>>ブログトップへ

6月 06 2019

思考停止

11:00 AM ブログ

しかし、もう勝負はついているでしょう。それなのにまだ続けるんですか、負け続けている勝負をです。

勝ち負けの問題ではないのでしょうが、こちらはこれだけ奇跡が起きているのです。それに対し、私に嫌がらせをしてくる人たちなどドンドン災いが起きているのですから、もうどちらが正しくてどちらが間違っているのかは明らかです。(もちろん間違っている方に災いが起きているのです)

間違ったことを続けていても危ないだけなのです。

もう、そのような間違った態度を改め私のいうことを(奇跡が起きている者のいうことを)きいてはどうでしょう。それ以外で、その起きてくる災いを止める手立てはないからです。

どれだけ突っ張っても、もう自分たちの考えだけではどうにもならないのです。

どうにもならないから災いが止まらず、それだけ不幸になっているんでしょう。この辺りの多くの人がです。

それが事実なのです。人のせいではなく、自分たちの考えが間違っているから不幸の道にドンドン進んでいるのです。

正しいなら不幸になることはないはずだからです。自分たちの考えのどこかに間違いがあるから不幸になっているのです。

それがまだ分からないのでしょうか?

それが分からないから、その不幸な道から抜けることが出来ないのです。

実際は、それでみな困っているのでしょうが(しかも相当です)そういう弱みを見せるわけにはいかない。(特に私に)しかし、悪いことは起きてくる。

だから、この辺りの人たちはそれを全部私のせいにしているのです。災いの起きている意味も分からないし、大人しくしていると怖くて仕方がないからです。

最近になって、急にたくさんの悪いことが起きだして、何でこんなに悪いことが次々に起きだしたのかまるで分らない。(ほぼパニックです)だから自分たちが悪いのではなく絶対に他に原因があるはずだと、だからこの悪いことはあいつ(私)のせいだと、そう思い込んでいるのでしょうが(というか、そう信じたいのでしょうが)しかし、それは違うのです。

もう私が前から書いていますが、昭和の時代より平成の時代は多くの人たちの心が堕落し、退廃したのです。

その心の堕落、退廃と相まって、心の時代も変わって来ているから(末法の世から正法の世に)これほどの激しい災いが起きて来たのです。

そのような条件が重なって(心の時代と堕落のダブルパンチ)このような激しい災いが次々に日本中に現れだしたのです。(その変わり目が平成の時代であったのです。平成元年は1989年です。2000年から正法の世となったといわれますから)

だから、この辺りも同じように次々に災いが起きるようになったのです。この辺りは特に心の頽廃が激しかったからです。(如来の教えに逆らいまくってです)

例えばどこかの会社などです。

毎日のように災いが起きているようなのですが、その災いをまったく止めることが出来ないのです。(今日も朝からキレています。もう災いが止まらないようです)

次々に災いが起きて来て、その災いが起きたら、キレて怒っているだけ。そうしてそれを私のせいにして、ただ、私に嫌がらせをし続けているだけ。それを繰り返しているのです。

この会社に起きている災いとは、どうも(というか、やはりというか)周りの人たちにドンドン病気が発生しているようなのです。(この部分は昨日、どこかの会社の連中に確認しながら書きました。その質問に対しシーンとしていたので間違いないでしょう)

どんな病気かは分かりませんが(本当に癌かもしれないし)そのような病が次々に現れているようです。この連中にです。

しかし、それほどの現象に対してです。この連中は、それを私のせいにしてキレているだけ。そこで思考停止しているのです。

そういう態度を何年もし続けているのです。バカじゃないかと思いますが、そこで思考停止をしていては救われるわけがないのです。

それ以上、考えを進めるのは怖いのでしょうか?この連中は、それ以上考えを進めて、その病気が起きている原因が自分たちだと分かるのも、その起きている現象は(私ではなく)神が起こしていると分かるのも怖いのです。

だから、また病気になった、それはお前のせいとキレて、そこで考えを止める。そうすれば、起きている現象を私のせいにし続けていられるからです。

だから、それ以上考えを進めようとしないのです。

それ以上考えを進めて本当のことが分かって来たら、自分たちが困るのと怖いのとの両方であるからです。

だから、思考停止を続けているようなのですが、しかし、それで問題が解決するのでしょうか?(その後どこかの会社に「それで、その問題をそのままにしとって大丈夫なのか?」ときくと、やはりシーンとしていました。どうも大丈夫じゃないようです。それはそうでしょう。そのままほっとけば、ドンドン病気になる者が出るとさすがにこの連中でも分かるからです)

どう考えても、思考停止を続けたままでは大丈夫じゃないでしょう。この会社にドンドン病気になる人が出ているのなら、他の場所でも同じような病気になる人がドンドン出ているはずであるからです。

