>>ブログトップへ

2月 07 2019

滅びゆく名古屋

10:48 AM ブログ

衝撃的なタイトルなんですが、ずいぶん危なそうであるからです。この辺りなどです。

道路の車は減っている、歩いている人も減っている(これは私の感覚なんですが)最近はやめてしまった会社まであり(そこは従業員が数十人ほどいるところなんですが、前を通るとよく嫌がらせをされました。そこが二、三日前に通ると普通の日だというのに門がしまっているのです。そうして中は誰もいないようでもぬけの殻状態でした。何かやめたような感じだったんですが〔場所が変わっただけかもしれませんが〕もしかしたら、癌になどなる人が増えて、それでやめてしまったのかもしれません。その会社の近くの家の人がどこも怒っていたからです)歩いていても、もう静かなところがほとんどです。

どこかの会社まで静かになってしまったのですから(今日はガタガタやっていますが)よほど危ない現象があちこちに現れているのではないでしょうか。

それなのに、どれだけ布施してくれと書いても、一切、無視です。

よいのですか?次々に悪いことが起きているにもかかわらず(この状況ではそう思わざるをえません)まったくよいことをしようとしないでいてです。

それだと益々悪いことが起きてくるのではないですか。この辺りの人たちは、ただでさえ不遜な態度を取り続けているからです。

そのような傲慢な態度が豚コレラまで呼んでいるのです。(豚コレラが発生したのは二十年ぶりといわれていますが、そんな二十年も現れていなかった災いまで現れてくるのですから、本当に恐ろしいです)

岐阜県で感染が確認された豚コレラが、愛知県(豊田市)でも見つかって、その愛知県の豚コレラに感染している豚が、長野、滋賀、大阪まで行っていて、それで豚コレラが拡大しているとか。

大変な事態です。この後、どれだけ豚コレラが拡大するか分からないからです。

本当にいいことが起きません。次々に悪い現象が現れてきます。(去年は鳥インフルエンザで今年は豚コレラですか。あっちもこっちも災い続出ですね)

いいのですか。そういう傲慢な態度を変えようとしないでいてです。そのような傲慢な態度を変えない限り、よいことは起きて来ないのです。

何でこんな簡単なことが分からないのでしょう。

心の時代が変わってきているから、その時代に合わせて心を変えたらどうですか?とこちらはいっているだけなのです。

現に時代に合わせて心を変えている私にはよいこと(奇跡)ばかりが起きているからです。

それを見ていれば、心を変えた方がいいとすぐに分かりそうなものですが、何か分かりませんが、この辺りの人たちは意地になり、頑として心を変えようとしないのです。(それは、この辺りの人たちだけではありませんが)

そうして悪いことが起きてくると、それをすべて私のせいにして怒りまくっているのです。(これもまた謎の行動です。何でこの辺りの人たちは自分たちに起きて来た悪いことを、私一人のせいにしているんでしょう?私は〔嫌がらせをして来たような人たちはともかくです〕自分と縁もゆかりも恨みもない人たちにまで、次々に悪いことをしているというのでしょうか?凄い発想です)

はたから見ればです。この辺りの人たちはずいぶんおかしな行動を取っているんですが、そのおかしな行動を取っていることが、この辺りの人たちは全然分かっていない。

だから、よけい悪いことが起きる(自分たちが悪いことばかりしているので罰も当たって)負の連鎖に陥っているのですが、この辺りの人たちは、それさえも分からない、堂々巡りをずっと続けているのです。(本当に哀れです)

しかし、多くの人が時代が変わっているにもかかわらず、心をいつまでも変えようとしないから(時代と心が合わなくなって)悪いことばかりが起きているのです。(それが日本が災害列島などといわれ出した所以〔ゆえん〕です)

それを理解し心を変えないと、他の地域の人たちもいつまでたってもよいことは起きて来ないのです。

何度もいいますが、すでに心の時代は変わっているからです。

私たちがそのよい証拠なのです。私たちは(ウナッシーさんもそうですが)時代に合わせて心を変えているから、よいこと(奇跡)が起きてきているのです。

それだけのことなのです。よいことが起きている私たちと、悪いことが起きている多くの人たちとの違いは、心の違い、ただそれだけなんですが、それをどれだけいっても、誰もいつまでたっても理解しない、本当に不思議ですね。

