>>ブログトップへ

4月 02 2019

目の前で起きている恐ろしい事実

10:44 AM ブログ

新元号が「令和」に決まりましたね。

さわやかでよさそうではないですか。しかし、皆さん方の予想外の元号ではあったようです。

令和とは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が育つ」という意味が含まれているらしいですが「人々が美しく心を寄せ合う」とはどういう意味なんですかね。

美しい心の人たちが集い合うということなんでしょうか?

ちょっとよく意味が分かりませんが、どちらにしてもまず心を美しくしないと美しく心を寄せ合うことも出来ないでしょう。

心が美しい人が日本に多ければ、日本にこれだけ災いが起きることもありません。

心を美しくするにはこの正法神理を実践することが一番です。

では、日本のすべての人たちがこの教えを実践してください。そうすれば、元号通りの行いが出来てくるからです。

これは、いよいよ正法神理の時代が来ましたかね。新元号からして正法をせよといわれているようなものであるからです。(笑)

そうなるといいですね。それがいま現在、日本に起きている数々の災いを収める唯一の方法であるからです。

しかし、本当に大丈夫なんでしょうか。これほど災いが起きているにもかかわらず、その起きている恐ろしい事実をまるっきり無視していてです。

日本中で天変地変が次々に起きて、そうして癌になる人もドンドン増えている。

日本全体でもそうなんですから、特別、悪いことをしている(全然自覚がないみたいですが)この辺りの人たちの災いはすさまじいものでしょう。

実際、その通りのことが起きています。

いまや二人に一人(ということは、十人に五人)が癌になる時代なんですが、この辺りの運転手連中など十人いたら、七~八人は癌になっているのではないでしょうか。

だって、大型のトラックなどがもう多い時の二~三割しか走っていないのです。ということは、七~八割の運転手がいなくなったということです。

そういう運転手の全部が全部、癌になっているわけではないのでしょうが、数的にいうなら、そういうことも考えられるということです。(七~八割のトラックがいなくなっている、ということは十人のうち七~八人が癌になっている)

ずいぶん、恐ろしい話ですよね。五割の人間が癌になる時代に、この辺りは、七~八割の人が癌になっているというのですから。

とはいえ、五割の人間が癌になるといっても、それは一生のうちでということですから、何十年の間にということでしょう。

それがこちらは数年の話なのです。(トラックが急激に減りだしたのは、ここ一、二年の話ですから…)

だとしたら、七~八割というレベルではなくなりますが…そうであるなら、どれだけ恐ろしいことが起きているのかという話にもなるのですが、ほんと、すさまじいことが起きています。

実際にこれほどのことが起きていて、よく怖くないなと思うんですが、お分かりですか?この辺りで起きている、そのような恐ろしい事実をです。(ほんと分かっているんでしょうか?特にこの辺りの子供らなどです。本当にそんなことが起きているのなら〔起きていますが〕子供など泣き出して怖がってもおかしくはないはずですが…)

こういう状況でなんの後ろ盾(だて)もない、というか、頼るものもない人たちがよく怖くないなと本当に思うのですが、別に何に頼らなくても、自分にそんな災いは起きないと、そう思っているのでしょうか?

それとも、これまで通りの生活(信仰など)をしていれば、それで助かるとでも思っているんでしょうか?

それとも、どうにもならないので、そのまま流しているだけなんでしょうか?

よく分かりませんが、そのように思っているどの人にかかわらず、恐ろしい現象が現れているのは確かなようです。

そうでなければ、これだけ車が減ってくることもないはずだからです。

私は、この正法神理を実践して奇跡が起きていますので、わりと気楽に生活しているのですが、行いの悪いこの辺りの人たちはそれでよいのですか?

そういう人たちに次々に災いが現れているようだからです。

これまでの行いを反省し、神を信じて、この教えを信じ行うなら(このようなすさまじい状況でも)安らぎの境地が得られますが、それでもこの教えを無視し続けますか?

特にこの辺りの人たちなどです。

別に脅しているのではなく、もうそういう時代に入っているのです。本当の神の教えを勉強しないといけない時代にです。(心が悪いままでは次々に災いが現れてくるそういう時代です)

だから、必要にかられて(絶対に必要であるから)いっているだけで(その起きている災いを全部私のせいにされる、そこらじゅうで怒りまくっている、こちらは歩いているだけで災難に遭っているようです。だから必要にかられて書いているのです)どれだけ災いが起きようが、お前の知ったことではないと(こちらはそういう〔自分本位な〕人たちのせいで大迷惑をしているんですから、知ったことなんですが…)自分は自分の道を行くと、頑なにそれを変えないというのであれば、それはご自由にしてもらえればいいのですが(こっちは大迷惑ですが)ただ、こちらはこのような状況なのです。

ここは、本当の神の教えである、この正法神理に頼られた方がよろしいのではないかとそう思い、書いているわけです。(この教えを勉強しているウナッシーさんなど次々に奇跡が起きていますし)

トラックの運転手の皆さんも、もうブシュとやっていくのはやめてはどうでしょう。そうして、この教えを勉強されてはどうでしょう。

そういうバカなことをして行ってしまう人たちに次々に災いが現れているようであるからです。そうして、その災いはこの教えを勉強し行わない限り、必ずどこかで現れてくるようであるからです。(残念ですが、これだけトラックが減ってしまってはそう思わざるをえません)

特にこの辺りの人たちなどは、実際に目の前で起きている事実をもっとしっかり認識しましょう。

そうすれば、本当の恐ろしさも認識できるはずであるからです。

いつまでも現実逃避をしていても危ないだけなのです。もうどこにも逃げ場はないのです。

自分の心を変える以外で、救われる道はありません。

いつまでも、心も行いも、悪いままでいては、そのような人は必ず滅びます。(実際に滅びていっています。それは特別この辺りだけではなく、日本全体を見てもそうです)

自分たちの不遜さをいい加減、反省され(無神論など不遜の極致です)この教えを学びませんか。

そのような謙虚な心になった人から救われて行くのです。

(本当に危ないんですけどね。〔特にこの辺りなどすさまじくです〕この危なさが一体いつになったら多くの人たちは自覚できるのでしょう)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。