>>ブログトップへ

9月 13 2020

神理を滅ぼす者たち

10:29 AM ブログ

前回のブログの続きになりますが、やはり狂っている人が多いと思いますよ。それはこの辺りの人たちを見ていても分かるからです。

この辺りの人たちは、どれだけ天罰を食らっても、それでも嫌がらせをしてくるのです。

何度も天罰を食らえば普通はやめますよね。私に対する嫌がらせなどです。

しかし、やめないのです。特にこの近所の人たちや運転手連中など多いのです。そういう人がです。(どこかの会社などその典型ですが)

どれだけ天罰を食らっても、食らえば食らうだけよけい怒って嫌がらせをしてくる。(急死した前のアパートの爺さん婆さんもそうでした)しかしもう、そういう短絡的な態度はやめてはどうでしょう。

天罰は自分が悪いから食らうからです。それでいなくなった人もたくさんいるからです。

何度もいいますが、昔の人たちならこんなことが何度も起きてくればとっくに嫌がらせなどやめ、その天罰が起きる人に従ったのです。

その人に嫌がらせをすると天罰がくだるということは、その人が正しいからこちらに天罰がくだっているのであり、そうであるなら反省するのはこちらの方であるからです。そうして、その正しい人に従うなら、自分も正しい人になれると理解していたからです。

しかし、現代の人たちは、そういうことはまったく考えようともせず、その起きている災いだけをとらえて、あいつのせいでこんなことになった(例えば病気になった)と、そのことだけを怒り憎んで意地になってよけい嫌がらせをしてくるというのですから、狂っているとしかいいようがありません。

というより、子供じみているのです。やっていることがです。はっきり書けば、昔の人たちは大人の考えなのであり(筋道立てて物事を考えるからです)現代の人たちは子供なのです。

考え方がです。(筋道などまるで考えず、その起きて来たことだけを怒っているからです)

だから心のレベルが下がっているということです。昔の人たちより今の人たちの方がです。だから災いもこんなに起きる。その心のレベルに合わせて周りの現象は起きてくるからです。

だから私がどれだけ大事なことをいっていても理解出来ないのです。心のレベルが低いからです。

ほんと知識だけはあるのにねぇ、今の人たちはです。(苦笑)しかし、それでは意味がないということです。結局いくら知能指数が高くても心が高くないとダメだからです。

これだけ災いばかりが起きて来てはそういうことになるでしょう。他のことを理解しても神のことを(神の心を)理解出来ないとダメなのです。

そうしないと災いばかりが起きてくるからです。だから理解してもらうしかないのです。神の心をです。

その神の心を理解してもらわなければ滅びるからです。これは大げさな言い方でも何でもなく実際にそうなっているからです。

それはこの辺りで起きていること、そうして日本全体で起きていることを見ても分かるはずです。

いま現在の日本は、ここ数日だけでもそこらじゅうでゲリラ豪雨が起きて、一時間に百ミリ単位の雨がざらに降っているのです。あり得ると思いますか?温帯の日本でこんな激しい雨がざらに降るなどです。

何か最近は、このような激しい雨が普通に降るので当たり前のように思っている人が多いのですが、温帯の日本でこんな激しい雨が降るなど異常もいいとこなのです。(くどいくらい書きますが、あまり都合よく考えないでください。このようなことが温帯の日本で起きているなど超異常なのです)

こちらで起きていることも含め、そういう異常なことが日本には起き続けているのです。

この大変な状況がお分かりなのですか?

少なくともです。このブログを長年見ている人などはもう少し深く見てほしいものです。いま起きている現象をです。そういうことをこのブログには何度も書いているからです。

はっきりいえばです。もう数年もすれば確実に日本は滅ぼされることでしょう。それは起きている現象を見れば予想できるからです。

だって天変地変だけでも毎年これほどのことが続いているのです。(一度はすさまじい台風が来て、大きな地震も頻繁にあり、激しい大雨は普通に降る。そうして凄い大雪やすさまじい寒波もくる時があり、異常な猛暑や日照りも普通に起きている。もうありとあらゆる天変地変の災いが起きています)これに加えて、こちらで起きている現象など考えれば(最近はずいぶん激しく現れているようですから。様々な病気がです)コロナ禍などなくても確実に滅んでいきますよね。

日本の人々はです。それだけ激しい現象が(日本国内には)起き続けているからです。

結局、していることが同じだからです。現在の日本の人たちは過去に滅ぼされたローマやエジプトの人たちとです。

だから同じことが起きてくるのです。神理を潰そうとして滅ぼされたローマやエジプトの人たちと同様の行いを、現在の日本の人々はしているからです。

だってよく考えてみてください。今の日本の人たちは当時のローマやエジプトの人々のように、神理を説いている者を迫害するということはありませんが、嫌がらせしたり、神理の流布のじゃまをしたり、無視したりしているのです。

