>>ブログトップへ

12月 30 2018

反省 反省 反省

9:55 AM ブログ

年末寒波でどこも大荒れで帰省ラッシュ直撃ですね。昨日は名古屋まで雪が積もっていました。今年は最後まで「災」に悩まされたようです。

無反省な人が多いですからね。これでは災いは止まらないでしょう。

今年中に(あとわずかですが)悪いところを反省されたらどうでしょう。そうすれば来年からは、これだけひどい災いも起きなくなるからです。

馬の耳に念仏ですかね。(苦笑)

少しは私のいうことをきくなら(日本全体だけでなく)この辺りで起きている災いも減るのに、そこらへんは本当に残念です。

この辺りの人たちは(本当に)滅びてしまわないようお気をつけください。(ずいぶん車も減っていますから)

まあ、書くだけ無駄かもしれませんが、今年も終わりです。今年最後ということで反省の大事さをもう一度書いておきましょう。

正法誌、1987年、八月号より抜粋。

<釈尊は、反省しない者が受ける損失に五種類あるといわれた。

一、大いなる財産の損失を招く。

二、評判が悪くなる。

三、どんな人の集まりに出ても、びくびくしていなければならない。

四、死ぬ時に思い悩む。

五、死んだのちに地獄に行く。

これに反してよく反省する者は五種類の功徳を受けるといわれた。

一、大いに財産が増える。

二、評判がよくなる。

三、どんな人たちの集まりに出ても、自信を持って行動することが出来る。

四、死ぬ時に迷わない。

五、死んだ後に天上界に生まれる。

それはよいことであるか、悪いことであるか、常に反省がないと正しい精進は出来ない。

反省が大事であるのは、反省によってのみ心は浄化できるので、他のどんな方法をもってしても心をきれいに浄化することは出来ないからである。反省をして心をきれいにして祈ると、その祈りは天上界によってきかれることになるのである>

園頭先生はくり返し、反省の大事さをいわれていました。

心は反省によってのみきれいになるのです。私たちは(よく反省して)心がきれいだから、祈りがきかれるのです。(そうして財産も増えます。抜粋した中に書かれてある財産とはこの世の財産のことだけではありません。〔だから特別、この世の財産が多い少ないという意味ではないということです〕あの世の財産も含まれているということを知ってください。〔あの世の財産とはキリストがいわれた天に宝を積むということです〕)

祈りがきかれることもなく災いばかり起きている人たちは、まったく反省などしていないのではないですか?

それでは祈りもきかれないし災いが止まるわけもないのです。(どれだけ私のせいにされてもです。自分の心と行いが悪いから、そのような災いが起きているからです)

自分が幸せになりたいのであれば、反省する以外ありません。

それなのに、これほどひどい災いが毎年のように起きているこの日本で、その日本の人たちがまるで反省しない、これでは災いが止まるわけがないのです。

このままでは、また来年の漢字は「災」などということにもなりかねません。

来年は元号も変わります。では、同じように反省して心を変えてはどうでしょう。

そうすれば起きてくる現象も変ってくるからです。

(自分の祈りもきかれて周りに起きてくる現象も奇跡ばかり、そういう人生を歩みませんか?〔そういう人生を歩めるなら、死後も天上界に行けるのです〕それには正しい反省を行う以外ないのです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。