>>ブログトップへ

5月 19 2020

神理に対する正しい態度

10:29 AM ブログ

今日も朝からどこかの会社などどえらいお怒りのようですが、そのままでは全員癌です。

もう嫌がらせなどやめて感謝して布施したらどうでしょう。それ以外で災いを止める手立てはないからです。

だから、その災いを止めたいのであればです。それをすることです。神理に対する態度を改めることです。それ以外で災いを止める方法はないからです。(それは他の人たちも同じですが)

昨日は買い物にいきがてら庄内川にもいったのですが、昨日は庄内川近辺にいつもたくさんいるはずの子供らがいなかったですね。(庄内川にはいましたが)そのかわりオバちゃんたちが何人も出て来ていました。

何ででしょうね?子供のかわりにオバちゃんたちが多いなどこれまでなかったのにです。最近は学校が休みのため、あの辺りはずいぶん子供たちが多かったのにです。

たまたまでしょうか?しかし、そのオバちゃんたちが何か文句ありげに私が歩いているとちょっかいをかけて来ていました。まさか、その子供らの親か誰かだったんでしょうか?

あのオバちゃんたちはです。

私が何でこんなことを書くかといいますと、ずいぶん、その子供らも(どこかの会社同様)私にちょっかいをかけていたからです。(本当に態度がなっていません。神理を説いている者に対するです)

だから「お前ら罰が当たっても知らないぞ」と何回も注意していたのです。庄内川にいく時など私が近くを歩いていくと、必ず何かちょっかいをかけてくる子供がいたからです。

「こいつらそのうち罰が当たるぞ」と前から思っていたのです。もうずいぶん前から、学校が休みであるため多くの子供らから私は細かい嫌がらせを受けていたからです。

それは特別この辺りだけではなくそこらじゅうでです。今は歩いているともうそこらじゅうに子供がいるからです。(ほんと自粛もへったくれもありません)

だから、もし子供に何か起きたのなら(例えば、そのような子供が病気になどなったのなら)それは、その子供が私に嫌がらせをして来たから罰が当たったのだと思いますので(子供は何もしていない、などというかもしれませんが。それは「嘘」ですから)そういう場合は、辞を低くして「子供が何か悪いことをしたようで、それは本当にすいませんでした。いつもブログを読んでいろいろ参考にさせてもらっています。そうして心も救われています。本当にいつもありがとうございます。これ少ないのですが」と謙虚な態度で私に布施など持ってきてもらえれば(笑)その子供の病気は奇跡的に治ります。

もし、そういう子供がいるのなら、親は、そのような態度を私に取った方がいいでしょう。(子供と同じ)嫌がらせなどするのではなくです。

その方がよほどよいことが起きてくるからです。そういう態度が神理を説いている者に対する正しい態度であるからです。

だから、そうされてはどうでしょう。そうすれば、そのような禍(わざわい)転じて福となすということにもなるからです。

そこから神理に対する正しい態度を取るなら、そこから奇跡が起き出すからです。それに元々悪いのはそちらのお子さんであるからです。

しかし、いつまでも子供同様、悪いことをすべて私のせいにして逆恨みして私の顔を見れば嫌がらせなどしていると、その天罰がきっかけとなり、そこからもっと多くの不幸が現れてきます。

そのように導かれていくからです。神理をききながら、感謝もせずに嫌がらせなどしているとです。

そういう人がこの辺りにはもうごまんといるのですから、いい加減、人の親ならです。その子供のためにも自分が正しい態度を取るべきでしょう。

それが子供たちのためにも、自分たちのためにも、そうして日本のためにもなるからです。

ソロソロ神理に対し正しい態度を取る人が出てきませんか。この辺りからもです。そうしないと今のままでは(大間違いな態度を取る人ばかりでは)まだこれからどれだけ多くの天罰がくだるか知れないからです。

それこそこの辺りの大人から子供までです。

今回のことでもそれは分かると思いますが、天上界は大人も子供もないからです。子供だからと大目に見てくれることはないのです。天上界は心しか観ないからです。

だから、子供でも神理に対する態度が悪ければ天罰はくだるのです。この辺りは、大人以上に子供が神理に対する態度が悪いからです。自分たちもこのブログを読んでいるくせにまったく感謝しないからです。

子供は正しいことがよく分かっていません。だから、大人が子供に対する模範を示さないといけないのです。

神理を説いている者に対する正しい態度のです。

神理を説いている者に対する態度はより正しくしないといけないからです。(普通の人以上にです)そうしないと、その態度を間違えたばかりに滅ぼされた人など過去いくらでもいるからです。

だから、現在も同じことが起きているのです。神理を説いている者に対する態度があまりに悪すぎるからです。特にこの辺りは多くの人がです。

いつになれば、そうして、どれだけ天罰がくだればそれが分かるのですか?こちらの人たちなどです。

自分たちが態度を間違えなければ、これだけの災いはこちらには起きていないのにです。

それどころか、こちらの人たちは多くの人がこのブログを(神理を)見ています。

では、その神理を正しく実践するなら、どれだけ多くの奇跡が現れるか知れないのにです。

本当にもったいない話なのですが(ただ、神理に従うか、逆らうか、それだけで起きてくることが全然違うのにです)昨日でも私が庄内川にいって、川岸でしばらく休んでいると、目の前に細かい魚たちがたくさん浮かんで来てピチャピチャやっていました。

少し離れたところでガボガボ音がして来たので、そちらを見てみると、大きな魚が尻尾だけ水面から出してバシャバシャ暴れていました。(多分あれは鯉の尾だと思いますが)

その魚たちに「お前ら元気だな」と声をかけると、より一層、元気に泳ぎ(暴れ)回っています。そうしてもちろん鳥たちも私の近くによく飛んで来て騒いでいました。(すずめやツバメ、ムクドリたちがです)

本当にかわいいものですが、このように神理を実践していると、鳥や魚など他の動物などからもどれだけ愛をもらえるか知れません。そうして、もちろん神からも、どれだけ多くの愛(奇跡)をいただけるか知れないのです。

正しい態度を取りませんか。この正法神理に対してです。そうすれば多くの人が幸せになれるからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。