>>ブログトップへ

1月 12 2021

急激に減る訪問者 滅ぼされる人々

11:06 AM ブログ

昨日のブログに訪問数のことを少し書いたのですが、それが気になって、それでこのブログの(ホームページの)訪問数ではなく訪問者のことをちょっと調べてみたのです。

訪問者を調べるならこのブログを見に来ている人の数がちゃんと分かるからです。(訪問者とはこの私のホームページを見に来た人の実数で、訪問数とは同じ人が〔または同じパソコンから〕このホームページを見た数です)

そうしたらです。驚くようなことが分かりました。ずいぶん急激に変わっていたのです。訪問者の数がです。

このブログの訪問者は、去年の2020年の三月の時点で千六百七十七人いたのです。(この三月は訪問数の一日の平均は百二十一人でした)

そうして八月くらいまでは多少の上下はあっても似たような人数だったのです。月の訪問者の数はです。(八月の時点で訪問者が千四百六十八人で訪問数の一日平均は百十一人)

ところが九月からです。訪問者が千人くらいになり(十一月まで)そうして十二月にはなんと七百五十三人になりました。

去年の九月くらいから急に訪問者が減り始めたのです。去年の三月と比べると十二月では訪問者の数が千人近くも減っています。

ちょっと凄いですよね。いくら私のブログが面白くなくなったとしてもです。これだけ急激に減っていくでしょうか。ブログを読んでいる人がです。

しかも、その前の年までは(2020年以前)月の訪問者は 千数百人から二千数百人くらいで多い時には四千人を超えた月もあり、月の訪問者が三ケタ(百人台)になったなど、まだブログを書き始めた頃の2013年以前までさかのぼらないとないのです。

とにかく調べてみるとです。ここ三、四ヶ月で急に減って来ているのです。このブログの訪問者がです。

そうしてその急に訪問者が減り出した三、四ヶ月前といえばです。ちょうど私の周りがドン引きし出した頃と一致します。

そうであるならです。その周りがドン引きし出したことと何か関係があるのでしょうか。このブログの訪問者がドンドン減り出したのはです。それとも、そんなこととはまったく関係なく、ただ単にこのブログが面白くなくなり、それで読まなくなった人が増えただけなのでしょうか?

ただ単にブログが面白くないので読まなくなった人が増えただけならいいんですが、多分違うでしょう。

その周りがドン引きし出した頃とこのブログを読む人が減りだした頃が一致しているなど、ただの偶然とは思えないからです。

だって、その周りがドン引きし出した頃といえばです。後で分かったことですが、多くの人がコロッと逝きだした頃であり、つまり過ぎ越しの祭が始まった頃と重なるのです。

そうであるならです。このブログを見ている多くの人たちが滅ぼされたということなのではないのでしょうか。だからその頃からこのブログを見ている人が減り始めた。

その頃からドンドンコロッと逝きだしたからです。このブログを見ているこの辺りの人たちがです。だから、三ヶ月くらい前からこのブログを見ている人たちが段々減り始めたのです。滅ぼされてはさすがに見られないからです。

このブログ(神理)もです。

と思うんですが違いますかね。しかし、不思議と一致するのです。この辺りの周りの(会社や現場の)人たちが異様に怒り出したりドン引きし出したりした頃と、このブログを見ている人たちが減り出した頃とがです。

去年の八月の時点で千四百人いたこのブログの訪問者が十二月には七百人にまで減りました。約半分になったということですが、その半分減った七百人のうちの半分はこのブログが面白くなくて読むのをやめていたとしても、後の半分の人が滅ぼされていたと考えるなら、その数は三百五十人になります。

もし、それだけ多くの人たちがここ三~四ヶ月の間に滅ぼされていたとしたら、それだけでも大変な数になります。しかし、私の周りで異様な怒り方をしていた人たちや異様な引き方をしていた人たちなど考えると、残念ではありますが、それくらいの数の人が滅ぼされていたとしても決して不思議ではありません。

それくらい多くの人たちが私の周りでは異様な態度をここ数ヶ月は取り続けているからです。

私はただ、このブログの訪問者の数を調べただけですが、しかし、それを調べただけでもその異様さが分かります。

そのような異様なことが起きるのです。このブログを読んでいながらこのブログを(神理を)無視している人たちにはです。そうして実践している人たちにもやはり異様なことは起きます。(もちろん私を含めてですが)普通では起こりえない奇跡がです。

だから申し訳ありませんが、そういう異様なことが(普通では起こりえないようなことが)必ず起きてくるということです。この神理はです。

神理を無視し逆らっている人たちにはドンドン災いが現れ、その神理に従っている人たちにはドンドン奇跡が現れて来ます。

その通りのことがいま現在、目の前でドンドン展開されていっているということを知ってください。

だから、いま全国に広がりつつある新型コロナもあるいはその神理の作用を受けているのかもしれません。この神理に逆らっている人たちが多いところにたくさん現れているとかのです。

だから東京や大阪には感染者が増えている。そういうところにこのブログを見ている人が多いからです。

まあ、そこまでは分かりませんけどね。こちらでは訪問者の数くらいは分かっても、どこでどんな人たちがこのブログを読んでいるのかまでは分からないからです。

しかし、神理に逆らい続けているなら、こちらの人たちのように次々に災いが起きて来て、そのような態度は間違っていると分かる現象が現れて来ます。

せっかくこのブログを見ているのなら逆らうより神理に従いませんか。その方がよほどよいことが起きてくるからです。

そうしてあまりに神理に逆らうならです。最悪、滅ぼされるということも起きてくるからです。

そういうことが起きつつあります。少しくらいの神理に対する布施はされた方がいいと思います。

そのような愛ある行いが、そのような数々の災いから逃れられる唯一の方法であるからです。

(本当にこういうことが起きているのです。神理が出現した時はこういう激しい現象も起きるのです。モーゼの大奇跡しかり、エリアの五百人の偽霊能者を滅ぼしたことしかりです。神理が出現した時には、その神理にあまりに逆らう人たちは滅ぼされるのです。もっと神理を恐れ従わないといけないのです。本当の神の教えとはそういうものだからです。それをいつまでたっても理解しないのです。現代の人たちはです。科学万能と科学ばかりを頼り神をないがしろにし続けているのです。科学万能など幻想にすぎないのにです。本当に万能なのは神しか存在しないのにです。その神の恐ろしさが次々に現れています。その現実をよく知って正しい判断をして下さい。そうしないとです。本当に、本当に滅びてしまうからです)

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。