>>ブログトップへ

5月 12 2020

公より私 因果応報

11:14 AM ブログ

しかし、ずいぶん引いているところもあればずいぶん大騒ぎしているところもあり、本当に極端になって来ましたね。この辺りなどです。

もう理解してもらえませんか。昔の人は神理をきけば感謝して布施してくれたのです。だから多くの人が救われたのです。本当の神理がきけるなら心から救われたからです。

しかし、その心から救われるには正しい行いがないと救われないということを、昔の人はみな知っていました。

だから多くの人が神理がきけたのなら感謝して布施してくれたのです。それが正しい行いであったからです。(だから例えばどこかの会社などもです。〔もう毎日何か起きているようですが〕嫌がらせなどやめて感謝して布施してくれれば、その起きている災いはピタリと止まるのです。しかし、それをしない限り〔そうして、その嫌がらせをやめない限り〕その災いは止まらないのです。毎日で続けるのです。神理に対す態度を間違えているからです)

たしかに昔でもです。そういう人ばかりではなく神理をきいても感謝もせず、逆恨みして嫌がらせなどしてくる人もいたでしょうが、しかし、そのような人たちは多くの人が知っての通り、例外なく罰が当たって地獄に堕ちたのです。

そのような行いは間違いであるからです。

それと同じことが起きているだけなのです。現在もです。神理に古いも新しいもないからです。同じこと(間違い)をすれば同じ(悪い)ことが起きてくる。

それが神理であるからです。

だから私は天罰ですといっているのです。神理をきいていながら(このブログを見ていながら)私に嫌がらせをして病気になっている人などです。

そのようなことは昔から起きていたことであるからです。特別、今だけ起きていることではなく、神理に逆らっている人たちには昔から起きていた当たり前の天罰であるからです。

だから、いま現在起きている災いは起きるべくして起きているだけなのです。神理に不遜な態度を取っている人たちにです。その天罰がくだっているだけだからです。(いい加減理解しませんか。それをです。この辺りはすさまじい出方をしているからです。その天罰がです)

だから素直に従えばいいのです。神理にはです。従える範囲でいいからです。そうすれば、その従った分だけ幸せになれるからです。

まあ、そういうのが全然嫌な人はです。(これもまた何度もいっていますが)見ない方がいいですよ。このブログはです。そういう人はまだ神理を見る(心の)レベルではないからです。(それに実践しないのなら神理を見ている意味もないし)

だから、あまり小さな心でこのブログ(神理)を読むのではなく、もう少し大きな心で読んでもらえませんか。

そうすれば神理に従うことも出来、神理に従うなら奇跡も起きるからです。

それにしても従う人が少ない、布施一つしてくれないですもんね。このブログを見ている多くの人たちはです。よほど心が狭く小さな人ばかりがこのブログを見ているのでしょうか?

残念ではありますが、そういう人が多いのかもしれません。それも両極端で小さな人がです。だから、やることも極端で小さいのでしょう。(それは特別、このブログを見ている人たちがということではなく、世相がそうであるという意味です)

だから、どれだけ奇跡が起きても、どれだけ災いが起きて、絶対に自分の態度は変えないし神理のことも考えない。気がないものにはまったく気がないからです。

しかし、気になるものはどんな小さなことでも徹底的に気にする、極端な人が多いからです。

そのよい例が、新型肺炎で頑張っている医療従事者の人たちを一方では応援しているのに、もう一方ではのけ者にして嫌がらせをしている。(新型肺炎がうつったらどうするのか、などといってです)

そういう人がいることでもその事実が分かります。やっていることが、非常に小さくて極端なのです。

そういう人が多いのでしょう。このブログを見ている人たちもです。第三者の立場でいれば、そういうことは悪いことであると分かっていても、いざ自分がそのような立場になれば(自分の近くに新型肺炎になった人など出たら)同じような悪いことを平気でしてしまう(その人をのけ者にしたり、嫌がらせしたり)そういう人が多いのです。

だから、神理をきいていても平気で無視できるのです。その神理をきいて人を救おうとも、自分自身を向上しようとも思わないからです。

そういう人なら、いま自分がしていることをそのまましていればそれでいいからです。

つまり、公のことなど考えず私しか考えないということです。

そういう人が多いのです。だから、世の中もそのようになっていき、政治家などもそういう人が増えて来たのです。

だから、それなりの政策しか出て来ないのです。公より私を優先するような、そんな政策しかです。

例えば、いま騒ぎになっていますが、検察庁法改正案とか(それにしてもの騒ぎっぷりですけどね。相変らずの左翼連中がです)改正種苗(しゅびょう)法案(こちらの方をもっと騒げ)とかです。

