>>ブログトップへ

9月 01 2019

続、愛が日本を救う

10:37 AM ブログ

昨日は北海道に大雨が降ったようですが、しかし、頑として布施はしませんね。どの人もです。(もうそこらへんは不変のようです。このブログを見ている人たちはです。ウナッシーさん。〔苦笑〕)

ということは、日本のどこに何が起きようが知ったことではないということですね。このブログを見ている人たちはです。

どれだけ愛のない人たちがこのブログを見ているのか、ぜひ、その冷たい顔を拝みたいものですが、しかし、この辺りの人たちなどはです。

感謝の心で布施くらいされた方がよいのではないでしょうか?これだけ(個人的な)災いが起きているからです。

その方が、自分たちのためでもあると思うんですが(人のためではなくです)それほど悪いことが起きているこの辺りの人たちでもです。布施する気などサラサラないようです。

どの人も傲慢な(お前が悪いという)態度を崩そうとはしないからです。

しかし、如来の教えをきいているのに、感謝もせずに嫌がらせをし続けているのは自分たちの方なのです。(その典型がトラックなどの運転手連中です。うんもすんもなくブシュと嫌がらせをして走り去っていくからです)

なんで、如来の教えをきいていて自分たちは心が救われているのに、まるで感謝もせずに、上から目線でそのお返しが嫌がらせなんでしょうか?

その教えを実践すればみな救われて行くのにです。そうして奇跡も起きるのにです。

それを勝手に逆らったり、無視したりしていて、なんで悪いことが起きたら私のせいになるのでしょう。

如来の教えをスルーしているのは自分たちの方なのにです。

では、救われる教えを勝手にスルーしている自分たちが悪いんじゃないんですか?何度もいいますが、その教えを行うならみな救われるからです。

その救われる教えを自分でわざわざ無視しておきながら(そうして汚い心をそのままにしておいて)悪いことが起きたら私のせいにしているんですから、もうやっていることがデタラメなのです。

ところが、この辺りの人たち、その自分たちのデタラメさが全然分からないようで、自分たちが如来の教えを実践するなら災いなど起きなかったのに、それを自分でしないでおいて、悪いことが起きたら私のせいにし続けているんですから、都合のいいことこの上ないわけです。

これだけトンチンカンな態度を平気で取っているんですから、個人的な災いがこれだけ起きるのもまた無理もない話なのです。

それだけひどい態度もないからです。

しかし、それをどれだけいっても、この辺りの人たちは自分が悪いとは頑として認めず「お前が悪い」の一点張りで、私の顔を見れば八つ当たりの嫌がらせです。

これでは癌も多発するでしょう。ガンのダブルパンチであるからです。(癌と頑とのです……面白くありませんか?)

だから、少なくともこの辺りの人たちは「私に感謝して布施くらいされたらどうですか」といっているのです。

相当ひどいことをしているからです。自分たちがその自覚がないだけでです。

まあ、少しはそのような大間違いに気づいて謙虚に自分が悪いと思える人がいるのであれば、布施くらいしてください。

ずいぶんひどいことをこのブログを見ている人たちは、長年、私にし続けているからです。

特別それは、この辺りの人たちだけではないのではないでしょうか。もうこのブログを見ている人たちは、誰も、このブログに書いていることは(これだけ現象が現れているのですから)本物の如来の教えであると分かっているからです。

それを分かっていながら(如来の教えと分かっているなら、自分たちの心も救われているという自覚のある人もいるはずですから)それでも少しも感謝の布施をしようとしないのです。

そういう態度もずいぶんひどい態度なのではないでしょうか。

大したことが書かれていないブログであるならともかくです。自分たちの心が救われていると分かっていて、そうして奇跡まで現れた人までいて、それでも平気で布施もしないで見ているだけであるからです。

そのような態度は、あまりに冷たく、薄情な態度であると思うからです。

そのような、このブログを見ている人たちの(神の子としてあまりに愛のない)態度がこれだけ神を怒らせているのです。

もう少し愛を持たれたらどうでしょう。愛を出すことは周りばかりでなく自分自身をも救うからです。(そのような愛の少なさが、周りにも自分たちにも災いを現しているのです。そういう愛の少ない人たちは自分さえも愛していないからです)

