>>ブログトップへ

3月 07 2019

大阪都構想と楽市楽座

10:37 AM ブログ

前回はお隣の国の中国のことをちょっと書きましたが(絶対やばいですよね。中国は。〔全人代も暗かったし〕景気が急減速しているだけではなく輸入とかも激減しているんでしょう。それに過剰在庫もずいぶん前からいわれているし、軍拡もやめない。やっぱり近いうちにパンクしますね。中国はです)今度は名古屋のお隣の大阪のことをちょっと書いておきましょう。

また話題になっているようだからです。大阪維新の会がです。地味な名古屋とはずいぶん違います。(苦笑)

それにしてもです。府知事と市長が(というか、大阪維新の会が)私物化していませんか。

大阪をです。

別にやっかみではありませんが、はたから見ているとそう見えるからです。

だって、知事と市長が入れ替わりで出馬する「出直しクロス選」までやろうとしているんでしょう。いくらなんでもやりすぎではないのですか。大阪都構想のためだけにです。

大阪都構想はもう否決されたではないですか。それなのにまだやるのですか?(大阪の住民投票無視ですね)これじゃあ住民投票をした意味がありません。

子供が駄々をこねているのではないのですから、大阪維新がこれ以上大阪都構想を引きずっては、何か他にしたいことがあるのではないかと勘繰ってしまいます。

これでは、自分たちが大阪を牛耳(ぎゅうじ)りたいがために、都構想をやっているようにも見えてくるからです。

大阪市の金を、維新が大阪府全体で使いたい(府にはお金がないので)そうして自分たちが大阪を意のままに動かしたいと、そのためにしているようにしか見えないんですが、そこはどうなんでしょう。

だって、都構想で大阪市を廃止して特別区をつくるだの、二重行政をなくすだのいってもです。一体どれくらいのメリットがあるのか分からないでしょう。

特別区をつくって二重行政をなくしても、行政は家庭や企業とは違うのです。

例えば、無駄が多いからと区役所や市役所を減らしてしまっては、私たち住民は不便にはなっても便利にはなりません。(不便ですよね。区役所や市役所が減ったら。場所が遠くになったり、ただでさえ混んでいるのがよけい混んだりしてです)

役所はあっても困りませんし(さすがに役所をつくるなとは誰もいわないでしょう。平成思想の人たちであってもです)仮に府や市が、別々に道路などつくってくれれば車が走りやすくなるだけですし、そのインフラ整備のお金も落ちてきます。

そういうのは(住民の側から見れば)無駄とはいいません。便利になったというのです。(それにお金が落ちて儲かるところも出てきますし)

もちろん、本当に無駄なところは削らないといけないのでしょうが、こういうこと以外でも行政を減らすことでの一番の問題は、何か災害が起きた時です。

災害が起きた時に役所が遠くにあって、どうやって行政は住民の命を守るのですか?

行政の無駄ばかりを見ているのではなく、住民の目線でいうならば、安全性はどう考えているのでしょうか?

大阪維新の会は大阪発展のためとはいいますが、大阪の人々を守る方策は何もいいません。(ほんと出ません。カジノとか、万博とか金を使うことばかりはいいますが)

どちらかといえばです。発展も大事ですが、災害大国とまで日本はいわれているのですから現時点では、発展より、安全対策の方がよほど大事なのではないでしょうか。

大阪も(関西は)よく災害に遭っているからです。

去年はひどかったですもんね。あの西日本豪雨もありましたし、台風でタンカーが関空の橋に激突して関空が使えなくなったということもありました。

ああいう時の対処です。

ところが関空は民営化してしまったがため関空の橋の復旧もずいぶん遅れた。

何か大阪維新が推進していることは(民営化もそうですもんね)裏目裏目に出ているように感じますが、そう感じているのは私だけでしょうか?

そういうこともあって(何かやましい心でもあるのではないかと。だからこうも悪いことが起きてくるのではないかと)勘繰りたくもなるのですが、羽振りのいい話はたしかに人々の注目を浴びますが、行政は住民を守るということを忘れてはならないと思います。

それを忘れているとはいいませんが、大阪維新の会からはもう少し地に足をつけた改革の話をききたいものです。

まあ、あまりお隣の政党に文句をいっていてもいけませんが、そこらへんもしっかり考えて、大阪の人たちは今度の選挙に臨んでもらいたいと思っています。(これで二人とも落ちたら笑いますね。〔笑〕)

しかし、お隣の大阪の派手さに比べこちら名古屋はほんと話題がありません。(苦笑)

