>>ブログトップへ

1月 26 2018

価値観の違い

11:08 AM ブログ

昨日は北海道でマイナス31度が記録されたらしいですね。

一体どのくらいの寒さなのか想像もつきませんが(そんな寒さは体験したことがないので)その北海道は大雪にもなっているようで(その他、北日本から西日本にかけての日本海側などもひどい雪のところが多いようで)さすが過去最強クラスの二重寒波だけあって寒さも雪も半端ありません。

その二重寒波がなかなか抜けていかないのは、進む先に高気圧があって、その高気圧が寒波をブロックしているからだそうです。(ブロッキング高気圧)

それでこの最強寒波が長く日本の上にいすわり、なかなか抜けていかないのです。

よりにもよってと思いますが、これだけの寒気が入っている時に限って(いつも出来るわけではない、というより、ほとんどこんなことは起きない)ブロッキング高気圧が出来る、もちろん偶然ではありません。故意にやられているのです。

天にです。

次から次に運の悪いことが起きてきます。神の心に逆らっている人が多いと、このように悪いことばかりが起されるのです。(我関せずでしょうが、このブログを見ている人たちはです。〔苦笑〕)

いつまで私のいうことを無視して、神の心に逆らい続けるのかは知りませんが、激しくなっているのは天変地変だけではありません。同じようにこの辺りの現象も激しくなっているのです。

この辺りの人たちは、そのことはよく自覚しておいた方がいいでしょう。

寒い、寒いと寒さばかり気にして、癌になっていては、なる病気が違っているからです。(風邪じゃないんですから)

何で起きる現象が激しくなっていると分かるのか?それは私であるからこそ非常によく分かるのです。

私はそこらじゅうで嫌がらせをされています。その嫌がらせの増、減で起きている現象の多少がよく分かるのです。(凄い分かり方です)

そのような嫌がらせが最近はずいぶん減ってきたのです。(全盛期〔?〕の十分の一くらいですか)

といって反省した人が多いわけではなく、ずいぶん引いているところが多いようなのです。

それで現象が現れているのが相当多いのではないかと思うのです。

大工など見てもそうなんですが、一番分かりやすいのは、この近所には私が近くを通ると必ず嫌がらせをして来るところが何社かあったのです。(皆、会社の現場の連中なんですけどね)

そういう会社はもう何年にも渡って私に嫌がらせをし続けていたのです。それこそ、どれだけ悪いことが起きてもです。(どこかの会社のようなところが何社かあったということです。何か起きるとよけい怒ってしてきました。そういうところもどこかの会社にそっくりでした。しつこく嫌がらせをして来るところはどこもやることがよく似ています)

そういうところが、最近はみな静かになったのです。

たまに復活するところもありますが、もうほとんどの会社が静かになりました。どうしたんだろうと気味が悪いですね。

そういう会社から私は長年嫌がらせをされ続けていたからです。

しかし、最近はそのような会社がみな静かになったのです。ということは、どれだけ危ない現象が起きているのか想像がつかないくらいです。(札つきの会社がみな静かになったのです。ちょっと考えられませんね。どこかはやめても必ずどこかはしてきましたから。これまでならです。しかし最近はどこも静かです。もちろん、どこかの会社も静かになってしまいました。しかし、ところどころの会社などは激しく怒っています。そういう〔極端な〕態度を見ると相当現れているのではないかと思うのです。危ない現象がです)

また次のようなことも必ず起きるのです。

三日ほど前のことです。ある場所を通ると、そこは道を挟んで両側に工場があって、その両方からでかい音を立てられました。

その道はたまに通るのですが、その二つの会社の連中も、私が通ると必ずそのような嫌がらせをして来るのです。

もちろん三日前もやってきました。それで私は、そういうことをしていると最近は癌になる奴が一変に出るぞと、一日で四人も五人も出るかもしれないからどうなっても知らないぞと、いっておいたのです。(もちろん、その連中は、そういう話を無視してガンガンやっていました)

