>>ブログトップへ

8月 05 2018

粗末

10:42 AM ブログ

ついに名古屋の気温が四十度を超えましたか。(一昨日のことですが)これは完全に天を怒らせていますね。

その天と同様、昨日も一昨日もそうなんですが、皆さん本当によく怒っています。あちこちでです。

何をそんなに怒っているんでしょう。

もう自分たちが悪いのは明らかなのです。本当の神の教えをきいていながらまったく感謝せず、嫌がらせをし続けているのは皆さん方の方なのです。(そんなデタラメな行いもありません)

間違ったことをし続けているのは、そちらなのですから、その間違った行いを正さない限り止らないんではないですか?

その怒っていることはです。

癌が止まらないんでしょう。もうそこらじゅうで現れているようです。恐ろしい現象がです。

何でそんな恐ろしい現象が止まらないのか?名古屋の人たちは大いに天を怒らせているからです。(大都市で気温が四十度を超えたところなど名古屋が初めてらしいではないですか。名古屋だけこれほどの気温にされているのです。メチャクチャ天を怒らせています。〔恐〕)

名古屋の人たちはありえない態度を取り続けているのですから、それは天も怒るでしょう。

普通であるならです。本当の神の教えを伝えられたのなら、泣いて喜んでもおかしくはないはずですし(それだけ稀有な幸運もないからです)その本当の神の教えを伝えてくれた私に対して感謝してもしきれないはずです。

ところが、何と名古屋の人たちは、その本当の神の教えをきいている人が多いにもかかわらず(どこの地域よりもです)その価値をまったく認めようとせず、感謝もせず、神の教えを伝えている私に嫌がらせをし続け、そのような行いが悪いために起きている天罰まで全部、私のせいにして怒りまくっているというのですから本当にありえない態度です。

これだけ自分本位で、傲慢不遜で、非常識な態度もないからです。

そういう態度を名古屋の多くの人たちが取っていて、少しも悪いと思わず、自分たちの罪のすべてを私になすりつけて平気でいる、とてもまともな人とは思えない態度です。

普通の常識のある人であるならば、少しくらいは自分も悪いのではないかとか、知らないことを教えてもらって有難いくらいは思うはずであるからです。

ところが名古屋の人々はそういう感情がまったくない人が多いようで(私に一方的に嫌がらせをしてこれっぽっちも悪びれる様子がないからです)これだけ常識のない態度を取る人が多ければ異常なことは(当然)起きてきます。

だからまともでないことが次々に起きだしたのです。まともな人があまりに少ないからです。(その心の通りのことが起きているということです)

しかし、そんな非常識でひどい態度を私に取り続けるなら、自分たちも癌になり苦しんで死んでいくということになります。因果応報です。(私と同じ苦しみを自分たちも味わうということです)

何でここまで非常識で傲慢な態度を意地になって取り続けるのか、それは分かりませんが、名古屋の(この辺りの地域の)人たちがそのような態度を改めるまで、この恐ろしい現象は現れ続けます。

それは覚悟した方がいいでしょう。何度もいいますが、その恐ろしい現象は天罰であるからです。(天罰であるなら自分たちが態度を改めるまで、その天罰は出続けますから)

昨日もひどいのがいました。嫌がらせをする人はもちろんですが、昨日など小学校の低学年の子供でしょうか。

私が歩いていると自分から嫌がらせをして来たものですから、私が「お前は人のブログを読んでいるくせに感謝もせんと嫌がらせをしているのか。そういう行いが正しいのか。もう頭を下げてくる小学生などいくらでもいるんだぞ」と注意をしていると、ちょうどそこへ親が自転車に乗って来て、その親の顔を見たとたん、その小学生が「何をいっているのかわけが分からん」とかいって急に泣き出したものですから、親が怒り出し「何だお前は」みたいなことをいって私に向かってきました。(めがねをかけたおっさんでした。父親でしょう)

だから私が「その子が嫌がらせをして来たから注意していただけ」と答えると「お前が何かしたんじゃないのか」といってきます。

私が(先に)何かしているはずがないのですが(苦笑)それで私が「あんた俺のこと知っているだろう」ときくと、急に「お前のことなど知るか」とか何とかぼそぼそ言い出して下を向いて子供の方に行ってしまいました。

私のことを知っているのが見え見えです。(苦笑)

それで私が「親子揃って嘘つきなんだな。まあいいわ、嘘つきを相手にしていても仕方ないからな」とかいって歩いていきましたが、こういう人を陥(おとしい)れるような子供もたまにいるのです。

