>>ブログトップへ

7月 31 2021

知るべきことを知らない罪

11:18 AM ブログ

昨日はじめて日傘を使いました。

少し前に買ったんですが、なかなか使う気にならず(荷物が増えるとか、まだいいわとか思ってです)しかし、ここ数日はまた特に暑くてカンカン照りの中を歩いていたら頭が痛くなってきたものですから(ここ数年は気温が三十五度くらいになると日向〔ひなた〕を歩いていると頭が痛くなるのです。帽子をかぶるくらいではもう全然ダメです)もう使うしかないと思って、そうして昨日は日傘をさして歩いていったんですが(晴雨兼用です)ほんとびっくりするくらい楽でしたね。

頭も痛くならなかったし、もう一度つかったら手放せなくなりました。少し前までは日傘などオバちゃんみたいでカッコ悪いと思っていましたが、もう六十過ぎたら夏に日傘は必須ですね。(笑)当分お世話になります。まだ当分は暑いからです。(笑)

しかし、昨日は歩いていて本当に静かでしたね。これもまたびっくりしました。(笑)歩いている人から、トラックまでほとんど嫌がらせをしてこなかったからです。(数人、数台のトラックにはされましたがほんと少なかったです)

昨日のブログが相当きいているようですが(苦笑)では、これまでそういうことをしてきた人たちは、私に嫌がらせをしても何も起きないと思っていたのでしょうか?

私に嫌がらせをしたところでどうということはないと思って、それでしてきていたのでしょうか?

だとしたら、大変なことをしましたね。その人たちはです。そういうことをした人の全員とまではいいませんが(全員かもしれませんが)ほとんどの人に現れているはずだからです。災いが(天罰が)です。

大人から子供までずいぶんいますよね。そういう人はです。だから、そのような人たちはそのような大事なことを知らなかったということです。だから天罰を受けた。その人たちは、神理を説いている者に嫌がらせなどしたら天罰がくだるということを知らなかったからです。

しかし、昨日などそれでもまだ私の前で思いっきり嫌がらせをしてきた人もいましたが、そういう露骨なことをした人には必ず現れるのです。災いがです。

しかし、そういう人たちの中にはそのことを知っていて、それでも意地になり私に嫌がらせをしてくる人もいるのでしょうが(どこかの会社の連中のようにです)しかし、そのような人たちは、天罰を受けた後、それからまたどれだけ大きな苦しみを与えられるのかを知らないのです。(地獄で)

神理を説いている者に嫌がらせなどし続ければ、その人は確実に死後は地獄に堕ちるからです。その地獄での苦しみは想像を絶するからです。

しかし、その人たちはそこまでの苦しみを知らない。だからまだくだらない意地など張って、そのような罪深いことをし続けている。その人たちは、死後の地獄の世界での苦しみを知らないでいるからです。もし、知っているのなら、とてもそんなことは出来ないはずであるからです。地獄での苦しみは自分の小さな意地などとは比べものにならないくらい大きいからです。

そうしてそれは神理をきき続けていながら、まったく感謝しようとしない人たちも同じなのです。そういう人たちもやはり同じように天罰を受け、そうして死後は地獄に堕ちるのです。

この世で一番価値ある神理をきかされていながら、全然感謝しないなどということは大きな罪であるからです。そういうこともまた知らないでいるのです。神理を見続けていながらまったく感謝しないでいる人たちはです。

釈尊は、この世で一番悪い人とは「知るべきことを知らない人である」といわれたのです。

他のことをどれだけ知っていようとです。一番肝心な神仏とのことを正しく知らないことには、その人は地獄に堕ちるのです。

この世で神仏との関係が一番重要で大事なことであるからです。

それはそうでしょう。まず神仏との正しい関係があって、はじめて自分たちの生活や仕事や遊びなどやれていくからです。神仏との関係がうまくいかないと、日常生活に支障をきたし、何をしていてもうまくいかないからです。

今がまさにそれなのです。現代の多くの人たちが神仏など別に関係ないと、神仏などいなくても自分たちは生活が出来ていると勘違いしているのです。

その神仏がいなければ、このような世界で自分たちは生活など出来なかったということを知りもせずにいてです。生活どころか、自分さえも存在出来えなかったということも知らずにいてです。

そういうことを全然知らずにいて、その神仏を平気で否定している。哀れ(バカ)というしかありませんが、そういう(間違った)態度を取り続けているから、これだけ災いも多いのです。

肝心要の神仏のことをまるで知らないでいるからです。現代の多くの人たちはです。いつまでたってもです。私がこれだけ神仏の存在と神仏に対する正しい態度を発信しているにもかかわらずです。

それでもまだ無視を続け、天罰を受けまくっている。一番知らなければいけない神仏のことを多くの人たちが知らないからです。(知ろうとしないからです)

しかし、そのような知るべきことを知ろうとしない罪は本当に大きいのです。それがためにこれほどの災いも現れているからです。

いい加減、神仏のことを正しく理解し、感謝の布施くらいされませんか。それを無視し続けるなら自分たちの罪はドンドン増えていき、取り返しがつかないことになるからです。

すでにそうなっているのです。だから、これほどの災いも現れてくる。あまりに罪深い人が今生は多いからです。本当の神仏に対してです。

いい加減お分かりになりませんか? 釈尊が、なぜ知るべきことを知らない人がこの世で一番悪いといわれたのかということをです。

こうなってしまうからです。まさに現代の人たちは釈尊がいわれたことを、そのまま体現しているのです。証明しているのです。釈尊がいわれたことの正しさをです。

現代の人たちは神仏に対し知るべきことを知らなかった。それがために際限なき罪深いことを神仏に対しし続けている。だから際限なき災いが起き続けているのです。日本など特にです。(他国でも似たようなところがありますが)

天罰を受け続けているということです。日本の人たちなど神仏に対し罰当りなことをしているという自覚がまるでないからです。だから自分たちの罪がまるで分からない。神仏など存在しないと思っているからです。

しかし、神仏は存在するのです。だから、その神仏に対し罰当りなことをし続けるなら、数百年、数千年に一度の災いが普通に起き、そうして数百年に一度クラスの感染症まで現れ、多くの人々を苦しめる。

神仏に平気で逆らっている罪はそれだけ深く大きいからです。

数百、数千年に一度の災いなど、それだけの年数がたたないと起きてくるものではないのです。そういう災いが一変に起きている。いま現在どれだけ信じられないことが起きているか分かりますか? この日本にです。

しかし、そういうことさえもうといのです。温暖化だから仕方がないなどと他人事なのです。自分が神仏に逆らっているなど(それだけ大きな罪を犯しているなどと)毛ほども思っていないからです。現在の日本の人々はです。

だから知るべきことを知らないということはそれだけいけないことなのです。罪深いことなのです。知るべきことを知らないでいては、それがどれだけ悪いことかも分からず、その悪いことをいくらでもし続けてしまうからです。

すると、その罪はすさまじく大きくなる。それがいま現在の日本であるということです。

だからこれほどの災いも起きている。あまりに多くの日本の人たちが神仏に対する罪を知らないでいるからです。

それでまだ、そのようなすさまじく大きな罪を犯し続けるつもりですか? 数百年、数千年に一度の災いがこれだけ頻繁に現れていてもです。(これだけの災いが現れているということが何よりの証拠なのです。いま現在の日本の人々の犯している罪の大きさのです)

これでもまだ分からないというなら、今度は数万年に一度、数十万年に一度の災いが現れてくることになりますが、そんなことになったら日本など簡単に滅亡しますね。(そこまでの歴史は日本にはありませんから。〔苦笑〕)

知るべきことを知らないことの罪深さ、まだお分かりになりませんか?

31コメント

31 コメント to “知るべきことを知らない罪”

  1. gtskokor2022/03/30 at 10:11 AM

    ロシアとウクライナの紛争は停戦交渉が大きく進んだようですね。まずはよかったですね。そのまま進んでいってほしいものです。
    しかし、そのじゃまをする人たちはたくさんいます。(欧米も含めて)とことんまでやれなどといっている人たちもいるようですが、そのようなところで分かりますよね。本音はです。そういう人たちはこの紛争を終わらせたくない人たちなのです。
    なんでも陰謀論でかたずけるのではなく、そのような表ではいい顔をして裏で真逆のことをしている人たちはいます。(善人の顔をした悪人はです)そういう存在にもいい加減気づかないといけないのです。日本の人たちはです。(特別日本の人たちだけではありませんが)
    とにかくこのロシア、ウクライナ紛争はいろいろ複雑な事情があるようです。(ナトーの問題からエネルギー問題から様々な裏事情から)あまり日本が口を出すのではなく、まず日本は日本のやるべきことをやりましょう。そういう事情も分からず(知らず)よけいなことをして、またミサイルが飛んできてもいけないからです。
    だいたい北朝鮮からあんなミサイルが日本近海に飛ばされても日本は口だけなのです。(制裁を強めるだの遺憾だのいうだけでです)韓国だってミサイルを撃ち返すのです。
    なんで日本はやらないのですか? 口だけなんでしょうか? それでミサイルを止められるのですか? まずそのようなミサイル発射を止めてからやってほしいものです。政治家の威勢のいい発言や制裁はです。
    それを欧米と同じようにしてしまい。ミサイルを飛ばされても、そのミサイルに何も対処しないではあまりに無責任であるからです。
    政治家がある国に制裁などすれば、それをされた国は当然それを敵対行為とみなしてやり返してきます。なのに、その対処方法も考えず、そんな敵対行為を政治家がし続ければどうなるのですか?
    もっとやり返されるということです。特に日本のような口だけの国はです。すぐに他国に(アメリカに)頼ってしまう情けない国はです。
    防衛費を増やすことも(最低、今の倍くらいはです。ドイツのようにです)敵基地攻撃能力も何もしていないではないですか。日本はです。それで他国に制裁などして大丈夫なんですか? 威勢のいい政治家もいますが、そんな口だけではいけないでしょう。政治家はです。やるならやるで、それ相応の相手がやり返してきた時の対処方法も考えていないといけないからです。
    それがあるのですか?
    だから私はいっているのです。まず日本はやるべきことをやらないといけないとです。そんな口だけで大して防備もないまま他国に制裁もないからです。まず日本がやることをやってからそうするならまだしも、何もしていないうちから、そんなことをぼんぼんしていてはしごを外されてからでは遅いからです。(やりますからね。欧米はです)
    日本一国で対処出来るのですか。そんなロシアも、北朝鮮も、そうして中国までもです。欧米がいるからと同じようにしてしまい、その後、欧米がアジアから手を引いたら日本は一国になってしまうのです。アジアでここまでこの紛争に首を突っ込んでいる国などないからです。
    欧米にまったく合わせないということも無理な話でしょう。なら日本はもうこれ以上のロシアに対する制裁はやめて、停戦交渉に力を注いではどうでしょう。
    そうして、この紛争でさらに日本の悪いインフレは進んでいるのです。日本の防衛力強化はもちろんですが、こちらの方の対処が先でしょう。日本国内がダメになってしまっては他国に制裁もないからです。まず日本のことをしっかりやってからはじめて他国のこととなるはずだからです。
    五千円給付などとくだらないことをいっているのではなくです。(苦笑)防衛力の強化と国内景気の回復、復活をまずやりましょう。日本はです。
    他国のことはそれからだからです。そうしないとあまりにやっていることが危ういからです。今の日本はです。

  2. gtskokor2022/03/31 at 10:58 AM

    今日はまた朝から激しくお怒りのようです。どこかの会社などです。
    その怒りの原因は分かっています。昨日のことです。夕方、帰ってくるとやたら怒っているのがいてガンガンガンという音がまたどこかの会社の中からきこえてきました。
    それで私が「なんだまた死んだ奴が出たのか」などと声をかけるとシーンとなります。大丈夫なんでしょうか。この連中はです。こんなに滅ぼされる人が出ているのに怒っているだけでです。
    私が出ていって帰ってくるまでの半日くらいの間にまた滅ぼされた者が出ているのです。にもかかわらず、それでも怒っているだけなのです。
    いかれているのではないでしょうか。そんなことが次々に起きていて恐れるどころか怒り狂っているというのですから。完全にやられていますね。悪魔にです。もう洗脳されているのです。悪魔の自由(民主)主義にです。
    だから分からないのです。いま起きている恐ろしいことがです。そのような恐ろしさより自由が優先されているからです。
    なんでもかんでも自由。自分たちが死ぬようなことが起きてきても、それでもお前のいうことになど従わない。それもまた自由。元々は自分たちが悪いのにです。(ほんと恐ろしさを超越しています。自由がです)
    神理をきいているにもかかわらず感謝もせず嫌がらせをしていたのは自分たちの方なのです。そういう自分たちが先に間違ったことをしているのに、自分たちの悪いのは絶対に認めず、自分たちに起きてきた悪いことばかりを怒り、それを全部私のせいにしている。そうして怒りまくりでかい音を立てて周りに迷惑をかけまくって、その迷惑をかけていることもそう。それは自分たちが悪いわけではなくすべて私が悪い。
    このようにすべて自分たちに都合よく考えるのもまた自由。いま西欧諸国に押し付けられている自由とは(民主主義とは)こういうものをいっているのです。何でもかんでも自分たちのこと(個人のこと)が優先ですべて個人の自由。何が起きてきても自分優先で、自分が間違ったことをしていても、それを認めようが認めまいがそれも自由、そのせいで自分に悪いことが起きてきて、それをどれだけ責任転嫁しようが、それもまた自由。すべて自由なのです。
    しかし、欧米がいう自由はその通りでそれが正しのです。今いわれている欧米の民主主義である自由主義は、民が(自分が)主役であるからです。
    だから、主役である自分は何をしても許されるのです。自由という名のもとにです。
    実際は許されないんですけどね。法に外れることをするなら捕まるし良心に外れることをし続ければこのように天罰を食らうのです。
    しかし、それが分からない。悪魔の民主主義に毒されている人たちはそれが正しいと(自由がすべてに優先されると)思い込んでいるからです。
    だからそれを嫌う国も多く、ロシアなどまともには向かっているのです。(中国などもそうですが)欧米のそのような思想にもです。(だから余計つぶしたいんでしょう。欧米はロシアをです。というよりプーチン大統領をです。物質面だけではなく精神面でも逆らっているからです)
    そのような思想を自分の国に取り入れたくはないからです。それを取り入れた国はすべてまとまりがなくなって揉めまくっているからです。
    中東などよい例なのです。あの中東の国々を独裁国家と決めつけアラブの春などと称して、欧米は民主化を進め中東の国々の支配者をすべてつぶしてしまった。
    その結果どうなったのか?
    イラクはいうに及ばず(フセインをつぶしたです。イスラム国が出来てしまいました)中東の国々は揉めまくり前よりひどくなっています。それぞれの国の状態がです。
    欧米がいう独裁者がいた時の方が中東などよほど静かでまとまっていたのです。ところが中東の国々が欧米のいう民主主義を取り入れ独裁者(?)を排除してしまったとたん、まとまらなくなったのです。
    なんでこんなことになっているのですか? 何でこうなったのでしょう?
    簡単な話です。それは欧米のいう民主主義が間違っていたからです。だからまとまっていた国々がまとまらなくなった。その取り入れた(というか、無理やり取り入れさせられた)思想が間違いであったからです。
    だからロシアも中国も北朝鮮も、その他の欧米の思想に逆らっている国々は欧米の考えを入れないのです。(少しくらいは入れてもです。多くはです)それを全部入れてしまうと自国がまともらなくなるのが分かっているからです。
    しかし、その欧米の思想を受け入れない国をすべて専制主義で独裁国家というレッテルを張って、すべての国に民主主義を入れ込もうとしているのがいま現在の世界であるということです。
    しかし、その考え方が本当に正しいのでしょうか? 民主主義を受け入れないところは独裁国家で専制主義と欧米はいい続けていますが(そうして我々日本人の大半はそれが正しいと思い込んでいますが)しかし、世界の国々はそれぞれの民族性があるのであって、すべての国にそのような思想を押し付けるというのはどう考えてもおかしいでしょう。その国、その国のやり方は、その国独自のやり方があってしかるべきでよその国が口を出すことではないからです。
    だから民主主義以外のところをすべて専制主義の独裁国家といういい方も当然間違いで、それは専制主義ではなく民族主義であるのです。その国独自のです。
    だからその民族主義が正しいところもあれば(ウイグルやチベットなど自分たちで静かに暮らしていた国などのです)間違っているところもあるというだけで(中国や北朝鮮などのです。これもまた私たち第三者から見たらという話なのであって自国民たちがどう考えているのかは知りませんが)それはその国々のそれこそ自由なのであり、そんな欧米諸国の民主主義が絶対の善であって、それをすべての国々に取り入れさせようとしていることこそ間違いなのです。(まあ、それには大きな理由があるのですが〔すべての国の人々をバラバラにして、その国の財を奪うという大きな目的がです〕それはコメント欄では書ききれませんので)
    そうして、その民主主義もです。果たして正しいのでしょうか? こんな何でも自由などというそのような思想がです。
    しかし、その民主主義を取り入れている国でも揉め事がたくさん起き、こちらなど多くの天罰までくだっているのです。
    そのような民主主義が本当に正しいのでしょうか? それをよく考えないといけない時期にもうきているということです。
    いつまでも悪魔の民主主義に騙されていてはいけないのです。