こちらの話題といえば、今度、名古屋の河村市長が名古屋城の天守閣を木造復元するらしいのですが、それだけでは今一でしょう。

それくらいでは大阪に負けます。こちらも、もう少し話題を振りまかないといけないでしょう。

だからどうですか、その時に一緒に前からいっている楽市楽座もやったらです。

名古屋城の天守閣復元と同時に城外に楽市楽座もひらくのです。どうです。これならずいぶん話題にもなって人も集まってくるのではないでしょうか。

もちろん、楽市楽座は無税にします。(信長がしたようにです。それに近いことをしないと話題になりませんから)その分、参加する店側に何かサービスをしてもらえばいいのです。

来てくれるお客さんに対してです。(例えば、店側に戦国時代の格好をしてもらうとかいうこともいいでしょうし。気分が出てです。名古屋には何とか武将隊とかいう人たちもいますから。〔笑〕)

楽市楽座の期間中はそこに店を出す人からは一切税金を取らない。(税金を減らすのは河村市長は得意ですから。〔笑〕何せ河村市長の政党の政党名が減税日本ですから。今度は無税日本ということでやりましょう。〔笑〕)その分、店のサービスは満点と、そういうことなら黙っていても話題になります。

名古屋城天守閣の木造復元と無税の楽市楽座が一度に出現する。これなら名古屋は超話題になるでしょう。

どうですか。この提案、地味な名古屋でやる価値は十分あると思いますが。

これくらいのことをすれば日本中から(もちろん世界からも)人が名古屋に集まって来て、それこそ名古屋中の経済効果は大変なことになるでしょう。

楽市楽座を無税にしたところで、他で儲かるのですから文句はないはずです。

これくらいのことをしないと大阪には勝てません。(笑)これくらいやってください。そうすれば大都市で一番人気がない(苦笑)名古屋の人気も出てくるからです。

そうして信長にならい、その楽市楽座をしている名古屋城から天下統一を目指すのです。もちろん、この正法神理のです。

そうして、この正法神理が日本中に拡がれば日本は平和になって災いも止まり、奇跡も起き出します。

もうよいことづくめなのではないでしょうか。(笑)

今度は、この正法神理で名古屋から天下統一を目指す、などという妄想も、たまにはいいのではないかと思う今日この頃です。(妄想で終わらせたくはありませんが…)

追伸…この辺りは、相変わらず皆さん、ずいぶんお怒りのようです。(ほんと呆れます)

そういえば、あの白血病の水泳選手がツイッターを更新して「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」という心境をつづっていましたね。

あれだけ苦しいことに耐えてきた一流の水泳選手でもこうなのです。

それだけ白血病などになってしまったらつらく苦しいということなのでしょうが、そうであるならです。そういう病気になる前に心を入れ替えた方がいいと思います。

心を入れ替えるなら、そのような病気になることもないからです。(何度もいいますが、病気とは気の病ですから。その気〔心〕を入れ替えるなら、そのような病気になることもないのです)

ここに書いてある通りのことを行うなら奇跡が起きてきます。

しかし、このブログを読んでいる多くの人は、ここに書いてあることに逆らっているのです。だから、逆のこと(災い)が起きているのです。

このブログを読んで心が救われた人もずいぶんいるはずです。(年寄りもこのブログを読んでいる人が多いので、そういう人たちなど、すでにこのブログを読むことが唯一の楽しみなどという人もいるのではないですか?お年寄りなどそうは楽しみもないからです。〔笑〕)それなのに感謝もせず、それを書いている者に嫌がらせをしているようではよいことが起きてくるはずがないのです。

早く理解してください。悪いのは自分たちであるとです。

それを理解し、その行いを反省し、感謝した人から救われて行きます。

何度もいいますが、それ以外で救われる道はないのです。

2コメント

2 コメント to “大阪都構想と楽市楽座”

  1. うなッシー2019/03/08 at 8:08 PM

    いよいよ私にも次のステップが近づいてきたようです。最近、私自身の心に、わだかまりが見映えてきたのです。それはちょうど、このブログに出逢う前と同じような感覚だからです。その時はいつも私の心の中には、このままの私ではなく何かやることがあるはす、違う何かを探していたのでした。それがこのブログに出逢ってから腑に落ちたような感じで、ピタッとそのわだかまりが収まったのを思い出しました。という以前にも似たその心が続いているのです。一度時間を掛けて自分の心と向かい合ってその心の中にを見つめてみようとおもいます。

  2. gtskokor2019/03/08 at 8:55 PM

    そうですね。ウナッシーさんがもう一段階上がる時が来ているのでしょう。
    頑張ってください。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。