>>ブログトップへ

1月 05 2019

奇跡

11:09 AM ブログ

前回のブログで、いま現在の高橋先生や園頭先生の弟子たちには、私たちと同じ奇跡は起きていないと書きましたが、それが本当であるという出来事を二、三書いておきましょう。

私が書いたことが嘘だと思われてもいけないからです。(嘘を書く者に奇跡は起きませんが)

まず、園頭先生の弟子だった人たちが集まっている、北村氏が主宰している教育研究会未来での出来事を書いておきます。

私は未来にいた時、ある研修会に参加したのですが、その研修会でのことです。

研修会の二日目だったと思いますが(未来の研修会は毎回、金、土、日の二泊三日で行われていました)午前中の研修が終わると、ある人の子供が熱を出したと騒ぎになりました。

風邪気味の小さな子供をつれてこの研修会に参加されていた人がいて、その風邪気味の子供の熱が午前中の研修会の間に上がってしまったようなのです。

その子供は、研修会場の一番後ろで小さなベットに寝かされていました。

周りの人たちが心配そうに寝かされている子供のベットをのぞき込んでいましたが、そこに北村氏が現れ、まあ、かわいそうにということで、光を入れてあげるということになったそうです。

そうして北村氏は、しばらくその寝ている子供の胸の辺りに手を当てて祈っていたようでした。(私もその現場を見ました。北村氏は子供に手を当てて下を向きジッと祈っていました)

しかし、そのあと、その子供の熱が下がったという話はきかなかったです。

その後の研修や翌日の研修でも、その子供のことは何もいわなかったし、帰り際まで私は熱を出した子供のことが気になっていたので「あの北村先生が光を入れた子は熱が下がったの?」と周りの人たちにきいていましたが、一人として「北村先生が光を入れたのであの子の熱が下がった」といった人はいませんでした。

結局、北村氏が祈っても、その熱を出していた子供の熱は下がらなかったのでしょう。もし、熱が下がったのなら、その研修会場で大騒ぎになっていたはずだからです。(「北村先生の祈りで熱が出ていた子供の熱が下がりました。奇跡です」などと吹聴する人がたくさん出てきてです。〔笑〕)

あとできいた話なんですが、その熱が出た子は、結局、熱が下がらなかったので、母親と一緒にそのあと帰ったということでした。

この未来は、主宰である北村氏が祈っても、風邪気味の熱が出た子の熱さえ下げられないのです。(私たちとえらい違いです。〔笑〕)

では、あとの人たちにそれ以上の奇跡が起きているはずもなく、未来の人たちが奇跡が起きました、というその奇跡は、例えば、太陽の回りに光りの輪が出来たり(雲の中にある氷の粒に太陽の光りが屈折して出来る自然現象)あるいはものごとが(珍しく)うまく行ったりすると、それを大袈裟に騒いで奇跡です、みたいなことをいっているだけで、まともな奇跡は一つも起きていないということです。(私たちに起きているようなです)

奇跡どころか、この未来の人たちはたくさん癌になる人が出ましたが、治った人など一人もいなかったし、リストラされる人、会社の取締役までなっていて急にクビになった人、仕事が暇で会社が潰れてしまった人、そうして子供を事故で亡くしてしまった人までいて、さながら不幸製造所のような感じでした。(本当に不幸になる人が多かったです)

そうして、高橋先生がつくられたGLAも、そのGLAの会員を何十年も続けているという人と話をしたことがありましたが、自分の周りに奇跡らしい奇跡は起きていないらしく、私が「高橋信次先生がいられた時のような奇跡が起きている人は一人もいないんですか?」ときくと、その人は「桂子先生には奇跡が起きていると思いますよ」と答える程度でした。

つまり、現在のGLAには奇跡らしい奇跡がまるで起きていない、と自らいっているようなものでした。(何十年も会員でいる人でさえ「起きていると思いますよ」という疑問系の答えしか出来ないのですから。現在のGLAは高橋信次先生が指導されていた時と違い、奇跡など全然起きていないようです。多分、GLA内では奇跡などという言葉は死語になっているのではないでしょうか。〔笑〕)

ここで簡単に奇跡、奇跡と書いていますが、しかし、ここに書いているような奇跡などどこも起きていないのです。

それは、高橋先生や園頭先生の弟子であった人たちだけではないでしょう。

今年も初詣に行った人はたくさんいると思いますが、その初詣に行った人たちに何か奇跡が起きているような人がいるのでしょうか?