  3. gtskokor2022/04/01 at 10:00 AM

    また同じことが起きたようですね。昨日も帰ってくると激しく怒っていました。もちろんどこかの会社です。
    それで「また誰か死んだのか」ときくとシーンです。本当によく怒っています。こんなことが起きて(起き続けて)いるのにです。さすがに今日は引いているようですが怒ろうが引こうが同じです。頭を下げないと止まらないからです。その恐ろしい現象はです。
    もう次々にこの辺りは出ているようですよ。そのような恐ろしい現象がです。私に嫌がらせなどしてくる人にはです。
    数日前にもそれがよく分かる出来事がありました。近所の家のおっちゃんなんですが、そのおっちゃんは私が夕方帰ってくる頃によく大きな犬を散歩させていましたが、その人が私に嫌がらせをしてきたのです。
    それまではしてこなかったんですが、その時は私が他の人から嫌がらせを受けてそれでなんだかんだいっていた時でした。そこに居合わせたものですから、そのおっちゃんも私に似たような嫌がらせをしてきたのです。
    人もしているからいいみたいに思ったのか、私がギャーギャーいっているのがうるさかったのかそれは知りませんが、とにかくやってきたものですから、そのおっちゃんにもいったのです。
    「嫌がらせをしたのなら詫びを入れて布施をしないと天罰を食らう」とです。
    しかし、そんなことをいっても誰もそれをきかないのですから、そのおっちゃんもきくはずがありません。その翌日は私が帰ってくると勢いよく私の前に犬を連れて出てきていましたが(「別に何も起きんぞ」みたいな態度でです。「あ~あ、この人こんな態度を取っているのなら近いうちに必ず天罰はくだるな」とその時、思いましたが)しかし、その次の日からそのおっちゃんは急に姿を見せなくなり(あれだけ毎日のように犬の散歩をさせていたのにです)ここ数日は見ていません。
    何も起きていなければ犬の散歩はやめないでしょう。つまり何か起きたのです。そのおっちゃんにもです。
    もうそんなところがこの辺りは山のようにあるのです。大げさないい方ではなくです。(工事現場や会社など分かりやすいですから。ガンガンやってきたところが次に通ったらぱっと静かになるとかです。あるいは私に嫌がらせをしていたオバちゃんが死んだとか、病気になったとかです。母がたまにそんな話をきいてくるのです)
    だから私に嫌がらせなどしてきてはいけないと繰り返しいっているのです。もうすでに天はカンカンであるはずだからです。この辺りの人たちの(皆さん方の)不遜な態度にです。(本当に知らないということは恐ろしいです。知らずに大変恐ろしいことを平気でしているからです。それこそ大人から子供までです。昔の人たちならこんなことは誰でも分かっていたんですが…)
    それだけ天を怒らせているのに、まだ私に嫌がらせなどしていたら、そういう人など即、裁かれるでしょう。その通りのことが起きているのです。それこそもう目の当たりにです。
    だからいっているのです。もう頭を下げないといけないとです。
    皆さん方以上にすでに天の怒りは激しいからです。これだけ神理を伝えているにもかかわらず、これだけ無視し逆らった人たちはいないはずであるからです。
    昨日など震度4の地震が相次いだようですが(京都、千葉で)神理を無視すればするだけこのようなこと(災い)は起きてきます。
    神理を無視していては決してよいことは起きてはこないのです。昔の人と同様の態度を取りませんか。神理に対してはです。それが災いをおさめる唯一の方法であるからです。それは昔も今も変わらないからです。
    私など少し歩けばあちこちから鳥が寄ってきて騒いでいますし、そろそろこのくらいの時期から川をのぞけば魚たちがいっぱい出てきます。(もう庄内川などいくと出てきていましたね。ものすごい数の細かい魚たちがです。〔笑〕そうして大きな鯉も水面上のあちこちにいて跳ねるのもたくさんいました)
    多くの人たちが私に今と逆の態度を取るなら逆のことが起きてきます。それはそれは多くの奇跡がです。
    いい加減、正しい態度を取りませんか。神理に対してはです。これだけ稀有な(次々に災いや奇跡が起きてくる)体験など早々できるものではないからです。
    それもこれもすべてです。すべて神理と巡り合ったから出来ることであるのです。それなら、それに感謝するのは当然のことであるということです。

  4. gtskokor2022/04/03 at 10:33 AM

    もうこのような時期も時期です。私に対する嫌がらせはやめた方がいいでしょう。特に会社や工事現場などはです。そうしないとまた不幸な人が増えるからです。
    昨日のことです。ある大手自動車ディーラーの横を通るとその現場にはずいぶん人がいました。「あれ?ここは現場の人間がずいぶん減っていたのにな」と思ったんですが、しかし、人が増えた理由はすぐに分かりました。
    「ああ、新入社員か」とです。
    新年度も始まりました。このディーラーくらいのところなら新入社員などいくらでも入ってくるでしょう。だからきっと新入社員を入れたのです。ここは(ここの事業所は)これまでの社員である現場の作業員の多くに天罰がくだっていなくなってしまっていたところであるからです。(怖)
    そんなところによく入ってくるなと思いますが、新入社員はそんなこと誰も知りません。だから知らずにそこに配属されているのでしょうが、だからいっているのです。もうそのような時期なのだから私にこれ以上の嫌がらせはするなとです。
    そうしないと、その起きている天罰は新入社員にもくだされることになるからです。あまりに罰当たりな先輩社員たちのせいでです。
    そうなったら責任取れますか? これまでいた先輩社員の人たちはです。その新入社員にも天罰がくだされるようなら、それはあなたたちのせいなのです。
    新しく入ってきた新入社員のためにもです。頭を下げてください。自分たちがです。悪いのはすべてそちらの方であるからです。
    このような様々な場面を通して私たちの心は磨かれていくことになります。これを機に今度こそ気がついてほしいものです。そのような愛の心にです。この世界は自分たちだけでやっているのではないからです。
    さて、それはそれとしてです。ロシア、ウクライナ紛争は進んでいるのでしょうか。停戦協議はです。
    これもまた自分たちだけでやっているのではないのですが(多くの国がかかわっていますから。このロシアとウクライナの紛争にはです)しかし、そのような停戦協議は今も行われていて、ロシア、ウクライナの首脳会談に向けた事前協議が最終段階に入っているとか。急いだ方がいいでしょう。停戦合意をです。そうしないとどのようなじゃまが入るかしれないからです。そうしてそれが元で核など使われてはもうどうしようもなくなるからです。
    核戦争など絶対に起こらないと高をくくっている人もいるようですが、しかし、核がある以上はです。その可能性はゼロではないのです。必ずあるのです。核兵器が存在する以上、核戦争の可能性はです。その核を誰が使うかしれないからです。
    今回のロシアとウクライナの紛争でもそうなのです。仮にロシアが戦術核もあると核を脅しで使っているだけだったとしてもです。ウクライナの方がその核を使うかもしれないのです。
    ウクライナは核を持っていないではないかという人もいるでしょうが、ウクライナにはアメリカがついています。そのアメリカは核などいくらでもあるのです。しかもアメリカはその核があまっているとききます。ではアメリカには、その核を使いたくてうずうずしている人たちも当然いるのです。(残念ではありますが、そういう人たちはいます)
    そうであるならです。裏からウクライナ軍に核を渡す人たちがいないとも限りません。またウクライナ軍の中にはネオナチのような極右勢力も存在し(アゾフ大隊)そのような者たちに核が渡ればです。
    あるいは使ってしまうのではないですか。ウクライナはそのような連中がもう長年内戦をし続けているからです。そうであるなら同国人同士でも相当な怒りや恨みは持っているはずであるからです。(だからよくウクライナ国内の爆撃の場面がニュースに流れていますが、その爆撃をしているのはロシア軍とは限らないということです。ウクライナ人同士の長年の恨みは同国人でも変わらないからです)
    では、同じウクライナ人とはいえ、そういう人たちのいるところに核を撃つということも十分考えられるのです。そのような連中ならです。
    しかし、核など使えば、その核は当然ロシア軍が使ったということになります。ウクライナは核を持っていないはずだからです。
    だから私はいっているのです。こういうことも起きかねないからロシアは早く停戦合意をした方がいいとです。
    核を使われてしまってはもう停戦合意も何もやれたものではなくなるからです。そうしてロシアの孤立化は決定的となるからです。(さすがにもうロシアを擁護する国はなくなるでしょう。核を使用されたらです)
    そういうことが起きてもいけないから私は停戦合意は急いだ方がいいといっているのです。そうして核など使うはずがないと楽観視もしていないのです。
    このような時は、あらゆることを(そのような最悪の事態も)想定しておかないといけないからです。そうなってからでは遅いからです。
    まだまだ考えられないあらゆる方法を使ってこの紛争を長引かせようと狙っている人たちはたくさんいます。
    どちらにしても急いだ方がいいでしょう。停戦合意(調和への道)はです。

  5. gtskokor2022/04/04 at 10:05 AM

    最近はまた新型コロナの新規感染者が増えてきましたよね。
    それで第七波がきたんではないかと騒がれ始めていますが、しかし、これだけ軽症者ばかりならもう大丈夫だと、日本はいつも遅れているので欧米並みの感染者扱いに(日本よりもずっと軽い)するべきだとそういう人も多いんですが…しかし、私が気になるのは中国の動きなのです。
    なんであの国はあれだけ厳しくしているんでしょう? 新型コロナに対してです。ゼロコロナを目指しているんでしょう。それもまた無理な話ですよね。これだけ感染力が強い新型コロナの感染者をゼロにするなどです。それでは風邪をひく人をゼロにしろといっているようなものだからです。
    しかし、中国はそれを目指している。(町を丸ごとロックダウンしてしまいますから。いまだにです)なぜ? とこう思うわけです。やっていることが欧米などとは正反対であるからです。
    中国は何も考えず単に国の方針というだけで、そんなことをしているんでしょうか? それとも何か中国は知っていて(例えば、この新型コロナは後々重大な後遺症を発症する恐れがあるとかです)それでゼロコロナを目指しているんでしょうか。どちらなんでしょう?
    どちらにしても中国はこの新型コロナが発生したところです。(中国は認めませんが)そうして、そのような(生物兵器などの)研究も進めているところです。あるいは何か分かっていてそうしているのかもしれません。仮にそういうことが分かっていても中国がその分かっていることをそのまま発表するとはとても思えないからです。
    だからもう新型コロナは心配することはないという人も多いんですが、しかし、この新型コロナウイルスでどれだけ多くの人が亡くなったことでしょう。特に欧米などあまりにこのウイルスを軽く見ていたばかりにです。
    そういう意味では中国はそれも欧米とは正反対の態度を取りましたよね。それで死ぬ人もずいぶん少なかった。(発表された数字がどこまで本当だったのかそれは知りませんが)中国は何でそこまで厳しくしたのでしょう。最初からこの新型コロナウイルスに対してです。
    はじめからこのウイルスの恐ろしさをよく分かっていたから。ということになりませんか。結果だけ見るならです。
    だから気になると私はいっているのです。その中国がいまだに新型コロナに対しこれだけ厳しい態度を取り続けているからです。こんなに軽くなったはずの新型コロナウイルスに対してもです。
    日本はこのウイルスに対し欧米並みに軽く扱っているわけではありませんが、中国ほどは厳しくしているわけでもありません。その中間のやり方をしているようですが、とりあえずそのようなやり方で間違っていないのではないでしょうか。
    あまり厳しくしても経済が回らないしかといってあまり軽くしてしまっても(それこそインフルエンザ並みくらいにです)まだこの新型コロナウイルスの正体ははっきりしないからです。完全に正体がつかめたわけではないからです。
    だからこそ、このウイルスを今の時点で軽々に判断してしまうのはあまりに拙速であるということです。五年後、十年後にどんな後遺症が出てくるか分からないからです。この新型コロナウイルスが発生してまだ二、三年くらいしかたっていないからです。
    このように警戒すべきものはまだまだたくさんあります。なんでもそうですが目に見えないからとです。あまりそのようなものを軽く見ない方がいいでしょう。
    このようなウイルスも、そうしてもちろん神もです。
    その目に見えないものが大きな影響を及ぼすということはよくあることであるからです。

  6. gtskokor2022/04/05 at 10:18 AM

    今日もまた朝からずいぶんお怒りのようです。どこかの会社などです。
    しかし、そのように神からジェノサイドを受けている人たちはともかくです。(それは明らかに自分たちが悪いからです)ロシア軍がウクライナの人たちにジェノサイド(大量虐殺)を行ったそうですね。
    もうそうなったらロシアを擁護する国などなくなるでしょう。いよいよロシアは孤立しますね。本当にロシア軍がそんなことをしているのならです。
    しかし、ロシアはそれを否定していますよね。そんなロシアのいうことなど信用出来るわけがないと、今の状況なら(これだけマスコミがロシアが悪いという一方的報道をしているのなら)多くの人がそう思うのでしょうが、しかし、このような時にそんなことをしますかね。ロシア軍がです。
    だって、いま現在のロシアはただでさえ世界の多くの人々が非難しているのです。ウクライナに一方的に侵攻したということでです。
    そんな非難されている真っ最中にわざわざジェノサイドまでやりますかね。そんなことをするなら、それこそもうどこの国もロシアを擁護することなど出来なくなるからです。そんなことをして不利になるのはロシアの方であるからです。
    決してロシアにプラスになることなどないのです。そんな非道なことをするならです。にもかかわらず、ロシア軍はそんなことをしたというのでしょうか? このウクライナ侵攻の真っ最中にです。だとしたらロシア軍は悪魔の集団ということになりますが、そのようにもっていきたい人たちが裏にはたくさんいます。
    この件は国際刑事裁判所(ICC)に裁きを求めるようですが、どちらにしても公平な第三国の第三者がしっかり調べてほしいものです。ウクライナは内戦を何年も続けていて同国人同士でもずいぶん恨んでいる人たちはいるようであるからです。(ウクライナには同じウクライナ人に、それこそ親兄弟まで殺されたという人はいるでしょうから。たくさんです。何年も内戦が続いているからです)
    だから私はいっているのです。こういうことも起きてくるから停戦合意は急いだ方がいいとです。この紛争を長引かせたい人たちは何をしてくるか分からないからです。それこそ核まで使うかもしれないからです。
    しかし、核など使われたらもうロシアは完全にアウトです。(ロシアが何をいってももう世界はきかないでしょう。何せロシアにしか核兵器はないはずだからです)だから停戦合意を急いでください。そうしないとまだこれからどれだけ多くの犠牲者が出るかしれないからです。
    そうして日本は日本でです。もう正しいことをすることに力を注いだ方がいいのではないでしょうか。それこそそれも急いでです。
    だって昨日だけでも震度3以上の地震が四度も起きていますし(東京、千葉、神奈川、福島、埼玉、石川などなど様々なところでです)最近は、そのような震度3以上の地震が立て続けに起きて、そのうえ、昨日一昨日のような暴風雨も相次ぎ、明らかに末期的症状を呈しているからです。(ほんとやばいんじゃないですか。最近の日本はです)
    いよいよ日本もです。すさまじい規模の災いが起きるのではないのかと思えてならないのです。今のままではです。こちらの天罰も含めればそれこそすさまじい数の災いがすでに起きているからです。
    これだけ災いが起きているということは相当神を怒らせている人たちが現在の日本にはいるということであり、ですから、その神の怒りが頂点に達し、いよいよそのようなすさまじい神の怒りが現れるのではないのかと思えてならないわけです。いま現在の日本にです。
    だからこれほど異常なことも起きだしている。これからすさまじい神の怒りの現象が現れるその警告としてです。(ということは、いよいよ起きますかね。南海トラフがです。〔汗〕)
    その神の怒りを鎮める方法はこの神理を行う以外ないのです。多くの人がです。
    それでもまだ無視するのですか。この正法神理をです。
    どちらにしても日本も、そうして世界もです。風雲急を告げていることだけは確かなようです。
    このような時に本当の神の教えが出現しているというのに何も気づかないのは(気づこうとしないのは)あまりに愚かであるのです。その本当の神の教え(神理)の実践だけが自分たちが救われる唯一の方法であるからです。
    いい加減それを理解されませんか。本当にこのままでは大きな災いが日本にくることは間違いないからです。(それが天災なのか、人災なのか、それは分かりませんが、どちらがきてもおかしくはないということです。今のままではです)
    そのような大きな災いを唯一(調和と安らぎのうちに)防ぐことが出来るのがこの正法神理なのです。
    この正法神理の偉大さをいい加減理解してください。このブログを長年見ている人たちはです。そのような人たちが気づかない限り日本が救われることはないからです。

  7. gtskokor2022/04/06 at 10:07 AM

    自民党議員の先生方がロシア許すまじのシュプレヒコールを上げ、制裁の強化を訴えているようですね。
    あのウクライナのブチャの悲惨な光景を見るならそうなるのでしょうが、しかし、それにしても不思議ですよね。そう思いませんか。
    だってロシアとウクライナの停戦協議が進んで首脳会談が決まりかけたとたんこれです。続々とロシアの悪行が出てくるのです。
    なんで急にと、なんでこの時にと思いませんか。あまりにタイミングが悪いからです。(これで首脳会談など吹っ飛ぶわけでしょう。あのウクライナの大統領も急にやらないとかいいだすし。〔ほんとコロッと態度を変えるんだから。自分からやりたいやりたいとあれほどいっていたのにです。こんなことが分かったのならよけいやればいいのです。首脳会談の場で堂々とプーチン大統領を糾弾すればいいからです。こういうところでよく分かるのです。あの大統領がいかに傀儡かがです〕)
    しかし、あのブチャの映像もです。死体の映像がよくテレビに出てきていますが(ネットで写真とかも出ていますが)あの映像おかしくないですか。ロシアが主張するような死体の手が動いたとか、起き上がったとか(そこらへんは矛盾点がいろいろ指摘されていますが)それ以外でもあの死体はもうずいぶん前からあそこに放置されていたんですよね。
    それにしてはきれいすぎていませんか。あの死体はです。まるで今さっきそこで死んだようにきれいなのです。あの死体の服など見るとです。おかしくはないですか。何日も前からそこに放置されていた遺体の服がああもきれいなのはです。
    ふつう汚れますよね。何日も外に放置などされていたらです。屋内ならともかくです。(雨も降っていたようですし)しかし、妙にキレイなのです。あのブチャの死体の映像や写真など見るとどの死体の服もです。ひどく汚れている服の遺体などないのです。その死体はもう何日も前からそこに放置されていたはずであるのにです。(こう書くと、とたんにひどい汚れの服の死体の映像が出てくるかもしれませんが。〔苦笑〕)
    まあ、こういうことも考えて自民党の先生方はロシアへの制裁も考えてほしいものです。あの死体の映像は明らかにつくられているからです。しかも見え見えのやり方でです。
    それで一般市民が簡単に騙されるというのは仕方ないのかもしれませんが、与党の先生方まで簡単に騙され同じことをしていては我々がそのような人たちを選んだ意味がないのです。
    今は写真や映像などいくらでも加工出来ます。あまりそのようなものを信じるのではなく起きていること全体をよく見て、そうして部分もしっかり見て、それで判断してほしいものです。いま起きていることを正しくです。
    しかし、このように見てくると分かるはずです。この紛争を終わらせたくない人たちがいるということはです。
    残念ではありますが、そういう勢力は存在し(マスコミから政治から経済から何から何まで〔裏から〕支配している存在はです)そのような強大な力が働いているということです。いま現在の世界にはです。
    そのようなことも踏まえて(そのような裏から支配する強大な悪の力のことも踏まえて)この正法神理を見てください。この神理だけだからです。本当に正しいものはです。
    また今日の未明に震度4の地震が起きたようですが(宮城で)いつまでも気づかないと(本当に正しく大事なものにです)神の怒りはいつまでたってもおさまりません。
    日本など神の怒りが頂点に達しようとしています。いい加減、神の恐ろしさを知り、神の偉大さを知って、神の心に従いませんか。
    神の心(神理)に従うならどれだけ強大な悪がこようと負けないからです。