そういう公より私を優先するような法案をどさくさまぎれに平気で出してくるわけです。

公より(日本全体のことより)私の(自分たちの)ことを優先して考えているからです。そういう政治家が増えて来ているのです。

そういう自分のことしか考えない人たちが増えているからです。

では、当然、政治家もそういう人が増えきます。政治家も同じ日本国民には変わりがないからです。

だから、これほどの非常時での経済対策も、助ける気がないような経済対策しか出て来ないのです。政治家が自分のことしか考えていないからです。人のことなど知らないという政治家が増えて来ているからです。

平時ではないのです。平時に自分たちがやることもやらずにそれで困って助けてくれといっているわけではないのです。(それで政府が動かないというのならまだ話も分かりますが)

未曾有の疫病が流行って、それで皆が(国民が)動けなくて困っているというのに(そうして動けないのは政府の命もあるのに)少なくとも経済の部分では助けることが出来る政治家が(政府が)助けようとしない。

これなど最たる行いでしょう。人のことなど知らないというです。

だって、何度もいいますが経済などいくらでも助けることが出来るからです。政治家(政府)はです。

その言葉一つで金などいくらでも出てくるからです。(政府が国債を発行して、それを日銀が金にかえるだけで)その金さえあれば経済は(助かる人が)いくらでもいるのにです。

政治家が口一つ動かすだけで出来ることを(多くの国民が救われることを)自分の腹が痛むわけでもないのにしようとしない。

だから皆がそうだからです。人のことをガーガーいっても、自分がそうだから、そういうことが起きているのです。自分自身が同じことをしているからです。気づいていないだけでです。

因果応報です。

そういう自分たちの態度が政治家などを見ればよく分かるということです。政治家は自分たちが選んだ自分たちの代表であるからです。

だから、選んだ人たちがそういう人たちなら(そういう人が多ければ)政治家もそういう人が当選するということです。公より私を優先する人がです。

だから私はいっているのです。この神理を拡げませんか。実践しませんか、とです。

そうすれば、こんな不幸な(災いばかりが起き、悪い方、悪い方へと導かれていく)世の中から脱却でき、もっともっと幸せな(奇跡が起き、よい方、よい方へと導かれていく)世の中にかえることが出来るからです。

この神理を基とすれば本当にそうなるからです。

どちらにしても、これだけ災いが起きていて、そうして、自分のことしか考えない人たちばかりでは、この後まだどれだけ悪い方向へいってしまうか知れないのです。

少しずつでも、自分たちの考えを変えていくしかないのです。そいうしない限り、この不幸からの出口はないからです。

今のまま、災いばかりが起き、そうしてど貧乏になっていく不幸な世の中がいいのか、それとも、奇跡ばかりが起き、金持ちにはならずとも(なる人もいますが)必要な金は確実にもらえて不自由のない幸せな生活が出来る、そういう世の中がいいのか、一体どちらがいいのでしょうか。

不自由のない幸せな世の中を実現したいのであればです。

この正法神理を基準としなければ出来ないのです。

それは神理を基準としていない、いま現在の世の中を見れば分かるはずです。

追伸…北朝鮮の金正恩委員長がロシアのプーチン大統領に祝電を送られたそうですね。

ついこの前は、中国の習近平国家主席にも新型肺炎のことで口頭のメッセージを送られたようですが、お元気なんでしょうか?

金正恩委員長はです。

一時不穏な噂が流れていましたが(死亡したとか、植物人間になったとか)しかし、あの肥料工場の竣工式の動画で払しょくされましたかね。そのような噂もです。

しかし、あの動画はあやしいとかいわれていますし(あの日に〔五月一日でしたっけ〕そんな竣工式など行われていないとか、あの日は暑かったはずなのにみな長袖でコートまで着ている人がいるとか)そんなあやしい動画ではなく、ご本人が皆の前に出てくればそれでことは終わるはずなのに何で出て来ないのでしょう。

金正恩委員長はです。

出てこれないわけでもあるのでしょうか?それとも、それも北朝鮮の策なのでしょうか?

まあ、何が事実か分かりませんが(いろいろなことをいう人がいてです)新型肺炎の影響で世界的にも風雲急を告げる状況となっています。(戦争も起きかねないです)

こういう時は指導者が先頭に立って指揮しないと士気も上がって来ないでしょう。

まあ、よその国のことをいっている場合でもありませんが。日本くらい神を怒らせている国もないからです。(ということは日本くらい危ない国はないということです)

こういう時に(世界が風雲急を告げている)神を怒らせているくらい不幸な(不運な)ことはありません。せめて神の怒りくらいは日本は解いてもらってはどうでしょう。

そうしないと、どれだけ不幸な道がついてくるか知れないからです。(この状況でまだミサイルまで飛んできたらかないませんから)

神の怒りを解くには神理を行う以外ありません。早くそれに気づいてください。このブログを見ている一人でも多くの人がです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。