>>ブログトップへ

1月 11 2020

中道の大事さ

11:00 AM ブログ

ずいぶん引いた人が増えて来ましたね。この辺りはです。怒っている人などもう一部です。

この辺りは切実ですからね。目の前で危ない現象が次々に現れているからです。

もう止まりませんもんね。災いがです。冗談抜きで、真剣に神理への帰依を考えたらどうでしょう。そうすれば神に守られるからです。

結局、これまでは心の低い人たちが先頭切ってやってきたからこういうことになったのです。心が低い人など人のことどころか、自分のこともしっかり考えないからです。(だから上っ面の噂だけ信じて、その人に〔私に〕起きていることなど全然考えない。奇跡など観ようともしない)

だから、そういう人はやっていることをよく考えもしないものですから、悪いことは全部責任転嫁して、どれだけ災いが起きて来ても、絶対に神など認めず、自分たちの間違いも認めず、人に何が起きようが、自分に何が起きようが関係なく、ただ怒りに任せて八つ当たりしているだけ。

そういう人たちに合わせているからいけないのです。だからいいことも起きて来ないのです。そんな極端で〔狭量で〕偏った考え方もないからです。

残念ではありますが、偏った考えを持っていてはいいことは起きてきません。

だからいっているのです。この正法神理に帰依しなさいとです。そうすれば考え方も中道に変わってきて(心が中道に変わるなら)よいこと(奇跡)も起きてくるからです。

昨日またウナッシーさんからコメントが届きましたが、ウナッシーさんなど周りの人から「おおらか」といわれるそうです。

こちらの人たちとずいぶん違うのではないですか。こちらの人たちは逆に(狭量で)「細かい」人がずいぶん多いようであるからです。(ほんと細かい嫌がらせばかりしてきますから。〔苦笑〕)

正法神理を実践していれば、どちらにも偏らない中道でおおらかな心になっていきます。だから、奇跡も現れてくるのです。

そのような中道でおおらかな心こそ神の心であるからです。(だから、極端に偏った細かい心など神の心ではないということです。だから災いが起きるのです。そのような心は神の心からかけ離れているからです)

ウナッシーさんなど昨日書いた奥さんの胃痛が治ったことだけでなく、娘さんのひどい蕁麻疹か何かも祈りで治ったといわれていましたし、私なども祈って、母の(八十すぎの婆さんの)ひどかった肺炎があっという間に治ってしまいましたし(わずか一週間入院しただけで。普通八十すぎの年寄りがひどい肺炎になれば死にます)末期癌の患者さんの癌が小さくなって一変に痛みがなくなった、という奇跡も起きています。

この教えに帰依して実践しているのなら、このような奇跡もドンドン起きてきます。この教えを実践すればするだけ心が正しく(中道でおおらかに)変わってくるからです。

しかし、この教えを知らない人、または知っていても逆らい無視している人たちにはドンドン災いが現れて来ています。(もうどこかの会社など哀れなものですし〔今さっきの話ですが、また何か起きたみたいで急にお怒りになられています〕また有名人が〔F1の解説者〕急死したそうですね)

この一点だけ見ても、帰依した方がよいのではないですか。帰依してこの教えを実践するなら心も段々変わってきて(中道でおおらかにです)そうして奇跡も起きてくるからです。

しかし、今の心のままでは(偏った細かい)いつ自分たちに災いが現れるか知れないからです。

結局、そのように間違った心の人が多いから悪いことばかりが起きてくるのです。

それは周りに起きることばかりじゃなく、天気を見ても分かるでしょう。今季は暖冬といわれていましたが、それにしてもその暖冬の度が過ぎています。

もう一月に入っているというのにどこも雪が少なく暖かいです。そうしてまだこの暖かさが一ヶ月くらいは続くとのことですが、これから一ヶ月も寒くならないのであれば(本格的な寒さが来ないのであれば)もう春が来てしまいます。

つまり今季の冬は記録的な暖冬ということになります。

しかし、これがこのままだと今季は異常に雪が少ないということになって、また困るところがたくさん出て来るでしょうね。

雪は多すぎてもいけないし、少なすぎてもいけない、ちょうどいい具合に降らないと、どこも困るということです。

つまり天気も中道でないといけないのです。

ではなぜ、天気は中道にならないのですか?

それは先ほども書きましたが中道の心の人たちがほとんどいないからです。

だから天気も中道にならないのです。偏ってしまうのです。そのような偏った心の人が多いからです。

天気も何も(周りに起きてくることも)すべて同じなのです。人々の心が反映されるのです。現れてくるのです。

だからこれだけ悪いことばかり起きてくるのです。すべての面にです。人の心はすべての面に影響を与えるからです。(だから悪いことが起きているのは決して私のせいではないということです。〔何度もいっていますが〕自分たちの心のせいなのです)

これだけ心の大事さをいい、中道の大事さをいっているのは、この正法神理だけです。だからこの教えに帰依しないといけないといっているのです。

そういう(中道でおおらかな)心の人が増えて来ないと、天気も安定しないし周りによいことも起きて来ないからです。

まだ分かりませんか?この教えの大事さがです。

だから私たちには次々に奇跡が起きてくるのです。この教えを実践し、心が中道でおおらかであるからです。

しかし、いま現在の多くの人々は、その反対の、逆の方、逆の方にと、考え方がいっているのです。

だからいいことが起きて来ないのです。日本だけでなく世界中でです。(世界が、そういう極端に偏って細かい方に考え方がいっているでしょう。極端な男女平等、同等論や極端なLGBT論、何かすればすぐに何々ハラとかいって訴える、日本でいうなら、保育園をつくるな、除夜の鐘がうるさい、風鈴がうるさい、などなど)

だから世界中でいいことが起きて来ないのです。世界中の人々が極端で偏った方向に心がいっているからです。

だから世界中で異常気象にもなるのです。世界中の人たちが心の在り方を間違えているからです。

しかし、その心の間違いを正すなら、私たちの様に次々に奇跡が現れてきます。(今の逆の現象が現れてくるということです)

まだ分かりませんか?この正法神理がいかに大事であるかということがです。そうして中道の大事さがです。

人々の心が中道でないから、天気も中道でなくなり、そうして起きてくることも極端になるのです。(極端は悪ですから、悪いことしか起きないということです)

このような正しいことが分かるのはこのブログを見ている(正法神理を知っている)人たちだけなのです。

何度もいいますが(何度でもいいますが)この教えに従ってください。

そうすればいま起きている異常現象はおさまり奇跡が現れてくるからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。