  8. gtskokor2022/04/07 at 10:42 AM

    今日の新聞など見てもどんどん出てきますね。ロシアの悪行がです。あちらの町で二百人、こちらの町で四百人と、死者や行方不明者が続出しているようなんですが、これでは停戦協議など進めようがないですね。
    ほんと停戦協議が煮詰まってきたら急にこれですからね。(ロシアだけの悪行続出)明らかに意図的なものを感じますが、しかし、そのロシアの悪行のジェノサイドの証拠があのブチャの死体の写真ですか。
    しかし、昨日も書きましたが、あの写真はどう見てもおかしいのです。だって、あのような死体は皆、二週間も三週間も外に放置されていたのです。(そういうことですよね。衛星写真を見たら先月の十八日とか十九日辺りからあったんでしょう。あの死体はあの場所にです)その死体がみな妙にキレイでほこりもかぶっていないのです。
    なぜ? ということになりませんか。普通なら泥だらけでボロボロになっていないとおかしいからです。あの辺りはこの二、三週間の間に雨か雪まで降っていたからです。
    それに道路に転がっている死体でもそうです。(これもまたずいぶんきれいなんですが)あのように道路のあちこちに二週間も三週間も放置されていたのでしょうか? あの道路はロシア兵も使っていたはずなのにです。
    あんな道路の真ん中辺りに死体が転がっていたのならじゃまで仕方ありません。そこをロシア兵の戦車やジープやトラックなどが通っていたというのでしょうか?
    あまりに不自然なのです。あの映像(写真)はです。まるでその撮影が行われるすぐ前につくられたかのようであるからです。
    だから私はいっているのです。第三者機関がよく調べてから結論を出した方がいいとです。今からロシアの戦争犯罪だのなんだの一方的にいっているのではなくです。
    しかし、もう国連から欧米から日本のマスコミから大騒ぎです。今日の中日新聞など一面にでかでかと「ロシアが裁かれる日まで」などと出ています。
    こういうところも意図的なものを感じて仕方ないんですが、そこは冷静に見た方がいいでしょう。このコメントを読んでいる人たちはです。あんな子供だましの写真や映像だけでこの騒ぎ方は明らかにおかしいからです。
    しかし、ロシア、ウクライナと騒いでいて大丈夫ですか? 日本はです。だってもうずいぶんおかしなことがたくさん起きているからです。いま現在の日本にはです。
    こちらの天罰もそうなんですが、今さっきも(このブログを書いている最中にも)地震が起きましたね。愛知県の新城市で震度4の地震がです。(こちらも揺れましたのですぐに分かりました)
    たしか昨日も和歌山県でやはり震度4の地震が起きたようですが最近は立て続けですよね。このクラスの(震度3以上の)地震がです。
    これだけ地震が続出していて、ロシアだ、ウクライナだと騒いでいる場合でもないでしょう。そのうちに日本に南海トラフ地震が(または首都直下型地震とか)起きたらシャレにならないからです。
    日に四度も震度3以上の地震が起きた時もあるのです。いくら何でも起きすぎていませんか。最近はわりと強めの地震がたくさんです。
    そのような地震が東北はもちろんのこと関東で起きたり、北陸で起きたり、関西で起きたりと広範囲にわたり、そうして今日は中部ででも起こりました。
    いよいよこの辺りも裁かれるのではないですか。今度は大きな災いによってです。どれだけ天罰を(小さな災いを)食らっても、この辺りの人たちは反省もせずいつまでたっても神理にそっぽを向いているからです。神理を読むだけは読んでいてです。
    そんなことをしていてよいことが起きてくるわけがない。その通りの悪いことがこれだけ起きています。
    ロシアが裁かれる前に日本が裁かれないよう気をつけてください。このままでは裁かれるのはロシアより日本の方が早くなるからです。そのような傲慢不遜な態度を多くの人が神に対し取り続けているのならです。
    そのような態度を反省されませんか。神理を知ったのなら謙虚に頭を下げないといけないのです。それが過去からも、そうしてこの先、未来永劫にわたり神理を知った人たちの取るべき正しい態度であるのです。
    もう少し真剣にきいてはどうでしょう。私のいうことをです。私のいうことを無視し逆らい、そうして亡くなった人もいるのです。(ほんとそういう人がもしかしたらたくさん出ているのかもしれないのによくいつまでも無視しています。私のいうことをです)
    神理をきいているのなら取るべき正しい態度があります。その正しい態度をいつまでも取らないからいつまでも災いが止まらないのです。
     

  9. gtskokor2022/04/08 at 10:33 AM

    ロシアとウクライナの停戦交渉はウクライナ側が態度を翻(ひるがえ)し非難の応酬になっているようですね。
    最初からそれが狙いですからね。ウクライナ側(の裏にいる人たち)はです。だからあんなブチャでの子供だまし映像も(写真も)でっち上げた。この紛争を長引かせるためにです。
    ウクライナの人たちが(一般国民が)哀れで仕方ありませんが、このようなあからさまな状況を変えることが出来るのはもはや神の力のみなんですが、しかし、それを信じる人がほとんどいません。
    では、神理を知っている私などよい方にいくようにと祈るのみですね。現時点では、それ以上はやりようがないからです。(神理を信じる人が多ければもっとやりようがありますがね)
    だからそのように祈るだけです。ロシアウクライナだけではなく世界がよい方にいくようにとです。この紛争は世界に大きな影響を与えているからです。
    とりあえず、そんな他国をあまりかまっているよりです。自国の方が気になります。最近は地震も多いし、私の周りなどすさまじく怒っている人たちもたくさんいるからです。
    昨日も凄かったですからね。洗濯にいったんですが、もう周り中が(の工事現場や会社が)怒っていましたから。(もう大人気でした。私などです。ガンガンやられましたから。そこらじゅうからです。〔苦笑〕)
    呆れますよね。自分たちが先に嫌がらせをしてきたくせにです。それで何か起きてくると怒りまくっている。
    まあ、最近はその度が過ぎていますので(皆さん方の怒り方の度がです)何度でもいいますが、そういう人たちが私に嫌がらせなどしなければ、その怒っているようなことは起きていなかったのです。実際、私にあう前まではそんなこと起きていなかったんですよね。その怒っている人たちのところにはです。
    しかし、私とあって、そうして、私に嫌がらせをし始めてからそういう怒るようなことが頻繁に起きてきた。違いますか? 
    もし、そうであるならです。その嫌がらせをしたことを私に詫び、感謝の布施をして、そうしてこれからは私に嫌がらせなどしないことです。そうすれば、その怒っているようなことは止まり今度はよいこと(奇跡)が起きてくるからです。
    しかし、それをどうしてもしないというのであればです。その怒っていることはもっとひどくなり、最後には自分たちが滅びてしまいます。その通りのことがもうずいぶん起きているようです。
    滅びる前に悔い改めてください。神理にかかわるとはそういうことであるからです。
    勝手に神理を見るだけ見てです。自分は知らない、関係ないは通用しません。だから早く他の人も、このブログを見ていながら感謝していない人たちは感謝されることです。また大きな災いが起きてはかなわないからです。その前ぶれがすでにずいぶんきているようであるからです。(それが最近よく起きる震度3、4クラスの地震です)
    さて、その神理を説いて実践している私などはです。最近はよく庄内川などにいっています。この時期はまたいろいろな鳥など飛んできて、そうして魚などもよく出てきて楽しいからです。そのような自然が多い場所はです。(辻説法ばかりしていても気がめいりますから。あまりに皆さん理解しないからです)
    二、三日前もそうでした。庄内川の川岸に座っていると、もう細かい魚たちがいっぱい出てくるのです。この前もすぐ前の水面辺りにわいてくるかの如くいっぱい出てきて泳ぎ回っていました。「お前ら元気だな」と声をかけるとよけい嬉しそうに泳ぎ回ります。
    そうやって細かいのに気を取られていると、近くで大きな魚がいきなり跳ねます。ちょっとドキッとするのですが(あまり近くで跳ねられると跳ねる音が大きくて〔近くでバシャとかしますんで〕驚いて心臓が止まりそうになりますが。〔笑〕)そのような跳ねる魚ばかりでなく、少し離れたところでごつくて大きな魚がいきなり顔を水面から出す時もあるものですからね。(魚によっては体を半分くらいまでがばっと出してきます。それだけごつくて大きなのはごつすぎて跳ねられないようなのです)よく見ていないと何か海坊主みたいなものがいきなり水面から頭を出したということで、なんだユーマかなどと勘違いしてしまいます。(笑)
    そうして周りにいろいろな鳥も飛んでますしカニもちょこちょこ出てきましたし(もう少し暖かくなるともう凄いですよ。今度は周りがカニだらけになりますからね。〔笑〕チゴガニがたくさん出てきて他のカニもたくさん出てくるからです。あとトビハゼも凄い数、出てきますしね)またテンかイタチか分かりませんが、そのような生き物を見る時もあり(ひょこひょこ私の前に出てくるのです。私の顔を見て慌てて逃げていきますが。じゃ出てくるなよといいたいです。〔笑〕)蛇もよく見ます。
    自然の多いところにいけば、それだけ多くの生き物を私は見ることが出来るので、だから今くらいの時期から秋までは特に自然の多いところにはよくいくのです。本当に(心の底から)楽しいからです。そのような動物たちから愛をもらえてです。
    それに引きかえ、人間たちは怒りや恨みや妬みで争いばかりしています。
    ここにこれだけ愛をもらえて、そうして奇跡が次々に起きる、そのような教えがあるのです。
    なんでそれが分かっていてボサッとしているだけなんですか? それだけもったいない話もないのです。ここに本当に救われる本当の神の教えがあるからです。
    そんなことが分かっているなら、もう昔の人たちならこぞって帰依したのです。これだけの教えなど他のどこを探してもないからです。(いま現在は世界に唯一日本だけにあるのです。この正法神理はです)
    それが分かっていながらそれでも無視し(逆らい)続けている。いやはや現代の人たちの愚かさはです。これもまた度が過ぎているようです。

  10. gtskokor2022/04/10 at 10:19 AM

    ウクライナ東部の駅にロシアがミサイルを撃ち込んで五十人以上の市民が死亡したそうですね。紛争中とはいえひどいことをしますね、ロシアはです。
    しかし、ロシアは、そのミサイルを撃ち込んだのはウクライナの方であると主張しています。日本から見たらです。何と白々(しらじら)しい嘘をつくのかとそう思う人も多いのでしょうが(日本のマスコミのいうことをそのまま信じている人が多いため)しかし、世界から見たらです。ロシアの方が信ぴょう性があるとそう思う人も多いのです。
    なぜなら、あの駅に撃ち込まれたミサイルは旧ソ連製のトーチカ(SS21)といわれるもので、そのミサイルを使っているのはウクライナの方であるからです。ロシア軍がいま使っているミサイルはすべてイスカンダルに更新ずみのはずであるからです。
    だから普通に見たらあのミサイルはウクライナ側が撃ったのです。そのミサイルをロシア軍は持ってはいないはずであるからです。しかし、実際にはロシア軍はまだトーチカを持っているかもしれずウクライナ側がウクライナ市民に向かってミサイルなど撃つわけがないのだから、当然ロシア軍が撃ったのだろうと、そう考えるのは頭がお花畑な人が多い日本人くらいなもので世界の人はそうは見ないということです。
    なぜなら、ウクライナは長年内戦を続けているからです。それはロシア侵攻を許したいま現在でもそうであるからです。
    それはそうでしょう。ロシアが侵攻してきたからとウクライナが一枚岩になってロシアと戦うわけがないのです。だってウクライナの中にはそのロシアに対する親ロシア派の人もいるからです。そのような人たちは当然ロシアとともに(ウクライナ軍と)戦うのです。(そういう人たちはウクライナの人々からジェノサイドを受けていたという噂まであるのです。そのような人たちがウクライナ側につくわけがありません。そういう人たちはロシアの側についてウクライナを変えるため戦うのです)
    そうしてミサイルが撃ち込まれた駅があるところはその親ロシア派が多い東部であり、そこは元々内戦が行われていたところであるのです。
    そこにウクライナ軍しか持っていないミサイルが撃ち込まれた。
    では、それをロシア軍のせいにする方が無理があるのであり、普通に考えるならそれはウクライナ軍が撃ったということになります。ウクライナはいま現在、ロシアと戦っているだけではなく同じウクライナの人々とも戦っているからです。
    つまり今のウクライナにはロシアとの紛争とウクライナ人同士の内戦と二つの戦いが同時に起きているということです。
    そうであるならです。これまでロシアが撃ったといわれる民間人への攻撃も、そうしてブチャなどで起きているジェノサイドも、もしかしたらロシアではなく同じウクライナ人がウクライナ人に対して行っているのかもしれないのです。(だからミサイルが学校や病院などに撃ち込まれましたが、そのミサイルがトーチカなら、それを撃ったのはロシアどころかウクライナの方が怪しいということです)ウクライナの内戦はもう何年にもわたって続き、その間、多くの人々が犠牲になっているからです。その怒りや恨みは、あるいはロシア人に対する以上のものを感じているウクライナ人もいるかもしれないからです。
    というか当然いるでしょう。そういう人もです。自分の親兄弟、あるいは妻や子供が同じウクライナ人に殺された人もいるはずだからです。そういう人たちの怒りや恨みは、そういう経験をした人でないと分からないからです。
    だからよく調べないといけないというのです。そうでないと今のウクライナ国内はぐちゃぐちゃであるからです。相当危ないこともしているからです。何かにつけてウクライナはです。(内戦でジェノサイドのようなことも行われていて、そうしてそこで使っている、そのような旧ソ連製の武器をバンバン中国や北朝鮮にも売っているそうではないですか。ウクライナは平気でです。知れば知るほど危ない国ですよね。ウクライナってです)
    だから因果応報の部分はあると思いますよ。ウクライナは旧ソ連時代にもずいぶん蛮行を行ったといわれているからです。だとしたら、そのような法則は必ずかかってくるからです。
    だから日本は欧米のいうことをそのままきいて、ロシアを一方的にいっていてよいのかといっているのです。そのような事実もあり、また地政学的な問題もあり(ロシアは日本のすぐ横にあるんですが…。〔汗〕)まだこの紛争の答えを出すには早いからです。
    たしかに国際法を無視したロシアの行動は責められることであり、だから制裁をすることは間違いではないと思いますが、それもほどほどにして今度はロシアに恩を売りませんか。
    そうすれば北方領土の問題も前進するはずであるからです。
    そうすると今度は欧米に顔が立たなくなりますか。難しいですよね。日本の立ち位置もです。(日本の立ち位置が立ち位置ですから。〔苦笑〕)だから早く日本は自分の足で立たないといけないというのですが、とりあえずはです。日本は日本とくいの(とくいのって)こうもり外交を行って停戦協議に尽力しませんか。
    今はこのロシアとウクライナ紛争を止めることが第一であるからです。

  11. うなッシー2022/04/11 at 4:11 AM

    こんにちは。今週は台風が発生して天気が崩れる模様だと天気予報では話してますが、さてこな台風の動向が気になるところです。話は変わりますが、ここ最近反省の時に読み上げる、高橋信次先生の書かれた心行や園頭広周先生の書かれた感謝の祈りが以前より明確な心の変化を感じられる様になりました。しかも、心のどこかで、恐れ多い話なのですが、先生方の発した御心を私が発している、とまで悦びが感じられるのです。とても素晴らしい物を先生方は残されたんだと思うし、それだけに、とても重大な責務を感じます。来月から先にお話しした、ボランティア団体の代表を任されることになり、あれこれ準備しています。どのような運営方針にして、どのような活動をしていくのか。そんなところを側近にあたる役員と話を進めている最中です。神に感謝しながらその想いを皆の心に訴え掛けて行きます。

  12. gtskokor2022/04/11 at 10:34 AM

    段々、高まってきているのではないですか。ウナッシーさんの心がです。そのような心でボランティア団体の活動も進めていかれたらよいでしょう。そうすればそこにまた多くの奇跡が現れてくるからです。
    そのようなウナッシーさんの心とは裏腹に段々低まっていっているのがこちらの人たちの心でしょう。(苦笑)
    本当大変そうですからね。どこもです。最近など私が歩いていると近くの会社や工事現場だけでなく、ずいぶん離れたところの会社や工事現場からも大きな音が響いてきます。それで「なんだ死んだ奴でも出たのか」などときくとシーンとなるところもあり、そんなことが起きてきているのに騒いでいるだけなど、まさに前代未聞。あり得ない態度ですね。現代の人たちはです。
    普通はこんなことが起きているのなら、みな神を恐れて頭を下げ自分たちが悪かったと反省し、布施などするものですが、今の人たちはそんな態度を取る人など皆無です。
    それどころか、今の人たちはそんなことが起きるものなら、みな烈火のごとく怒り、お前のせいでこうなった、悪いのは皆お前、とこれです。
    呆れるくらい自分本位な態度です。そうしてそのような態度をもう何年にもわたりし続けているというんですから(それで天罰がくだりまくっている)もう天も同様に呆れているでしょう。本当に呆れるくらい未熟な態度であるからです。
    それはそうでしょう。そんな子供のような態度はないからです。大人であるなら、これまでの人たちと同様の態度を取って、そのような天罰がくだらないよう努めるからです。
    それが神の心を知る人間の取るべき態度であり、また、そのままでは死後の世界はどれだけ苦しいものとなるのかを昔の人たちは誰も理解していました。だから、誰もそのような態度を取らなかったのです。先の先まで考えていたからです。
    しかし、現代の人たちは今のことだけ、自分のことだけしか考えていない。だからそんな恐ろしい態度を平気で取り続けていられるのです。それだけ考えが浅く先のことまで考えないからです。
    二、三日前のことですが、こんなことがありました。
    私があるところを歩いていると家を建てているところがあり、その横には公園がありました。その公園の横で家をつくっている大工連中が私が近くを歩いていたら急にでかい音を立ててきたのです。前回、通った時の話なんですが、それで私がまたかと思い「必ず罰が当たるから、そういうことはやめとけ」とその連中にいったんですが、もう私のいうことなど無視で私がそのようなことをいえばいうほどそこの連中はでかい音を立ててきます。(ほんと子供か、といいたくなりました)
    その時にあまりに派手に騒ぐものですから(ほんと近所迷惑もはなはだしい)こちらも癪(しゃく)にさわって「分かった。それなら今度ここを通った時、同じ態度が取れたのなら褒めたるわ」などと私もその連中にケンカを売るような捨て台詞を残して歩いていったんですが、その時に横の公園で遊んでいた子供らが私の方を見てケラケラ笑っているようなのもいたのです。
    当然この子供らは私のことを知っているでしょう。それでその公園で遊んでいた子供らにも「お前らも神理をきいているのなら感謝しないと罰が当たるぞ」などといったんですが、子供など特に人がたくさんいるところでは(何人もその公園では子供が遊んでいましたから)いうことをきかないでしょう。まして、横の大工が私にそういう傲慢な態度を取っています。それをまねする子供らがいて当然でしょう。(だからまず大人がちゃんとした態度を取らないといけないのです。神理を説いている者にはです)
    その子供らの中にはヘラヘラバカにしたように笑い「お前のいうことなどきけるか」という態度を取っている者もいたのです。
    それで私はそのような子供らにもいっておいたのです。天上界は大人も子供もないとです。心しか観ないから神理を説いている者にそういう態度を取っていては罰が当たるとです。しかし、そこにいた子供らはそれをききませんでした。
    私のいうことなど無視して、ケラケラ笑いながらこちらを見ていたのです。
    それで私は、じゃあどうなっても知らないと、子供らにも今度ここを通った時、同じ態度が取れたら褒めたると、そういい残して歩いていきました。
    そうして二、三日前にその同じ場所を通ったのです。
    案の定、大工たちは静かにしていました。こちらが何をいってもコトリとも音を立てませんでした。(公園の子供らもそのことをきいていたのですから意地になって音を立てる者がいるかもしれないと思いましたが、そういう者もいませんでした。よほどのことが起きたのでしょう。死ぬ人でも出たんでしょうか?〔汗〕)
    それはまだ分かるんですが、驚いたのは、横の公園にいた子供たちです。
    前回と同じように遊んでいた子供は多かったんですが、みな遊びをやめて引きつった顔でこちらを見ています。近くに犬を散歩させている子供もいたのですが、その子供まで動きを止めて犬までおさえています。
    「なんだ?」と思いましたが、態度が極端に変わってしまっています。そこにいた人たちがです。ということは、大工連中だけでなく、その公園にいた(そうして私を見てヘラヘラ笑っていた)子供らにもよほどのことが起きたということになります。これだけ態度が変わってしまっていてはです。
    こういうことになるのです。神理をバカにして、ききもしないでいるとです。
    もうそのような天罰がバンバンくだっています。それこそ大人から子供にまでです。そのような傲慢不遜な態度を神理を説いている者に対してしては絶対にいけないからです。
    神理がきけるくらい有難い話もないのです。もっと謙虚になって昔の人たちと同様の態度を取りませんか。
    それが神の子の人間として取るべき正しい態度であるからです。

