>>ブログトップへ

12月 03 2017

男は男らしく

10:45 AM ブログ

昨日も歩いているとあちこちでちょっかいをかけられました。本当に呆れます。いつまでたっても責任転嫁している人ばかりであるからです。

昨日など交差点で信号待ちをしていると、歩いてきたオバちゃんがザッと足をすらして嫌がらせをしてきました。

それで私が「オイオイ、オバちゃん、あんた人のブログを読んでいるくせに感謝もしないで嫌がらせしてんのか。そういう態度を取っていて悪いことが起きたら俺のせいなのか。都合がいいな。そういうのを天罰っていうんだよ。あんたそんなことをしていて悪いとも思わないのか」と大きな声で周りにきこえるようにいってやりました。

そうしたら(そのオバちゃんだけではなく)そこらにいる人たちが急にオロオロしだして落ち着きがなくなります。(挙動不審丸出しです。〔笑〕)道路の向こう側を見ると、そこで信号待ちをしている人たちも同じような態度を取っています。

一方の道で止まっている車の運転手を見るとみな下を向いています。

普通であるならです。交差点で大きな声を出す者がいたら何事かとそちらを見るはずですが、その交差点にいた人たちはみな下を向き嫌らしそうなのです。

私は「皆さん、少しくらい私に感謝してブログ代くらい払ってな。そうしたら悪いことも起きないからな」と捨てゼリフを残して歩いていきましたが、あれには笑ってしまいましたね。

あの交差点にいた人たちはみな私のブログを見ていたようだからです。(笑)

昨日は堀川に行ったんですが、カモメが数十羽くらいいましたが、やはりいつもの年よりずいぶん少ないです。

そこは少々寂しいのですが、その分、魚が元気です。(カモメが少ないのでなめているのか、堀川はカモメが上空を飛んでいても魚が平気で跳ねますからね)

カモメも魚もかわいいものです。堀川の川岸を歩いているとカモメはこちらに何羽も飛んでくるし、魚もちょこちょこ跳ねていたからです。(魚は命がけですね。〔笑〕)

その堀川の帰りのことです。ある会社の横を私が通るとブシュとかやってきました。

いつまでそんなことをしているのかと「メールで詫びでも入れて、ブログ代くらい払えばいいだろう。人のブログを読んでいるのに少しも感謝せず、散々嫌がらせをしてきたのはそっちなんだから。それをしない限り、悪いことは止まらんぜ」というと、シーンとなってしまいました。

こっちが悪いのに謝れといっているのではなく、自分たちが悪いから詫びを入れろといっているだけなのに、何でそれくらい出来ないのしょう。

まったく男らしくありません。

だいたい男ならです。仮に自分が悪くなくても自分が責任を取るくらいいうのが男であるのに、この辺りの男連中は自分が悪いにもかかわらず、それを認めようとせず、みな私に責任転嫁して怒っているというのですから、本当に呆れます。

いつまでたっても自分の罪一つ認めることが出来ないからです。グダグダグダグダやって女のようであるからです。

この辺りの男は、そういう女々しい男ばかりなんでしょうか?

それはずいぶんカッコ悪い話ですが、もし、そうではないというのであれば、自分が悪いのですから、男らしく自分が悪いと認め、ちゃんと私に頭を下げたらどうでしょう。

それが男としてあるべき姿であるからです。(自分が悪くないというのなら、コソコソ嫌がらせなどしていないで、堂々と私の前に立って「お前のこういうところが悪い」というべきでしょう。それが男として取るべき態度であるからです)

これだけこの辺りは悪いことが起きているのです。それにもかかわらず、男がそんな男らしくない態度を取っていて、この辺りの人たちが(女子供が)救われると思いますか?

男が率先してよいことをしていかなければ女子供を救うことなど出来ません。男は男としての使命、役割があるのです。

こういう時にそれを果たさずにいて、一体いつ果たすのでしょう。女子供と同じ態度しか取れないような男など話しにならないのです。

このような皆が困っている時に手本を見せるのが男だからです。

こういう時に男が引っ張らずして一体誰が引っ張るのですか?女子供でしょうか?男女平等、大人も子供平等なんでしょうか。

それではあまりに情けないでしょう。こういう時は男が率先してやるのです。それが男の役割であるからです。

自分たちが悪いのなら潔く自分たちが悪いと認め(実際そうなのですから)これまで勘違いからずいぶん迷惑をかけてすいませんでしたと、自分の誤りを認めて詫びを入れ、そうして毎回ブログを読ませてもらっていますと感謝して、ドンと私に布施くらいするのです。

