>>ブログトップへ

3月 31 2019

因果応報

11:00 AM ブログ

もう元号も変わりますので改めていっておきますが、時代が変わったのです。だから、これだけ災いが起きはじめたのです。

人のせいでも、温暖化のせいでも、地質のせいでもありません。末法の世から正法の世に時代が変わったのです。

その時代が変わった影響で、これほどの災いが起きているのです。

誰も心を変えようとしないからです。心を変えなければ(末法の心のままでは)災いは現れてきます。

時代と心が合わないからです。

そういう末法の心の人が多いところに大きな災いが起きているのです。

数十年、数百年に一度の地震や(阪神大震災や熊本地震など)大雨(西日本豪雨や鬼怒川が決壊した関東・東北豪雨など)千年に一度の複合災害(東日本大震災)それに猛烈な台風やゲリラ豪雨などは数知れず、去年の北陸豪雪や殺人猛暑などなど、平成の世はどれだけ(数十年、数百年、あるいは千年に一度などという)天変地変が連続して起きたかしれませんが、平成の世にこれだけ多くの天変地変が起きたのも、心の時代が末法の世から正法の世に変わりつつあるのに、多くの人がまったく心を変えなかったからです。

変えないどころか、心を退化させた人が多かったからです。

その退化の原因がこれまでたびたび書いてきた、平成の常識です。平成の常識は他の時代の非常識なのです。そういう非常識な行いを正しいと思い続けていれば当然、心は退化していきます。

心が退化することでよけい災いが多く現れたのです。

この辺りなど、まさにその典型でしょう。

すでに、日本中で災いが起きているのに(だから、この辺りで災いが起きることも当たり前なのに)その災いを、この辺りの人たちはなんとすべて私一人のせいにしているのです。

まったくもってバカげた話ですが、そんなバカなことをしていればどういうことになるのか?

ただでさえ、行いが悪く末法の心の人が多いため災いが起きているところに、それに輪をかけたバカげた行いをするのです。

そんな超バカげたことをするなら、その辺りの人たちの末法の心はよけい深まります。(要は、ただでさえ心が汚れているのに、大間違いな行いをすればよけい心が汚れるということです)

そうなれば、この辺りだけに特別悪いことが起きだしても別に不思議ではありません。

そういう時代であるからです。自分たちの心が即、反映される正法の世になっているからです。

それが、この辺りで個々に起き出した。(車が激減するなどの)災いなのです。(プラス天変地変などの激しい災いです。たまりませんね。この辺りは)

平成に入り(正法の世になって)災いは天変地変だけにとどまらないのです。癌が二人に一人はなる時代にもなっているのです。(平成以前はこんなに癌が出るなど想像も出来ませんでした)

ということは、他の地域でも二人に一人は癌になるのですから、この辺りは、それ以上の人が癌になっても別に不思議ではないでしょう。

それだけ他の地域の人たちがしていないような、ありえないバカな行いをこの辺りの人たちはしているからです。

しかし、そこらじゅうで起きている様々な災いを、私一人のせいにしますかね。(それも本気でそう思っている人が大人から子供までたくさんいますから)ちょっと考えられないことなんですが、それだけバカなことをしていたら、それだけおかしなことは起きてきます。

因果応報です。(特別、正法の世でなくても、これだけどはずれたバカなことを多くの人がしていたら、おかしな現象は現れるでしょう……そこらへんはお分かりなんでしょうか?この辺りの人たちはです)

いくらなんでも、これだけたくさん起きている災いを(もう日本中でです。天変地変や癌など次々に現れています)たった一人の者のせいにするなど、きいたことがありません。(多分、そういう発想は史上初でしょう。〔苦笑〕)

そんなメチャクチャな発想をしている人たちなど、他の地域にはいないのです。

そんなこれまでにないようなバカげた発想をする人が、この時代(正法の世)にたくさん出るなら、その場所にはそれこそ想像もしないような悪いことが起き出すのも必然でしょう。

その通りのことが起きているのです。

それに特別この辺りだけに、そんな異常なことが起きているとは思えません。

だって、他の地域でもすでに二人に一人は癌になるのです。その癌が、この辺りは三人に二人とか、四人に三人がなるとか、そういうレベルなんでしょう。

では、それほど異常なことでもないのではないですか。他の地域でもこのようなことは起きているからです。

ただ、他の地域より圧倒的に数が多いというだけです。

それだけバカなことをする人が多ければ、当然、起きる災いは多くなるのです。

何度もいいますが、これも因果応報なのです。

だから、多くの人が、そんな(すべての悪いことをたった一人の者のせいにするなどという)バカげた行いをやめない限り、このような災いはまだまだたくさん起きてくるということです。