  13. gtskokor2022/04/13 at 11:00 AM

    昨日は久しぶりに内海にいってきました。(何年ぶりですかね)いろいろ魚がいましたね。カニやエイなども見られてよかったです。(エイも何匹も見ました)なにか水族館に(というか動物園ですか)にいっている気分になりますよね。ああいうところにいくとです。
    海で魚を見るだけではなく他の生き物もたくさん見られるからです。
    海を見ながら歩いていると上からピーピー音がきこえてきます。それで上を見上げるとたくさんツバメが飛び回っていたり、トビが飛んでいたり、スズメなどの他の鳥たちが飛び回っていたりといろいろ飛んでいます。
    かわいいものですよ。そのような生き物に声をかけるとみな喜ぶからです。それを体で表現するのです。そのような動物たちはみなです。
    泳ぎ回ったり跳ね回ったり飛び回ったりしてです。鳴きわめく鳥たちもいますが(それは少々うるさい。〔笑〕)ずいぶん違いますよね。人間と動物たちとではです。私に対する態度がです。(苦笑)
    内海にもいましたね。そのような動物たちと極端に態度が違う人間たちがです。(そりゃいるでしょう。〔笑〕)それこそ、すぐにでも病気になってしまいそうな、そんな哀れな人たちがです。
    それでその人たちに「必ず病気になるからすぐに布施した方がいい」といったんですが、しかし、きかないんでしょうね。私のいうことなど誰もです。
    すでに(昨日の今日ですが)その中に、その病気が出た人がいるんではないでしょうか。私がいったことは必ず起きるからです。
    しかし、病気になるくらいならまだいい方だと思いますよ。昨日などその内海から帰ってくると帰り道ずいぶん怒っている工事現場がありました。もう遠くからガンガンやっています。それで「死んだのが出たのか」などときくとシーンです。
    そうして家に帰ってくれば帰ってきたでどこかの会社の連中がまたお怒りです。夜おかしな電気のつけ方をしていたのでこれもまた完全に誰か死んでる人が出ているのでしょう。(朝も確認しましたので間違いありません)
    本当に恐ろしい、もうこちらなど、どんどん滅ぼされている人が出ているようなんですが、こんなことが起きていてです。(滅ぼされるのはもちろん、私の周りに次々に現れてくる愛ある現象も含めて)それでも神理を無視している(逆らっている)人たちなど多分、史上初でしょう。
    これだけ稀有なことが起きていては普通は無視も逆らうことも出来ないからです。これだけ自分たちと違う現象が現れ、また滅ぼされてもいっているのなら、昔の人たちならもうとっくに頭を下げたからです。
    逆らうわけがないでしょう。そういう人たちが次々に病気になり、死んでいっているのです。それが一人や二人ではなく、多くの人にそのような現象が現れているのです。そのようなこと以外でも大雨や地震や台風など、そういうことまで次々に起きてきているのです。神理を多くの人が無視し逆らっているためにです。
    こんなことがもう連続して起きていて、それでも神理を説いている者を無視し逆らうなどもうどれだけ愚かな態度か分かりません。そんなことは誰でも分かるのです。これだけの結果が出ているからです。
    だから昔の人たちは誰も神理を説いている人のいうことに従ったのです。そうすることが自分たちが一番幸せになれるということが分かっていたからです。またこれだけ違う結果が出ているのです。(自分たちが逆立ちしても出せない結果がです)頭を下げなければあまりに情けないでしょう。人としてです。出る結果が違いすぎているからです。
    実際にそのように考え、そうしたから多くの人が幸せになっていった。
    そうですよね。釈尊やキリストが説かれた神理に従った人たちはみな幸せになっているからです。逆らえば、その逆らった分だけ不幸になったからです。それはこれまでの多くの人たちがすでに経験している事実であるのです。
    そうしてそれはいま現在であっても、その通りの結果が現れているのです。神理は昔も今も変わらないからです。だから結果も変わらない。同じものであるからです。神理に従えば、その従った分だけ幸せが、そうして逆らうならその逆らった分だけ不幸が、その人に訪れるのです。
    いま現在は神理に逆らっている人が多いからこれだけ多くの不幸が現れているのであって、従うなら、これだけ奇跡が起きる(幸せになれる)教えはないのです。それは私が証明しています。
    神理に従おうが従うまいが自由ではないのです。神理は本当の神の心なのでありその神の心に従わないというのなら、それは悪魔の心なのであって、そういう人はすでに悪魔に洗脳されているということです。
    だから神の心に従えない。すでに悪魔の思想の虜となっているからです。
    だから、そのような人たちに次々に不幸が降りかかっている。(だから災害大国となった日本に住んでいる人たちなどまさにそれです)悪魔の虜となっている人たちが幸せになれるはずないからです。
    だから、今の考え方自体すでに不幸なのです。多くの人が悪魔の思想に洗脳され、自分で進んで不幸の道を歩き続けているからです。
    この神理に気づいて(本当の神の心はこれだとです)そうしてこれを行わない限り幸せはこないのです。
    そのような事実にいい加減気づきませんか。それにいま現在の人たちがしている行為はあまりに情けないのです。昔の人たちなら絶対にしなかったような非常に女々しい態度であるということです。
    結果がこれだけ違っているのに、それでも神理を認めようとしない。そのような態度はです。
    そのような筋も通して自分も幸せになれる、それが神理の実践です。やるより他に道はなし。そのことをもう理解しないといけないのです。

  14. gtskokor2022/04/14 at 9:52 AM

    数日前から腰が痛いといっていた母が病院にいきました。最近はその腰の痛みが足の方にまできて今度は足が痛くてたまらなくなったようであるからです。
    そうしたら神経痛だといわれたそうです。腰から足の方まで痛いということはきっと座骨神経痛なのでしょう。これは痛いはずです。私も若い時になったから知っているからです。
    ほんとその時はまともに歩けないくらい痛かったんですが、神経とは神の経(みち)と書きます。
    神経痛とは、その神の経が痛むのです。ということは、神を怒らせていることが原因でなるのであり、では母が、その神を怒らせていることとは一体何かということになります。
    私はそのことを昨夜、母にもいいました。分かってほしいものです。その神経痛になった原因をよくです。まさにこれは天罰といわざるを得ないからです。これだけ分かりやすい天罰の病名もないからです。
    私はもう治ったんですが(そういえばその座骨神経痛になっている若い時はまだ神を神とも思っていませんでした)この病気はちょっとやそっとでは治りません。
    しかし、そのような神を思おうとしない人が心を入れ替え神を思うようになるならこの病気は治ります。(私がそうですから)このブログを見ている人でも同じような病気になっている人はいるはずです。
    というか、多いんじゃないですか。そういう人はです。このブログを見ている人は罰当たりな人が多いからです。(苦笑)しかし、そのような人は心を入れ替え神のことを、この神理のことを、真剣に思うことです。
    そうすれば必ず癒しの奇跡は起きるからです。
    うちの母はそれだけではなく歯の方もずいぶん悪くなっているんですが(歯ぐきの中の骨がもう腐ってきているようです)これは若い頃から人の悪口をよくいっていたからでしょう。うちの母は本当に人の悪口ばかりいっていましたから。それもひどいです。悪口ばかりいうから口の中が悪くなる。これも道理でしょう。
    そのような業が体のあちこちに出てくるのです。年を取るとです。
    自分が普段していた悪いことは必ず自分に返ってきます。だから、病気を責任転嫁するなどお門違いもいいとこなのです。その人はそのような病気を通して自分の間違ったところを反省する機会を与えられているからです。(それはケガも同じですが)
    だから癌などなる人は一国で頑固な人が多いといわれています。そういうところがある人は、そのような病気になる前にその性格を直すことです。もっと人の話をきける柔軟な心になることです。そうすれば癌になることはないからです。
    病気は気の病と書きます。病気になる前にその気(心)の方を直すことです。そうすればひどい病気なることなく自らの天寿をまっとうすることが出来るからです。
    すべて自分に起きてくることは自分に責任があります。それは病気もケガも同じなのです。仕方がないということはないのです。どこか自分に間違いがあるからそのようなことは起きているのです。
    もう少し自分自身を振り返り反省してみませんか。そうすればずいぶん幸せになれるからです。(ほんとこの辺りは不幸な人が多いですから。自分のことを一切振り返ろうとしないからそのような不幸になるのです)

  15. gtskokor2022/04/15 at 10:44 AM

    もう手を合わせて頭を下げてはどうでしょう。それが神理をきいている人の取るべき当たり前の態度であるからです。
    少なくとも嫌がらせはまずいですよ。嫌がらせはです。もう鳥肌が立つくらい出ているようであるからです。多くのところで多くの天罰がです。
    だってこちらなど、どこも凄そうですからね。ついに、いつも洗濯しにいくコインランドリーの辺りも引き出しましたから。あの辺りは最近大掛かりな工事を始めていたからです。
    その辺りはずいぶんマンションが固まって立っているんですが(十数棟くらいは固まってありますよね。あそこにはです)その固まってあるマンションの外壁塗装を(だと思うんですが)一ヶ月くらい前からでしょうか。いっぺんに始めて多くのトラックやら業者やらがきてガンガンやっていました。
    私はまずいなと思いながら、その工事をしている横を通っていたのですが(もういつもいくコインランドリーのすぐ近くですのでその道を通るしかないのです。もっと離れているのならそのような場所は避けて通るのですが)しかし、そんな場所を通ると必ずやってきます。それをしている業者連中が嫌がらせをです。
    だからその連中にいっていたのです。私に嫌がらせをすると罰が当たるとです。こんな大きなところではどれだけ多くの人が病気になるかしれないとです。
    しかし、その連中はききませんでした。人数が多い分、よけいやってきます。周りにたくさんいる仲間の手前かっこつけるのもいるのでしょう。(ほんと子供かといいたいです)しかし、即、天罰が現れたようで、その次からその場所を通るともう怒り方が尋常じゃなくなりました。激しい怒り方をしている者が何人もいたのです。
    そりゃそうでしょう。そんなに何人もの人がいっぺんに嫌がらせをガンガンやってきたら、そこの現場にどれだけ多くの天罰がくだるかしれません。(もう大惨事になるはずです)
    だからこの一ヶ月の間くらいにです。そこの現場のどれだけ多くの人が病気になったかしれないのです。ずいぶんそこの連中は私に嫌がらせをしてきたからです。だからそれだけ怒っていたのです。そこの現場の多くの人たちが次々に病気になっていったからです。(だと想像出来ます)
    そこがです。昨日通るとずいぶん引いていました。まだガンガンやってくる者もいましたが、かなり元気がない。すぐにやめてしまったり、またガンガン始めたりと情緒不安定さがまともに現れています。多分、次にその場所を通る時はもっと静かになっていることでしょう。もう止まらないはずであるからです。天罰が(病気になる人が)です。
    特別その現場だけではなく、この辺りはもうそこらじゅうでそんなことが起きているのです。(どこかの会社も毎日大変そうですし。昨日はドン引きしていましたが、今日は怒っているのがいます。一日おきですか。もう毎日出ているからです。天罰がです。だから一日おきにこの連中の態度が変わるのです)
    だからもう素直に頭を下げてはどうかといっているのです。神理をきいているのにまったく感謝もせず嫌がらせをし続けているなど現代の人たちだけであるからです。
    そんな傲慢な(超罰当たりな)態度を取った人たちなど歴史上存在しないからです。
    反発した人はいますけどね。自分の(間違った)信仰を信じてです。それならまだ分かりますが(筋も通りますけどね。自分が正しいと思う教えを信じているのですから)ただ本当の神の教えと分かっているのに無視しているとか、別にどうということはないと平気で逆らい嫌がらせしているとか、そういう神理をなめた態度を取った人たちなどは多分、歴史上存在しないでしょう。
    その教えが本当の神の教えと知るなら、これまでの人たちなら誰も頭を下げて、その有難い縁に感謝して帰依したはずであるからです。少なくとも本当の神の教えと分かっていて嫌がらせをするなどのバカげた行為はしなかったでしょう。それだけ愚かな態度もないからです。それではまともに神に逆らうことにもなってしまうからです。
    そんな恐れ多いことを昔の人たちがするはずもないのです。昔の人たちは誰も神を信じ恐れていたからです。
    だから自分に縁がある教えかどうか(その教えが本当の神の教えなのかどうか)をよく考えて行動したはずです。昔の人たちならです。そうしてどちらかの態度に決めたはずです。これまでの人たちならです。(神理に縁を持つならとことん信仰する。持たないならやらないとです)
    しかし、現代の人たちは本当の神の教えともう分かっているにもかかわらず、それでも逆らい無視をし続けているのです。自分たちはその教えを知るだけ知りながらです。読みたいだけ読んでいながらです。そんな調子に乗った都合のいい話もありません。
    だからこれほど神の怒りも現れているのでしょう。これまでの人たちなら、本当の神の教えと分かったのなら、誰もこぞって帰依していたからです。
    しかし、そういう真しな態度も取らず神理を読むだけ読んで平気で無視し逆らっている。
    これだけ不遜で愚かな人たちもいないということです。それだけ神理に対し都合のいい態度を取った人たちはこれまでいないからです。
    だから、そういう人たちが固まっているところには固まって天罰がくだり、そういう態度をし続けている人たちにも継続して天罰がくだり、そうしてそれ以外のところでは大小の(天変地変などの)災いが次々にくだる。
    現代の人たちくらい中途半端で神に対し都合のいい態度を取っている人たちもないからです。だからそれほどの天罰もくだるということです。そんな恐ろしい態度を神に対し、神理に対し取っている人たちなどいないからです。史上初であるからです。(ほんとよく怖くない)
    しかし、その都合のいい中途半端な人たちのせいで、すさまじい数の天罰がすでに日本中にくだっているのです。(だから日本は災害大国となっている)そのような人たちのはっきりしない、おかしな態度が元でよけい神を怒らせているからです。
    もうはっきり決めるべきでしょう。自分の態度をです。神理を読むのであれば帰依する。無視し逆らうのであればもう読むのをやめるとです。
    そちらの方が筋が通り、まだ神の怒りも和らぐはずであるからです。(まあ、程度問題でしょうが。本当の神の教えと分かっていて読むのをやめるなど愚かというしかないからです)
    本当の神の教えと知りながら、それだけ中途半端で都合のいい態度を取っている人たちなど過去いません。現代の人たちは、どれだけ多くの、そうして深い罪をつくっているのか知るべきなのです。

