>>ブログトップへ

5月 20 2020

次々に現れる神の業

10:33 AM ブログ

また布施をいただきました。(この前と同じ方からですが)

しかし、何かブログを書くたびに布施をもらえるのもいいですね。「そのブログで救われました」といわれているようであってです。(実際、そのようなメールをいただきましたし。〔笑〕)

他の皆さんも見習われたらどうでしょう。そうすれば本当に救われる人もいるからです。

というか、しないといけないでしょう。いま現在、連続で災いが起きている人たちなどはです。

そういう天罰ばかりを食らっている人たちがたくさんいます。そういうところは(くどいくらい、いいますが)この方のように感謝して布施すれば、その起きている災いは止まります。

ずいぶん深刻そうですが(特にどこかの会社などです。今日も今日とて朝からです)されたらどうですか。そのような神理に対する正しい態度をです。

天罰を食らってひどい病気に(癌などの)なるよりはよほどよいからです。

まあ、お前に布施するくらいなら癌になった方がマシという人もいるでしょう。(そういう人ばかりだったりして。この辺りは。〔苦笑〕)だったら好きにすればよいのですが、天罰を食らうよりは布施した方がいいと思いますよ。

天罰などマジで食らうなら、後々、どれだけ後悔するか知れないからです。後悔先に立たずであるからです。

それはそうと昨日などやたらあちこちで怒っていましたが、何でですかね?

天罰ばかり食らっている人が増えているからでしょうか?それとも昨日のブログを見て怒っていたのでしょうか?

どちらにせよ、天罰がくだっている人が増えていることだけは確かでしょう。昨日はまたそのような人たちをよく確認できたからです。

というのも、その怒っている人たちの中に先週もやたら怒っていた人たちがいたのです。六番町辺りの工事現場の連中ですが、そこは先週通った時に、それこそやたら怒っている連中ばかりでした。(ほんとこういう連中は罰当たりです。みな私のブログを見ているのに、私が「なんで神理をきいているのに感謝もせず、嫌がらせをしてくるんだ」と突っ込むと、よけい怒って嫌がらせをしてくるからです)

そういうところが四~五ケ所あったんですが、昨日歩いていくと一ヶ所をのぞいて後は皆、休みのように静かでした。

「今日は休みか」などといいながら歩いていきましたが、そういう静かなところは確実に何か起きたことが分かりますし、もう一ヶ所のところもです。やはり天罰はくだったようです。

ずいぶん怒ってはいましたが、腰を引きながら(単に勢いだけで)怒っているだけだったからです。

だから何か起きたとすぐに分かりました。何か起きたら怒り方にも違いが出るからです。やたら感情的になったり、怒っているようで実はずいぶん腰を引いていたりしてです。

絶対に同じ態度は取れないのです。天罰がくだればです。

だから嘘はつけないということです。口ではつけても態度ではです。

ですから、そういう連中に「ちゃんといった通りのことが起きたのだから(先週いっておいたのです。嫌がらせをして来たすべてのところに「必ず天罰がくだるから、天罰がくだったら感謝して布施してくれ」とです)感謝して布施してくれよ。それをしないともっと天罰がくだるからな」といったのですが、そういうとよけい怒るところと(図星をつかれて)無視しているところばかりでした。

しかし、昨日はそうでしたが、一日たった今日なら考えが変わる人もいるかもしれません。(また天罰がくだってです)もし、考えを変えた人がいるのなら、私のいうことをきいてください。

天罰はいくらでも現れてくるからです。反省しない限りはです。

しかし、私のいうことをきくなら(この神理に従うなら)災いは止まり、奇跡が起き出すからです。

すべて自分たちの(心と)行い次第なのです。

考えを変えてはどうでしょう。特にこの辺りは次々に天罰がくだっているようであるからです。神理にまともに逆らっている人たちにです。

そういえば昨日また不思議なことがありました。

昨日のブログで、庄内川の川岸でしばらく川を見ていたら細かい魚たちがたくさん上がって来たと書いたのですが、昨日は堀川にいったのです。

その堀川にいく途中に中川運河の橋を渡っていると下の運河がザワザワしています。

また魚たちが上がって来たのかなと思い「お前らいるのか」と声をかけて橋の上から下を見ていると、確かに魚たちは上がって来ていましたが、いつもと違い(いつもこの運河で水面まで上がってくる魚たちは、だいたい十~二十センチくらいの魚たちが集団で上がって来ているのですが)細かい魚たちがたくさん水面まで上がって来ているのです。

