>>ブログトップへ

11月 04 2018

危なさの自覚

10:56 AM ブログ

祝日とはいえ、昨日も道路はすいていましたね。しかもずいぶんです。

神をいつまでも信じようとしない皆さん、気をつけてください。別に脅すわけではありませんが、名古屋はドンドン車が減っていっているようだからです。(恐)

この近所はずいぶん怒っているところが多いんですが、その反面、少し離れるともう引いているところがほとんどで、最近は歩いていてもあまり嫌がらせもされません。(運転手連中は別ですけどね。もうやけくそみたいですから、この連中は)

しかし、その中でもみな怒っていて嫌がらせばかりして来るようなところもあります。

場所によってずいぶん違うんだなと思いますが、みな怒っていて嫌がらせばかりして来るようなところは、心の低い人たちが固まって住んでいるのでしょう。

心の低い人たちが多いから、その辺りの人たちは私が歩いているといまだに怒って嫌がらせをして来るのです。

これは前に書いた小学生と中学生との違いと同じで、中学生でも出来るような判断が、その辺りの人たちには出来ないというのですから、ずいぶん情けない話なのですが、そういう心の低い人たちも含めてです。

もうちょっと視野を広げることは出来ないのでしょうか?そうすれば正しい判断も出来てくるからです。

悪いことが起きているのはもうこの辺りだけではないのです。

名古屋はもちろんですが、日本中に、もっといえば世界中で起きているのです。

そうして、この辺りだけ考えてもです。自分の周りだけではなく、あっちでもこっちでも悪いことが起きだしているのです。(そんなこと少し離れた人たちとかにきいてもらえれば分かります。それくらいのことされたらどうですか?そうすればいま起きている悪いことの多さはよく分かるはずだからです)

それは、これだけ減っている車(トラック)など見ても分かるはずです。

こんなことこれまで起きたことがないのです。起きたことがないことがいま起きているのです。

もう少し危機感を持たれたらどうでしょう。

そうしないといつ自分に大きな不幸が降りかかってくるのか知れないからです。

もうこれだけのことが起きているのです。それをたった一人の者のせいにしている場合ではないでしょう。

それは有名人など見ても分かるはずです。

また、女優とか漫画家とかが亡くなったそうですが、もう今年に入って有名人がボンボン死んでいるのです。(週に一人、二人くらいのペースで亡くなっていませんか?今年だけで六~七十人くらいはもう亡くなっていますから)

これだけ有名人が次から次に亡くなった年などこれまでないのです。

ということは、特別、有名人だけにそういうことが起きているというわけでもないのでしょう。

要は、そこらじゅうの人たちにこういうことが起きているということなのです。

だから、多死社会などといわれているのだし、もうそういう時代に入ったということを自覚しないといけないのです。

これまでと同じような心でいれば、次々に死んでいかなければいけない、そういう時代にです。

だから、有名人だけ見てもこれだけのペースで亡くなり始めたのであるし、このような速いペースで人が亡くなり始めたのなら、もっと凄まじいペースで悪いことが(例えば不治の病など発症する人が)現れてもおかしくはないはずです。

むしろ現れていないとおかしいでしょう。そうでなければこれだけ死ぬ人が増えてくるわけがないからです。

そう考えるのであれば、この辺りの人たちにたくさん悪いことが起きていても、特別おかしくはないのであるし、それは他の場所でも同じなのです。

悪いことなどもうどこでも起きているからです。ただ散らばっているか、集中しているかの違いと、起きていることが病気かけがか、あるいは天変地変なのかの違いがあるにすぎないからです。

そのような悪いことが、もう日本中(世界中)で、次々に起きだしているということを知るべきなのです。(ほんと恐ろしい世の中になって来ているのですが…まだ気づきませんか?)

