>>ブログトップへ

5月 14 2020

感謝することの大事さ

10:30 AM ブログ

さっそく神理の(感謝の)実践をしてもらえた人がいました。ありがとうございました。また布施をいただいてです。

その布施してくれた人は、この前、布施してくれた方と同じ方なんですが、その方から「いつもすばらしいブログありがとうございます」というメールまでいただきました。(笑)

これくらいの世辞をいえる人が他にいないのでしょうか?嫌がらせをしてくる人はごまんといるのにです。(苦笑)

しかし、布施はもちろんのことお世辞の一つもいう人がいないというのですから(ウナッシーさん以外)どれだけ愛がないのでしょう。このブログを見ている多くの人たちはです。それでは災いも起きるわけです。

神理を読んでいながら、これだけ愛もなければ愛想もない、ないない尽くしの人たちばかりであってはです。

それにしても、この方くらいのことがなぜ他の人に出来ないのか本当に不思議ですね。

だって、この方くらい興味を持ってこのブログ(神理)を読んでいなくてもです。そこそこは興味があって見ているんですよね。このブログを何年も前から見ている人たちはです。

興味がなければ何年も同じ者のブログを見続けるなど出来ないからです。ということは長くこのブログを見ている人たちは、それなりに興味があるから見ているんですよね。

このブログをです。

では、少しくらいの感謝の布施くらいしませんか?それだけ(それなりに)興味のあるブログをこちらも書き続けているからです。

それに皆さん方は認めませんが、そんなに長く神理を読んでいるのならもう相当心も救われているはずです。そういう自覚があろうがなかろうがです。

心が救われているのにまったく感謝しないではそれは罰も当たります。(中身神理ですから)だから、これだけ危ない現象ばかりが現れてくるのです。

最近は特にです。多くの人がもう何年も前から神理を見続けていてまったく感謝しないからです。

感謝とは(くどいほどいいますが)感謝の心と報恩の行為、これが揃って初めて感謝したというのです。つまり、今回布施してくれた人とウナッシーさん以外は、このブログを見ている誰も(子供以外の)神理を何年にもわたって読んでいるにもかかわらず、一切感謝しないということになるのですから、それでは神も怒ります。

神理とは、その神の本当の心を書いているからです。本当の神の心を知らされているのなら絶対に感謝は忘れてはならないからです。

もう理解してもらえませんか。それをです。これだけ災いも起きているからです。

あまりに多くの人が感謝を軽く見すぎているのです。だからこういうことになるのです。特に神理に関しては感謝を欠かしては絶対にいけないからです。

神理を知らされていながら感謝を忘れていては、そういう人は必ず罰が当たるからです。

だから、(その通り)多くの人に罰が当たっているのです。感謝を忘れている人(あるいは感謝を軽く考え、そんなこと別にしなくていいと思っている人)ばかりであるからです。このブログを見ている多くの人たちはです。

絶対にしないといけないものをしなくていいなどと思っているから、これだけ災いが起きるのです。絶対感謝をしないと(忘れては)いけないものはあるからです。

だから、そのことをいい加減、理解してくださいといっているのです。あまりにそのことを軽く考えていないでです。

しかし、こと神に関するものはちゃんと感謝は(お布施は)しないといけないと誰でも知っているはずですよね。そんなこと昔からいわれていることであるからです。

誰でも知っていることをしないのですから(しかもよりにもよって本当の神の教えに対してです)当然罰は当たるのです。

特にこちらの人たちはもう相当やばいでしょう。そこらじゅうで罰が当たっているからです。それだけ多くの人が神理を知らされていて(自分で好んでこのブログを読んでいて)一切感謝しないからです。

それどころか、感謝とは正反対の行いを(嫌がらせ)し続けているからです。

よく考えてみれば、これほど危ない行為もないのです。本当の神の教えを知らされていて、そのお返しになんと嫌がらせをし続けているというのですから。

それでは自ら罰を当ててくださいといっているようなものであるからです。

だから、この辺りの人たちは次々に罰が当たるのです。自分からわざわざ罰が当たるようなことをし続けているからです。

どこかの会社など今日も朝から大変お怒りなんですが(しかも朝もはよから今もってです。だから、このブログを書くのも大変なのです。ずっと書くのをじゃまし続けている罰当たりがこの近辺はたくさんいるからです)昨日もある病院の前を通ると、看護師と鉢合わせしたのです。