「あれ?中川運河でこんなに細かい魚たちが上がってくるなんて珍しいな」と思い(はじめてでしたね。中川運河で細かい魚たちがあれだけ上がって来たのはです。あちこちから集団で上がって来ていましたから)「何か今日書いたブログを魚たちが読んでいるかのようだな」とも思ったのですが、たまたま今回は細かい魚たちが上がって来たのかも知れないなとも思って「お前ら早く大きくなれよ」とその魚たちに声をかけて堀川の方まで歩いていきました。

そうして堀川について堀川を見てみると、なんとです。

不思議なことに、ここでも細かい魚たちがいるわ、いるわ、もうそこらじゅうにわんさかいます。(中川運河のレベルではありませんでした。〔笑〕)

もう川岸近くに凄い数の細かい魚たちがうようよいるのです。しかも、その細かい魚たちが川岸を歩いていくとずっといるのですから驚きました。

私の足元近くに泳いできてピチャピチャやっているのもたくさんいますし、本当に凄い数です。すさまじい数の細かい魚たちがそこらじゅうで泳いでいるのです。(数でいうならもの凄い数になると思いますよ。細かい分です。万単位ではきかないでしょう。億、兆単位かな。大げさではなくです。すごく長い距離いましたから。細かい魚たちがです)

あの光景を見てピンときました。完全にこの魚たちは今日書いたブログを知っているなとです。

だから上がって来ていたのです。いつもは上がって来ない中川運河にも、また堀川は上がっては来ていますが、いつもの数などより段違いに多い、細かい魚たちがです。

昨日私が「庄内川に細かい魚たちがたくさん浮かんで来て…」などとブログに書いたからです。だから、それを知り細かい魚たちがたくさん浮かんできたのです。

私が今日そこに行くと(通ると)魚たちは神から知らされていたからです。

だから、ブログに書いたことと(庄内川と)同じことが起きたのです。中川運河にも、堀川にもです。

その内容を魚たちは知っていたからです。

このようなことは前にも起きました。まるでこのブログの内容を知っているかのようなことを、ツバメやすずめたちがずいぶん前にもしたことがあります。(それは前のブログを見れば書いてあります)

今回もそれと同じことが起きただけでしょう。すべてこのようなことは、天の配剤による神の業だからです。

このような不思議な奇跡も、そうして次々にくだる天罰もすべてそうです。すべて神の業であり、神理を実践しているのなら起きてくることであるのです。

この神理に従いませんか?そうすればこのように周りに数多くの神の業が現れてくるからです。そうして、その神の業によって幸せな道へと導かれていくからです。

もう(今回の魚たち同様)すさまじい数の神の業が次々に現れて来ています。

何度もいいますが、この神理に帰依しませんか?そうすれば確実に(神により)幸福の道へと導かれていくからです。

2コメント

2 コメント to “次々に現れる神の業”

  1. ウナッシー2020/05/21 at 7:29 PM

    コロナ感染の減少による緊急事態宣言の解除を切っ掛けに自粛も緩和され明るい雰囲気が感じられます。しかしそれを嘲笑うかのように地震が多発化しております。本当に天を軽んじてはいけないと思うのであります。そんか環境下ですが、私は心から湧き上がる思いに駆られ日々反省が続いております。しかもそれは、窮屈でもなく、肩に力が入るわけでもない。そればかりか前へ進むエネルギーで満たされているかのような感じさえあります。私は何かの目標があるわけでもなくただただ神に感謝しておるだけなのです。それに対してこのような導きを頂いていることを有り難く感じております。このご縁を大事にして一日でも早くご恩返しをせねばと感じています。このブログに縁のある方も一日でも早くそれに気付かれますことを祈っております。

  2. gtskokor2020/05/21 at 10:23 PM

    本当にそうですね。こちらはずいぶんひどいことがあちこちで起き出したようです。
    本当に早く気づいてほしいものです。このブログに縁のある方々が自分の大事な使命にです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。