まずいないでしょう。初詣に行って不思議な奇跡が起きているのなら、この時代(ネットがありますから)すぐに話題になるはずであるからです。

しかし、そういう話題は今のところ(そうしてこれまでも)出ていないようですし、このブログを見ている人たちはどうなのですか?

このブログを読んでいる人の中にも初詣に行った人はたくさんいると思います。

それでそのあと、何か奇跡が起きた人はいるのでしょうか?

例えば、初詣に行ったら急に癌がよくなったとか、ウナッシーさんのように四十度以上もあった熱が下がったとか、急に運がよくなりだしたとかです。

そんな人いないですよね。初詣に行く前も行った後も何も変わらない、そういう人ばかりなのではないでしょうか。

それとも初詣に行った年はメチャクチャ運がよかったが、いかない年はメチャクチャ運が悪かったとか、そういう違いのある人がいるのでしょうか?

いないでしょうね。初詣など行っても行かなくても同じだからです。結局、初詣など正しい信仰でも何でもないのですからやってもやらなくても同じことだからです。

このブログを見ている人でもそうなのです。(だから見ているだけではダメだといっているのです)見ていない人など(本当の神の教えを知らない人など)もっとダメでしょう。

しかし、この正しい信仰を行うなら、必ず、結果(奇跡)が現れてくるのです。やればやっただけお蔭があるのが正しい信仰であるからです。

だからといって、そのお蔭を先に求めてやる信仰は正しいものではありませんが(これが正しい信仰の難しいところなのです。〔先に報いを求めてやるのは信仰ではなく、ただの取引ですから〕心のあり方を間違うと正しい信仰をしていても、それは正しい信仰ではないからです)それはともかく、その正しい信仰がここにあるにもかかわらず、それを無視して、間違った信仰をし続けている。

皆さん方の頑なさには少々呆れているのですが、奇跡、奇跡と簡単にここに書いていますが、その奇跡は、そんなに簡単に起きることではありません。

しかし、その(他では)難しい奇跡が、ここでは(この信仰を行えば)簡単に起きてくるのです。

初詣などの間違った信仰をし続けているのなら、少しはこちらの信仰もしてみませんか?

そうすれば、本当の奇跡が起きてくるからです。

いつまでも間違った信仰を続けていても意味がありません。意味がないどころか、そのうちに罰が当たります。

間違った信仰は神の心に背いているからです。

本当の信仰を行ってこそ、意味も救いもあるのです。

本当の信仰に目覚めませんか?

そうしないと、今年は昨年以上に危なくなるからです。

(それは断言できます。年明けすぐの熊本の地震もそうですし、こちらに起きていることもそうです。〔この近所の皆さんはお分かりであると思いますが…〕すでに相当起きています。災いがです。早くこの教えに帰依されることです。そうしないと今年は本当に危ないからです)

追伸…やはり年明け最初の株価はだだ下がりだったようですね。(予想通りです)

株は下がるわ、大きな地震は起きるわ、今年は本当に春から縁起が悪いです。

2コメント

2 コメント to “奇跡”

  1. うなっしー2019/01/05 at 7:21 PM

    昨晩ことです。私は自室で晩酌をしていると隣の部屋から家内と子供の楽しそうな笑い声が聞こえて来ました。
    すると、同時に私の心にポッカリと「心の安らぎ」という言葉が浮かんできました。何のことか考えてみると、家族の楽しそうな笑い声は私にとって心の安らぎになり、私自身がそうなることで幸福感に包まれる。そのことを神が家族を通して現してくださったことと思に至ったのです。これまで散々、自分自分と私が幸せになることしか考えて来なかったのですが、実は私自身の心の安らぎは他を祝福することでのみ得られるということに気付かせては頂きました。自分を追い掛けている間は周りが見えていなくて他のことは気にもかけていなかったことも十分に反省できるのです。よく我を捨てるとは耳にすることですがその辺りのことを少しだけ分かったような気がしました。

  2. gtskokor2019/01/05 at 8:00 PM

    そうですね。この教えを勉強していくと心も広がり気づくことも増えてきます。
    その調子で頑張ってください。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。