>>ブログトップへ

5月 18 2020

世界的問題である災いの鎮め方

10:45 AM ブログ

相変らずアフリカなどはバッタの大量発生が続いているようですね。

そのバッタのせいでアフリカ東部など深刻な食糧被害が出ているようですが(どちらにしても食糧問題はどこの国もこれから深刻になると思いますけどね。今回の新型肺炎で。〔今日の中日新聞にもそのことは書いてありましたが〕だから日本も食糧自給率の問題を、これからはもっともっと真剣に考えないといけないのですが…)こういう恐ろしい災いもです。

神理が広がり、アフリカの人々が正しい祈りをするならおさまっていくんですけどね。神理にはそのような様々な災いを鎮める力があるからです。

しかし、文無しの私がアフリカに神理を伝えにいくわけにもいきません。(だいたい言葉も分からないし)

ちゃんとアフリカにはアフリカに正法神理を伝える使命を持った人が生まれています。そういう人が使命を果たさないから、こういうことも起きているのです。

もちろん日本も同様だし、今回の新型肺炎の世界的被害もそうでしょう。このような災いも神理が世界に広がるなら鎮まっていくのです。

しかし、それをまったく理解しようとしないですからね。このブログを見ている多くの人たちはです。

それどころか、そのような神理に対する無理解のせいで、自分たちに起きている天罰まで私のせいにして怒っているくらいです。(ハァ~)

お前のせいなどという個人的問題ではなくなっているんですけどね。もうとっくにです。(今日も朝からアホみたいに怒っているオッちゃんがいましたが)それにしても先は長そうです。こういう人たちに神理を理解させるまでの道のりはです。

自分たちにも、日本にも、そうして世界にも、これだけの災いが起きているのです。いい加減、正しく理解しませんか。この正法神理をです。

そうすれば奇跡が現れ災いはおさまってくるからです。私たちには次々に現れているからです。様々な奇跡がです。

だから(前回も書きましたが)自分だけではなく、多くの人々の人生や運命に大きな影響を与えるこの正法神理に対して、いつまでも無視や嫌がらせなどしているからいけないのです。

だからこれほど悪いことが次々に起きるのです。それはこの辺りだけではなく、日本だけではなく、世界に至るまでです。

本当の神の教えであるこの正法神理は世界を救うからです。

このブログを見ている人たちが、まずそれを理解しないと、見ていない人が理解するわけがありません。(そりゃそうです)だから、その神理に対する理解をまったくする気がなく、無視したり逆らったりしているからいけないと、私はくどいくらいいっているのです。

事実そうであるからです。

実際、そういう人たちは段々悪い方向へいっているでしょう。この辺りなど特にそれが顕著なのです。神理に対する行いが悪い(悪すぎる)からです。

神理を見ていながら嫌がらせする人しかいないんですから、奇跡が現れてくるわけがない。だから災いしか起きないのです。この辺りはです。

それなのに、本当にこの辺りの人たちは度胸があるといいましょうか、鈍いといいましょうか。次々に災いが起きているのにまったく態度を変えず平気でいるのですから、その神経が分かりません。

正味な話、怖くはないのでしょうか?

そんな態度のままなら、今日もこれから誰かが癌になるというのにです。(ほんと世にも奇妙な物語みたいですが、そういうことが現実に起きています。特にどこかの会社などよく怖くないですね。今日も今日とてすでにガンガン電話がかかって来ているのにです。そうしてそれでずいぶんお怒りの人もいるのにです)

とりあえず、神理に対する理解を深めて感謝して布施する人が出てくるなら、そういうことも起きて来なくなると思いますが、こちらの人たちはそういう不幸がどれだけ起きても平気のようです。

本当に神経が分かりません。そんな恐ろしいことが次々に起きているんだから、真剣に神理に帰依し素直に頭を下げればいいものをと、私などは思いますが、そう思うのはどうもこの辺りでは私一人のようです。

まあ、どれだけ罰が当たっても平気でいるのはこの辺りの人たちだけではありません。このブログを見ているほとんどの人がそうなのですから、それでは、このブログを読んでいて布施する人の方が(ウナッシーさんやこの前布施してくれた人など)おかしいということになります。

これでは災いは起きるでしょうね。普通にです。(ほんと普通に災いが起きていますから。この辺りなどです)大方の人が神に対する態度を、そうして神理に対する態度を間違えているからです。

しかも大きくです。

だから、ウナッシーさんやこの前、布施された方のような人たちを増やしていくしか、この災いを鎮める方法はないのですが(この方たちが正しいからです)その道はずいぶん遠そうです。

いつまでたっても神理に無理解な人がほとんどであるからです。

しかし、このブログを見ている多くの人たちが、今のままの(不遜な)態度をまだこれからも続けるというのなら、もっと災いは増えていきます。

神理に逆らっているということは神に逆らっているということであり、神に逆らうなら、当然災いは起きるからです。

これだけ神理に逆らう人が多ければ、それは災いも増えるでしょう。昔からそんなことは起きていたことだからです。特別今だけ起きていることでもないからです。

昔から神理に逆らい滅ぼされた人はたくさんいます。だから、そのよう人がいま現在も出続けているわけです。

神理に逆らう人が(昔以上に)多いからです。私がそういう例を何度も書いているのに、いつまでたっても多くの人が反省しようとしないからです。

しかし、どうしたらいいんでしょうね。これほどの災いが起きているにもかかわらず、そして滅ぼされている人が次々に出ているにもかかわらず、そうしてそういう態度では、災いが過去何度も起きているということを教えているにもかかわらず、それでも神理に帰依しようとしない人たちなどです。

もうどうしようもないですね。このような人たちは大方の人が滅ぼされない限り、その災いの恐ろしさが理解出来ないというのですから。無神論などという間違った思想にいつまでも洗脳され、神の恐ろしさに気づかないというのですから。

そのような人たちはどうしようもありません。ではもう祈るしかないでしょうね。

後はもう祈って神に委(ゆだ)ねるしかありません。どれだけひどいことが起きても、やる気を出さない人たちにやる気を出させることなど出来ないからです。

しかし、すでに人々を滅ぼす災いは世界的に起きて来ています。何度も書きますが、その世界に起きている災いを鎮めることが出来る本当の神の教えは、この正法神理以外ないのです。

このブログを見ている人たちは、そのことをゆめゆめお忘れなく。

(そんな世界を救うなどという発想はこれっぽっちもありませんか。このブログを見ている多くの人たちにはです。〔苦笑〕自分さえ〔自分の中の世界さえ〕よければそれでいいのでしょうか?このブログを見ているほとんどの人はです。しかし、どれだけ神理を見ていてもです。いつまでたってもそんな狭い発想しか出てこなければ、それは個々に天罰を食らうはずです。そんな小さな考えは大間違いであるからです。もっと広い考えを持たない限り〔私がいう神まで認めない限り〕災いは止まらないからです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。