>>ブログトップへ

11月 25 2019

災いの止め方

9:44 AM ブログ

いや驚きましたね。ほんと心臓止まるかと思いました。近くに爆弾が落ちたかと思ったからです。

それほどでかい音をどこかのバカ会社が朝から立てたのです。(だから頭に来て書いています。今日はブログを書く気はなかったのにです)

頭おかしいんじゃないでしょうか?どれだけ怒ろうが、どれだけでかい音を立てようが、その災いは止まらないのにです。(本当にどれだけそれを書けば分かるのでしょう……その後ドン引きしていますし、いったい何人逝ってしまったのでしょう???)

感謝して布施しなさいよ、それ以外では止められないからです。その災いはです。

感謝のかの字もなく、嫌がらせばかりしているから災いが止まらないのであり、そのような態度を取り続ける限り、まだこれからドンドン増えるのです。(出るじゃなくて増えるのです)そのような災いはです。

どれだけ怒ろうが、どれだけわめこうが、無駄です。止まりません。それをすればするだけ出るからです。

天罰とはそういうものであるからです。

これまでの間違いを神に詫びて感謝して布施することです。それ以外で救われる道などないからです。(ほんと甘ったれるなといいたいです。これまで散々傲慢なことをしているくせにです)

すさまじく怒っている会社は、どこかの会社だけではありませんよね。(昨日も〔日曜日にもかかわらず〕怒っている会社がありましたから)もうそのようなところはずいぶん出ているのではないでしょうか。

恐ろしい災いがです。

しかし、その災いは、私に感謝して布施しない限り(如来の教えを説いている者に感謝して布施しない限り)止まらないのです。

それ以外では止める方法はないからです。

だからそれをしようとしないからいつまでも止まらないのです。出続けるのです。その恐ろしい災いがです。

はっきりいいまして(もうちゃんと書きますね)今日も(今日だけでもです)まだこれからどれだけ出るか(何人逝くか)分からないのです。あなたたちの中からです。

もうそういう状況なのです。あなたたちのところはです。(もう分かるでしょう。それだけ恐ろしい状況であるということはです。それが起きている人たちならです)

それでも、布施は出来ないのですか?本当に死んでも嫌なのですか?私に感謝して布施するくらいのことがです。

自分や他の人たちの命にもかえられないということなのでしょうか?そんなくだらない意地がです。

しかし、それをしないと、まだこれからドンドン出るのです。その恐ろしい災いはです。その意地を張っている人だけではなく、他の人たちにもです。

もうこのようなことが起きているのは、この近所だけではないのです。それ以外の会社やどこかの運転手連中にも起きているはずです。そうでなければこれだけ車が減るはずはありませんし、それだけ(異常な)怒り方をしているところはまだたくさんあるからです。

そのような恐ろしい災いを止めるにはもう私に感謝して布施するしかないのです。特にこの辺りの人たちはです。

そのような恐ろしい目に遭っている人たちは、それだけ私に心を救われ、それだけ私と神に対し、傲慢不遜な態度を取り続けているからです。

だから、神と私に対し、そのような傲慢な心を反省し、感謝して布施する以外ないのです。その災いを止めるにはです。

その神の怒りが、そのような災い(天罰)となって現れているからです。

今のままではまだこれからどれだけ逝ってしまうか(引き上げられてしまうか)分かりません。今のままではもうすぐにでも出てしまうのです。その恐ろしい災いがです。

傲慢な心を反省し、感謝して布施してください。

それ以外で、その災いを止める方法も、その災いから逃れる方法もないからです。

(もう、すさまじい勢いで現れています。恐ろしい災いがです。早く神に許しを請い、感謝して布施してください。そうすれば、その災いは止まり、救われて行くからです。もういい加減、私のいうこを信じ〔これだけ奇跡も現れているのですから〕それを行ってください。何度もいいますが、それ以外で救われる方法はないからです。あなたたちも他の人たちもです……ほんとこのままでは子供が可愛そうです。子供たちまで〔大人が突っ張り続けるから〕災いが出てしまうからです。子供らも同じように傲慢な態度を〔神と私に対し〕取り続けているからです)

2コメント

2 コメント to “災いの止め方”

  1. ウナッシー2019/11/26 at 5:55 AM

    己の不幸を仕方ないと言う仲間。先日紹介した職場の仲間で腎臓を悪くした話の続きてす。
    あれから一週間位して一時退園したのですが、検査の結果を待って今後長期入院なるのかが今週分かるそうです。しかし、実はこの人以前より何度か体調を崩しており休みも多いため会社規定の出社率にも影響しており、今回の休職期間によってほ、来期の有給休暇がでなくなると言うのです。その事を上司に問われた時にその人は、仕方ないと言ってました。自分のみならず家族もおて、尚そう言ってしまうことが信じられませんでした。
    幸せになりたいと思うのが当たり前だと思ってましたが、仕方ないで済ませて自分の不幸を背負うという心には淋しさを感じました。なので、再度感謝の祈りをしてこの方を祝福し幸せを祈りました。そして自分の運命を受けいるのは素晴らしい覚悟だと思いますが、そこから一歩踏み出し反省をして堂々と幸せになることに気付かれることを祈り心で見守りたいと思います。

  2. gtskokor2019/11/26 at 11:45 AM

    そういう人がこの辺りにもたくさんいます。自分をしっかり顧みて反省する勇気がない人がです。
    そういう人たちは、ウナッシーさんがいわれる通り、一歩踏み出して反省し行いを変えない限り救われないのです。
    早くそのことにその人が気づくといいですね。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。