>>ブログトップへ

10月 13 2019

神の怒り

11:10 AM ブログ

未曽有の被害が出ましたね。今回の台風十九号でです。

まだ、被害の程度はちゃんと分かりませんが、現時点で分かっているだけでもすさまじい被害です。

十三の都県に大雨特別警報が出て(一度の災害では過去最多)多摩川、荒川、千曲川など関東や東北のあちこちの川が次々に氾濫し、ダムの緊急放流も次々に行われて、冠水被害や土砂崩れ被害が続出。

暴風は吹く、竜巻は起こる(千葉)そうして地震まで起きて(これも千葉で震度四)ちょっと言葉が出ませんね。

あまりのすさまじい被害にです。

まだ、被害の全容は分かっていませんが、それでも想像を絶するほどの被害が出ているということは分かるのです。これですべての被害が分かって来たらどうなるでしょう。

今回の台風十九号がいかにすさまじかったかということがよく分かります。

返す返すも残念ですね。私の言葉を誰もきこうとしなかったことがです。

その私のいうことを唯一きいたウナッシーさんは、静岡に住んでいられて何もひどいことが起きなかったとのこと。

あのすさまじい台風十九号が静岡に上陸したのに、静岡に住んでいられるウナッシーさんに何もひどいことが起きなかったというのは、これはこれで奇跡なのではないでしょうか。

もちろん私の周りもそうでした。一昨日の夜から降り出した雨は強くなったり、弱くなったりしていたのですが、昨日夕方四時ごろでしたか、急にその雨がやんだのです。

あれ、まだこれから台風がくるのになと思い(だから激しい雨はまだ降るだろうなと思い)雨雲レーダーを見てみると(携帯のです)不思議なことに名古屋の辺りだけ雨雲がキレていて、名古屋だけポッカリ雨雲がなくなっているのです。

しかし、その周りはもうすさまじい雨雲が取り巻いています。

「なんだこれ?」と思って台風の眼にでも入ったのかと勘違いしたくらいです。それくらいあの時は(周りは凄い雨雲に取り囲まれているにもかかわらず)名古屋の上空だけは雨雲がなかったのです。

その後はまた雨は降りだしましたが、もう強い雨も降ることなく段々やんで行ったのです。

つまり東海地方で一番早く雨がやんだのが名古屋であり、こういう激しい災いが現れている時でも、こういう幸運なことが起きるのです。

この教えを実践しているとです。

これもまた奇跡といってもおかしくはないのではないでしょうか。まだ周りに雨雲が立ち込めている最中に、名古屋の上空だけは雨雲がなくなっていたというのですから。

この正法神理を実践しているのならです。このような奇跡が起きるのです。特に、このような凄い災いが起きている時には必ず現れるのです。

神の奇跡がです。

その方がよく分かるからです。この教えを実践している人としていない人との差がです。

だから、ウナッシーさん以外の人で、もし一人でも二人でも、あの金曜日の時点で私のいうことをきいてくれる人がいてくれたのなら(感謝して布施して、そうして共に祈ってくれていれば)これほどのすさまじい被害は出なかったということです。

これは断言できます。だってあの時点で(金曜日)まだ台風はどこを通るのか分からなかったからです。もしかしたらまだ日本から外に(東側に)外れていく目もあったからです。

もし、今回の台風十九号が日本から外れたコースを取っていたらです。ずいぶん結果は変わっていたと思います。

だって現に私たち(愛知県)は、その十九号が通って行くすぐ西側に位置していたのです。その西側に位置していた愛知県はたいした被害が出なかったのです。

では、今回の十九号台風がもし日本を外れて少しでも日本の東側の太平洋上を通っていたのなら、これほどの被害は絶対に出ていなかったでしょう。

しかし、誰も私のいうことをきかず(布施してくれず)あの時に(金曜日に)祈らなかったばかりに、十九号は伊豆を直撃し、その結果、古今未曽有の大被害をもたらしたということです。

少し台風がずれているだけで結果は全然変わっていたのにです。

これでもまだ私のいうことはきこうとはせず、自分たちのしたいことをされるのですか?

このブログを見ている人たちはです。

しかしもう、これほどの現象が現れています。こちらに起きている現象もそうですが(コロッと逝くです。実はその後も現れ続けているのです)もはや究極の現象が(今回の十九号台風などまさにそれです)次々に現れてきているのです。

これ以上神を怒らせるなら(私のいうことを無視するなら)本当に滅ぼされてしまいます。多くの人がです。

これ以上神を怒らせてはならないのです。それは今回のこのすさまじい現象を見てもお分かりいただけると思います。

もはや神の怒りは頂点に達してます。これ以上の無視はすさまじい現象しか現さないのです。

もう少し神を恐れたらどうでしょう。神の恐ろしさは今回の十九号台風でもよく分かったはずであるからです。

もう少し謙虚になって、私のいうことに従ってもらうなら、それだけで奇跡は起きてきます。

もう迷っている時間はないのです。すぐにでもやってもらうしかないのです。

早く神の怒りを解かなくては、次はどれだけすさまじい現象を現されるか知れないからです。

追伸…大村知事が、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」の再開に抗議して会場近くで座り込みをした河村市長に謝罪を求めたそうですね。

県の施設で政治的プロパガンダ、ヘイトまがいのスピーチなどの活動をしたからとのことですが、それは自分たちの方でしょう。(「表現の不自由展・その後」の方がよほど政治的プロパガンダでありヘイトなのです。なのに、なに自分たちのことをそのままいっているんでしょう)

河村市長がいわれている、この企画展が「公共の事業としてふさわしくない」というのが正論であり、なんで昭和天皇のご真影を燃やして踏みつけたり、特攻隊を揶揄したりしているものが芸術なんでしょう。(それ以外でもおかしな展示物がたくさんあるようですね)

こういうものを政治的プロパガンダというのであり、これこそヘイトそのものなのです。(そんなこと知事が分からないのでしょうか???)

どうも、大村知事はずいぶん犯されているようです。他国のウイルスかなにかにです。

愛知県の心ある皆さん、どうぞ大村知事を祈ってあげてください。

神に「大村知事を正しくお導きください」とです。

そうしないとまた愛知県にどんな悪いことが起きてくるか知れないからです。(知事の心が悪いと悪いことが起きてきますから。その地域にです。豚コレラだけで十分です)

私もちょこちょこ祈ることにします。大村知事をです。

そうしないと、大村知事が犯されているウイルスが愛知県民全体に広がってもいけないからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。