>>ブログトップへ

11月 12 2019

改宗の時

10:59 AM ブログ

もう頭を下げればいいのにね……どれだけ怒ろうが、泣こうが、わめこうが、ドン引きしようが止まらないからです。その災いはです。(また出たみたいですね。どこかの会社などです。朝からカーンとかしていたし、さっきは凄い怒りようだったのに今はドン引きしています。こんな両極端な態度を取っているのですからよく分かります。この会社、毎日とはいいませんが、一日置きくらいに出ているんではないでしょうか。コロッと逝く人がです。ほんと、怖くはないのでしょうか?)

あまりにそんなところが多いから書いていますが、頭を下げて感謝して布施しないと止まらないのです。そのような災いはです。

何度(何十度?何百度?)いったら分かりますか。それがです。

ずいぶん怒っているところや(昨日もすさまじく怒っているところがありましたが)やたら引いているところが多いのですが、そんな両極端な態度を取っているところは大丈夫ですか?

そのままではまた出ますよ。コロッと逝く人がです。(それが出ているからそんな両極端な態度を取っているんですよね。普通に怒っているところはよく分かりませんが)

そのような現象が、なにか有名人(落語家)まで出始めたみたいですからね。もうどこで出るか分かりませんよ。急死する人などです。(こちらはどれだけの人がなっているか知れないくらいですから)

普通に考えてもです。日本全体ですさまじい天変地変などが次々に起きているのです。では、癌や急死する人が日本に次々に出たとしても決して不思議ではないでしょう。

これだけ日本全体で災いが起きているのならです。

そんな国に様々な災いが起きてくるのはよく考えてみれば当たり前のことであるからです。(それだけその国の人々の行いが悪いんでしょう。だからそれだけ多くの罰が当たっているということです)

だから私は、この如来の教えに帰依しなくていいのですか?といっているのです。

これだけの災いから逃れる方法は(これだけの天罰から逃れる方法は)もう、この正法神理を実践する以外にないと思うからです。

だって、これまでのような信仰をしている人たちが、ドンドン不幸になって(罰が当たって)いるのです。

では、これまでのような信仰をいくらしたところで(そんな間違った信仰を続けていては)現在の日本では幸せになれないということになります。(罰が当たり続けるということになります。間違った信仰をし続けているからです)

そうであるなら、もう他の信仰をしないと(改宗して正しい信仰をしないと)幸せにはなれない(罰が当たらなくならない)のではないですか。

現在のすさまじい災いが起きている(すさまじい天罰がくだっている)日本ではです。

もうそういう時代になっているからです。(だから、こういうことが起きて来た。そのような〔間違いを正す〕時が来たということです)

では、どういう信仰をするのか?ということになります。

どういう信仰をすれば現在の日本で救われるのでしょうね。ユダヤ教でもやりますか?それともイスラム教などどうでしょう。

そのような日本でしている人が少ない宗教をやるなら、あるいはこれだけの災いが起きている日本でも救われるかもしれないからです。

などといっても、もう無理でしょう。既存の宗教ではです。なぜなら、日本に起きている激しい天変地変などすでに世界中で起きているからです。(では、世界中で罰が当たっているということになります)

ではもう世界のどこにいても、いつ激しい災いに見舞われるか知れないということになりますから、そうであるなら、もう世界のどんな信仰をしても救われないということでしょう。

それがはっきり分かるのが日本であるからです。(日本などその典型でしょう。これまでの信仰ではもうだめだということが本当によく分かります)

しかし、このブログを見ている人たちならもうお分かりでしょう。どのような信仰をすれば救われるのかはです。(ほんとラッキーですね。それが分かるなどです。〔笑〕)

はっきりいうならです。モーゼが説かれていた時のユダヤ教やキリストが説かれていた時のキリスト教なら、現在の日本でも救われたでしょう。

それこそが本当の神の教えであったからです。

しかし、現在のユダヤ教やキリスト教は日本に広がっている釈尊が説かれた仏教同様、垢(あか)やチリにまみれ、すでにモーゼやキリストが説かれた当時の正しい教え(本当の神の教え)ではなくなっているのです。

これまでのモーゼやキリストの弟子たちが、その教えをずいぶん曲げてしまい、垢やホコリやチリにまみれたものにしてしまっているからです。

だから、その(モーゼやキリストが説かれていた)当時の奇跡が起きなくなっているのです。

モーゼやキリストが説かれていた教えと、現在のユダヤ教やキリスト教は、すでに違うものになってしまっているからです。

一部は正しいものでも、他の部分は間違ったものになってしまい、それではとても正しい教えとはいえなくなっているからです。(ということは、そのような教えはすべて本当の神の教えではないということです)

だから奇跡も起きないのです。すべて正しくなければ(それでは本当の神の教えではないということになり)モーゼやキリストと同じ奇跡は起きないからです。

では、モーゼやキリストと同じ奇跡が次々に起きてくる教えに帰依しなければ、もう救われないということになります。

事ここに至り、これほどの災いが世界中に起きて来てはです。

その奇跡が次々に起きる教えこそ、私が説いているこの正法神理であり(だけであり)そうであるなら、必然的にこの教えに帰依する以外、救われる道はないということになります。

