>>ブログトップへ

7月 10 2018

増税より減税

10:47 AM ブログ

西日本豪雨の死者、行方不明者は二百人を超えているようですが、これほどの現象が起きているにもかかわらず、心を変える人はゼロですか。(やはり誰一人布施しようとしませんね)

本当に不遜な人たちばかりです。なぜ、日本にこれだけ集中して天変地変が起きているのか、本当によく分かります。

それだけ神の心から遠い人が多いからです。

こちらの人たちも怒っている人たちばかりですからね。(誰一人、自分が悪かったなどという謙虚な態度を取る人はいません)これではとても布施をもらうなど無理だなと思いましたが、何が起きても(それこそ日本が滅んでも)まったく神など思わず、反省もしない人たちばかりのようです。(どえらい〔傲慢な〕人たちばかりがこのブログを読んでいるようです。どうしましょう、ウナッシーさん。〔苦笑〕)

ただ、この後、何が起きても知りませんよ。それだけはいっておきます。何度もいいますが、今回、これほどの豪雨になったのも、このブログを見ている人たちの態度に原因があるからです。(よく来ないですね。台風八号がです。私は一瞬ひやとしましたが)

しかし、どれだけそれをここに書いても自分に何か悪いことが起きない限り、自分が悪いとは分からない人たちばかりのようです。

自分たちに悪いことが起きる前に気づいてほしいものです。本当の神の教えをきいているのなら、報恩の行為は絶対にしないといけないということをです。

きいているだけで何もしようとしなければ必ず最後には罰が当たるということをです。(ほんとこちらの人たちなどずいぶん、その罰が当たっているんですが…それでも気づかないのですから呆れます)

まあ、神を思おうとしない人たちに、どれだけ神のことをいっても仕方ないのでここらで話を変えますが、なんですか。

これほどのひどい豪雨が、これほどの広範囲で起き、甚大な被害がこれもまたこれほど広範囲に出ているというのに、消費税はそのまま変更なく予定通り(2019年十月から)上げるつもりなんでしょうか。

総理はじめ国会議員の先生方はです。(鬼ですね。相変わらず庶民の考えをあまり理解していられないようです。こういうどさくさにまぎれてカジノ法案を適当に審議して決めてしまおうという魂胆でしょうか。〔今は野党がいうようにカジノより災害への対応でしょう〕知りませんよ。そんな鬼のような方々に癌が続出しだしてもです)

2014年の四月に消費税を八パーセントに上げてからこれまでだけでも、ずいぶんひどい天変地変の被害が出て(地震や火山の噴火、豪雨被害は数知れず)そうして今回、史上最悪の豪雨被害まで起きたのです。(これだけ広範囲で甚大な被害が出ているのです。史上最悪の豪雨災害といっても別に間違いじゃありません)

これまでの災害で、全国各地でいまだ避難している人がいますし(今回の豪雨でもまたそのような気の毒な方がたくさん出ました)まだ災害から復興していないところもあちこちにあって、ダメ押しのようにこれほど甚大な災害が起きたのです。

それなのにこの状況で増税なのですか。

ほんとありえませんね。国のお歴々の発想はです。

災害だけではなく、景気もよくなっているといっても、実質賃金は下がっているんだし、デフレもまだ脱却できていません。

実際は景気がいいのではなく単に人手不足なだけですよね。その人手不足を景気がいいとごまかしているだけなのではないですか。(ほんと実際に景気がいいのは一部の人だけなんですから、そんなの景気がいいとはいません)

このような状況でです。増税はないでしょう。どう考えても減税です。そうしないと景気も、今回の西日本豪雨の復興もままならないからです。

その復興も増税で財源をつくらないと出来ないとでもいうのでしょうか?もう、その話はいいです。(苦笑)

国債でいいではないですか。赤字国債がどれだけ増えようと、その赤字国債で破綻した国などないんですよね。(まじめな話、国債で財政破綻などするんですか?〔専門家ではない〕国会議員の先生方は財政破綻するなどといっている人もいますが…。〔苦笑〕)そんな前例はないんですから、とりあえず前例のない話はやめましょう。(いつもそういうこといいますからね。国側の方々はです。〔苦笑〕)

それに一時、赤字国債が増えても、その減税効果で復興が早まって景気が(本当に)よくなるなら、そのうちに赤字国債は減っていきます。(ギャーギャーいわれているプライマリーバランスがプラスになってです。〔苦笑〕)

今は非常事態なのです。(それも相当のです)とりあえず減税して、災害被害にあっている人たちの負担を減らして、景気が完全に回復するまで(そうしてデフレを完全に脱却するまで)それを続け、その後に増税でも何でもすればいいんではないでしょうか。

景気がよくなって、災害が起きているところが復興できれば、少々増税したところで文句をいう人も少ないからです。(というか、それが健全なやり方ですよね)

それに、このような多くの人が苦しんでいる時に国が減税してくれるなら、どれだけ多くの人が救われるか知れないのです。そのような愛ある減税を国がしてくれるのなら、その国に起きている災いも減ることになるからです。(国が愛ある行いをするなら、その分、災いは減ることになります。これは本当です。国も人も同じなのです。愛ある行為は災いを減らすのです)

とにかくこの状況での増税は、私たち庶民に死ねといっているようなものです。(ほんと私など貧乏の塊ですから。誰も布施してくれませんので。〔苦笑〕)

このような普段起きえないことが起きているのです。政治家の方々は、災害被害にあわれている人たちまでもよくよく思いをはせ、政治を行っていただきたいと切に願っています。

追伸…今回の西日本豪雨で特に気になることがあるんですが、それは広島のことです。

今回の豪雨でも死者が突出していますし(広島だけ四十人を越えています)広島は四年前にも数十人の人が亡くなるという痛ましい土砂災害があったばかりなのです。

あまりにも続きませんか。ひどい災害がです。

何でですかね。なにか広島は(災害ばかりでなく)悪いことがよく起きるという記憶が私には強いんですが、広島の人たちは共産主義の人が多いんでしょうか?

それとも原爆で亡くなった人たちが祟ってでもいるんでしょうか?

私はあまり広島のことを知りませんので、その辺りの理由はよく分かりませんが、どちらにしても広島のようなところは、私が説いているこの正法神理を拡げた方がいいでしょうね。

そうすれば広島に起きる災いはぐっと減るからです。

名古屋がいい例です。名古屋の人たちの多くがこのブログを読んでいて、曲がりなりにも私の説いていることを知っている人が多いので、今回の豪雨も大したことがなかったですし、ここ数年は名古屋に大きな災害は起きていないのではないでしょうか。

起きてませんよね。ここ何年間かは名古屋に大きな災害などです。ただ個々で(この教えに)逆らっている人が多いので、その分、罰が当たる人が多いのですが…(それでは意味がないですかね?)それはともかく、この教えが拡がれば、少なくとも大きな災害がその地域に起きることはなくなります。

広島だけではなく、他の地域でこのブログを読んでいる人たちは、少し真剣にこの教えを学び拡げてみませんか?

そうすれば、少なくとも自分の住んでいる地域は平和で安全になるからです。

(だって、そんな災害の募金ばかりをテレビなどで呼びかけているではないですか。〔今回の豪雨もそうですが〕もうキリがありませんよね。あまりに災害募金が多すぎてです。だから、災害を減らさないといけないのです。それにはこの法を拡げることが一番なのです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。