>>ブログトップへ

9月 05 2019

正法神理の大事さ

10:44 AM ブログ

何か大変なことになっていますね。(こちらもそうですが、日本中がです)

もう神を信じて頭を下げてはどうでしょう。ギャーギャー騒いでいたところで、起きている現象は止まらないからです。(こちらの人たちのことですが。大パニックのところが増えていますから)

そのままでは癌になって死ぬだけです。(しかも苦しんで。しかも、その後は地獄往き)もっと現実をしっかり見ましょう。とち狂っているだけではなくです。

そのような現象を一人の者のせいにしていること自体、無理があるのです。

もう時が来ているのです。それを無視している(気づこうとしない)自分たちが悪いのです。やらないといけないのです。本当の神の教えの実践をです。

それをしないからこのような悪いことが、次々に起きてくるのです。

昨夜は三重県など大雨が降ったようですが(場所によっては一ヶ月に降る量以上の雨が一変に降ってしまったところもあるとか)もうこのようなことが、ここ数日だけでも、そこらじゅうで起きているのです。

そうして、冠水被害や土砂崩れ被害が続出。

この後はまだ台風が日本に向かってきているようで、沖縄辺りはもうその台風の影響が出ているとか。(それで大雨になっているとか)

そうして週末には別の台風が日本列島を直撃するのではないかといわれていますが、その間にも、あちこちでまだ冠水被害や土砂崩れ被害が出るのです。

ゲリラ豪雨は止まらないからです。(その台風の影響で激しいゲリラ豪雨が起きているからです)

もう次から次に災いが現れています。日本中にです。

この状況でです。これまで通りのことをしていてそれで救われるのでしょうか?

無神論やこれまでのように何の意味もなさない(意味をなしていませんよね。これほどの災いが次々に日本列島を襲っているのですから)間違った信仰を続けていても、危ないだけ(時間の無駄)なのではないでしょうか。

そういう人たちが次々に災いに襲われているからです。

こういう状況の中で奇跡が起き続けているのは、私たち「正法神理」を実践している者だけなのです。

では、それをするしかないのではないですか。多くの人に奇跡が現れるのなら災いは現れなくなるからです。

昨日すぐ近所で久しぶりに顔を見たおっちゃんがいました。

それで私が「おっちゃん、久しぶりだな。病気でもしていたのか?その病気は俺が祈らないと治らないからな」というと、そのおっちゃんは泣きそうな顔でこちらをジッと見ていました。

前とは大分様子が違っていました。このおっちゃんはずいぶん私に嫌がらせをして来た人であったからです。

それが自分が病気をしたら急に弱気になったのでしょうか。それとも死ぬたくないとでも思い、そんな顔をしていたのでしょうか。

どちらにしても哀れなものです。

そういう病気をしないと、そのような思いにもならないようであるからです。もっと早くそのような思いになり、私に頭を下げてこの教えを実践していたのなら、そういう病気にならなかったのかもしれないからです。(仮に、どういう病気になってもです。この教えを実践していればそれなりに奇跡は現れます。あまり弱気の虫は出てこないと思いますが…神の後ろ盾〔だて〕をもらえるからです)

では、反省すればいいのではないでしょうか。病気になって反省する気になるのならまだ救われるからです。どれだけ病気になっても、それでも反省出来ない人がこの辺りにはいくらでもいるからです。

だから、病気になって反省出来るようになったのなら、まだその人はマシな人だといえるのですが(すごいレベルです)しかし、きっとこのような人たちが、この辺りにはごまんといるのでしょう。

この辺りはずいぶん多くの災いが現れているようであるからです。

しかし、それはもはや日本中同じであるということです。これだけ激しく起きるゲリラ豪雨を見るならばそれは分かると思います。(もう、冠水被害で車から家まで水浸しになっています。それが至る所で起きています。ここ数日でです)

この災いを止めるのは、この教えを実践するしかないのです。また、この正法神理以外ないのです。

これほどの災いを祓うことが出来る教えはです。

もう時間がありません。ボケっとしていればしているだけ(自分のことしかしなければしないだけ)その分、災いが現れる、すでにそのような状況になっています。

すぐにでもご協力ください。(感謝して布施してください)そのような愛の行為が災いを減らすからです。

私を信じ行ってください。多くの人が愛の行為をです。

そうしなければまだまだこれから、どれだけ多くの不幸がこの日本に現れるか知れないからです。

追伸…これほどの現象が現れているのです。今の私の願いはそれだけです。(とりあえず、次々に起きてくる災いを止めるということです)

日本を救いませんか?(そうして自分自身もです)それには、私に(この正法神理に)協力して愛の行為を実践してもらう以外にないのです。

よく考えてみてください。経済がどうの、教育がどうの、あるいは安全保障がどうのと、どれだけいってもです。(まあ、遊びも同じですが)

日本国内で次々に災いが現れているのです。まず、この災いを止めなければ、ちゃんとした教育も出来ないし、経済もよくならないし、安全保障もないのです。(そりゃそうでしょう。国内で起きている災いを止めない限り、まともな教育は出来ないし、経済がよくなるわけがないのだし、安全保障もありません。〔災いを止めること自体が安全保障であるからです〕)

いま真っ先にやらなければいけないことは、この国内に次々に起きてくる災いを止めることなのです。それが最優先されることであるのです。(まあ、そういうのを一切無視して自分のことだけしているということも出来ますが、しかし、心が痛みませんか?不幸になっている人たちがテレビのニュースなどで次々に映し出されるからです)

しかし、これは人の力ではどうにかなるものではありません。神の力が必要なのです。

もう神を信じ、この正法神理を信じて、従ってもらえませんか?少しの部分だけでよいからです。

一人でも多くの人が、この正法神理を信じて愛の実践をしてもらえることこそ、この日本国内で起きている災いを鎮めることが出来る唯一の方法であるのです。

何度もいいますが、時間がありません。私のいっていることを信じ協力して下さい。

それが自分自身を救い、多くの人々をも救う愛ある行為であるからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。