だから、そこらじゅうの人が怒っているのでしょう。そこかしこで次々に病気になる人が出ているからです。

また(岐阜県で)豚コレラが発生したようですが、この辺り人がこれだけ病気になっているから、豚も病気になるのではないでしょうか。

人の病気が豚にまで影響してです。

つまり、この辺りで起きている災いを止めれば豚コレラも止まるということです。原因が同じであるからです。

それだけ多くの人が病気になっているのなら、最悪の結果となっている人もいるのでしょうね。むしろそういう人が多いのではないでしょうか。ずいぶん多くの人が神の心に逆らっているからです。

しかし、同じ病気になってもです。家も母が今年肺炎になり入院しましたが、わずか一週間でそれが治り退院しました。

八十すぎの婆さんがそんなに簡単に肺炎が治るでしょうか?その肺炎で亡くなっている人もずいぶんいるのにです。(今年よくききましたもんね。有名人など肺炎で亡くなったとです)

同じ病気になってもこれだけ差があるのです。神の心に従っている者と、逆らっている者とではです。

神の心に従っている者はよい方よい方に導かれて奇跡が起き、逆らう者は悪い方悪い方に導かれて最悪の結果が現れてきます。

思考停止をしていたところで、不幸から逃れられるわけではありません。むしろ、不幸が起きている時こそ、考えを進めていかないといけないのです。

考えを進めない限り、その不幸からは逃れることは出来ないからです。

そうであるなら、もう思考停止はやめ、考えを進めてはどうでしょう。

そうすれば、その災いが起きている本当の理由も、そうして、そのような災いは誰が起こしているのかもよく分かるからです。

しかし、昭和以前ならです。

これだけ起きてくることが違うのなら、もう自分たちが悪かったと潔く認め、素直にこの正法神理に従った人がたくさんいたのでしょうが、平成以降の人たちは、これだけ起きてくることが違っていても、それでも自分の間違いは絶対に認めず、意地を張り続け嫌がらせをし続けています。

こういうところを見ても、平成以降の人たちは大きく心が退化していると思わざるを得ません。あまりに人の道から外れた態度をいつまでも取り続けているからです。

どこまで落ちれば分かりますか?自分たちの愚かさがです。人の道から外れれば外れるだけ幸福は遠のいていきます。

思考停止をしていても救われることはありません。災いが次から次に起きて来て、それを私のせいにして嫌がらせをして、その次はどうするのですか?

考えを先に進めなければ救われることはないのです。

追伸…バカバカ週刊誌の皆さんはいまだ皇統つぶしを続けていられるようですが(それでも最近は少し勢いがなくなりましたかね?)しかし、大丈夫でしょうか。

何が大丈夫って、もう私、ずいぶん前からなんですが、このような人たちに対し、神だけではなく、神武天皇をはじめとした歴代の天皇陛下にまで祈っていますからね。

このような連中を何とかしてくださいとです。

歴代の天皇陛下の中には、如来であられた神武天皇だけではなく、それに準ずるくらいの心の高さを持った天皇もおられます。(誰とは申しませんが)

そういう人たちに毎日のように祈っているのです。

そうであるなら、皇統を潰そうなどとバカなことをしている人たちに何が起きてくるのか、ちょっと心配になってきたからです。

そのような歴代の天皇陛下はどんな力を持った方がおられるか分からないからです。

しかし、今さら祈りをやめるわけにもいきません。私はそういう週刊誌の広告しか読みません。(わざわざ買ってまで読みませんから。そんなくだらない週刊誌)中身まで分からないのですから、おかしな皇室記事の広告がいつまでも出るようなら、いつまでも祈りはやめません。

そこはお気を付けください。

何度もいいますが(他の人は知りませんが)私は神だけではなく、歴代の天皇にまで皇統をつぶそうとしているあなたたちのことを祈っているからです。

そうして、歴代の天皇陛下はどんな力を持った方がおられるか分からないからです。

2コメント

2 コメント to “思考停止”

  1. うなっシー2019/06/08 at 10:27 AM

    自動車のニュースが特に最近取り上げられています。高齢者による事故で犠牲者が出ていることの内容がほとんどです。さてweb等では、煽り運転、超過スピード、信号無視、飲酒運転等の交通規則違反であります。いずれにせよ自動車の運転は人がすることであり、その人の心が運転結果に影響することを振り返るべきと思います。何故ならば、自分を優先する心が他を排除し、自己の正当化を主張することになるからです。その人の日常の心がそのままハンドルを握るのですからね。例え違反金や違反点数を増やそうが、考えの素が自分本位であるならこの現象は変わることはないでしょう。若者から高齢者まで老若男女まずは今この時から、しっかり自分を振り返り、素を正してから自動車の運転をされては如何でしょうか。

  2. gtskokor2019/06/08 at 11:09 AM

    結局、平成思想が(堕落したです)自動車の運転にまで影響しているのでしょう。だからおかしな運転も増えているのです。
    しかし、最近の高齢者のひどい自動車事故の多さは異常ですね。(事故の起き方が普通じゃないですから)
    このような事故など見ましても、何か悪い方悪い方にと導かれて行っているように思えてなりません。
    多くの人々が心の在り方を見直さなければいけない時が来ているのです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。