この時代の人たちはです。

心の時代が変わったということに対しては誰も理解力がゼロだからです。(表面の時代〔例えば元号など〕が変わったことはすぐに理解するのにね。それは誰でもですか。〔笑〕)

いい加減分からないんでしょうか?これだけ起きてくることが(起きる現象が)違ってきているというのにです。

そういうところで判断しないといけないのですが、どちらにしても、この地域の人たちなど特に運転手連中はどうするのでしょう。もうほとんどの運転手がいなくなっているのです。

特に、トラックなど分かりやすいのですが、では、今いる運転手もいずれいなくなるのではないですか。多くの運転手がすでにいなくなっているからです。

これだけ運転手がいなくなっていて、今いる運転手だけが残される理由はないはずだからです。(ないですよね。いなくなった運転手と今いる運転手と何か違いがあるのでしょうか?いなくなった運転手に比べ、今いる運転手連中は凄く優秀だとか、凄く心がいいとか、そんなことはないんでしょう。自分だけはそう思っているのかもしれませんが、しかし、そういう特別な人にはちゃんと奇跡が起きてきます。〔心がよい人にはです〕奇跡が起きていないのなら、そんなことはないのでしょう。ただの勘違いであり、そういうのを独りよがりというのです。〔笑〕)

では、今いる運転手もいなくなるでしょう。それは時間の問題であるということです。

いなくなっている人たちがです。生きているのか、それとも死んでいるのか(癌などでです)それは知りませんが、そのような心を変えようとしない人たちが次々にいなくなっている、これだけは事実なのです。(見りゃ分かります)

それでも心を変えようとはしないのですか?すでに(心の)時代が変わり、時代に合わせて心も変えないといけない、こんな簡単なことがいつまでたっても理解できないというのでしょうか?

そのような人たちはもう滅びていくしかないのです。(実際そうなっています)

心が変われば自然と行いも変わり、そのような心と行いが変わってきた人だけが(もちろんよい方にですが…その基準がこの正法神理です)救われていくのです。

「時代が変わったから心も変える」この当たり前のことに早く気づかないと、本当に滅びることになるのです。

「日本で一番はじめに滅んだのは名古屋であった」後世の人たちにそういわれないよう、名古屋の人たちは早く正しいことに気づかないといけないのです。

(だって、この車の減り具合〔こんなこと起きないでしょう。普通はです〕この感じでは名古屋が一番危なそうであるからです)

2コメント

2 コメント to “滅びゆく名古屋”

  1. うなッシー2019/02/07 at 10:33 PM

    今日会社で同じ職場で働いている仲間から凄い話を聞きました。それは以前から話に出している、少し変わっている上司のことです。その人は少し前にその上司と揉め事があったようでして、その時にその上司から言われた事があったようでした。その内容とは、僕は自分を変えたいし自分を変えようとしているとのことです。確かに、最近は部下に対する言動に変化を感じてはいました。私が思うに部下との関係を変えたい、職場を変えたいということだと思います。ではその話が何故凄いと感じたのかですが、この時期に自分を変えるとは心を変えるということであるからと思ったからです。ここのところ私に色々な現象が現れていて感謝が深まっていたのですが、私に関係するまさか同じ職場の上司にまでも派生していたこに驚いたことです。今回のことでは、本当に神のとは調和でありそれに向かうことには惜しみ無く力を現して下さると改めて教えられたのでした。

  2. gtskokor2019/02/08 at 3:39 PM

    本当にその通りですね。法を勉強する人が一人でもいると、その人の影響により周りは段々変わって行くのです。
    法を勉強している人に従っていくのなら、その人はよい方によい方にと導かれて行きますが、逆らってばかりいると悪い方に悪い方にと導かれて行きます。
    そのことにいい加減、私の周りの人たちも気づいてほしいものです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。