  16. gtskokor2022/04/17 at 10:36 AM

    またまた恐ろしい事実が判明しました。それでどこかの会社などおかしな電気のつけ方を毎日のようにしていたのです。
    しかし、そういうつけ方をしていない日もある。それでも、夜になるとおかしな電気のつけ方をしている日の方が圧倒的に多い。いくら何でもこんなに多くの人が死んでいるわけではないだろうと、単に最近は夜になるとそのような電気のつけ方をしているだけだろうと、私はそう思っていましたが、そうではなかったのです。本当にこの会社は連日のように多くの人が滅ぼされていっていたのです。(恐)
    二日ほど前のことです。私がある会社の横を久しぶりに通ると久しぶりにブシューとかやってきます。最近はそこを通っても静かなものでしたが、しばらく通らないとその間に何か起きているのかなと思い「なんだ、死んだ奴でも出たのか」などと声をかけたのです。
    するとよけい怒ってブシュブシュやっています。「そんなとこもうそこらじゅうにあるぞ。早く詫びを入れて布施しろ」というとまた怒りまくっています。
    それで私が「しかし、いくら何でもそれだけ多くの人が死んではいないだろう。(もともと冗談でそういっただけであるからです)そんなに従業員が死んでいたら仕事が出来なくなるじゃないか。(まあ、そのようになっているところもあるようですが…)従業員の家族でも死んでいるのか?」などとなにげなくそう声をかけたのです。そうしたらです。
    急にドン引きしてしまったのです。そのブシュブシュやっていたところがです。
    シーンとなってしまいました。「ん、何だ?」と思ったんですが、その時、分かったのです。なんであんなに多くのところ(会社や工事現場)で怒っていた人がいたのか。そういう人たちが急にドン引きしていたのか。そうしてどこかの会社が毎日のようにおかしな電気のつけ方をしていたのか、そのような多くの疑問がです。全部とけたのです。
    それで多くのところで多くの人たちが烈火のごとく怒っていたり、超ドン引きしていたりしていたのです。自分の仲間たちが(同じ従業員が)死んでいるだけではなかったからです。その仲間たちの身内まで死んでいたからです。
    それなら分かるのです。そのような態度もです。その怒っている会社の従業員だけではなく、例えばその家族とか、親戚の誰それとか、そういう人が亡くなっても同じような話にはなるからです。同じ従業員の親が急死したとか、子供が急死したとか、親戚の誰かが急死したとかなればです。
    そういう人たちも含めて怒っていたのです。私が歩いていて、ガンガン、ブシュブシュやってくる連中はです。それで私が「なんだ死んだ奴でも出たのか」ときくと急にシーンとなってドン引きしていたのです。そういう連中はです。同じ仲間の身内の誰かが、そのような死に方をしていたからです。
    自分たちの仲間だけではなくその身内にまで急死する人が出ていた。または急死まではいかなくても、病死とか事故死とか何かで身近で死んでしまう人が出るなら、それも私のせいということになってしまうからです。このような時ならです。
    だから、もしかして寿命で亡くなっている人まで私のせいにしているんではないですか。こういう人たちはです。人の寿命など様々で長い人もいれば短い人もいるからです。(若くして亡くなる人もいるのです。自分で〔短命であの世に帰ると〕決めてこの世に出てきている人はです)
    そういう人たちまですべて私のせいにしている、それなら分かるのです。私が歩いているだけで、これだけそこらじゅうで烈火のごとく怒っていたり、引いたりしている人が多いのもです。
    身近で亡くなった人をすべて私のせいにしているのならです。だからそこらじゅうの(会社や工事現場の)人たちが烈火のごとく騒いだり、ドン引きしたりしていた。(今もしている)多くの人たちがこの辺りは亡くなっているからです。
    しかしそれは、多分そのような自然死(寿命で亡くなった人)も含めてなんでしょうが、しかし、それを入れてもそういう人たちの(私に嫌がらせをしている人たちの)縁ある人たちで死んでいる人たちが多い。だからこれほどの騒ぎとなっているのでしょう。この辺りはです。
    まあ、その騒ぎは私以外あまり実感がないのかもしれませんが、こういうことになるのです。だから私はいっているのです。神理に対し感謝もせず嫌がらせなどしている人たちは一族郎党が滅ぼされるとです。
    その通りのことが起きているのです。また、神理に対し愛を返さないでいるのならです。(神理を知らされるほどの愛もないからです)そのように自分の愛する人たち(自分を愛する人たち)が段々いなくなっていくのです。
    愛を自分がもらうだけもらって、その愛の返そうとしなければ当然自分の愛は減っていくからです。だから、自分の愛する人、または自分に愛をくれる人たちがいなくなるのです。自分の愛がなくなっているからです。
    それは私を見れば分かるはずです。私など多くの人に愛を与え続けています。(このブログや辻説法などを通してあちこちで神理を発信してです)ほぼ一方的にです。(わずかですからね。そのお返しをしてくれる人は)
    そうなるともうそこら中から愛が返ってくるわけです。それこそほぼ一方的にです。もう動物たちから愛をもらえることもらえること。げっぷが出るくらいもらっています。(笑)そこらじゅうでです。(ほんと毎日毎日、外に出ていくとお腹いっぱいになります。動物たちの愛でです。しかし、ある程度は相殺されますけどね。人間たちの怒りでです。〔苦笑〕)
    これは人間たちが私から愛をもらうだけもらっていながら(神理を説く愛は史上最高の愛ですから)全然返そうとしないため、その分、動物たちからもらっているということです。愛をです。
    必ず自分が出した愛は自分に返ってくるからです。その自分の出した愛が動物を通して返ってきているのです。本当は人間からじゃないといけないのですが。
    だから、その逆の現象が出ているということです。私に嫌がらせをしている人たちにはです。
    だから、そのような現象が起きているのは(自分の周りの人たちがバタバタ死んでいくのは)自分のせいなのです。自分がどんどん愛をなくしていっているため、自分に愛をくれる人たちがどんどんいなくなっているのです。
    自分の神に(神理に)対する愛のなさがそのような結果を招いているということです。神に愛を出さないほど自分の愛がなくなっていく行いもないからです。神理に対し感謝しないということは(怒りを持つということは)そういうことであるからです。
    自分の最愛の人が亡くなってもよいのですか? 愛のない行いをし続けているのなら当然そういうことは起きてきます。
    自分の神に対する愛のなさを反省されてはどうでしょう。その愛のなさがこのような(恐ろしい)現象を現わしているからです。

  17. gtskokor2022/04/18 at 10:30 AM

    北朝鮮がまたミサイルを発射したようですね。そうして、そのミサイルは今度は「戦術核用」のミサイルであったとか。
    いろいろ出てきてよく分かりませんね。戦略核と戦術核って違うんですか。(戦略核とは遠く離れた相手国を標的にするもので、それに対し戦術核とは局地戦での使用を想定した核爆弾や短距離核ミサイルをいうものらしいです)私は何でも同じだと(すべて核戦術の一つだと)思っていましたが、しかし、核兵器を使うことには変わりがないんですから結局同じことでしょう。
    それで日本も核武装と多くの人たちがいい出しています。(政治家も含めて)核さえ持つなら守られるという核神話を信じてです。
    しかし、日本が核武装したところで所詮は絵に描いた餅に過ぎないんではないですか。だって日本などミサイル一つ撃つことが出来ないからです。韓国でもボンボン北朝鮮が日本海に向かってミサイルを撃つならミサイルを撃ち返すのです。
    しかし、日本は弾道ミサイルを日本近海に撃たれても、それでも口だけなのです。(遺憾であるとか、制裁を強めるとかいうだけです)それで核武装などちゃんちゃらおかしいですよね。撃たないと分かっているものを置いておいても意味がないからです。
    しかし、それでも核を置いておくだけでも皆がビビッて手は出してこないだろうですか。しかし、そのような核神話は本当に通用するのでしょうか。こんな戦術核などを多くの国が研究するようになっていてです。核兵器での局地戦が頻繁に行われるようになるのではないでしょうか。このままこんな研究が進むならです。
    戦術核研究が進むなら核はただの脅しにならなくなるでしょう。本当に戦闘で使われるようになるのではないでしょうか。それだけ核が使いやすくなるならです。局地戦に使う分にはいいだろうということになってです。そうなっては(局地戦にとどまらず)全面的な核戦争も起きかねないのです。
    そんな危ない状況であるよりです。日本に手を出した本当に危ないとそう思わせた方がいいのではないですか。そのようなことは出来るからです。別に核など持たなくてもです。
    だって出来ているではないですか。いま現在の私の周りなどです。
    神理に逆らう人たちにボンボン天罰がくだり滅ぼされていっている人たちまでいるのです。これだけ危なくて安全な話もないでしょう。誰もが神理を行うならです。
    危なくて安全という言い方も変なんですが、神理を実践しているのなら、その神理に逆らう人には超危なくて実践している人には超安全であるから、そう書いているだけで決して矛盾ではないはずです。それはこのブログを見ている人には分かるはずです。
    しかし、核武装など行うなら核を持っているところは安全などといいますが、もうそのような保証はありません。戦術核など使って戦争を行う国がいつ出てくるかもしれないからです。(明日にでも出てくるかもしれません。ウクライナで)
    核武装して核戦争など行うなら、いい人も悪い人も両方とも死んでしまいますが、しかし、神武装して神理を行うなら悪い人は死んでもよい人(神理を実践している人)は死にません。死ぬどころか、よい人には次々に奇跡が起きてきて幸せになっていきます。
    そうして、その善悪は誰に対しても公平な本当に正しい善悪なのです。(これまでのようなつくられた〔自分たちに都合のいい〕善悪ではなくです)神理は本当の神の心であるからです。
    本気で考えてはどうでしょう。神武装を(神理の実践を)です。それだけ自分たちの考えが足りないばかりに(神に対し、神理に対してです)本当に危険なことが起きてきているからです。もう自分の周りどころか、日本中どころか、世界中にです。
    このままでは世界は核で滅んでいくことになります。それを止めることが出来るのはこの正法神理だけなのです。

  18. gtskokor2022/04/19 at 10:23 AM

    そういえば昨日書いた戦術核のことで思い出したんですが、それはもう十年以上も前に読んだ本のことです。
    その本はアメリカ人のユダヤ研究の大家の方が書かれた本で太田龍氏が(この方もよくユダヤのことを書いていられました)翻訳されていた本であったと思います。
    その本の中にアメリカ海軍とロシア海軍がある海域で戦って、その時にロシア海軍に一発一発の砲弾が原爆級の威力があって、それが連射出来る兵器を乗せた軍艦があり、その兵器によって、アメリカ海軍の戦艦が一発で撃沈され他の軍艦も次々に撃沈されて大負けして這這(ほうほう)の体でアメリカ海軍は逃げ帰り、それからアメリカ海軍はロシア海軍とは戦わなくなった、というようなことが書かれた記述がありました。
    その時は、そんなすさまじい兵器があるのかなと、そうしてこの本の中に書かれたことは本当なのかなと半信半疑でしたが、いま思うとです。その本の中に書かれてあった一発一発が原爆級の威力があって、それが連射出来る兵器とは戦術核兵器のことですよね。
    それがもう十年以上も前の本の中に書かれてあったというのですから、それは本当のことであったんですね。もしフェイクで書かれていたものであるなら、いま話題になっている戦術核兵器とこれだけピタリと符合はしないはずであるからです。
    だとしたらです。(その本に正しいことが書かれてあったとしたらです)すでにロシアは十年以上も前から戦術核兵器を持っていたということになり、もう使ったことがあるということになります。よりにもよってアメリカ海軍相手にです。
    こんなアメリカ海軍が負けたなどというニュースが(しかもロシア海軍に)世に流れるわけがありませんので(すでに日本はもちろんのこと世界のマスコミは抑えられていますので、そのユダヤといわれる人たちにです)そのことを知っている人はほとんどいませんが(その本を読んだ人は知っているのでしょうが)だから今回もアメリカはロシアと(直接)戦わないのではないですか。だから、アメリカはロシアは戦術核を使うと盛んにいっているのです。
    そのことを自分たちは知っているからです。すでにアメリカは十年以上も前にロシアから、その戦術核を使われているからです。
    そういうことも見事に符合しますよね。その私が十年以上も前に読んだ本と今のロシアに対するアメリカの態度はです。
    だから、その本の中身は正しかったと、フェイクニュースでも陰謀論でもなかったと今になって思うのですが(もうそのような本が私の手元にはなくなっていますからね。そこは本当に残念です。皆さん方が神理に振り向かなかったばかりにです)だとしたらもう核神話もくずれましたよね。核さえ持っていれば守られるなどという核武装神話もです。
    だって、アメリカとロシアという世界の二大核大国がすでに戦っているのです。戦術核を使ってです。
    その時はアメリカが引いたから核戦争にならなかっただけで(その時ロシアが使った戦術核兵器をもうアメリカも持っているといわれますし)そうして今回もアメリカが引いているから(今回のロシアとウクライナの紛争はアメリカは裏からロシア軍と戦っているので)核戦争になっていないだけで、核などどれだけ持ってもです。
    いつ核戦争など起きるか分かったものではないのです。核武装などいくらしたところで核兵器がある以上はです。
    それが現実なのです。まだ分からないんでしょうか。核武装などいっている人たちはです。
    しかし、神武装をするならです。例えば、核など使おうとする国があるなら、その国に大雨が降り、大地震が起きて、それどころではなくなるとか、国に激しい内乱など起きてきて、よその国のことなどかまっていられなくなるとか、そのようなことを計画している人たちが突然亡くなるとか、重病になるとか、そのような様々な変事が起きてきて未然に防げるのです。そのような悪事はです。(現に日本などそういうことばかり起きているではないですか。さっきも震度5弱の地震が起きたそうですね。茨城でです。分かりませんか。本当にそういうことが起きるということがです。神理にいつまでも逆らうならです)
    神武装と核武装、どちらがいいのでしょうか。それでもまだ核武装がいいなどという人はです。それだけ愚かな考えもないということです。

  19. gtskokor2022/04/20 at 10:28 AM

    もう連日ながれてきますね。ロシアとウクライナの紛争のニュースがです。
    それにしてもここまでやりますかね。朝から晩までこのことばかりニュースでです。そうしてロシアが悪い、ロシアが悪いの連呼です。(ほんと耳にタコができました。〔苦笑〕)まあロシアが悪いのは見れば分かるんですから、もう少し私たちが分かっていないことを詳しく放送してもらいたいものです。マスコミはです。
    今度はウクライナ東部のドンバス掌握のため大規模攻撃ですか。ロシア軍はです。しかし、あのマリウポリの製鉄所にこもって戦っているアゾフ連隊など民衆を盾にしてそれでロシア軍を攻撃しているんでしょう。だって、ロシア軍は人道回廊をつかって中の民衆は逃げろといっているのに逃がさないんですから。あのアゾフ連隊がです。
    それをウクライナの国防軍などとはなんぼなんでもいいすぎですよね。日本のマスコミもです。だいたいあの隊がここまで揉めさせているんでしょう。ロシアウクライナ紛争をです。あの連中がひどい虐殺さえしなかったらこれだけひどいことにもなっていなかったかもしれないからです。(あの学校や病院に撃ち込んだトーチカミサイルはウクライナ軍が撃ったと分かったそうですね。撃ち込んだミサイルに書いてあるシリアルナンバーでです。どうせこの連中が撃ち込んだんではないですか)
    まあ、ロシアに降伏するなら地獄だとか何とかいわれていますが、そのアゾフ連隊が起こしていた内戦地域も十分地獄のような状況であったようですし、じゃあロシアに併合されたクリミアは地獄なのか? という話にもなってきます。(あまりそういう話はききませんが…。地獄の状況なのですか? いま現在のクリミアはです。あの鬼畜のロシアに併合されたのですから)
    まあ、制限があるのは分かりますが(いろいろ重圧がかかって)あまりに偏った放送は引きます。もう少しどうにかなりませんか。特にNHKなどはです。こちらは高い受信料を払っているからです。(貧乏人の私には本当に苦しい限りです。あの高い受信料代はです。それでNHKは大儲けですか。〔一兆円くらい余剰資金があるようで〕だったらもうちょっと正しい放送しろよといいたいです)
    それで日本政府はロシアへの制裁強化ですか。(欧米にいわれるままに)しかし、ロシアは平気で戦術核兵器なども使ってくる国です。(前回も書きましたが)その対処方法はあるんでしょうね。ロシアがきたなら(多分)アメリカは手を引くからです。(日米同盟も破棄されたりして。ロシアの戦術核兵器が怖くてです。だって、アメリカ側は〔裏にいる人たちは〕金儲け中心。ロシアは〔プーチン大統領などは〕民族の誇りとか、文化伝統を守るために戦う。それで戦術核兵器まで使うなら、アメリカは逃げるでしょうね。自分たちの命がなくなるなら金儲けが出来なくなるからです。日本のために心中など絶対にしないからです)
    だからロシアが本気できた時の対処。そこまで考えてやってほしいものです。日本政府はロシアに対する制裁をです。ずいぶん間違った情報も流れているようであるからです。
    それでウクライナの人たちを助けるのはいいんですが、まず一番助けてほしいのは日本の私たちです。ただでさえ苦しいのに、このロシアウクライナ紛争でまだこれからどれだけコストプッシュ型インフレがひどくなるか分からないからです。
    それで住民税非課税世帯に十万円とか、五万円とかの給付ですか。もうそんなことではおっつかないでしょう。これだけインフレがひどくなってきてはです。
    もう全員が対象でしょう。日本人全員がです。だってもう何十年もGDPが上がっていないのです。それでこれだけひどいインフレです。皆が困っているに決まっているではないですか。これだけ(何度でも強調しますが)GDPが上がっていない日本ではです。(それだけ日本全体が貧困化しているということですから。ほんと誰の責任なんですか。政治家でしょう。もう少し責任感じてもらえませんか?)
    だから、また日本国民一律で(最低)十万円の給付プラス消費税減税(ゼロ)は必須でしょう。とりあえずはです。当面はということです。もっとインフレがひどくなればもっと手を打ってもらわなければいけませんし、インフレがおさまるなら、また消費税を戻せばいいのです。
    だから、まず、日本政府がやらなければいけないことは、ロシアに対する制裁でもウクライナの人々を助けることでもなく、この日本を、この日本の人々を助けることなのです。それが先決なのです。
    一番先にやらなければいけないことを一番先にやってください。それからよそのことはすればいいからです。

