、私が様々な天変地変を起こしたから、それが神の(天の)力でそういうことが起きているということを信じる人が出てきたのです。(日本だけではなく世界の人たちにまでです)

もし、私が祈って天変地変を起こさなければ、日本の人々はどれだけ激しい天変地変が起きてもいまだ神を信じず、そういう心の人ばかりなら下手すれば今頃日本は滅ぼされていたかもしれないのです。(多分滅ぼされていたと思いますよ。これだけ神を信じる人が増えても、それでもこれだけ激しい異常現象をいまだ起されているのですから)

あなたたちが考えているような、きれいごとでは法は拡がらないのです。(それは、モーゼの時しかり、キリストの時しかりです)

またこれだけひどい無神論の集団(日本の人々)に神を信じさせることも出来ないのです。(日本の人々がいつまでも無神論でいるのならもっとひどいことが起されます。つまり私がボーとしていたのなら犠牲者の数は今の比ではなかったということです。そういう事実をあなたたちは知らないのです)

そういう諸々の神の考えをまったく知らずあなたたちは、この世の常識だけで私を悪者扱いし嫌がらせを繰る返しているのです。だからあなたたちには次々に災いが起きているのです。

そのようなあなたたちの考えが最初から間違っていたからです。

だから、そういう行いをしだしてから(私に嫌がらせをしだしてから)災いがずっと続いているのです。

そのような心と行いはまともに神の心に反しているからです。

それは他の運転手の人たちも歩いている人たちも同じなのですが、いつまでもくだらない意地を張っていてもしょうがないでしょう。

間違っているのは自分たちの方であるからです。

どれだけ自分たちの言い分を並べようが、神の心を知らなかったあなたたちが悪いのです。

それに、神の心は知らなくても聖書に書かれたモーゼやキリストの奇跡は誰でも知っているはずです。

そういう方々と同じ現象を現している私を悪く見るとは一体どういう料簡でしょう。そこで自分の考えは間違っているのではないか?と気づかなければいけなかったのです。

そうして、その後に起きてきた数々の災いでもです。

それを私のせいにしてはいけなかったのです。これは天罰であると、その災いを自分が間違ったことをしているせいと理解しなければいけなかったのです。

ところがこの辺りの人たちは、それに(自分の大間違いに)気づこうともせず、悪いことをすべて私のせいにして無反省に嫌がらせを繰り返した。

それが現状のような悲惨な結果となって現れているのです。自分たちの考えが間違っていたからです。

その大間違いがまだ分からないのですか。

だから災いが止まらないのです。自分たちの大きな間違いにいつまでたっても気づかず、私に対し詫びを入れようとしないからです。

多くの人がいまだ私を「あんな悪い奴はいない」と思い込んでいるからです。

しかしそれは大きな間違いであり、本当に悪い奴とは自分たちの方であったのです。

神の心を知ろうともせず、神が行うことを批判し、神に逆らい続けているのは皆さん方の方であるからです。(その神の心を私に知らされ続けていながらです)

神に逆らっている人こそ本当の悪人なのであり、実は本当の悪人とは自分たちの方であったことを知るべきなのです。

早く心を入れかえてください、大間違いをして悪いことをし続けているのは自分たちの方であるからです。(だから悪いことばかりが起きるのです。自分たちが〔自覚がないだけで〕悪いことをし続けているからです)

それでもまだ突っ張るのですか?

しかし、どれだけ突っ張り続け、悪いことをみな私のせいにし続けたところで、実際に悪いことをしているのは自分たちのなのですから(そういう態度を取り続ける限り)自分たちによいことが起きてくることはありません。

それでも反省しないのですか?

大間違いをしているのはそちらの方であるのにです。

追伸…さて、衆議院選挙が始まりましたね。話題の都知事は結局出馬しなかったんですね。(ちょっと失速しましたからね。希望の党は。しかし、出馬された方がよかったんじゃないですか。東京都にとってはです。だって、そんな二足のわらじ〔都知事と党首〕で都政がしっかり出来ますか?一足のわらじでもしっかり出来ていないのにです。〔苦笑〕)

しかし、今回は希望の党ですかね。民主党(民進党)を潰した功績は大きいからです。(そこですか。〔笑〕)

2コメント

2 コメント to “大きな間違い”

  1. ウナっしー2017/10/11 at 12:40 PM

    以前お知らせしましたが私は視覚障害者となりました。仕事の方は理解を頂き出来るものを選びながらやってます。久しぶりに会った先輩と障害の話をしていたら「俺なんか比べたら幸せものだな」と言うのです。自分の現状を話して幸せ感を持ってくれるなら喜んで話そうとも思いました。でも、幸せってなんだろう?そんな気付きであればもっと相手様のためになるとも思うのです。しかしi私は幸せなのである。視覚障害は体のことであり心とは別次元である事を知っているからです。常に神に感謝し周りの方々の幸せを祈り日々を送っていることは心の在り方にプラスとなっているのです。先輩はその事を知らず、私より幸せと思うのなら次元の高い方とて不思議ではないのですが、多分違うでしょう。自分の身をもって障害者になったとも使命があるとしたら当然留まってはいられません。

  2. gtskokor2017/10/11 at 1:43 PM

    釈尊の弟子で目の見えない人がいましたよね。(誰でしたっけ?十大弟子のカッチャーナか誰かだと思いますが)
    しかし、その弟子は目は見えなくなりましたが、その代わりに心の眼が開かれたそうです。(開眼されたそうです)
    その釈尊の弟子のようにウナッシーさんも心の眼を開いて、これからも法の勉強に励んでください。
    そうすればまた新しい道も開けてくるからです。
    共々に頑張って参りましょう。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。