>>ブログトップへ

1月 25 2018

独りよがり

11:06 AM ブログ

やはり地震も起きましたね。昨日書いた通りです。(予言の書ですね。このブログはです)

北海道、青森、岩手で震度4ですか。雪もひどいのにお気の毒です。こちら名古屋も今日は雪で真っ白ですがまだ神を信じることが出来ませんか?

このブログを見ている人たちはです。

神も信じなければ、愛も慈悲のカケラもない、いやいや凄い人たちがこのブログを見ているようですが(苦笑)こういう縁しかもてなかったこちらにも責任があるのですから、それは仕方がないのですが、こういう気のない人たちをどうやったらやる気にさせることが出来るのでしょう。(ここまで現象が起きているのに、やる気がないもないのですが)

「どれだけ罰が当たろうと(それはお前がしていることだから)布施などしない」そう固く決意している人たちの信念を曲げることはなかなか難しそうです。(苦笑)

それにしても、今回のこの最強寒波は凄いことが起きているようですね。(こんなことが起きるんですね。昨日のニュースを見ていて驚きました)

今回きている寒波は、なんと大雪を降らせる寒気と超低温の寒気の二つの寒気が重なっているそうです。こういう二つの寒気が同時に重なって来るなど本当に珍しいそうです。(そりゃそうでしょう。よくこんなことが起こります)

それで今回、凄い吹雪や大雪、低温になっているところが多いようなのですが、しかし、まだこのような天気が数日は続くようです。(二つの寒気が重なっているのです。そのエネルギーも凄いでしょう)

これは大きな被害が出るでしょうね。この寒気の影響をまともに受ける、北日本から西日本にかけての日本海側などです。

これだけ運の悪いことが、これだけ重なるのです。本当に天の怒りがよく分かります。

しかし、このブログを見ている人たちは皆「我関せず」なんですよね。(苦笑)

それは自然現象なのであって、自分たちが関係あるわけがないと、しかし、この辺りで起きている癌などの病気は、このブログを書いている私のせいであると、こういっているわけです。

自分たちに間接的にしか関係がない悪いことは自分たちに関係なく、自分たちに直接関係がある悪いことは人のせいであると、そう主張しているようですが、何と都合のいい発想だろうと私などは思ってしまいますが、しかし、このブログを見ている人たちは真剣にそう思っているわけです。

他のところに何が起きようが自分には関係ないが、自分のところに起きる悪いことはすべて人のせいであるとです。(だから、自分は全然悪くないとです。〔苦笑〕)

こういう発想が間違っているから、悪いことが起き続けているんですが、どれだけそれが間違っている考えで、そのために自分たちがどれだけ苦しんでいても、自分が苦しんでいる原因は自分にあると悟り、自分自身でその原因を取り除かない限り、その苦しみから逃れることは出来ません。

自分を救うのは自分しかいなからです。

具体的に分かりやすくいうと、自分たちに次々に癌が現れてきても、その癌になる原因が私にあると思っている限り、その癌を止めることは出来ないということです。

この激しく起きだした天変地変を、それは自然現象で温暖化などが原因であると思っている間は、その激しくなる天変地変を止めることは出来ないということです。

そのような癌や次々に起きる天変地変の原因は、他のところにあるわけではななく、皆、自分自身の心にあるからです。

しかし、そのことを私がどれだけいって、その証拠であると、どういう現象をどれだけ現しても、自分の間違いを自分で認めて反省しない限り、その間違いは分からないし、その間違いが分からない限り、正しいことも分かりません。

正しいことが分からない限り、癌は出続け、天変地変も激しくなる一方でしょう。

本当の原因を取り除かない限り、そのような悪い現象は止まらないからです。

しかし、自分たちの間違いを一切認めず、全部責任転嫁し続けるならば、人が何をいようが、何をしようが自分の目や耳には入りません。

それはそれ、しかし自分の考えはこうであると、そう思い続け苦しみが続くわけです。

いま現在のこのブログを見ている人たちがまさにそれでしょう。

何をきいても、何が起きても、自分の考えを一切曲げない、そのような独りよがりの人たちばかりなのです。(それが独りよがりと分かっていないから始末が悪いのですが)

しかし、そのような考えの人たちばかりなら、その考えを変えない限り、周りに起きている現象は変わることはないのです。

自分でこのような考えで生きてきたのだから、これからもこのような考えで行くのであるといくら思っても、しかし、自分が病気になったり、天変地変ですべてのものがグチャグチャになっては、その考えを通すことも出来ないでしょう。

そうなっても自分の考えは変えないと、そう思っている人がこのブログを見ている人は多いのでしょうが(自分の考えは絶対に間違っていないと、頑なに思い込んでいる人が多そうですから)しかし、そうなったら変えざるを得ないのです。

ある程度、自分が健康で、自分にひどいことが起きていないから、まだそういうことをいって(思って)いられるのであって、自分が癌にでもなって癌の痛みが激しくなり、死が近づいてきたら同じ考えではいられるわけがないのです。

大きな地震など起き、働くところもなくなって(仕事、仕事とそればかりいっている人もいますから)自分の物がすべてグチャグチャになり、避難所暮らしが長くでもなれば威勢のいいこともいえなくなるのです。

そういうことがもういつ起きるか知れないのです。これだけ多くの不幸が現れてきてはです。

だから、そこまで考えをはせて、もう少し人のいうこともきいてはどうですか?といっているのです。

頑なな皆さんにです。

善因善果、悪因悪果、情けは人のためならず、という言葉もあります。

自分はそう生きてきたからと、自分のことばかり優先するのではなく、もう少し周りのことも考え、そういう(愛と慈悲の)考えをもっと広げていってはどうでしょう。(この辺りの人たちなど考えを広げるどころか、段々狭めていっていますから)

そう考えを広げるなら、私に起きていることの重大さも分かるでしょうし、その貴重さも分かると思うからです。(私のいった通りにしたら、不幸は収まるし、奇跡まで起きてくるのです。これだけ重大で貴重なこともないでしょう)

しかし、ガチガチに考えを固めていてはそういう少々広い自由な発想も出来ないのです。(よく考えてみてください。私は無茶なことをいっているわけではないのです。いくらでも結構ですから一度布施してみてください。そうすれば起きてくることは変わりますよ、といっているだけなのです。何でそれくらいのことさえ出来ないのですか?心の狭い、独りよがりな発想しかしないからです)

何度もいいますが、独りよがりはやめて、少々の布施くらいしてもらえませんか?

そうすれば状況も変わってくるからです。

(人によっては、自分の周りに起きている状況がずいぶん変わる人も出てきます。私が独りよがりになっているようではダメなのです。自分だけではなくもっと周りを見てください。少しでも愛や慈悲の心があるなら私のいうことが分かるはずだからです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。