それに比べて愛のある私にはです。(笑)ドンドン愛ある奇跡が現れてきます。

昨日でも歩いていればあちこちから鳥が飛んできて(主にすずめ)近くで鳴いていましたし、中川運河をのぞいたら、魚たちがたくさん水面まで上がって来ていて、声をかけるとピチャピチャ跳ね回っていました。

一昨日など、雨が降っていたのに庄内川に行っていたら、ちょっと休んでいると周りはカニだらけになり、前の川でビッシャという大きな音がしたので、そちらを見るとでかい魚が思いっきり跳ねていました。

跳ねたり、体をバシャバシャだしたりしている(主にデカい鯉のようです)魚たちがあちこちにいて、鳥もギャーとか鳴きながらサギは飛んで行く、ピィピィ鳴きながら飛んで行くムクドリは何羽もいる。その他、名前の知らない鳥があちこち飛び回り、もう雨の日に一人で静かに庄内川に来ているとは思えないほどのにぎやかさ(うるささ?)です。(笑)

私はどこに行くにもこんな感じで、あまり静かさを感じたことなどありません。どこに行っても(一人で行っているはずなんですが)にぎやかで愛があふれているからです。

そのように周りに愛があふれていると、いつまでも怒っていたり、恨んでいたりする心もなくなるのです。(これだけ嫌がらせを受け続けていてもです)そのような周りの多くの愛が、そのような間違った心を浄化してしまうからです。

愛は動物も人間も変わりません。愛の心は怒りの心の火を消してしまうのです。

動物でさえ、それくらいの愛は出すのです。では、人間はどうでしょう。人間は動物以上の愛を出せるのです。その動物たちの頭が万物の霊長である私たち人間であるからです。

その万物の霊長である人間たちが、動物たちより愛を出していない、これでは神も怒るでしょう。

少しでもいいので出してもらえませんか?その愛(布施)をです。

このまま布施を無視されていては私も困りますし、一番大事な如来の教えを伝えらえなくなり、私に起きているこのような愛ある奇跡も、世に伝えることが出来なくなるからです。

そんなことになれば、どれだけ神を怒らせるか知れません。

如来の教えはもちろんですが、私にたくさん起きている愛ある現象もまた世に伝わるなら、多くの人々や後の世の人々をも救う(癒す)奇跡であるからです。(多くの人が希望を持てるでしょう。こういう奇跡が周りに現れて来たらです)

このブログを見ている人たちが考えているほど、私が説いている如来の教えも、起きている奇跡も、小さなものではないのです。

後で大きく生きてくる(多くの人々を救う)からです。

私はどれだけ嫌がらせをされも、それでもたった一人で頑張っています。多くの人々を救うためにです。(今の人たちだけではなく後の人々をもです)

少しでも結構ですので、皆さんの愛をいただけませんか?

その愛がまた多くの人々を救っていくことになるからです。

追伸…この教えが拡がるなら愛が広がるということであり、ということは、間違ったことをしている人たちも救うことが出来るということなのです。

もう間違ったことをしている人たちは、日本中にいますし世界中にいます。(いま現在も、日本だけでなく世界中で揉め事が起きていますから)

そういう人たちを正しい道に導くことが出来るのがこの教えなのです。間違ったことをしている人たちに次々に災いが現れてくるのなら、その間違ったことを直さざるを得なくなるからです。

だから、それが嫌な人もいるでしょう。もうどっぷり悪につかっている人たちも(そういう自覚のある人たちも)たくさんいるからです。

しかし、そういう人たちをも救わなければいけないのです。それが神の心であるからです。(すべての人を救うのが神の心であるからです。またそのような悪に染まっている人たちも本当は救われたいのです。善を行いたいのです。しかし、それがなかなか出来ない、業がじゃまをしてです。それを正すことが出来るのがこの教えなのです)

本気で自分は救われたい、そうして日本を、そうして世界をも救いたい、そう思う人たちはぜひ私に協力してください。

そうして神の力を得てください。

誰もそのような力は秘めているからです。多くの人々は、その神の力の出し方を知らないだけなのです。

一人一人が本当の神の力を現さない限り、この悪に支配されたいま現在の世の中を変えることは出来ません。(いま現在が悪に支配されているということはもはや誰でも分かることでしょう)

本気で自分を変えたい、世の中を変えたいと思われる方はぜひご協力ください。

そうすれば自分の人生も大きく変わってくるからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。