そういうことを続けていればどっちみち神理は説けなくなります。

では、同じでしょう。神理を滅ぼそうとしたローマやエジプトの人たちとです。やり方が違うだけで結果は同じになるからです。神理がなくなるという結果はです。

そうであるなら、同じことが起きてくるでしょう。神理を滅ぼそうとする者は滅ぼされるからです。

だから、日本全体で多くの人たちが滅んでいっているのです。

日本の人々の多くが神理を滅ぼそうとしているからです。

それを意識していようがいまいが、していることが結果的にそうなるのなら、それは神理を滅ぼす者なのであり、そういう人が多いから、これだけ日本は異常なことが起きているのです。

だから、これほどの天変地変も起きてくるのだし、こちらのような異様な(神理を説いている私に嫌がらせをしてくる者に次々と天罰がくだる)現象も起きてくるのです。

多くの人が神理を滅ぼす方に加担しているからです。

だから私はいっているのです。神理を知ったのならせめて感謝して布施くらいはしてくださいとです。

その最低限の礼儀さへ果たさなければ、それは神理を滅ぼす者と見なされ滅ぼされてしまうからです。

だからくどいくらい「布施してください」「神理を見ている人たちは布施くらいはしないといけないのです」といい続けているのですが、このブログを見ているほとんどの人が、そういっている私のいうことをまるで無視です。

そうして、これだけ日本がおかしくなっているのに、それは温暖化のせいだとか、日本の気候が変わったからだとか、訳の分からない責任転嫁をし続け平気でいるわけです。(滅びないと思いますか。これだけ鈍感で無理解な人たちがです)

本当に恐ろしいことをしています。もう自分たちが滅ぼされつつあるというのに(特にこの辺りはそれが深刻なのに)それに全然気づいていないからです。

自分たちのしているすさまじい悪を(神理を滅ぼそうとしている)まるで理解していないからです。

だからそれを私はいい続けているのですが、未だ多くの人たちが、その自分たちがしているすさまじい悪に気づかず、そのすさまじい悪をし続けているというのですから、本当に恐ろしいことです。

だから、これほどの災いも起きてくるのです。

多くの人が知らずに(中には知っていてやっている人もいるかもしれませんが)神理を滅ぼそうとしているからです。

それでも続けるのですか。そのような神理を滅ぼす行いをです。

しかし、そのような人たちはです。この世だけではなく、あの世に帰ってからもすさまじい裁きを受けなければいけなくなるのです。

それ以上の(神理を滅ぼす以上の)大きな罪は、神がつくられたこの世界にはないからです。

早く自分の大きな罪に気づいてください。そうすれば、感謝もせずこのブログを見続けている人たちが、どれだけ罪深いのかが理解できるからです。

2コメント

2 コメント to “神理を滅ぼす者たち”

  1. ウナッシー2020/09/14 at 5:45 AM

    私には義父の義母が健在で同居しております。もちろん私が婿入りしてからずっとです。今日までずっと共に過ごして来て最近ようやくこの父母を見て気付いたことがあるのです。それは、やはり人間は何のために生まれてきたのか、そのこと自体に気付く必要があるとです。父母はその歳になっても強情で喧嘩ばかり、自分のことに固執して日々愚痴ばかりなのです。相手の気持ちを汲むとか心底理解してあげることができてないのです。子育てをして親の務めを果たし余生を楽 共に楽しく静かに過ごそうとは思わないのでしょうかね。今の私にできることは愚痴を聞いてあげて少しでも心が楽にしてあげることです。これから様々な問題が現れてくるかと思いますが、自分自身感謝を忘れず常に我を振り返り精進して神の道を求めて進もうと思います。そうして出来ることのスキルを上げて参りたいと思います。

  2. gtskokor2020/09/14 at 10:39 AM

    お義父さんやお義母さんくらいの年になればもう私たちのいうことなどきかないでしょう。そこは本当に残念なんですが、お二人を祈ってあげるといいでしょう。
    そうしてその指導を神に託すのです。そうすれば神が心の内面より導いてくださるからです。
    ウナッシーさんのお義父さんとお義母さんは、過去世でウナッシーさんの本当の父や母だったこともあります。
    だから実の父や母のような思いで祈ってあげてください。
    ウナッシーさんの愛が強ければ強いだけ、その分、お二人は救われていくからです。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。