そうして、昨日またその道を通ったのですが(これだけすぐにまたその道を通るのも珍しいのです。あまり歩かない道なものですから)そうしたらです。

ガンガン嫌がらせをされてからまだ二日しかたっていないのに、何と昨日は静かだったことでしょう。

二つの会社から物音一つしません。

「あれ」というより「やはりな」という感じでした。最近はこういうところばかりであるからです。

それで「なっ、いった通りだろう。当たっちゃうんだわ、罰が。俺に何かして来るとな」「だからやったらいかんといっとるんだわ。俺に嫌がらせなどな。必ず何か起きるからな」といってやりました。

しかし、こちらが何をいっても物音一つしません。(本当に四~五人、癌になる人が出ていたりして。〔汗〕)

それで最後に「ブログ代くらい払ってくれよ。そうせんと悪いことは止まらないからな」といって歩いていきました。

最近はこういうところばかりなのです。

大工連中だけでなく、会社の連中もそうなのです。(工事現場の連中もそうです)嫌がらせをされて、それから二日、三日後に同じところを通ると、前に通った時とは全然違って静かなのです。

そういうところのすべてに(それも一日、二日のうちに)必ず何か現象が現れるようで、それで静かになるようなのです。

だから、先ほどいった同じようなことをいって歩いていくのですが、まあ、それだけこの辺りは天罰がくだっているのでしょう。それだけは確かなようなので、それはお知らせしておきます。

この辺りの人たちにです。

私が歩いていると嫌がらせをして来るところが、まだこの辺りにはたくさんあるからです。

しかし、必ずそのようなところには災いが現れます。それでもよいならやってください。人に嫌がらせをする、しないは自由ですから。(苦笑)

運転手連中は知りませんが(まだ元気なのがいますから)もうこの辺りの人たちはです。私に嫌がらせをしなければたまに災いが現れる程度ですが、私に嫌がらせをするのなら、その災いがすぐに現れるということです。

それだけの違いなんですが(あまり違いませんかね?)しかし、そんなことより(それは責任転嫁していればすむ話ですから…本当にそれですむのか、私にはよく分かりませんが)仕事をしないと生活が出来ません。

それ(天罰)より仕事が大事なんでしょう。この辺りの人たちはです。

この辺りの人たちもといった方が正しいですね。どこの人たちも仕事をたくさんして、よい生活をして、よいものをたくさん食べ、好きなところに遊びに行ければ、それで満足のようです。

たまに信仰のようなこともしますが(お寺にお参りに行ったり、パワースポットに行ったり)しかし、それも遊びの延長のようなもので自分が満足すればそれでいいのです。(お陰があろうがなかろうが関係なく、お陰があった気分だけで十分なのです)

そうして、どれだけ天変地変が激しくなっても、自分たちにかかわりがなければ、それほどそれを深刻に考えるわけではなく、そんなことより自分たちの仕事がなくなる方がよほど深刻なことなのです。

仕事がなくなれば、よい生活も、よいものを食べることも、遊ぶことも出来なくなるからです。

だから、神の心などより仕事なのです。(ほんと唯物論そのままです。〔苦笑〕)

何もかも価値観が違っているようです。このブログを見ている多くの人たちと私とではです。(苦笑)

神の心に従い、愛と調和と安らぎのある世界が幸せな世界であると考える私と、神など存在しないし、愛や調和や安らぎがいくらあっても飯が食えなければ生活も出来ないし、遊びにも行けないではないか、と何でも仕事(と遊び)第一と考える、このブログを見ている多くの人たちとの価値観の違いはいかんともしがたいようです。

しかし、それも、その人たちの人生です。それはそれで認めるしかないでしょう。いまや多様性の世の中ですから。(というより、私がいうような生活を望む人の方が圧倒的に少ないのですから、私の考えの方がおかしいということになりますが。〔笑〕)

では、どれだけ天変地変が激しくなっても、この辺りの天罰が激しくなっても、それは関係なく、どうぞ、仕事第一で、そのような悪いことはすべて責任転嫁をしてお過ごしください。