そうしたら、その看護師がすれ違いざまにまた何かしてきたように感じたので私は祈るような態度を取ったのです。

そうしたらです。真剣な顔でこちらを見ながら「な、何ですか…」とかいっています。相当ビビっているようだったので「何だ?」と思ったんですが、そういえば三日、四日前もその病院の前を通り、その時は事務員みたいな女性とやはり鉢合わせしたのですが(ここの病院は前を通ると誰かかれか出てきますから)その事務員が嫌がらせをして来たので、祈ったのです。

その事務員に何か起きたんでしょうね。きっとです。だから、これだけビビってるんだなと思い「別にいいだろう、病気になったら、自分のところで治せばいいのだから」といって(まあ、そういう問題でもないのでしょうが)祈ろうとしたら、何かモゴモゴいいながらビビリまくってこちらを見ているものですから、哀れになり祈るのをやめましたが、そんなにビビるなら何で嫌がらせなどしてくるのでしょう。

その事務員が病気になったのは私のせいだからでしょうか?そのはらいせにやってきているのでしょうか?

だとしたらとろくさい話です。神理を見ているのに感謝もせず、嫌がらせをしている自分たちが悪いのにです。そういう態度をしているから罰が当たっているのにです。

そういう自分たちの不遜な態度は一切考えず、その起きたことだけを見て、お前が人を病気にしたというですから単純な話です。

それまでの自分たちの罰当たりな態度は一切無視してです。

感謝して布施してくれればいいのです。そうすれば、そのような災いは決して起きては来ないからです。むしろ、よいことが(奇跡が)起きてくるからです。そういう正しい態度を取る人にはです。

これまで感謝しなかった自分たちがいけなかったのです。神理を見ていながら(しかも散々)感謝もせず嫌がらせなどしていれば災いは起きるからです。

必ず天罰はくだるからです。

その天罰がくだっていただけなのです。これまでです。それを私のせいにしていた。自分たちの行いも考えずです。

しかし、それは大間違いであったのです。その災いは、神理に対する自分たちの不遜な態度が原因であったからです。

だから私には悪いことが起きないのです。私がそのような人たちに悪いことをしているのではなく、その人たち自身が悪いことをしているため、その人に悪いことが起きていたからです。

そういう自分たちの心が問題なのです。自分たちに悪いことが起きるのはです。

それをどうしても理解しようとしないようですが、しかし、理解しなければそのような天罰はドンドンひどくなります。

最近は、その天罰がずいぶんひどいところまで来ているのではないでしょうか。それは特別この辺りだけではなく、日本全体を見ても(そうして世界全体を見ても)そのことはよく分かるからです。

とにかく、感謝を軽く見ていてはいけません。何度でもいいますが、特に神理に(本当の神の教えに)対しては絶対に忘れてはいけないのです。感謝することをです。

感謝を無視すれば、必ず、必ず、天罰がくだるからです。

それは昔からの言い伝えでもそういう話はごまんと出てくるのですから、そういう話はみな知っていることなのです。

しかし、そういう話は(悪いことをすれば罰が当たる)嘘であると思っていたり、悪いことをさせないためのただの方便であると思っていた人が多かったわけですが(特に日本の人はです)そうではなかったということが今回分かったということです。

本当の神の教え(神理)がこの日本に出現したことによって、そのような言い伝えが嘘ではなかったということが、また一つ証明されたということです。

この辺り、そのような天罰がどれだけくだっているか、知れないからです。あまりに罰当たりな人が多くてです。(しかも大人から子供まで)

このように、神理が出現することにより、これまでの様々な言い伝えが事実であったということが(奇跡や災い、天罰などなど)一つ、また一つと明らかになって来ています。

もう、いい加減、このブログを見ている人たちも神を信じ、そうしてこの神理の価値と、その神理をきいていることの有難さ、そうして神理に対する感謝の大事さを理解してください。

そうすればこれだけ起きている災いも段々おさまってくるからです。

とにかく、感謝を忘れていてはダメなのです。感謝を軽く考えていてはいけないのです。

特に神理に関することはです。

だからです。このブログを読み終わったらすぐにでも感謝を行ってください。

そうすることがどれだけ神の心に叶い、そうして自分自身をもどれだけ幸せにするか知れないからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。