特に日本においてはです。この教えこそ唯一無二の本当の神の教えであるからです。(だから奇跡が起きるのです)

だから私はいっているのです。この教えを無視していてはいけないとです。一変に変えなくてもいいから、少しずつでもこの教えをされたらどうですか、とです。

そうしないと現在の日本ではもういつ不幸に見舞われるか知れないからです。(特にこちらの人たちなどそうでしょう。もういっているそばからドンドン不幸になっている人たちがいますから。誰とはいいませんが)

実際そうでしょう。このような状況で次々に奇跡が起きているのは、この教えを実践している私たちだけなのだし、この教えを知らない人たちや知っていても実践しようとしない人たちなど、次々に災いが起きて来ているではないですか。

その通りのことが日本で起きているのです。これ以上の正しい話もないわけです。

それにもかかわらずこのブログを見ている多くの人たちは、平気でそのような事実を無視し、この辺りの人たちは自分たちの責任をすべて私にかぶせ、他の地域の人たちは、全部責任転嫁、これではよいことが起きてくるわけがないのです。

唯一無二の人類を救える本当の神の教えを知っている、多くの人々が、世界を救える教えを完全無視しているからです。

だから、日本にこれだけ悪いことが起きてくるのです。

日本にはそのような人が多いからです。世界を救える唯一無二の教えをずっと無視し続けているという、そのような大罪を犯している人がです。(ということは、世界の人々にどれだけ悪いことが起きて来てもかまわないと、世界の人々がどれだけ不幸になってもかまわないと、そういっていることと同じなのですから)それだけ悪い行いもないのです。

だから(正法神理を実践し流布している)こちらには次々に奇跡が起き(それを無視している)そちらには次々に災いが起きているのです。

同じ正法神理を知っている者でもやっていることに天と地ほどの差があるからです。

それをどれだけいっても、このブログを見ている大方の人たちは認めないわけですが(本当にまあ大変な罪を犯していますね。私とウナッシーさん以外のこのブログを見ている人たちはです)しかし、そういう態度を取れば取るだけ起きる現象も激しくなります。

当然そうなるでしょう。何度もいいますが、大変な罪を犯しているからです。このブログを見ている大方の人たちはです。

私がいうことの無視を続けるのも、これまで通りの信仰を続けるのも、それは自由なんですが、しかし、その行いが悪いまま、そのような態度をし続けていてコロッと逝かないようお気をつけください。

もうお分かりになると思いますが、そういう現象がずいぶん現れて来ているからです。

何度もいいますが、少しずつでもこの教えを実践していきませんか?

そのような人から救われていくからです。

(ほんと、早くしないと、早く自分の〔大きな〕罪に気づかないと、大変なことになりますよ。もうなっている人もいますが……それだけこのブログを見ている人たちの責任は重大であるということです)

2コメント

2 コメント to “改宗の時”

  1. ウナッシー2019/11/12 at 10:16 PM

    何度か私的なことをこのコメントで紹介させてもらってますが、私は視覚障害てあり身体障害者2級を取得しています。少し面白いデータを披露します。私はwebを使いSNSでツイッターをやってます。と言っても一年前位からてすがね。そこでは日々の暮らしから心に感じる事を呟いています。そして実はアカウントをもう一つ持ってまして視覚障害者としてもその日常から感じる事を呟いているのです。これもまた同時期に始めました。そう、この二つの呟きに特異性が見られるのです。それはフォロアーといって投稿を読んで気に入ってもらえたらフォローしてくれる人なのです。その数なのですが視覚障害の方は優に100人は越えているのに対し人として心から日々感じる事を呟く方は全くのゼロなのです。それはまた、投稿内容に共感てきれば「いいね」の表示もされるのですがほぼ毎日投稿してる中にあって2~3件というところでしょうか。しかし、共感してもらうために始めたという分けではないので、これからも継続していきます。心に感じた日常の投稿を目の辺りにした方の、心の変化を期待されることを祈ってです。

  2. gtskokor2019/11/13 at 9:20 AM

    ツイッターやフォロアーやアカウントや「いいね」ですか。
    申し訳ありませんが何をいっているのかよく分かりません。(笑)そっち系が全然興味がないものですから、そういうのを覚える気がないのです。(まずいですかね。この時代、そういうのを覚えなくて……だから私の場合、ブログ以外知らないのです)
    継続は力です。様々なやり方で法の流布を実践していきましょう。
    同じこの教えを見ている人でも、そのような実践をするとしないでは全然違うからです。(法にまったく協力しない人たちの哀れさといったらありません。特にこの辺りはそれが顕著です。法に協力するなら奇跡も現れてくるのにです。それが何時までたっても分からないというのもまた哀れです)

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。