少し前には、三人ほどの小学生が私が歩いていく道の真ん中でボール遊びをしていて、こちらにちょっかいをかけてくるものですから、私が何かいったら、とたんに逃げ出して近くの家の中に入っていきました。(たぶんその三人の中の誰かの家でしょう)

私はそのまま歩いていったんですが、しばらくすると後からその三人の小学生がついてきてちゃちを入れてきます。(「おい、おっさんちょっと待て」とか「バーカ」とかいってです)

バカを相手にしても仕方がないからと無視して歩いていると、いつまでもついてくるので「こいつらどうも警察を呼んだな」とすぐにピンと来ました。(前に呼ばれたことがありますから)

それで私が「お前らまさか警察を呼んだんじゃないだろうな。そんな人を陥れるようなことをしていると全員癌になるぞ」と声をかけると、ビクッとする小学生もいました。

どうも呼んだようなので、私はさっさとその場を離れました。(また警察が来るとうっとうしいので)

さっきの小学生もそうですが、こういう人を陥れる子供もたまにいるのです。

本当にこの辺りは嫌がらせをして来る者はたくさんいるわ、人を陥れる子供はいるわ、ろくなのがいないのですが、こういう態度を取っている者たちばかりだから、恐ろしい現象が起きてくるのです。

これだけ恩を仇で返している行いもないからです。

私にそのようなことをするのはいいんですが、罰が当たるのはそのようなことをしている人たちの方なのです。(実際そうでしょう。私に嫌がらせをするのはいいんですが、そういう態度を取っている人たちに次々に災いが起きているのです。当然、私を陥れようとした小学生たちも無事ではすないと思います。絶対に罰が当たっています)

自分たちの方ばかりに悪いことが起きて、私には一切起きない、それで面白くないのかも知れませんが(それは自分たちの行いが悪いからでしょう、といいたいのですが)あまりに私にちょっかいをかけて、もし私がダメになるようなら日本がダメになるのです。

そういうことをしている人たちは、そういう事実を理解しているのでしょうか?

「お前がダメになったからと何で日本がダメになるのか」と、そういう人たちは私のいうことを信じないのでしょうが、それが嘘ではないということは、私がここに書いていることが次々実現するということでも、その事実が分かるのです。

今度は台風十三号が日本に向かっているようですね。(ここに書いた通りやはり台風が来ました)

何でこんなに異常な暑さの日本に(ということは高気圧が強いということですから)台風が(まだ時期でもないのに)やってくるのでしょう。

普通であれば、まだこの時期は高気圧の勢力が強くて台風は日本に来れないはずです。それなのに、いつもより強い高気圧が日本上空に張り出しているにもかかわらず(これだけの猛暑ですから、それはそうでしょう)それでも台風が日本に向かって来ているのです。(ほんと摩訶不思議な現象が起きています)

ちょうど台風が来る時に高気圧が弱まるだの何だの天気予報ではいっていますが、私がいいたいのは、何でこれだけ日本に悪いことばかりが続けて起きるのかということなのです。(これもこのブログに書いている通りですが)

やれアメリカも気温が高いだの、欧州も猛暑が続いているだのいってもです。

アメリカや欧州は過去にはもっと暑い時があったのであり、今の猛暑が特別ひどいということでもないのです。

然るに日本は、この前の西日本豪雨もそうです。(一度に降った過去最大の雨量だったらしいですから)そうして今回の猛暑でもそうです。(この前、最高気温が更新されましたが)

過去にないくらいのひどい現象が現れているのです。

他国と日本では起きている現象のレベルが違っているのです。

そこをよく考えないといけないということです。

何で日本だけ特別ひどいことが起きているのですか?

日本には本当の神の教えが出現しているからです。

それなのに、その本当の神の教えを説いている者を日本の多くの人たちがあまりに粗末にしているのです。

本当の神の教えを説いている者を粗末にしている国に、いいことが起きてくるわけがありません。

だから、日本には次々に(これまで起きたことがないような)ひどい現象が現れているのです。

その本当の神の教えを説いている者を大切に扱うなら世界が救われるからです。

本当の神の教えを説いている者に対する態度を改めてください。

そうしない限り、この日本に起きている多くの災いは止まらないのです。

(本当に恐ろしいですよ。あまりに日本の多くの人が天を怒らせたままでいるとです。少しは天の恐ろしさを理解されてはどうでしょう。これほどの現象を現されているのですから)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。