>>ブログトップへ

6月 08 2021

思想の間違い

11:11 AM ブログ

昨日はずいぶん暑かったですね。こちら名古屋は三十度を超えたようなんですが、そのような気温と同じように熱い人が(ずいぶん頭に血が昇った)昨日もまたたくさんいました。(今日も今日とてどこかの会社の連中など昨日以上にお怒りですし)

大丈夫なんですかね。大人から子供まで私の顔を見ると怒って嫌がらせをしてくる人が未だ多いんですが、歩いている人とはその後そうは会うことはありません。

だから、歩いていて私に嫌がらせをしていった人たちが、その後どうなったのかは知るよしもありませんが、しかし、そういうことをしている人たちが(運転手や会社や現場などの)次々に病気になっているのは事実です。

では、歩いている人たちも無事ではすまないと思うんですが、だから大丈夫なんですかといっているのです。そういう嫌がらせをしてくる人たちは、別に何も起きないだろうと、軽い気持ちでやっているのかも知れないからです。

それとも命がけで(それをしたら死ぬかもしれないと思ってです)やってきているんでしょうか? そういう人たちはです。

それならかまわないんですが、私に嫌がらせをしている人で確実に滅ぼされている人はいます。だからそれだけは知っておいてください。天は大人も子供ないからです。心しか観ないからです。だから同じようにくだるのです。私に嫌がらせなどしていれば大人にも子供にも天罰はです。

しかし、これだけ多くの人たちから恨まれ(何でここまで恨まれるのか意味が分かりませんが)嫌がらせを受けているにもかかわらず布施する人は全然いません。この辺りの人たちなどです。

もうちょっとなんとかならないものですかね。せめて、二対八とか、三対七とか、それくらいのレベルでも布施がもらえるなら(もちろん少ない方が布施ですが)それだけでも、ずいぶん変わると思うんですけどね。この辺りにくだる天罰もです。

しかし、嫌がらせをする人はいても、布施する人は皆無。これではくだりまくるでしょうね。天罰もです。神理を読むだけ読んでまったく感謝をしない人たちばかりであるからです。それだけ恩を仇で返す、不遜な態度もないからです。

それで私に怒られても困るんですけどね。自分たちの行いが悪いからそうなっているからです。

しかし、このようなことを考えてみると本当に怖いですね。いま流行っている悪魔の左翼思想はです。絶対に自分が悪いとは思わせないからです。悪いのは自分ではなく他の人たちとすべて責任転嫁させるからです。悪魔の左翼思想はです。

自分が苦しんでいて、それは自分が悪いからそうなっているんだなどといようものなら、それは違うと、今あなたが苦しんでいるのは、それは他に原因があるのであって(社会、会社、学校などの)だから自分が悪いわけではなく他が悪いから自分が苦しんでいるのであって、だからあなたは何も悪くないんだと、そういう嘘ばかり教えていますからね。現代のアドバイスなどする悪魔の左翼思想に凝り固まっている人たちはです。

テレビでもそんなことばかりいっています。これでは責任転嫁をする人も増えるでしょうね。自分は何も悪くないのに、人のせいで自分は苦しんでいると勘違いしてです。

しかし、それでは問題も全然解決しない。そのようなアドバイス自体、間違っているからです。いくら責任転嫁していても、仮にそれで一時はよくなっても(現実逃避などして)それで問題が解決されるわけではないからです。

所詮は自分が苦しんでいる問題は、自分自身に問題があるから自分が苦しんでいるのであり、そうであるなら、自分でその苦しんでいる原因を取り除かない限り、自分がその苦しみから逃れることは永遠に出来ないからです。

それはこちらを見れば分かるはずです。だから、こちらの天罰の問題など解決しないのです。自分の責任をいつまでたっても責任転嫁しているからです。

自分の行いが悪いから天罰がくだっているのに(ただそれだけのことなのに)それをいつまでたっても責任転嫁しているから、いつまでたっても天罰が止まらない。

自分の行いが悪いからです。だから、起きてくる災いが止まらない。自分の行いを自分で変えない限り、起きてくることは変わらないからです。

だからそれはこちらだけでなく、日本も世界も同じなのです。今のような悪魔の左翼思想に支配されているから、いつまでたっても世界各地で起きている戦争などの揉め事は止まらず(最近はサイバー戦争やら宇宙戦争やら、ドンドン争いごとが増えています)天変地変も止まるどころか益々激しくなり、そうしてパンデミックまで起きてきて、不幸になる人がドンドン増えているのです。

そういう思想が間違っているからです。

だからこれだけ争いも増え、災いも増えるのです。世界の人々の考え方がドンドン間違った方向にいっているからです。だから、争いも災いもドンドン増えてくる。多くの人たちの思想の間違いがドンドンひどくなっているからです。

こういうことを考えても分かりませんか。いま現在いわれていることが正しいのかどうかがです。

もし、いま世界でいわれていることが正しいのであれば、これだけ世界に争いごとが増え、災いが増えてくるはずがないのです。争いが減り、災いが減るのが、それが即ち正しいことであるからです。正しいことをするなら争いは減り、災いが減るのが、当たり前のことであるからです。

しかし、逆のことが起きている、それはなぜか? ということです。

それは現在の思想が(何でも自由、何でも平等、そうして同性愛賛成などの極端な思想が)間違っているからです。

だからこれほどの争いも起きれば災いも起きてくる。悪因悪果の法則によってです。

だから、その間違いに気づかない限り、自分たちの生活はよくはならないし、起きてくることも決してよいことは起きてはこないのです。自分たちが間違った思想に気づいて、それを変えない限りは悪因悪果の結果はついて回るからです。

だから、そういうことを考えればです。まだ分かりませんか? どれだけこの正法神理が大事であるかということがです。

こういうことが(このような間違いが)分かるのはこの正法神理だけだからです。そうではないでしょうか。

こんな世界の思想も間違いなら、いま日本でいわれている思想も間違いなどとはっきり教えてくれるところが、一体どこにありますか。そうしてここにいわれていることが正しいと証明までしてくれるのです。(奇跡が次々に起きてです)この正法神理はです。

こんなところはさすがにないでしょう。こういう考えはおかしい、ああいいう考えはおかしい、そうして、これこそ正しいといくらいわれてもです。さすがに、その証明までしてくれる(奇跡が次々に起きてくる)ところまではないからです。

この正法神理以外にはです。

いい加減気づいてください。この神理の凄さ偉大さにです。それに気づかない限り本当の幸せがくることはないからです。(仮の幸せは来てもです。心と肉体、両方が本当に救われていく、そんな幸せは来ないのです。この神理を実践しない限りはです)

どちらにせよ、今の思想のままではドンドン不幸になっていきます。そうではないでしょうか。今のままの思想で周りにドンドン悪いことが起きてくるようなら、遅かれ早かれ自分も不幸になるからです。

では、そうならないためにはどうしたらいいのですか? それには変えるしかないでしょう。自分の考えをです。

その考えをいつまでも変えないから、いつまでも不幸が続くのです。そのような自分の(間違った)考えを変えるなら本当の幸福が現れてくるのにです。

もう多くの人たちが次々に滅ぼされていっています。(多くの天変地変、パンデミック、戦争などの争いごとで)そこから救われたいのであればです。

まず自分の思想を変えることです。そこから救いの道は始まるからです。

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。