>>ブログトップへ

11月 28 2019

すさまじい予言

10:59 AM ブログ

しかし、ききませんね。私が何をいってもです。

あちこちでこちらは一生懸命、辻説法をしているのにほとんどの人が無視です。ムッとして嫌がらせをして行く人もいまだたくさんいますが、大丈夫ですか?ずいぶん起きているようですよ。

災いがです。

この近所はもちろんですが(もうどこかの会社など哀れなものです。次々に何か起きているようで〔もう毎朝何か騒いでいますから〕今日もドン引きしています)昨日など高畑の向こう辺りまで辻説法をしに行ったんですが、先週まで怒りまくっていた大工の連中が(何軒かまとめて家をつくっているところがあるのですが)急に静かになっているし(「感謝して布施しないとまた罰が当たるぞ」と声をかけたらとたんに怒りだしましたが。〔苦笑〕)そうかと思うと、スーパーに入ったらそこの店員はやたら怒っているのです。

みな凄い怒りようです。どちらの場所でも何か(天罰が)起きているのでしょう。そのどちらも私に散々嫌がらせをしている人たちであるからです。

これだけ車も減っているのです。もういい加減にしたらどうでしょう。私に感謝もせず、嫌がらせなどしていれば罰は当たるのです。

もうそういうところがそこらじゅうにあるのです。反省したらどうですか。悪いのは如来の教えをきいているのに、感謝もせず嫌がらせをしてくる自分たちの方であるからです。

もう癌も次々に出ていてコロッと逝く人まで出ているのです。何度もそういうことが起きているのに、反省するどころか、まったく怖がることもなく平気で嫌がらせをしてきます。

そういう人は、自分にそういう現象が現れるとは思わないのですか?自分にそういう現象が現れてもどうということはないのでしょうか?

そんなことよりも私憎しの一言なんでしょうか。それほど恨まれるようなことを私は赤の他人にしたことなどないのですけどね。

勝手に逆恨みしているだけですよね。そういう人たちはです。だからよけいひどいことが起きるのです。

それだけ恩を仇で返すバカな行いもないからです。

それはそうでしょう。これだけ有難い(有ることが難しい)如来の教えを散々教えてもらっていながら、少しも感謝することなく嫌がらせを続け、そのような間違った行いが原因で起きている天罰にさらに怒って、それをすべて私のせいにして、意地になって嫌がらせをし続けているからです。

こんなトンチンカンな行いもありません。こんなことを皆が皆していたら、癌や急死が多発するのも道理なのです。

これだけ自分本位で傲慢な行いもないからです。

だから、これだけ恐ろしい災いがドンドン増えているのです。これだけバカげた行いをこれだけ長く(十年近く)している人たちは、これまでの歴史でもそうはいないはずであるからです。

たいていは、こういう(悪い)ことが何度も起きれば(自分が悪かったと)心を入れ替える人たちばかりであるからです。

しかし、こういう人たちを見ているとです。

私がこのブログを始めた頃に(だから、私が法の流布を始めたばかりの頃に)心から上がって来た思いが、本当に起きるような気がしてなりません。

そういう思いが、その頃、何度も上がって来たのです。しかし、私は、その思いを否定しました。

そんなバカなことがあるわけがないと、そんなことが起きる前に日本の人たちは皆この教えに気づいて、そうして帰依する人がたくさん出てくるはずだと、そう思っていたからです。

そんなことが本当に起きれば、日本はもう日本として機能しなくなり、滅びていくしかなくなるからです。

それだけ突拍子もない、恐ろしいことが起きると、そういう思いが、その頃の私には何度も何度も心から上がって来ていたのです。

その突拍子もない、恐ろしい思いとは……。

『日本の半分の人たちが死なないと日本の人々はこの教えが分からない』

というものでした。

どうですか。これだけ突拍子もない恐ろしい思いもないのではないですか。日本の人々の半分が死なないと日本の人たちはこのお教えを理解しないというのですから。

しかし、こういう思いが、私がこの教えを説き始めた頃(だから十年ほど前です)には何度も心から上がって来ていたのです。

私はこれまでこのことを人にいったこともなかったし、もちろんこのブログに書いたこともありませんでした。

こんなバカげた話を人にいったところで笑われるだけでしょうし、だいたい、そんなひどいことが起きるなら、その前にどう考えても、この教えを理解できるだろうと、いくら日本の無神論の人たちといえどもと(私じゃなくても)誰でもそう思うからです。

だから私もそう思っていたのです。そんなひどいことが起きる前に誰だって神のことは理解できるだろうと、そういうことが少し起きてきたらもう誰でも神は信じるだろうと、です。