  20. gtskokor2022/04/21 at 11:02 AM

    政府が物価高対策で低所得世帯の子供に五万円だの、補助金の拡大だの、貸し付けの拡大だのいろいろ手を打つようですね。
    しかし、こんな限られた人たちばかりを対象にするのではなくです。前回も書きましたが、全国民に対する物価高対策を早々に実施してほしいものです。今回のコストプッシュ型インフレは全国民に降りかかってくる災難であるからです。
    それには前やったような全国民への一律の給付と消費税減税が一番よいのです。
    公平だし早いからです。全国民への給付は前にやっているのですぐにでも出来るでしょうし(もう振込先は分かっていますから)消費税をゼロにするのならこれもまた分かりやすくて段取りも早いのです。消費税分をそのままなくすだけでそれでOKだからです。
    なんでこんな分かりやすくて早くて公平で、そうして全国民が助かるこれ以上文句のつけようがないという物価高対策があるのに、それを無視して手間がかかって効果も限定的な物価高対策をわざわざ政府は行うのでしょう。本当に意味が分かりませんね。
    何度でもいいますが、今回のコストプッシュ型インフレは日本の全国民に悪影響を与えているのにです。
    それに対し一部の人たちだけ助けるなどどの口がいっているのでしょう。政府与党の(もちろん野党も含めてですが)先生方はです。その先生方がおかしな政策を行い続けたため、日本(だけ)は数十年にもわたりGDPが上がっていないのにです。
    ほんと凄い長さです。よくこれだけ放置したものです。よく考えてみれば凄いことですよね。日本の政治家の手腕はです。(苦笑)これだけGDPが上がらなかった国など他の先進国の中にはないのですから。(というか、今の日本は先進国なのでしょうか? これだけGDPが上がらずインフラはどこも老朽化し電気もいつ止まるかしれない。〔この前そんなこといってましたよね。電気が足りなくなる~みたいなことをです〕これではどこかの〔ボンボンミサイルを撃っている〕国とさほど変わりません)
    では、日本の政治家はです。他国の(先進国の)政治家と比べよほど劣っているということになります。いまの日本のこの体たらくがそれをそのまま示しているからです。
    このような体たらくを見てよく恥ずかしくありませんよね。日本の政治家はです。
    日本で政治家をやっているなどといったらです。(特に国会議員など)他国の国会議員から笑われているかもしれないのにです。というか、腹の中では笑われていることでしょう。日本だけがここ数十年まるでGDPが上がっていないということは、世界の(先進国の)政治家なら誰だって知っていることであるはずだからです。
    それをただ放置しているだけでどうにも出来ない政治家など無能というほかないからです。(ほんと少しは恥を知ってほしいものです)
    そういう歴然とした結果があるにもかかわらず(この数十年まるでGDPが上がらない、ということは国民一人一人の年収も上がらない。韓国にもに抜かれたくらいですから…ということは日本の政治家は韓国の政治家よりも劣るということでしょうか?)この物価高に(コストプッシュ型インフレのさなかに)一部の人しか助けないとは一体どういう了見なのかと、そういうことにもなりませんか。
    だから、どの口がいっているのかと、そういいたくなるわけです。我々国民もです。
    これだけ日本国民を貧困化させているのは日本の政治家であるのにです。その日本の政治家の政策が悪かったがため、日本(だけ)はこのような惨憺(さんたん)たる結果になっているのにです。(ほんと何度繰り返しても言い足りないくらいです。他の国の政治家に恥ずかしくはないのですか。日本の政治家諸氏はです。政治家からすれば自国のGDPが上がらないということは自分の成績が上がらない〔政治家としての能力がない〕ということに等しいからです)
    逆に、こんなことどうやったら出来るんですかね。他の国の政治家から見たら不思議でしょうね。こんな数十年もGDPが上がらない国などです。こんなことよほど汚職が蔓延している国とか、よほどの後進国でもない限り、起きないことであるからです。(こういう点でも奇跡が起きています。今の日本にはです。GDPが数十年も上がらないという摩訶不思議な奇跡がです。〔苦笑〕)
    その日本の政治家がこれだけ日本を貧困化させた責任を取ろうともせず、そのせいでいま現在苦しんでいる自国民を差別して(これこそ差別です)一部の人しか(しかもほんの少ししか)救おうともせず他の多くの苦しんでいる人を放置している。
    これだけ無能な政策はありません。また世界に無能さをさらすことになるのです。日本の政治家はです。このコストプッシュ型インフレのさなかに一部の人しか助けようとしなければです。
    だから、そんな無策に近いような政策をするよりもです。一律給付と消費税をゼロにするだけでどれだけ多くの人たちをどれだけ早く救えるかしれないのです。それは他の政策の比ではないのではないですか。他の政策の手間暇や効果など考えるならです。
    これほど効果のある策もないからです。しかも全国民にです。(一律支給も消費税ゼロも全国民が対象であるからです)
    一番早くて公平な手段で、全国民を(全国民をです)このコストプッシュ型インフレからとりあえずでも救える方法はこのようなやり方しかないのです。それが分からないんでしょうか? もし、このような策が全然理解出来ないというのであればです。そのような人はもう政治家をおやめください。それだけぼんくらな人が政治家などしていたら国民が迷惑するだけだからです。それだけの災いもないからです。(無能な人が政治家をやっているほどの人災もありません)
    これだけ簡単ですぐに出来て(一律給付アンド消費税ゼロです。国債を財源にすればすぐに出来る話です)いま現在のコストプッシュ型インフレに対し多くの人が救われる方法はありません。
    それをすぐにでも行ってください。政府与党の方々はです。
    それをしないならです。また世界の多くの人々に(特に政治家に)日本の政治家は笑われることになるでしょう。

  21. gtskokor2022/04/22 at 10:49 AM

    昨日も雨だというのにずいぶんキレている人が(会社や現場が)多かったですね。最近はキレているか、ドン引きしているか、どちらかの態度を取るところが多い。しかし、そういう態度を取り続けている暇があるならです。
    早く頭を下げた方がいいですよ。これは脅しでもなんでもなくもう滅びていっている人がずいぶん出ているようであるからです。
    それは出るでしょう。これだけ神に(神理に)逆らっている(まともに逆らい続けている)人たちなど過去存在しないからです。
    そんな過去に行った人がいないくらいな罰当たりな態度を現在の多くの人たちは行い続けているのです。では、そのような恐ろしことも起き続けるでしょう。それだけ神を怒らせている人たちもないからです。
    ほんとよくこんな恐ろしことをし続けています。(怖)昔の人たちなら絶対にしなかったようなことを現代の人たちは平気でしているのです。神に対してです。こんなことを続けているのなら生きている時だけではなく死んだ後まで祟ります。本当にすさまじい世界に(地獄に)堕とされることになるのです。このような罰当たりな態度を取り続けている人たちは全員です。
    これは脅しでも嘘でもないのです。本当のことなのです。私は正しいことをいっているからこれだけ奇跡が起き続けているのです。起きている奇跡が何よりの証拠であるということです。私のいっていることの正しさのです。
    だから自分たちがしている大変恐ろしいことを早く自覚されることです。そうしないと本当に滅びてしまってからでは遅いからです。
    そうして、そのような恐ろしいことといえばです。ロシアに対する制裁強化はいいんですが、そればかりでなくウクライナにドローンを送ったり自衛隊機まで使ったりしているそうですね。日本政府はです。
    これ分かってやっているんでしょうね。ということは、ロシアに宣戦布告をしているということをです。(だって、ドローンなど軍事転用できますし民間機ならともかく自衛隊機まで出してしまってはねぇ。そこまでしてしまっては宣戦布告するのと同じことですよね。ロシアに対してです)
    マジですか。本気でやるつもりなんですか。日本政府はロシアと戦争をです。(汗)多分アメリカは逃げますよ。
    ロシアに対しここまでしているのはアジアでは日本だけなんですが、大丈夫ですか。もしかしたら日本単独でロシアと相対しないといけなくなるかもしれないのにです。(大汗)それに日本の周りはロシアだけではなく中国も北朝鮮もあるのにです。(恐)
    それなのに敵基地攻撃能力の名称を反撃能力に変更するだの、防衛力増強の提言をするだの自民党はいっているようですが、もうそのような提言をしている場合ではないのです。即時行わないといけないのです。そのようなことはです。明日にでもロシアからミサイルが飛んでくるかもしれないからです。またミサイルが飛んできても文句はいえないからです。
    それだけ危ない状況であるということです。いま現在の日本はです。日本政府があまりに危ないことをし続けているからです。いつ戦争になってもおかしくはないほどの危ないことを知らずにです。
    知らずにでしょう。知っててやっているならいいですよ。もうロシアと戦争をする気であり、どんなミサイルがこようとちゃんと迎撃態勢は取っていると(そうしてもちろん反撃態勢もです)そういうことならです。
    しかし、そんな準備が出来ているのなら今ごろ名称変更だの防衛力増強の提言だのしないでしょう。とっくにしていなければいけないことであるからです。こんなことはです。
    だから戦争をする準備が整っているのならいいんですが、しかし、日本はそんな気はまったくないんですよね。(だいたい憲法九条がそのままならやれないし)それなのに宣戦布告と取られても仕方がないような態度を平気で取っている、これもまた同じなのです。こちらの人たちとです。
    このような日本政府やこちらの人たちの態度を見ていれば分かるのです。本当に無知はいけないとです。
    何度でもいいますが、だから釈尊は無知が一番いけないといわれたのです。無知であると自分がしていることがよいことなのか悪いことなのか、その判断がつかないからです。
    よいことと悪いことの正しい判断がつかなければこちらの人たちのように平気で神に逆らったり、日本政府のように平気で紛争中のロシアに横から宣戦布告と同様なことをしたりということもしてしまうのです。
    そんな恐ろしい悪も(間違いも)犯してしまうということです。それこそ自分たちの身を滅ぼしてしまうくらいの大変恐ろしい間違いもです。
    無知であっては正しい判断が出来ないからです。無知であればあるだけ恐ろしい間違いもしてしまうからです。
    いま起きていることを正しく理解し、正しい判断をしないと、正しい行いは出来ません。
    いつまで間違えているのならです。本当に滅びていってしまうのです。

  22. うなッシー2022/04/24 at 1:14 AM

    こんばんは。昨日の仕事中に思いついたことがあるので書きます。
    それは仕事に対する感謝の心のあり方です。私は最近になって仕事のミスが大幅に減ってきているのです。そのことがずっと心に引っ掛かり、何故私は仕事ができるようになったのだろう、ミスが減ってきたのだろうと自分に問いかけてきていました。それが分かったのです。それは、それまで仕事を手順通りにやってきていたのですが、その手順に対してどのようにやったら完成度を高めて良い仕事ができるのか考えていることが、ミスを減らして結果的に良い結果を生み出していることになり、それは自分の作業が生かされてきているという結論になりました。ここが実は感謝のポイントであって、自分の与えられた仕事を通して、その仕事を生かすことができた、その機会を与えて下さった事に感謝することが正しい感謝なのではないかと思いました。盲目的に、仕事があることに感謝、仕事を与られている事に感謝。それだけでは良い仕事、つまり生かせる仕事が出来るはずもないです。ましてや上司や先輩に自分の仕事にケチを付けられたと思っているようでは良い仕事が出来るわけないと思いました、単に神に感謝せよ、と言われる事の奥深さを教えられました。でも、実はここからが本当の始まりになるのでしょうね。

  23. gtskokor2022/04/24 at 10:44 AM

    その通りですね。仕事でもなんでもそうですが、自分が考えているほどそのしていることは浅いものではありません。そのしていることを通して、自分の心を磨いていくのであり、そのことを通して私たちは成長していくのです。
    心磨きと成長が一緒に出来ることが、そんなに単純なはずもなく、そういう身近なことに感謝出来ないからいいことも起きてこない(成長も出来ない)のです。もう心の成長が出来ていかない人にボンボン天罰が降りています。(そういう時代になりました)自分のしていることがうまくいっているということは心が成長出来ている何よりの証拠です。その調子で頑張ってください。
    それに比べてこちらなど、いいことが起きてこない人たちが(全然心が成長しない、というか退化している人たちが)どんどん増えているようです。怒っている人たちがどんどん増えていることでそれがよく分かるからです。本当に情けない話です。ウナッシーさんとはずいぶんというか正反対であるからです。
    最近は会社や工事現場、運転手連中だけではなくです。私が一度も入ったことがない店とか(飲食店など)でも前を歩いていくとガチャーンとかやってくるところがありますからね。
    いきなりそんなことされると「おいおい、お前んとこなど入ったこともないだろう」と怒鳴りたくもなりますが(あんまりうるさくされると文句…じゃなくて辻説法しますけどね。その店の前でです。〔苦笑〕)しかし、そこで何が起きているのか知りませんが、そこで何が起きていても私には関係ありませんし(まさか何か悪いことが起きたからと、それを私のせいにしているんではないでしょうね。〔汗〕自分のそのようなひどい性格を〔すぐに責任転嫁する〕棚に上げてです。そんな心では残念ではありますが悪いことは起きてきます。自分の心が悪いからです)またその店の人が私のブログなど読んでいて私のことを知っているのならです。ガチャーンではなくて店から出てきて頭を下げて感謝して布施するべきでしょう。
    それが神理を知らされている人の当然の取るべき正しい態度であるからです。
    しかし、そんな態度を取る人など一人としていません。私の顔を見ると急にむっとしたり顔を引きつらせたりして逃げていくか、嫌がらせをしていくかのどちらかの人たちが多く、また最近は、そのような態度が一段と悪い人も増えてきたようです。
    一週間ほど前にも歩いていてすれ違いざまに嫌がらせを自分からしてきたくせに、私が少し何かいうといきなりガーガー文句いってきた爺さんがいましたし、昨日は昨日でです。
    ある家の前を通ると婆さんがこちらをチラチラ見ていました。それで何を見ているんだろうと、そちらを見ていたら「ジロジロ見るな」みたいなことをこちらに向かっていってきてまたこの婆さんもガーガー文句をいっています。
    ほんと哀れですね。このような人たちはです。この後いいことが起きてくるわけがないのにです。(しっかり祈っておきますから。こういう人たちはあまりに哀れ〔自分勝手〕であるからです)それどころか、このような人たちは死んだ後まで苦しむことになるのです。深い地獄でです。
    これは本当の話なのです。そんな本当の神の教えに出会っているのに感謝もせず、怒りまくって、その神理を説いている者に対して嫌がらせなどしようものなら、その人はそれはそれは深い地獄に堕ちていかなければいけなくなるのです。それだけお門違いで傲慢な態度もないからです。
    自分の心は救ってもらっているのに、その恩を恩とも思わず、嫌がらせで返しているなど、鬼畜にも劣る行いであるからです。
    そういう態度を取っていていいことが起きてくるわけがない。だから悪いことばかりがそこらじゅうで起きてくる。神理に対する間違った態度ほど重い罪もないからです。
    そんな重い罪を背負うだけ背負えばです。いいことなど起きてくるわけがないのです。だから次々に悪いことが起きてくるところもあるのです。それだけ重い罪をどんどん重ねているからです。
    だからもういつまでも間違ったことばかりするのではなくです。(本当に恐ろしいことをし続けているのですから。そのような人たちはです。それだけ重い罪を重ねているということはそれだけ恐ろしいことであるからです)せっかくこの神理とこの世で巡り合ったのです。これほど稀有な出会いもなく、これほど幸運なことはないのです。(この世でこれ以上の幸運はありませんから。神理に巡り合うほどのです)
    その幸運を自ら手放しているから、それほどの不幸も起きてくるのです。最高の幸運が目の前にあるのに、それを受け取らずに手放してしまっては今度は最悪の不幸がくるのは必然であるからです。悪因悪果の最たるものであるからです。そのような行いはです。
    しかし、もういい加減分かりませんか。ウナッシーさんのコメントなど見ていてもです。(私が書いているコメントはもちろんですが)この神理を実践することほど楽しいことはないとです。
    それは楽しいでしょう。自分のやっていることがどんどんよくなっていき、周りともうまくやれていくのです。これだけ楽しい話もありません。自分のしていることがどんどんうまくいって周りも喜んでくれるなら、これだけよい話もないからです。
    そういう楽しいことが神理を行ずるということなのです。神理を行うことは苦ではないのです。楽なのです。そこを何か勘違いしている人も多いのではないでしょうか。神理を行うことは非常に苦しいことであるとか何とかです。
    しかし、それは違うのです。神理を行うくらい楽しく幸福なことはないのです。本当の神の心を行うことが神の子の人間である私たちにとって苦のわけがないからです。本当の神の心を神の子である人間が実践するなら、これ以上の喜びはないからです。
    その喜びをわざわざ避けているから、塗炭(とたん)の苦しみが生じるのです。
    だから逆なのです。その苦しみは神理を行わないから生じているものであり、神理を行うなら、その苦しみはなくなるのです。なくなるどころか、至上の喜びを得られるのです。神理を行うことによりです。
    神理を行う楽しさと神理を行わない苦しさはウナッシーさんのコメントや私のコメントを見れば一目瞭然です。
    これだけ分かりやすく神理を行っている人には楽しみが、そうして行わない人には苦しみが生じているのです。行わないという選択はないのではないでしょうか。それを無理やり行わないからそれほどの苦しみも生じてくるのです。自分の心とは裏腹なことをし続けているからです。このブログを見ている多くの人たちがです。(自分の心は知っていますから。この神理の楽しさ大事さはです)
    自分の心に素直になり、一度神理を行ってみませんか。その楽しさは嫌でも分かってくるからです。

  24. gtskokor2022/04/25 at 11:05 AM

    母の腰がずいぶん悪いようです。最近は週一で医者にいっているだけで後はずっと家にいて全然外に出ていかなくなったからです。
    前はちょこちょこ出ていっていたんですが(買い物がてら散歩にです)もう腰が痛くなってからはまったく外に出ませんね。まあ、座骨神経痛は私もやっていますのでどれだけ痛いかは知っています。もうまともに歩けませんからね。足が痛くてです。(腰より足が痛くなりますから。座骨神経痛はです。それも腰からきているのですが)それでは出てもいけないでしょう。外など出ていっても足の痛みで買い物どころではないからです。
    だからいったのです。罰が当たるから祈りのじゃまはするなとです。しかし、何度いっても母はくだらないじゃまをやめませんでした。(どこかの連中と同じですね。〔苦笑〕)そうしたらこれほどのことが起きるのです。
    歯が痛くなった時点でやめるべきだったのです。私の祈りのじゃまはです。そうしたらこれほどひどい目には遭わなかったのに私のいうことをきこうとせず、それでも祈りのじゃまをし続けた。その結果がこれだけの苦しみを与えられたということです。天から母はです。
    年寄りなのに哀れなものですが、しかし、若かろうが、年を取っていようが、罰当たりな態度を取っている人には必ず当たるのです。天罰はです。
    そこはわきまえた方がいいでしょう。もうそのような時代となっているからです。そのような悪いことをしていれば(特に神仏に対しては)すぐにでも天罰がくだる正法の世にです。
    だから大丈夫ですか。親でもくだるのです。祈りのじゃまをしただけでひどい天罰がです。では、身内でもなんでもない、ただ、私のブログを読んでいるだけで面白くないからと私に嫌がらせなどしてくる人たちにはです。
    一人残らずくだると思いませんか。よりひどい天罰がです。何度でもいいますが、親でも神理に逆らえば天罰がくだっているからです。
    では、そのような私のブログを読むだけ読んで神理を教えてもらったくせに一切感謝せず、嫌がらせしてくるようなそんな恩知らずな道義を知らない人たちにはくだらないわけがないのです。よりひどい天罰がです。
    それが筋であるからです。天上界はそのような筋は必ず通すからです。
    それでずいぶんひどい目に遭っている人もいるはずですが(母を見てそれが一層よく分かりました)しかし、そういうひどい目に遭っている人たちはです。まだ滅ぼされていないのなら(もう最悪の目に遭っている人たちは滅ぼされていますから)反省することです。そのような(最低最悪の)行いをです。
    そうすれば、そのひどいことは起きなくなりよいことも起きてくるからです。だから、私の母に例えるなら、母が私の祈りをじゃましたことを反省し二度とそのようなことは行わないと神に誓えるなら、その座骨神経痛は治ってくるということです。そのような心になるならです。
    天が現わした病を天が癒せないはずがないからです。それが天罰というものであるからです。
    だから私のいう通りのことが出来るなら、罰当たりな人たちに起きている様々な災い(天罰)は止まりますが、出来ないなら止まりません。そのような心になっていないから、そのような人たちにはそのような不幸が続いているからです。
    実際その通りのことが多くの人に起きているはずです。もう反省されませんか、そうすれば、その苦しみはなくなるからです。
    どれだけ私に怒ろうが、その起きている災いは私が起こしているのではなく天が起こしているのです。だから天罰というのであり、その天罰に怒っているということは天に怒っているということになるのです。
    だから昔の人たちはそんなことはしなかったのです。天に怒るなどの恐ろしい行為を自分たちがするなら、その後どれだけそのような行為が自分たちに祟ってくるか分からないからです。
    その通りのことがいま現在起きています。現代の多くの人たちがあまりに天に逆らっているばかりに(起きている災いを責任転嫁しているばかりに)すさまじいまでの数の災いがくだり、多くの人たちが不幸になっているのです。いま現在の多くの人たちがです。私の親も含めてです。
    しかし、それでも現代の人たちは、昔の人たちのような考えをまったく持とうとせず、天が祟るなどあるわけがないと未だ多くの人が思って、起きている災いはみな自然現象と人が起こしているものであると勝手に思い込み、まったく自分の考えを改めようとせず、責任転嫁し続けています。
    その結果、そのような災いは全然止まらず、どんどん増えている。
    では、どちらの考えが正しかったのか? ということになります。
    今のような結果だけ見るならです。どう考えても昔の人たちの考えの方が正しいように思えますが、それでもまだです。それでもまだ認めないのでしょうか? 今の人たちは昔の人たちのような考え方をです。
    天が怒っているからこういうことが起きているという考え方をです。
    そんな考え一笑に付しますか。しかし、残念ながら、昔の人たちの考えの方が正しかったということが、次々に起きてくる現象で証明されているのです。もうすでに何度も何度もです。(何十度も何百度もです)こちらで起きている天罰を知るなら、それを認めざるを得ないからです。
    得ないでしょう。こちらの天罰を知るならです。こちらで起きてくる天罰は私に嫌がらせをしてくる人に次々にくだっているのです。(親にまで)こんなことを人が起こせるはずもなく、では天が起こしている以外ないではないですか。
    天以外でこんなことを出来る存在などないからです。何度でもいいますが、もし人が出来るというのなら、こちらで起きていることと同じことをしてみてください。そのようにいう人がです。しかし、そんなことが出来る人など誰もいないのです。そうして、そういうことが唯一出来ている私がいっているのです。
    「こういうことは人ではなく天が起こしている」とです。
    つまり昔の人たちの考え方が正しいと、そういうことが起きている私がいっているのですから、それを認めるしかないのではないでしょうか。現代の人たちはです。
    現代の人たちで私と同じことが出来る人など一人もいないからです。出来ないのであれば認めるしかないからです。私のいっていることをです。
    どれだけ自分たちの考えが間違っていたと証明されたら(より多くの災いが起きてくることによりです)自分たちの考えの間違いを認めるのですか、現代の多くの人たちはです。
    しかし、そのような(傲慢な)心を悔い改めない限り、天の怒りがおさまることはないのです。つまり今のままの心の人が多いなら災いが収まることはないということです。
    謙虚に悔い改めてください。自分の考えをです。そうして天の怒りを認め頭を下げてください。天に対してです。そうすれば、起きている災いは止まってくるからです。
    昔の人たちの考えが正しかったのです。もうそれをはっきり認め昔の人たちと同じ考えを持ちましょう。現代の多くの人たちも神に対してはです。
    そうすれば必ず神の怒りは解け起きている災いも止まるからです。