そういう人たちにとって、それが一番幸せなことであるからです。

ただ、このままでいればです。天変地変はまだこれからドンドン激しくなる、疫病もドンドン流行る(インフルエンザの患者数が過去最高になったそうですね)この辺りの人たちはドンドン癌になると、凄まじいことが起きてきそうですが、それをいうのもまたヤボな話でしょう。

まだそうなっていないんですから(なってませんかね?)それはなってから考えればいいだけの話だからです。

価値観の違いはどうしようもありません。どうぞ、このブログを見ている多くの皆さんは自分が一番幸せであるという道をお進みください。(だから、自分がよいと思うのならこのブログを読めばいいし、思わないのなら読まなければいい。布施してくれといくらここに書かれてあっても自分には関係ないし、仕事して遊んでという生活を続ければいいのです…いわれなくてもそうするのでしょうが。このブログを見ている多くの人たちはです。〔笑〕)

その道が間違いであるなら、結果的に不幸になるだけの話であるからです。

私は私で、幸せであると思う道をこれからも進んでいきます。

しかし、私的にはです。そのような(天変地変や疫病や天罰)不幸がなくなり、次々に奇跡が現れてくる、そういう生活が幸せなのではないかと思うのです。

(そう思わない人たちにいくらそれをいっても無駄ですね。〔苦笑〕)

追伸…昨日、名古屋で医師を刺して逃げた男がいるということで事件になっていました。

その医師を刺して逃げた男は名古屋市内を逃げ回っていましたが、しばらくして自ら警察に電話をかけ自首したそうです。

その自首した理由が「ヘリコプターが飛んでいるので逃げられないと思った」そうです。

そういえば昨日また白鳥公園に行くと、上空をヘリが何度も飛び回っていました。(しかも二機くらいでです)「またか、うるさいな」と思っていたんですが、あれは、そんな逃走者がいたからあれだけ飛び回っていたんですかね。(ちょうど私が歩いている時刻と犯人が逃げている時刻が同じくらいで〔午後三時前後〕いた場所も同じようなところにいたようです。〔同じ熱田区〕なんちゅう偶然でしょう)

私はまた(いつものように)私の上空を飛び回っているだけかと思ったんですが(たまにそういうことがあるのです。ずっとヘリが私の上空を飛び回っていることがです。〔しかも何機もです〕ほんとうるさいです)そうではなかったんですね。

それとも刺した犯人が勝手に勘違いしただけでしょうか。あのヘリは自分を探しているとです。(実はいつものように私に飛んできていただけだったりして。〔笑〕)

勘違いしていたのなら、それはそれで傑作な話しですが(笑)どちらにしてもです。

悪いことをした人は、この辺りには来ない方がいいでしょう。この辺りはヘリがよく上空を飛んでいるからです。(笑)

2コメント

2 コメント to “価値観の違い”

  1. ウナっしー2018/01/26 at 10:21 PM

    障害と心の問題は驚くものではないですね。それは健常者を見れば分かりますもの。ただ障害者の多くはそのために心を痛めているのです。今のままの心では障害を抱えた人が治ったら幸せとなるのかと問えば答えはNoとしか言えません。やはり人にはそれぞれ与えられた分があり、その中で心の勉強をするようになっているのであるから至極当然なことであるのです。今の与えられた身体であるとか生活環境の中で感謝できる心であるならば話は別となるのです。であるから、私はこのブログに出会えたことに感謝できるし、この教えに感謝できると思うのです。この時代にこの教えに巡り会えた奇跡を多くの方に知って頂きたいと思うばかりです。

  2. gtskokor2018/01/27 at 11:15 AM

    しかし、価値観の違いはいかんともしがたいのです。
    どれだけこの教えがよいものであっても、その価値が分かる人があまりに少なければ、その教えも説けなくなります。
    今はそのような状況にあるのではないでしょうか。だから、これだけ異常現象が起きているのです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。