チマチマするんじゃなくです。

それが男として取るべき態度であり、そのような潔さや豪快さがなければ男ではないのであって、そういう男らしさに女子供はついていくのです。

それが男と女や子供との違いなのです。

男は、そのような男として進むべき道があり、その男としてやるべき実践を積まないと、男の魂は磨かれていかないのです。

男女平等ではなく、男は男として進む道、女は女としての進む道がそれぞれあって、そこをしっかり進んでいかないと男女それぞれの魂は磨かれていかないということです。

自分が間違っていて相手が正しいと分かったのなら、男であるなら潔くそれを認めてこれまでの間違いを反省し、正しいことを行う、これこそ男の取るべき道であり、そのような態度を取ってはじめて男の魂は(心は)磨かれ成長していくのです。

女子供と同じ態度しか取れないようでは男の魂は磨かれていかないのです。

また、女はそういう潔く豪快な態度を取る男についていくのであり、そういう男について自分もやっていくのなら、女の魂もまた磨かれていくということです。

それは別に男女差別でも何でもなく、男は男としての、そうして女は女としての使命役割を果たすのなら、そのような順序が正しいからです。(だから男女平等なのだから、男も女も同じことをすればいいという今いわれていることは大間違いであるということです。だから、そんなことをしていても何の奇跡も起きてこないのです。〔そういう人にも災いが起きるのです〕そういうやり方が間違っているからです)

そのような正しい態度を取るのであれば、必ず奇跡は現れます。

だから、このブログを見ている男性陣は(特にこの辺りの男性陣は)そういう男らしい態度を取ってはどうでしょう。

いつまでもぐずぐず女々しい態度を続けているのではなくです。

男がそういう態度しか取らないから、女子供も同じような態度しか取らないのであって、だから、そのような人たちに悪いことしか起きないのであって、ここに書いたような男が男として正しい態度を取るなら、皆それに従い正しい態度を取る人も増えて、災いなど起きずにちゃんと奇跡が起きてくるのです。

だから、それを願うばかりなんですが、もし、ここに書いたことを実践する奇特な男性が出てきて、いろいろ奇跡が起きてきたのならお知らせください。

その奇跡はいくらでもここに紹介するからです。(ウナッシーさんのようにです)

そういう奇跡をこのブログを見ている男性陣が次々に起すなら、女性陣も負けて入られないと、みな奮起するでしょう。そういう順序こそ正しいものであり、そのように男は女を(よい方に)引っ張っていかなくてはいけないのです。

それが男の役割なのです。

その男の役割を果たそうとしない男があまりに多いため、多くの災いも現れているのですが、先ほども書きましたが、せっかくこのブログを読んでいるのです。そのような男の役割を果たされてはどうでしょう。

そういう人はこのブログで大いに紹介するからです。

ここで紹介されたらもてるようになるかもしれませんよ。このブログはずいぶん多くの女性陣も見ているようであるからです。(しかもきれいなです。〔笑〕)

まあ、しかし、男は男の役割をしっかり果たせばもてるものです。(そういう男にほれない女もいませんから。そういうものです。男は男の役割を、女は女の役割をしっかり果たすのなら、外見にかかわらずもてるようになるのです。もてないと思っている人たちは、そのような男女の役割をしっかり果たしていないからもてないのです)

そのような男の役割をしっかり果たしませんか?(男らしさを磨きませんか?)

そうすればもてるだけではなく、多くの奇跡も起きてくるからです。

3コメント

3 コメント to “男は男らしく”

  1. ウナっしー2017/12/03 at 2:39 PM

    先生、私と同じような障害をお持ちの方々に会う機会も増えて来たのですが会っているうちに実状が分かって来ました。それは大多数は、その障害に行く先の不安を持ち障害に対する障壁に悩んでいるのです。とても現実を感謝で生きるのは時間がかかるようなのです。支援者と言えば補装具等の斡旋をしてやたら屋外へと出すことに躍起になっているように見えます。例えば障害者も人それぞれでインドア派とアウトドア派がいるのです。他にも十人十色何とか心の安らぎを知ってもらい日々の生活を豊かに暮らせるよになってもらいたいものです。私は同じ障害者として思うに、当然それによる障壁はあるし出来ないこともあるけれど、その中で出来ることを把握しそれを日々精一杯行うことをやればいいと思うのです。その中でまだ出来ることがあるということ、そして支援して下さる方々に堂々と感謝すればいいと思う。自分で自分をしっかり見つめ自分を受け入れ、そこから自分の人生をしっかりと歩んでもらいたいと思ってます。ある年輩の方は、良い薬があれば同じような病気で悩む若い世代にあげたいと言ってました。他を愛する心は素晴らしいものです。しかし自分が年輩だからどうでもよいと言うような負い目は無くしてあげたいものです。まだ分かりませんが、そう考えて行くと私が障害に進むのも決められた道のような感じがしてきます。これからも続けて神との対話を忘れずに日々精進したいと思います。

  2. gtskokor2017/12/03 at 8:05 PM

    そういう人たちを祈ってあげるといいですよ。何か奇跡が現れてくるからです。

  3. ウナっしー2017/12/03 at 10:55 PM

    有り難き御指南に感謝申し上げます。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。