  25. gtskokor2022/04/26 at 10:47 AM

    ウナッシーさんや北海道の方からまた布施をいただきました。ありがとうございました。もう何度もらっているかしれませんね。こういう方々からの感謝の布施はです。さぞ多くの徳を得ていることでしょう。このような方々はです。
    それに引き換えです。こちらの人たちなど昨日でもいきり立って嫌がらせをしてくる人たちが何人もいました。ほんと真反対のことをしているんですから呆れます。
    なんですか。昨日書いたコメントのせいでしょうか? そんないきり立つほど怒っている人が多かったのはです。何が理由かは分かりませんが神理をきいているのに、そんな子供のような態度を取っていては百パーセント天罰がくだります。(もう百パーセントくだるでしょう。親にまでくだるのです。他人にくだらないわけがない)
    それだけ重い罪もないからです。だから覚悟だけはしておいてくださいね。そういう人たちはこれからどんなひどい天罰がくだるかしれないからです。
    本当に哀れですね。本当の神の教えを説いている者にわざわざ嫌がらせをしてくるんですから。それだけ罰当たりな行いもありません。どうせ嫌がらせをするなら間違った教えを説いている人たちにすればいいものを、それならまだ罪も軽いからです。
    しかし、本当の神の教えを説いている者に嫌がらせをしているのです。その罪はどれだけ重いものとなるかしれません。だから死ぬ人まで出ているのです。この世で最悪のことをその人たちは(それと知らずに)しているからです。だから最悪の結果が現れている。それだけしていることの罪が重いからです。結果がそれを物語っているのです。
    それを考えるならです。私に布施してくれている人たちがどれだけ多くの徳を得ているのかは想像に難くないでしょう。ひどい嫌がらせをしてくる人に最悪のことまで起きているのです。では、何度も布施してくれている人に与えられる徳は一体どれだけ多くのものかしれません。それこそ天にも届くほどの宝がそのような人たちには与えられることでしょう。
    そうして、その宝は腐ることも盗まれることもなく天にどんどん積まれていきます。それだけ多くの果報が与えられるということです。それだけ徳ある行いをしている人たちにはです。
    それは死ねば分かります。神理を説いている人への感謝の布施は、それほど有難いものであるのです。
    にもかかわらず、そんな有難いものまで一切無視して、神理をきくだけきいて知らん顔をしている人がなんと多いことか。本当にもったいないことをしています。知らない(理解しない)とはいえです。そのような人たちはむざむざ計り知れないほどの宝を逃しているからです。
    それで地獄霊がいっぱいいるお寺や神社などいきそこで賽銭を投げてお参りして気分がすきっりしたとか、パワーをもらったなどといって喜んでいますが、残念ではありますが、そんなことをしても何の徳も宝も得られることはありません。だからそういうことはやるだけ無駄だということです。(とうか、本当は危ないんですけどね。心も正さずにそういうことをしていてはです)
    まあ、お参りなどしてそれでよいことがあったという人もいるにはいるんでしょうが、しかし、それはお参りしたお陰ではありません。なるべくしてそうなったということです。だから別に、そのようなところにいってお参りしなくてもそのよいことは起きたのです。
    なんでそんなことが分かるのか? それはそのような信仰の仕方は間違いであるからです。間違った信仰の仕方をしていて、それで本当のお陰があるはずがないからです。もし、それでお陰があったとしたなら、それは最初からそうなるような順序があったか、または地獄霊がそうしたかのどちらかであるということです。(地獄霊もよいことはしますから。悪いことばかりしていたら誰もそこに寄り付かなくなるからです。そうなると地獄霊はそこにきた人に憑けなくなるからです)
    ついでにいっておきますが、よく神社やお寺などいって、ここはパワーが凄いとか、ここにくると不思議なことが起きるとかいっている人たちがいますが、そのような神社やお寺で感じることや起きる不思議なことはほぼ百パーセント地獄霊が起こしていることなのです。善霊(光の天使)が起こしていることではありません。
    そこは間違えない方がいいでしょう。まずそんな場所に光の天使がいることはないからです。
    なぜそんなことがいえるのかといえばです。そういうところにお参りしにくる人たちはよい(正しい)祈りをしていない人たちばかりであるからです。
    こういうところにお参りにくる人たちは、自分たちが幸せになりますようにとか(家内安全、交通安全など)よい会社に(またはよい学校に)入れますようにとか、お金持ちになりますように(宝くじが当たりますように)とか、そんな自分たちの欲望の祈りしかしないのです。
    まず、世界や日本の人たちの平和や調和の祈りなどする人はいません。(まあ、今のようにロシアとウクライナの紛争など起きていれば、そういう祈りをする人もいるかもしれませんが)そういう多くの人たちの幸せを祈る人たちばかりなら、光の天使たちもその場所に降りてくるのかもしれませんが(そのような多くの人の平和を祈る場所なら霊域がよくなるので)そんな自分の欲望ばかりを祈るような祈りの場はです。
    もうずいぶん霊域が悪くなっているのです。その場所は人々の欲望渦巻く場所として、そのような邪悪な念が渦巻いているからです。そのような場所は相当霊域が悪くなっています。そのような人々の邪悪な念が、その場所の霊域を悪くするということです。
    そういう霊域が悪い場所には絶対に善い霊が降りてくることはありません。というか、降りてこれないのです。あまりに霊域が悪いところに光の天使たちはです。自分たちの波動とその場所の波動とが違いすぎているからです。そういう場所には善霊は降りられないからです。(ただ、使命を持ってそういう場所に降りてくる光の天使もいます。〔その霊域をきれいする役目を持ってとかです〕そういう霊はまた別です)
    だから、そのような場所で(お寺や神社などそのような場所ばかりでしょう。そこにお参りにくる多くの人たちは欲望の祈りしかしないのですから)起きる不思議な現象は地獄霊が起こしているといっているのです。そういう場所に光の天使は降りてはこれないからです。そういう霊域の悪い場所にいられるのは悪霊だけであるからです。
    だから多くの人たちは霊域の悪い場所にいき、そうしてそこで悪霊の波動を善霊の波動と間違えて、それをパワーだとか何とかいっているのです。悪霊のパワーを善霊のパワーだと思い込んでです。
    これもまた哀れなものなんですが(大間違いをしていますから。ずいぶん違いますよね。悪霊のパワーと光の天使のパワーとではです)何の力かよく分からないものを何でもかんでも信じない方がいいでしょう。結局、そういうことをしていては最後には不幸になるからです。悪霊は最初はよいことをしても最後にはその人を(憑いている人を)不幸にしてしまうからです。(だから心も正さずそんなことをしていると危ないといっているのです。心さえ正しければ、そのような悪霊からも守られるからです)
    だから、そんな訳の分からないものをお参りしにいくよりもです。ここに次々に奇跡が起き、そうして本当に徳になるものがあるのです。
    それをお参りしませんか。その方がよほど自分たちのためになるからです。

  26. gtskokor2022/04/28 at 10:55 AM

    昨日は途中までコメントを(ブログを)書いていたんですけどね。
    ところが隣の家のオバちゃんが急に出てきて家の横でガタガタ音を立てて嫌がらせを始めましてね。たまにやるんですよ。隣のオバちゃんは家の横ででかい音など立ててこのブログの書くじゃまをです。自分も見ているくせにです。
    だから私の周りにはどこかの会社だけではなくたくさんいるのです。神理を説くじゃまをする悪魔に憑かれた人たちがたくさんです。本当にこのような人たちは哀れです。自分がどれだけ罪深いことをしているのか分かっていないからです。
    しかし、そういう哀れな人たちはたくさんいて、このオバちゃんは一昨日もそんなことをしてきて昨日もまたしてきたものですからね。二日も続けてされるとさすがにこちらも癪(しゃく)にさわって、それでガンガンやり返していたら書いてるコメントが急に消えてしまいました。
    それでもう書く気がなくなって書くのをやめたんですが、ダメですね。バカを相手にバカなことをしていると神の教えが消えてしまうからです。(苦笑)
    それにしてもこりませんね。このような哀れな人たちはです。これだけ多くのところで多くの天罰がくだっているにもかかわらずです。それでもまだこんなことをしてくる。私が知っているだけでも数(かぞ)えきれないところでどれだけ多くの天罰がくだっているかしれないのにです。
    それなのに、それだけ大きな力を平気で人にせいにして平気で逆らっている。よく、それほどの巨大な力に逆らっていて怖くありませんね。分かっているのでしょうか? いま全体で何が起きているのかです。
    個々で見ているだけなんじゃないですか。起きていることをです。(自分に起きたこととか、自分の周りに起きていることだけをです)今の多くの人たちは全体を見る力に欠けている人が多いからです。(単に視野の狭い人が多いといっているだけなんですが。〔苦笑〕)本当にとんでもないですね。現代の人たちはです。とても人間には不可能と思えることでも平気で人のせいにして怒っているだけだからです。
    よく考えてみてください。この名古屋の一部だけでも数限りなく現れているのですよ。そのような天罰と思われる現象がです。私が実際に知っていることなど名古屋のほんの一部で起きていることだけでしょうから。しかし、それだけでも凄い数なのです。
    その部分だけ見たって全部合わせるなら巨大な力が現れているということになるのに、それほどの巨大な力をです。
    人が現わしているなどとよくそんなことがいえますね。昔の人たちなら絶対に思わなかったでしょう。そんなことはです。出来るわけがないからです。ただの人間がそんなことをです。そんな強大な力を人間が現わすことなど絶対に不可能なことであるからです。
    しかし、今の人たちは神のせいには出来ないので(さすがに怖いから。というか、認めていないので神のせいにしようがない)とても人間が出来ないようなことまで全部人のせいにして(または自然現象。もうこれだけ起きてくるとたまたま、偶然とはいえないから)責任転嫁しています。本当によくそんなデタラメなことをし続けているものです。
    こんな巨大な現象、人が起こせるはずがないのにです。とても不可能なことであるのにです。それを無理やり私のせいにしているんですから呆れますが、もうやめたらどうですか。そんな明らかに違っている責任転嫁などです。自分たちに悪いことがよけい起きてくるだけだからです。よけい神を怒らせてです。
    神は存在しますし、神が存在するから、そのような神の力も現れているのです。いま現在その神の力が現れているではないですか。多くの人たちの目の前にです。それはもう認めざるを得ないでしょう。現れているものは現れているからです。それは釈尊やキリストの時代と同じであるからです。
    天罰であろうと癒しであろうと同じなのです。同じ神の力なのです。だからそれほど多くの現象が現れるのです。神の力(エネルギー)は超巨大であるからです。
    それは多くの人を癒されたキリストも認めています。キリストは多くの癒しの奇跡を現わしましたが、それを一度でも自分の力といわれたことなどないのです。
    神がこれを起こされているとしかいわれていないのです。それは釈尊も同じで、もちろんそれは大奇跡を起こされたモーゼも同じなのです。一度も奇跡を自分が起こしたなどといわれたことはないのです。
    すべて神が起こしているからです。そのような奇跡はです。釈尊やキリストの後ろにいられた神がです。だからあれほど多くの奇跡も現れたのです。神の力は無限であるからです。どれだけ巨大か分からないからです。
    だから今もこれほど多くの天罰も現れる。(動物たちの奇跡も含めてです)私の後ろには釈尊やキリストの後ろについていられた同じ神がついていられるからです。同じ神理を説いているのなら同じ本物の神がつくのは当然のことであるからです。
    その本物の神の力が現れているから、これほど多くの現象も現れてくるのです。何度もいいますが、神の力は無限であるからです。どれほど巨大かしれないからです。
    これだけ多くの現象が現れていることが(釈尊やキリスト、モーゼと同じようにです)私が本当の神の教えを説いているという何よりの証拠なのです。だから認めるしかないのです。もう私のいうことをです。これだけ現れている数多くの奇跡が私のいっていることの正しさを何より現わしているからです。
    その本当の神が後ろにいる者に対し逆らい続けているのです。このブログを見ている多くの人たちはです。
    もう少し大きく観られませんか。そうすれば、いま起きていることのすさまじさ、いっていることの正しさはよく分かるからです。

  27. gtskokor2022/04/29 at 10:59 AM

    前回あれだけ書いてもまだくだらない嫌がらせをしてくる人が多いようですが(まあ、そういうレベルの低い人たちは必ずいるので仕方がない話なんですが)しかし、昨日などまた凄かったですね。
    昨日は洗濯ついでに荒子川公園にいっていたんですが、その荒子川公園の裏の道にはずらっと工場が並んでいるのです。何社もです。ところが昨日など、その工場のほぼすべてがです。私が近くを歩いていくと怒ってゴンゴン、ガンガン、ガシャーンとやってくるのです。
    全部の工場からではなかったのでしょうが、それくらいあの辺りの多くの工場(の人たち)が私に対し怒っていたということです。昨日はです。
    こんなこと初めてですね。その辺りの工場の中のいくつかのところが怒ってそんなことをしてきたということはこれまでも何度もあったんですが、これほど多くのところがいっぺんに怒っていたなど初めてです。昨日など一斉(いっせい)にやられましたからね。その辺りの工場の連中に嫌がらせをです。よほど出ているのではないでしょうか。ひどい災いがです。
    そればかりか、荒子川公園の行き帰りのいくつかの工場もやたら怒っているところがありましたし、もう相当出ているのでしょう。多くのところで多くの災いがです。
    しかし、それにしてもおかしな話ですよね。そうではないでしょうか。だって、その起きている災いをこのような多くの(工場の)人たちがみな私のせいにしているのです。しかし、そのような怒っている人たちがいる工場の中には私がまったく祈ってもいないところも含まれているのです。
    こちらが祈ったところならともかくです。何で祈ったこともないところにまで起きている災いを私のせいにしているんでしょう。そんな起きてくる災いを全部私のせいにされても私も知らないですよね。そんなすべてのところのことまでです。私は神ではないのですから。(苦笑)
    しかし、つくづく思いますね。本当にこういう人たちは都合がいいとです。だって、そう思いませんか。ならこのような人たちの人生は私に支配されているということなのでしょうか? そういうことになりませんか。自分たちに起きてくる悪いことを全部私のせいにしているのならです。
    では、その人たちに起きる悪いことは、私の意志でいくらでも起こるということになり、そうであるなら、その人たちの人生は私が支配しているということになります。その人たちに起きる悪いことを私が自在に出来るなら、その人たちの人生がよくなるのも悪くなるのも私の胸三寸ということになるからです。
    そういうことなら、よけい私に胡麻をすってたくさん布施しないといけないでしょう。(笑)私の機嫌をそこねるなら、その人たちの人生は悪いことばかりが起きることになるからです。
    そのような解釈でよいのでしょうか? その割には誰も私に胡麻をするわけでも布施するわけでもありませんね。胡麻をするどころか、平気で嫌がらせをしてくる人も多いんですが大丈夫なんですか。私がそのような人たちの人生を握っているにもかかわらず、そんなことをしていてです。(苦笑)
    だから都合がいいといっているのです。こういう人たちはです。
    この人たちは自分の人生は自分が支配していると誰も知っているからです。別にお前に自分の人生を支配されているわけではないと分かっているからです。
    にもかかわらず、この人たちは悪いことだけは私のせいにして怒っているのです。ではこれだけ都合のいい話もないのではないでしょうか。だって、自分の人生の支配者が自分自身なら、自分の人生に起きてくるよいことも悪いこともすべてです。すべて自分に責任があるはずだからです。他の誰の責任でもないはずだからです。その自分の人生を支配している者は他ならぬ自分自身であるからです。
    では、全部自分の責任でしょう。自分の人生に起きてくることはです。
    私が力ずくで何かしているのというのならともかくです。(力ずくで自分の人生を変えられるというのはよくある話ですから。例えばいま起きているロシアウクライナ紛争のようなです)そうではないのに、悪いことだけを人のせいにするなどどれだけ間違っているのか、そう考えるなら分かるはずです。自分の人生は自分に全責任があるからです。
    自分の人生は自分が主役であり自分が支配者なのです。それが分かるなら自分の人生をよくすることも悪くすることも全部自分次第であるということも分かるはずです。
    だから責任転嫁している人はよい人生を送れないのです。その考え自体が大きな間違いであるからです。
    自分の人生は自分が主役であり支配者である。そのことをくれぐれも忘れないことです。それを忘れなければ自分の人生に起きてくるすべてのことは他ではなく全部自分自身に責任があるということも分かるはずであるからです。