その大間違いな行いが、自分たちに返ってくるからです。

だから、その大間違いな行いを反省しない限り、この辺りで起きている(次々に癌になるような)災いは止まらないということです。

こういうことを見ても分かります。この時代、いかに正しい教えが大事であるかということがです。

正しい教えを知らないと、結局、こんなバカげた噂話に騙され、多くの人がとんでもない間違いを犯してしまうのです。

しかし、正法の世になって、バカな噂に騙されているようでは、バカな噂に騙されただけでは済まなくなるのです。

正法の世になれば、当然、その騙されて間違ったことをした分は自分自身にすぐに返ってくるからです。

だから、これだけ災いが起きている人が多いのです。それだけ間違った心で、間違った行いをしている人が多いからです。

しかし、それは全国的にもいえるでしょう。間違った心の人が少なければ、これだけ日本に災いが起きることもないからです。

もう平成の世から、次の世に時代が変わります。(新元号は、明日発表されるそうですね)

それと同じように心の時代も変わるのです。(というか、変わっているのです。末法の世が来たら次は正法の世にとです。すべてのものは輪廻しているということです)

どれだけそれを理解できなくてもしてもらうしかないのです。それが事実であるからです。

私たちは、そのことを理解して、その時代に合わせて心を変えているから奇跡が起きているのであり、それをまったく理解しようとしないから、そのような人たちには(前時代の末法の心のままの人たちには)災いが起きているのです。

それが事実であり、それはこの正法神理をしっかり勉強しないとよく分かって来ません。だから、この教えを勉強した方がいいと私はくどいほどいっているのです。

この教えを勉強しないと正しさの基準がよく分からないからです。

また、有名人なども次々に亡くなり始めましたが(俳優に、声優に、元横綱、また急に増え始めました)こういうことも、もうそこら中で起きているのです。

この時代、悪いこともそうですが、よいことをすればよいこともすぐに返ってきます。

この正法神理を実践するほどよいことはありませんが、それでもまだ、この教えを無視されるのですか?

多くの人はです。(それだと危ないですよ。この時代、正しい基準が分からないといつ災いが降りかかってくるか分からないからです)

今のままの考え方で、今のままの心で本当によいのですか?

時代はドンドン変わって行くのです。

追伸…統一地方選がいよいよ始まりましたね。もう選挙カーがそこらじゅうで走っています。(笑)

大阪は例の都構想のダブル選挙で大盛り上がりといったところでしょうか。(うらやましい限りです。こちらはもう話題らしい話題もなくなりました。河村市長も大村知事も静かだし。〔苦笑〕)

しかし、あの大阪のグラフには笑ってしまいましたね。(笑)大阪維新の会もたいしたことなかったんですね。(あの京大の教授が出しているものです)

2008年から十年間の実質成長率のグラフを見たんですが、確かに大阪だけのグラフを見ると2009年を境に段々よくなって行ってるんですが、しかし、全国と近畿全体のグラフと合わせて大阪を見ると、大阪の成長率は全国よりは上ですが、近畿よりは下なのです。

大阪が、前知事であり、市長でもあった方の下でよくなったというのなら、なんで成長率が近畿より下なのでしょう?

あの前知事の下でよくなったというなら、近畿より大阪の成長率の方がよくなっていないといけないはずですが、何でこれだけたいしたことないのでしょうか?

それが不思議です。

まあ、全体的によくなってはいますが、2008年にリーマンショックがあって、2009年は、その一番底であったのです。

そこから回復しているのは大阪も全国も同じです。しかも近畿は特別よくなっているようなのです。(インバウンドの影響が大きかったのではないでしょうか)

そのよくなっている近畿の中でも大阪は低いのです。

そればかりか、別の統計も見ましたが(それは、前知事が就任する直前と直後の四年間のものなんですが)それなど近畿だけの成長率の統計なんですが、その統計を見ると、なんと、大阪は京都や兵庫に比べダントツに低いのです。

しかもしかも、前知事が就任すると同時くらいに大阪はマイナス成長にまで下げています。

何でこんなことになっているのでしょう?

こういう統計を見ると、あれだけ威勢がよかった(大阪をよくしたと)前知事が詐欺師に見えてきます。

本当に維新の会は大阪をよくしたのでしょうか?

それとも、大阪などリーマンショックの影響などで悪かった景気が(インバウンドなどの影響で)自然に回復しただけなのでしょうか、どちらか分からなくなります。

もし、維新の会が全然たいしたことがなかったのなら(そうして、あの評判の前知事も緊縮路線で大阪をマイナス成長にしていただけだったとしたら)今回の都構想も相当危ない発想なのではないかと思えてなりません。(だってメリットが今一わからないですから。二重行政の解消と昔の大阪に戻すなとかいっているだけでしょう。都構想のメリットをもっといえばいいのにね)

私が大阪都構想をこれだけ気にするのも、こちら名古屋にも中京都構想というものがあったからです。

だから、気になるのですが、いろいろ気になるデーターが続々と出てきています。(これも統計不正でしょうか。〔苦笑〕)

このような時代になり(正法の世)これからはより一層の正しい判断が求められています。

政治も同じでしょう。だから書いているのです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。