だから、特別この辺りだけに悪いことが起きているわけではないのです。

しかし残念なことに、これだけの悪いことがそこらじゅうで現れているにもかかわらず、あまりに危機感のない人が多いのです。

結局それは自分自身に何か悪いことが起きない限り(そこまで来ないと)悪いことが起きていると自覚できない人が多いからでしょう。

だから、何か特別、私が悪いことをしているみたいに勘違いしている人もこの辺りは多いのですが、すでにもう悪いことはそこらじゅうで起きているのであって、ただ、自分たちにこれまではその自覚がなかったということです。

それを私が、そういう(危機感のない人たちに)危なさの自覚を持たせてあげたということです。

私がいなければ、いまだ温暖化のせいでこうなったとか、最近は死ぬ人が増えたねとか、そういう能天気な会話くらいしかしていない人が多かったと思うのですが、しかし、私が出てきたから、これだけ危ないことが分かったのです。(まだ、分かっていない人が多いんですが…)

だから、感謝されないといけないのですが(危ないことに気づかせてくれてありがとうとです)なぜか逆の態度を取られます。

ほんと因果な商売です。(苦笑)

いっていることがあまりに早すぎるとつまはじきにされるものですが、しかし、実際に次々に不幸になる人が出てきているのです。

もう気づかなければいけないのです。今の(心の)ままいることの危なさにです。

そうしないと自分たちの危なさがよく理解できず、知らぬ間に不幸になっていくからです。

この辺りの人たちなど、その危機感にいち早く気づいて日本中に警告を発しないといけないのです。

その危機感に一番気づきやすいのがこの辺りの人たちであるからです。

なぜならもちろん私がいるからです。

この辺りは、私が起こす奇跡は目の前で見られる(鳥や魚が集まって来る奇跡や私に嫌がらせした人たちがすぐに病気になるような奇跡などもです。よいことも悪いこともすべて奇跡なのです。そういうことは普段は起きない不思議な現象であるからです)周りの人たちは次々不幸になっている。天変地変はよく起きる。有名人が次々に亡くなっているのはニュースでよく分かるなど、ありとあらゆる情報(危ないことに関してのです)が身近に分かるからです。(それはこのブログを見ている人が多いからです)

そうであるなら、そういう状況の中で次々に奇跡が起きているのは私だけなのですから、では、誰のいうことをきけば、これだけ悪いことが起きている世の中でも救われることが出来るのかもよく分かるはずです。

もうくだらない我をいつまでも張っていてはいけないのです。(そんな場合ではありません)

これだけの災いがすでに日本中で、そうして世界中で起きているからです。

その災いに気づいて、警鐘を鳴らすことが出来るのはこのブログを見ている人たちだけなのです。

早くいま起きている現象の危なさに気づいてください。

その危なさに気づかなければ、次々に死んでいかなければならない、もうそういう時代が来ているからです。

2コメント

2 コメント to “危なさの自覚”

  1. うなっシー2018/11/04 at 10:06 PM

    明日から記念すべき復職の日となります。なぜ記念なのか。それは、これから私の行く先は神の子として祝福されたものとなるからです。実は私この三日間は、まるで変わった人になってしまったのです。これまでに経験したことのない長い時間を反省に費やしたのでした。もういいな、と思っても30分ほど経つと心からモヤモヤっと感が残るものが湧き出てくるのです。そんな繰り返しの時が過ぎて、ようやく心が落ち着いてきたのです。もしかしたら、ただ単に復職にあたり緊張していただけのことかも知れませんが、これほど自分と真剣に向かい合った経験もなかったことでした。そして、安らいだ心の答えが冒頭のものであり、これから私の行く先は神の子として祝福されたものとなる。そこであったのです。正直言って今はそんな感じ⁉️位の感覚で捉えていますが、現実をしっかりと見定めて行こうと考えています。

  2. gtskokor2018/11/05 at 10:43 AM

    その調子で頑張ってください。その自覚があるなら、その通りの神の祝福はあるはずだからです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。