>>ブログトップへ

1月 27 2018

三つの健康

10:42 AM ブログ

昨夜はやたら怒っているのがいましたね。どこかの会社にです。

凄い怒りようなのです。物を叩きつけたり投げたりして一人でキレていました。(バカ丸出しです)

最近も怒っているのはいたんですが、あそこまでキレているのは久しぶりです。癌にでもなったのかそれは知りませんが、もうそのような人がこれからドンドン出てきます。(しかもそこらじゅうからです)

怒っている場合でもないでしょう。

今回の最強寒波で大雪だけではなく、新潟など町全体が凍ってしまったところまで出てきているようですが、これだけ激しい天変地変を次々に起され、インフルエンザなどの疫病も過去最高の患者数を記録し、なおかつこの辺りなど次々に癌になる人が出てきているというのに、これほどの天罰が次から次にくだっていても、それでも神の心を真剣に知ろうとはせず、神を恐れようともせず、いまだ怒って自分のことだけしている。

いやはや無神論の日本の人々の神に対する冒涜ぶりにはホトホト呆れます。(苦笑)

何も私は仕事を無視しろといっているわけではないのです。

高橋先生は、三つの健康が揃わないと本当の健康ではないといわれていました。

その三つの健康とは、心の健康、肉体の健康、経済の健康です。

多くの人たちは肉体の健康には気を使い、経済の健康はもちろん気にしているでしょう。仕事がなくなれば生活が出来ないと、そればかり思っている人もいるからです。

しかし、心の健康はどうでしょう。それを意識される人は案外少ないのではないでしょうか。

というか、少ないのです。心の健康を重視している人はです。だから、このような(次々くだる天罰)ことが起きているからです。

心を無視し肉体や経済の健康ばかりを追っている人が多いのです。だから、悪いことばかり起きてくるのです。

一番大事な心の健康をおざなりにしている人があまりに多いからです。

すべての元は心にあります。心が不健康であれば(例えばうつなどになっていたら)神はもちろんのこと、肉体の健康を思うことも出来ないし、経済の健康も思えません。(うつの人ならそれどころではありませんから)

だから、まず心の健康を一番に思わなければいけないのですが、どの人も先ほども書きましたが、心の健康をあまり考えようとはしないのです。

何でも同じですが、肉体でも経済でも健康を考えないと、いつの間にか悪くなっているということはよくあることです。(体の健康を考えないと、知らない間に〔暴飲暴食や運動不足などで〕体を悪くしているという話はよくききますし、それは経済も同じで利益も考えないで仕事を続けていれば、そんな会社は潰れます)

それは心も同じで、心の健康をまったく考えずに日々過ごしているのなら、思いのほか心が悪くなっているということはよくあることなのです。

これほどの異常現象がなぜ日本にこれだけ現れているのか?

それは思いのほか心が悪い人が多いからです。自分で気づいていないだけでです。だから、異常現象も次々に現れているのです。(おかしな犯罪も多いのですが、そういう犯罪者だけではなく、保育園をつくるなとか、風鈴がうるさいとか、除夜の鐘がうるさいとか、そういう自分本位でケチくさい人もドンドン増えているのです。心の悪い人が増えているというのはよく分かると思います)

そういう思いのほか心の悪い人を正常に戻さないといけないのです。そうしない限り、異常現象はなくなってこないからです。

それには、この教えを実践することが一番なのですが(神の心を実践することが一番心を正常にすることですから)しかし、この教えがなかなか拡がっていかない。

それが心の悪い人がドンドン増えている何よりの原因なのです。

心が悪い人が増えれば増えるだけ、異常現象もまた増えていきます。

肉体の健康も大事だし、経済の健康も大事です。しかし、一番大事なものは心の健康なのです。

その心を健康にするためにはこの教えを実践するしかありません。

法を実践しない限り、異常現象は止まらないのです。

追伸…ちょっとこちらの事情を書いておきます。

今度の月曜日までに寄付が集まらないと(数万円くらいでいいのですが)多分、電気が止まります。(電気の引き落としが月曜か、火曜日くらいであると思うからです。家の光熱費の大部分は私が支払いをしているからです)

これまでは少々の寄付と母から金を借りて、それでやりくりしていましたが、さすがに母もキレていて、これ以上は金を借りることが出来そうもないからです。(そりゃそうでしょう。もう何年にも渡り、金を借り続けているからです)

それで月曜日じゅうに寄付が集まらなければ(多分、引き落としが出来ない時点で)電気は止められると思いますので、それ以降ブログを書くことは出来なくなります。

だから、布施してくださいとはいいませんが(どれだけいってもしてくれそうにありませんから。このブログを見ている大部分の人はです。〔苦笑〕)急にブログが止まるかもしれませんが、それはそういう理由からですのでご了承ください。

それだけは書いておきます。

(本当に世も末ですね。法を説いている人が、布施が集まらなくて法が説けなくなるというのですから。こういう状況では後々何が起きてくるのか怖いです)

2コメント

2 コメント to “三つの健康”

  1. ウナっしー2018/01/28 at 9:13 AM

    私が神に感謝する一つに、神との縁があります。家族であったり友達や同僚、先輩後輩等々。全ては神の縁によって生まれてくるのです。そして神はすなわちこの自然の摂理を生かしている法則でありつまりは法であり具現化されているこの世界といえるのでしょう。と考えていくと気付くことがあります。例えば人にその法に沿った事を言う。するとその言葉は賛同されその人を介し繋がっていく。それは正しい連鎖であってより神の縁に感謝することになるのであること。そして法に逆らったことを言うと間違いが連鎖していくということ。こうして書き出して見るとわかるように、どちらも法により拡がるものであるしどちらを選択するのかは少し考えただけでも分かるはずでしょう。しかし、このブログに縁のある方が何故連鎖していかないのかは疑問になるところです。今私は冒頭述べた通り神との縁を感謝する事をしているので特に今年に入り正しい連鎖が拡がる期待感が強いです。

  2. gtskokor2018/01/28 at 10:47 AM

    それはよかったです。ぜひ、ウナッシーさんにはこれからのご活躍を期待しております。
    しかし私は、ブログにも書きましたようにどうやらこの辺りが限界のようです。(かなり無理してやってきましたから。〔布施ももらわずです〕母にもずいぶん無理をきいてもらってです)
    よい連鎖がなぜ繋がっていかないのか?それは我が強いからです。
    我が強い人が多いと、どれだけよいことであっても拡がっていかないのです。
    その我がよい連鎖を切ってしまうからです。
    それで、これまでご協力いただいたウナッシーさんや北海道の方には大変申し訳ないのですが、こういう形でこのブログが終わることになってもご了承いただかねばなりません。
    このブログを見ている多くの人たちがあまりに我が強かったため、法を伝えることが出来なくなるからです。
    こういう事情ですので、また神の導きがあるなら(神の教えに従う人が出てくるなら)このブログは続けることが出来ますが、我が強いままの人ばかりなら、これ以上は続けることは出来ないということです。
    こういう形でお別れするのは残念ではありますが、人を依り所にするのではなく、法を依り所とするなら、どこでも法の勉強は出来ます。
    これからも頑張ってください。いろいろありがとうございました。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。