しかし、そういう思いが上がって来てからこの十年。

次々に激しい天変地変が起こって多くの人が亡くなり、こちらはこちらでどれだけ多くの人が癌になったりコロッと逝ったか分からないくらいです。それ以外でも、様々な不思議な現象が起こり(私に起きた鳥や魚らがたくさん寄ってくる現象もそうですが)これは神がいなければこういうことは起きないだろうと思われることが数多く起きたのです。

しかし、誰も神を信じようとはしませんでした。これほどのことが起きているのにです。

私はその間、どれだけいったか知れません。この教えを早く理解しないといけないと、そうしないとこのような災いは止まらないと。そうして、この神の教えを理解するなら私のような愛ある現象が現れてくると。

それをどれだけこのブログに書いたか知れないし、どれだけいったかも知れません。もちろん今もいい続けています。

しかし、これほどのことが起きているのに、今もって誰一人(この辺りはそうです。だいたい、ちゃんと布施する人が〔ウナッシーさん〕一人しかいないって、これではいないのと同じでしょう)この教えを理解しようとはしないのです。

どれだけ自分たちの周りで人が死んで行こうが、どれだけ奇跡が起きようが、そのような現象を恐れようとも驚こうともせず、ただ反発するだけで(または無視か責任転嫁するだけで)まったく神など認めようとしないのです。このブログを見ている多くの人たちはです。

十年の間これほどの現象が次々に起きているにもかかわらずです。

その間、この教えを理解した人がわずか一人。

これではです。これではもうそのようなことが起きないと日本の人々はこの教えを分からない。やはりあの十年前に心から上がってきたこと(天上界からの通信)は正しかったと思わざるを得ません。

この状況を見るならです。これほどのことが起きているいま現在でも誰も神を理解しようとしない、惨憺(さんたん)たる状況でしかないからです。

何でこれだけの現象が起きているのに、この教えを(そうして神を)正しく理解する人が一人しかいないのでしょう。こんなバカげた話があるのでしょうか。

しかし、そのようなことが起きているのだからしょうがありません。それは私も認めるしかないですよね。実際にそうなっているからです。

だから、このブログを見ている神をいつまで信じようとしない人たちにいっておきます。

いま起きている災いはまだまだこの程度ではすまないとです。そうして、これからが本番であるとです。

そうではないでしょうか。だってまだ日本の一部の人たちしか亡くなっていないからです。日本の半分の人たちが死なないとこの教えを日本の人たちが理解しないなら、天はそれを必ずするからです。

なぜなら日本に出ている人たちは、この教えを世界に拡げるために生まれて来ている人たちばかりであるからです。

そのような使命を持った人たちが、その使命を果たそうとしないなら、その人たちは引き上げられてしまうだろうからです。

しかし、私がそのような話を何度書いても、このブログを見ている人たちは信じません。理解しようとしないのです。だから、今回の話もどうせ信じないでしょう。

このブログを見ている多くは、神など存在しないと思っている人たちばかりであるからです。そうであるなら、そういう話も信じないでしょう。また私が適当なことを書いていると、そう思ってです。

だから、今回のブログも一笑に付されるのでしょうが、しかしこういうことを(十年前に心から上がって来た思いを)忘れていないから、私は早くこの教えに帰依した方がいいといっているのだし、この教えを早く拡げないといけないといっているのです。

いま起きている程度とはレベルが違うことがこのさき起きて来てもいけないからです。(というか、確実に起きてくると思いますけどね。〔最近はそれが確信に変わりました〕これだけこのブログを見ている多くの人たちが神を理解しようとしないとです。また、これだけ神を理解しない人たちであるとは思いもしませんでしたから。こちらはです)

まあ、今回の話もずいぶん恐ろしい話なんですが、しかし、このブログを見ている多くの人たちはビビりもしないでしょう。

このブログを見ている人からいわせれば、神など存在しないし、いま起きていることは(激しい天変地変や癌やコロッと逝く病気などは)温暖化が影響しているただの自然現象であるのだし、食事やストレスや運動不足からくる成人病にすぎないからです。(または私のせいで起きている呪いか何かですか?)

では、今回の話も私のつくり話にすぎないのです。つまりこの教えに帰依してもらいたいためだけの、布施をもらいたいためだけの嘘ということです。

そう思うならそう思うでかまいませんが、ただ、次々に災いが起きていて、それが激しくなっていることだけは確かなのです。

では、くれぐれもお気をつけください。そのような思いはこれほど神を冒涜する思いもないからです。

これからは、神を信じ、私のいうことを信じ行う人だけが救われて行くのです。

そのようなすさまじい予言を私はすでにきいているからです。

(日本の半分の人が死なないとこの教えを日本の人々は分からない。ということは、それは即ち確実にそのようなことが起きるということなのです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。