  28. gtskokor2022/04/30 at 10:18 AM

    しかし、そんなに自分たちの周りに災いが現れているのならです。
    人のせいになどしていないで(そんな暇があるなら)手を合わせて神にでも祈ればいいのに、そういう発想さえ出てこないようです。現代の罰当たりな人たちはです。
    そういう人たちはゴールデンウイークがデス(死の)ウイークにならないようお気をつけください。ずいぶん亡くなっている人もいるようであるからです。(死んだ奴が出たのかときくとシーンとなったりするところも多いので)
    それにしたって見や分かりそうなものですけどね。災いは増えているとです。だって他の地域だって地震や大雨などこれだけ増えているのです。では、この辺りに起きる個々の天罰が増えるのも道理なのです。ただでさえ災いが増えているのにプラス神理に対する感謝もない。それではよけい災いは増えるでしょう。もうそういう時代になっているからです。
    だから私はいっているです。そういう人たち(自己中で傲慢で罰当たりな人たち)ばかりでは、これからは心と時代が合わなくなってどんどん災いは増えてくるとです。
    その通りのことが起きているだけです。これからまだまだ正法の世は深まっていきます。そうなればもっと災いは増えるでしょう。多くの人たちの心と時代との乖離(かいり)が激しくなっていくからです。
    それであまりに災いが多いからと寺や神社やなどいってお参りしたところで、この前も書きましたが、それで救われるわけではありません。それどころかそんなことをして(心が汚いまま祈って)おかしな霊に憑かれてしまうような人も増えてきます。(この辺りもたくさんいますから。地獄霊に憑かれた人がです。私の周りの人たちも皆おかしな霊に憑かれています)
    しかし、それではよけい不幸になるということです。地獄霊は最後にはその(憑いている)人を不幸にしてしまうからです。
    そうして、その憑かれた人が死んでいく先は、その憑かれた霊と同じ地獄に堕ちるのです。その地獄霊に最後の最後まで導いていかれるということです。それこそ死んだ後までです。
    そういう悲惨な目に遭ってもよいというのでしょうか? しかし、現実にそういう悲惨な目に遭っている人はたくさんいるのです。生きている人が知らないだけでです。
    それではそういう悲惨な目に遭わないためにはどうしたらいいのでしょうか? その方法を園頭先生が正法誌に書いていられます。そこをちょっと抜粋しておきましょう。哀れな皆さんのためにです。(苦笑)
    1981年一月号より抜粋します。
    <魔、または魔に支配された人にぶち当たった場合はどうすればいいか、その場合は高橋信次先生が教えていられますように「あなたも神の子であります」と祈ることであります。それと同時に我々の身体の廻りに神の光の防壁をつくることです。
    自分の身体が、神の光に包まれていることを心の中に描き、その神の光の中に自分があることをいつも想念することです。そうすると、自分の身体の廻りに光の壁が出来ます。
    車に乗っていられる人は、車全体が神の光に包まれていることを想念することです。そうすると事故に遭わなくなります。このような光の想念を持つようになると、自分の周囲には自分を幸せにしてくれる人ばかりが集まってきて、自分を不幸にするような考えを持った人は自分に近づけなくなります。
    商売をしていられる人たちはいいお客だけが集まるようになり、自分に損害をかけるような人は自然にこなくなります。損得を先に考えてするのはよくありませんが、まず人間は神の子であることの自覚が先にないといけません。
    もし、仮に相手が自分を害しようと思っていた場合であっても、自分が光に包まれ、また相手も神の光に包まれていることを想念すると、相手は自分を害することが出来なくなります。あるところにやくざの人に脅迫されて金をせびられている人がありましたが、それを続けているうちに自然にその人はこなくなりました。こういう時は相手に対する恐怖心を持ってしてはならないのです。自分の心の中をまず安らかにして光を描かないといけないのです>
    要は神の光を心の中に描いて、その神の光が自分を包んでいるという想念を常に持っていると守られるということです。
    しかしこれは自分の心から光が出ていないと、単にそう思っているだけでは神の光は現れてはこないので、結局、神理の実践がないとそうはならないということなんですが、しかし、ここに抜粋している園頭先生のお言葉は正法会の会員に対していわれていることであり、神理の実践をされている人たち限定でありますので、そこはご了承ください。
    それ以外(神理の実践以外)で災いから守られる方法はないからです
    だから、もうこういう時代(正法の世)になっているのです。神理の実践は必須であるということです。

  29. gtskokor2022/05/01 at 11:00 AM

    昨日も罰当たりな人たち多かったんですが、大丈夫ですか。死んだ後まで祟りますよ。私におバカな嫌がらせをし続けているとです。
    もうことごとくくだります。そういうくだらいないことをしてくる人たちには天罰がです。昨日でもやたら怒っている現場がありましたが、そういう態度を取り続けているのなら確実にくだることでしょう。そういうところにはまた天罰がです。
    こういうことを書けば書くだけ(子供のように意固地になって)嫌がらせをしてくる人もいるのでしょうが(というか多いですね。そういう人がです)早くそのような(子供)レベルから成長され、自分の心に素直な態度を取ってほしいものです。(ということは神理に頭を下げるということです)そういう態度を取った人から救われていくからです。しかし、くだらない態度を取っている限り絶対に救われることはないからです。
    もう天罰が(凄い勢いで)次々にくだっています。そのような傲慢な人たちが少しでも謙虚になってくれることを願ってやみません。
    昨日は京都で震度3の地震が起きたようですがどんどん災いが現れてきますね。このような災いがです。
    最近のその震度3~4クラスの地震の多さは尋常じゃないそうですが(異様に多いとか)またでかいのがきそうですね。このままではです。
    最近京都もよく地震が起きますが(そのクラスの)あるかもしれませんね。京都大地震もです。あの辺りは生臭坊主が特に多いからです。
    だって私のような体験をしている坊さんなどいないんでしょう。あの辺りの坊さんなどです。
    いますか。私と同じように自分に何か嫌がらせなどしてくるような人がいたら、その人にすぐに天罰がくだるとか、鳥や魚たちがいっぱい寄ってくるとか、そんなことが起きる坊さんがです。
    一人もいないでしょうね。そんな坊さんはです。(特別京都だけではなく他のところの坊さんもそれは同じなんでしょうが)だから生臭坊主だと私はいっているのです。私にさえ起きるようなことが坊さんたちには全然起きないというのですから。
    それでは神の使い、仏の使いとは名ばかりで詐欺師ということになってしまいます。坊さんに何のお陰も加護もないなら普通の人と何も変わらないからです。そんな人のどこが神の使いで仏の使いなのかということになってしまうからです。(そういうことが現れての神の使いであり、仏の使いですからね。〔当然釈尊やキリストはそのような現象がたくさん現れましたから〕何も現れないでは普通の人と同じです)
    それどころか中には自分を神だ、仏だなどといっている恐れ多い人もいるようですが(ほんと終わってます)しかし、そのような人は身の程知らずにもほどがあるでしょう。なんのご加護もないのにそういう人の一体どこが神であり、仏であるのでしょう。
    もうそのような嘘がよく分かる時代となりました。(現れる現象で)そのような時代になっているにもかかわらず、そのような(口だけの)時代遅れの人たちもまた本当に哀れです。
    だからもうそのような人たちは自覚しないといけないのです。自分たちはまったく間違ったことをしているという自覚をです。そういう自覚が出来ないともうどんどん罪が増えていくからです。
    しかし、中には確信犯もいるのでしょうね。自分は神の使いでも仏の使いでもなく、ただ神や仏の教えを使って(利用して)金儲けしているだけだと開き直っている人もです。しかし、どういう考えの人がいようとです。私のような神のご加護やお陰があってこそ本当の神の使いであり、仏の使いであるのです。
    そういう自覚はもう持つべきなのです。そうしないと、そのような(坊さんがいる)ところにどれだけお参りしても不幸な人が幸せになることはないからです。不幸な人がよけい不幸になるだけだからです。
    しかし、そのような(私のようなことはまったく起きない、ただ仏教で金儲けしているだけの)生臭坊主が特に京都は多い。だから京都大地震も起きるのではないかと私は書いているのです。あまりに罰当たりな坊さんが多いからです。
    だからもうよく考えないといけないのです。坊さんだけでなく私たちもです。そういうことをです。そんな何の神のご加護もお陰もない人たちのいうことをきいていて、それで本当に神のご加護がもらえると思いますか? 
    ここにお参りするとこれほどの神のご加護がもらえますとか、必ずお陰がありますとかいっているその本人にまったく神のご加護もお陰もないのです。
    それはその神社やお寺にです。(特に京都など)たくさんの人々がお参りにくるわけですから、いいことが起きた人もいるでしょう。しかし、それは前にも書いたように単にそうなる順序があっただけで、そこにお参りしなくても起きたかもしれないのです。というより、起きた可能性の方が高いのです。そのようなよいことはです。
    なぜなら、そんなにご利益があるところであるなら、そこにいる人たちはその数倍も、数十倍も、そのご利益を受けていなければいけないはずであるからです。そういうご利益を多くの人に分け与えているのですから、それだけ徳を得ている人たちにご利益がないわけがないからです。
    だから、そういうご利益があるという噂の神社やお寺にいったのならです。これからはまずお参りする前にそこにいる坊さんや神主さんにご自身はどんなご利益があったのかと、そのことをよくきくことです。
    そうしてそのような人たちに加護やお陰がたくさん現れているのなら、そこにお参りすればいいし、そういうことは自分たちには現れていないくせに(多分そういう人たちばかりでしょうが)こういう加護があるとか、ああいうお陰があるとか(あるいは人にあったとか)そういう口だけのところにはお参りするだけ無駄であるということです。
    そこにいる人たちに何の加護もないのに、お参りにきた人たちに加護があるわけがないからです。
    このように少し考えればおかしいと思えることが、これまでは見過ごされ、何のご加護もお陰もないものを一生懸命信仰していたというのが、これまでの私たちであったのです。
    しかし、そのような偽の信仰の化けの皮が剥がれる時がもうきているのです。本当の神の教えである正法神理が出現したからです。この正法神理を行うなら、そのようなご加護やお陰がバンバン現れてくるからです。それは、それをしている私が何よりの証拠であるのです。
    ここまではっきり信仰の善し悪しが分かるのはこの正法神理が出現したからこそです。にもかかわらず、いつまでその本物の信仰を無視しているつもりなのですか。未だ多くの間違った信仰に騙されている人たちはたくさんいるのにです。
    何度もいいますが、この教えを知った人たちは、それだけ大きな責任を与えられるのです。多くの人たちを間違った信仰から正しい信仰に目覚めさせるという、そのような大きな責任もです。
    そのようなことが分かってきても、それでもまだです。それでもまだ無視するというのでしょうか。この正法神理をもう知っている多くの人たちはです。
    その罪の重さがいい加減お分かりになりませんか。だから、そのような人たちに多くの天罰がくだっているのです。

  30. gtskokor2022/05/02 at 10:31 AM

    今日は普通の日なんですが休みのところが多いようですね。この辺りはです。まあ、こちらとしては静かで助かります。(苦笑)
    このままずっとこの辺りの会社が休みなら私もずいぶんブログが書きやすいんですが、それにしても相変わらずの態度ですからね。この辺りの皆さん方はです。心を入れ替え態度を改めれば起きてくることも変わるのに、そこは本当に残念です。それは頑としてきかない人たちばかりだからです。(苦笑)
    しかし、それで怒りまくっていられてもねぇ(悪いことは全部私のせいにされて)こちらが迷惑です。私もこれだけかまわれなければこれだけ祈りもしないのですが、それを考えると嫌がらせしてくる人にも感謝ですかね。だって、何もしてこない人たちをいきなり祈ることなど出来ないからです。嫌がらせなどしてくるから、そのような人たちを祈れるからです。
    それで何か現象が現れてこなければ現代の人たちなど口だけでは何をいっても信じません。(まあ、どんどん儲かりますとか、よいことばかり起きてきますとか、そんな欲望を刺激されることばかりいうなら信じる人は多いでしょうけどね。がめつい人が多いから。〔笑〕しかし、そんな嘘をついてこちらに興味を持たせることなど出来ないし。神理を説いているならです)そういう意味では嫌がらせしてくる人たちに感謝ですね。そういう人たちがいなかったら、これだけ天罰がくだるということもなかったはずであるからです。では、そのような証明も出来なかったからです。神理に逆らうなら天罰がくだるという証明もです。
    それを考えるなら、嫌がらせしてくる人たちも神理を証明してくれているのですね。(天罰を食らって)だから、そこは感謝なんですが、しかし、天罰を食らいっぱなしではね。それではただの愚か者にしかすぎません。これだけ天罰がくだれば昔の人たちならもうとっくにそんな態度は改めて神理に従っていました。いい加減、現代の人たちもそのような素直な態度を取りませんか。神理に逆らえば逆らうだけよいことは起きてはこないからです。
    実際にその通りのことが起きているんですが(それも数えきれないくらい)それに比べて(神理に従っている)私など二、三日前にも庄内川にいき川べりに座っていたんですが、その日は雨上がりで川の水がずいぶん濁っていたのです。
    しかし、それでもしばらく座っているとあちこちから細かい魚たちがもうわいてくるかのように川底から上がってきて、あちらに真っ黒な塊が、こちらにも真っ黒な塊がと、あちこちにそんな小魚たちの塊が出来てきて(細かい魚たちが固まって上がってくるのです。水が濁っていたので急にそんな黒い塊が川底からぶわっとあっちからこっちから上がってくるのでこちらは少々驚きましたが)私がそのような魚たちに「お前ら元気か」などと声をかけていると、そのうちにその塊が列のようになって、私の右側から左側にどんどん泳いでいくのです。たくさんの細かな魚たちがです。
    もうすさまじい数の細かい魚たちが私の前を泳いでいきます。凄いですよ。細かい魚とはいえあれだけ数がいると迫力がです。
    どんどん泳いでいくので「お前らどんだけおるねん」などと声をかけながら見ていましたが(笑)しかし、その数が全然途切れないのでいい加減私も飽きてきて「分かった、分かった。もう分かったからそろそろいくわ」と、その泳いでいく魚たちに声をかけて歩いていきました。
    さすがにあれだけの数の魚を見続けているとなんか気持ち悪くもなってきたからです。(さすがにわんさと見すぎでしょう。細かい魚ばかりたくさんです。あれだけ魚ばかりを見ていると気持ち悪くなります。〔苦笑〕)
    その間、スズメやらツバメやらカラスやらムクドリやらも私の周りを飛び回っていたんですが、もうこの時期は賑やかすぎて川べりになど落ち着いて座っていることも出来ませんね。
    あまりに多くの生き物が私に周りに出てきて寄ってもくるからです。(特にこの時期は〔四月~六、七月くらいまでは〕細かい魚たちが死ぬほど出てきますし、他にもカニやらトビハゼやらも〔九月くらいまでは〕たくさん出てきますから)
    ずいぶん違うと思いませんか。神理に逆らい天罰ばかりくだっている人たちと神理に従っている私とではです。
    このようなこと以外でも神の光を自分の回りに描いて、その神の光に包まれているイメージを常にしているのなら(光の防護壁をつくっているのなら)様々な災難から守られます。車によく乗る人はそのイメージを車全体に、そうして台風などきた時にはそのイメージを家全体にするなら、車に乗っていても事故に遭わないし、どんな台風がきても自分の家が壊れるということはありません。(私の家のようなボロ家でも〔多分、この近所で一番ボロいでしょう〕あの地球史上最大の十九号台風がきた時でも耐えられたのですから。どこも壊れないでです)
    自分も家も車もなんでも守られるのです。そのような光の防護壁をつくっているのならです。そうして祈るのならその祈りもきかれます。(それが正しい祈りであるならです)病気でもです。不治の病が治ったり、長引くはずの病気がすぐに治ったりという奇跡も起きてくるのです。
    このように考えるなら、神理に従うくらいよいこともないのではないですか。悪いことは避けることが出来、よいことばかりが起きてくるからです。
    神理に従っている人と、逆らっている人とではこれだけ起きてくることが違うのです。そういう面だけ見てもです。(それ以外では、そのような生きている時だけでなく、神理に従っているのなら死んだ後まで救われていきます。〔すぐに天上界にいけて〕しかし、神理に逆らい続けるなら、死んだ後まで不幸になります。それも大変なです。〔深い深い地獄に堕ちて〕)神理に従うくらいよいこともないのではないでしょうか。誰彼の区別なく、すべての人を救うことが出来るのがこの正法神理であるからです。
    このゴールデンウイークの間によく考えてみることです。神理に従うか、それともまだ逆らうかをです。
    このブログを(コメントを)見ている人は、この正法神理に従うことの有難さをもっともっと理解すべきなのです。
    (次回からもう一つ前のブログのコメント欄に書くことにします。しかし、いつまでこんなコメント欄に神理を書いているのでしょう。皆さん方が少しずつでも布施してくれるなら、ちゃんとしたブログが書けるのにです)

  31. うなッシー2022/05/12 at 5:51 AM

    おはようございます、いつもお世話になってます。今日は奇跡的なお話をします。1つ目は、会社での出来事です。
    私は仕事の中でパソコンを使って事務処理をすることがあります。後輩が事務処理をしたときに製品の数が合ってないことに気づき上司に相談しました。上司はその処理はこの私がやったのだから気づけばわからない、と言ったそうです。
    それで私のところにその伝票を持ってきて説明をしてくれました。そしてその伝票を見ると、そこにはその伝票を事務処理した上司の名前があったのです。なので私はそれを待って、この伝票どうやって処理しますかと聞きました。結果はもう、お分かりの通り上司が自分で処理していました。またもう一つは、今度ボランティア団体の代表になりました。その引き継ぎの時でした。私が頼まれてもいない資料作りを間際になって作って持って来いと言うんです、その前の代表は
    自分勝手で人のことを考えないワンマンな人でした。半ば強引な形で有名でした。そんな人に言われた私は、引き継ぎの中で議事録があったことを思い出しました。それを見ると本人が自分でやるとの明記がやはりありました。なのでそれを話して確認してもらい、この資料私がやりますか?と尋ねました。結果はお分かりの通り、私の勘違いでした私がやります、と言う返事でした。この2つとも明らかに答えが出ていたものであり、周りが思うほど大変な問題解決ではありませんでした。ほんの些細な出来事でしたが取り上げてみました。今日もこれから仕事へ行ってきます。仕事に感謝し周りに感謝し、神に感謝し行って参ります。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree


あなたは人目の訪問者です。