>>ブログトップへ

1月 21 2021

因果応報 その罪の広さと重さ

やっぱりどこもみな出ているようです。過ぎ越しの祭が(コロッと逝く人が)です。

昨日は月曜日に回った辺りをもう一度回ったのです。あの辺りは大きな現場も会社もあるし、もし、そういうところに過ぎ越しの祭がたくさん現れているようなら、早く感謝して布施しないと大変なことになるからです。

だからそれをいって回っていましたが、もう無視するところばかりでした。

しかし、過ぎ越しの祭が現れているのだけは確かなようです。昨日もまたどこもドン引きしていたからです。

そうして月曜日に回っていなかったある大きな現場などもです。そこもドン引きしているのです。そこなどは前回までガンガン嫌がらせをしていたところなのにです。

そうしてそこなど、あんまりそんなことするので何か天罰がくだっていたようで、それでもその天罰に怒ってまだガンガンやっていたところなのですが、そういうところがドン引きしているのです。

そんな天罰がすでにくだっているにもかかわらず、その天罰に烈火のごとく怒っていたところまでドン引きしているというのですから、では、いま現在は一体どんな天罰がくだっているのかという話にもなるわけです。

だからそれが過ぎ越しの祭であるということです。さすがにそのような傲慢なところでもドン引きするしかないのでしょう。過ぎ越しの祭が次々に現れていてはです。

怒っている場合じゃないですもんね。そんなコロッと逝く人がそんなに出ていたらです。

だから、大きな会社や現場など一人や二人ではないのではないでしょうか。過ぎ越しの祭が現れている人がです。たくさんの人に現れているからどこも皆ドン引きしているのではないでしょうか。

そんな一人や二人にしか過ぎ越しの祭が現れていないのなら、もっと怒りまくっているところがあってもいいはずだからです。そのくらいの傲慢さは持っているところばかりであるからです。この辺りの会社や現場はです。

しかし、そういうところの多くがもうドン引きしているのです。そうして私が何をいっても、それこそ茶化すようなことをいっても(前などそんなことをいおうものなら烈火のごとく怒るところがほとんどだったのに)まるで人がいないかのようにシーンとしているのです。

だから多くのところで、もう多くの人に過ぎ越しの祭が現れているのではないかと想像できるのです。

この辺りの人たちは少しばかり天罰が現れているくらいでは、絶対にそんな態度は取らないと思うからです。

しかし、そういう傲慢な態度を取っていた多くのところが超がつくほどのドン引きぶりです。

では、一体どれだけ現れているのかということにもなるわけです。過ぎ越しの祭がです。

それこそ、そこの従業員だけではなく、その身内から知り合いから周りの多くの人に広がっているのではないでしょうか。過ぎ越しの祭がです。どこかの会社のようにです。

どこかの会社も、もう同じようにドン引きしているからです。(しかし、ところどころで烈火のごとく怒っている。昨日も夜まで怒っていました)

止まらないのではないでしょうか。過ぎ越しの祭がです。

だから怒るに怒れない。ドンドン現れてくるからです。過ぎ越しの祭がです。

まあ、それは私の想像なんですが、しかし、あまりに態度がおかしく明らかにどこも(多くの会社や現場が)態度が変です。

だからもし、そんなことが(それに近いことが)起きているのならもう私のいうことをきいた方が、というよりきかないといけないでしょう。

きかなければ、その過ぎ越しの祭はまだこれからどれだけ広がっていくか知れないからです。

それだけ皆さんの(このブログを見ている多くの人たちの)罪は広く重いということです。十年以上も神理を無視している(逆らっている)その罪はです。

だから同じ程度のことが起きてくるのです。その自分が犯している罪と、過ぎ越しの祭がです。

自分が犯している罪と同じ広さ重さまで過ぎ越しの祭は広がるからです。それもまた因果応報なのです。

自分が罪をつくり続けているのなら、その自分がつくっている罪と同等の悪が自分には返って来ます。

だから自分の周りに過ぎ越しの祭が広がるなら、その広がった分だけの罪を自分が犯しているということを理解しないといけないのです。

自分がしていないことは自分の周りには現れては来ないからです。それだけ過ぎ越しの祭が現れているのなら、それだけの罪を自分たちがつくっているということを自覚しないといけないのです。

もう罰当たりな態度はやめてはどうでしょう。どれだけそれを私のせいにして怒っても、過ぎ越しの祭が現れ地獄に堕ちていかなければいけないのは自分たちの方なのです。

私に罪をかぶせ、嫌がらせすればするだけ過ぎ越しの祭は現れて来ます。そのような罪はすべて自分たちがつくった罪であるからです。私がつくったわけではないからです。

だからもう頭を下げてはどうでしょう。神理をきいているのに、それには一切感謝せず、嫌がらせをし続けた自分たちが悪いからです。

すべてです。すべて自分のせいなのです。人のせいではありません。

人のせいで自分の周りに悪が現れてくることなどないからです。もし、そういうことが起きてくるのなら、それは単に人を通して自分の悪が自分の周りに現れているだけであり、そういう順序をもらうのも自分が悪いからなのです。

それも人のせいではないのです。ところが今はそのような(何でも人のせいにして自分の責任を認めない)左翼思想が横行しています。だから、そういう態度を多くの人が取るわけですが、そんな態度も間違っているのです。

だからよけい悪いことが起きるのです。そんな責任転嫁ばかりしている人たちなど昔の人にはいなかったからです。昔の人たちは自分が悪いと分かったら、素直に自分が悪かったと頭を下げたからです。

今の人たちだけなのです。こんなにすべてを責任転嫁して自分の罪を認めない人たちなどです。

そういう面だけ見ても昔の人より今の人たちの方が心のレベルが下がっています。だからこれだけ悪いことも起きてくるのです。

それもこれもすべて因果応報であるからです。善因善果、悪因悪果の結果が現れているにすぎないからです。

そのような悪いことを自分は知らずに犯しているだけなのです。それが悪いことだと知らずにです。

だから正しい基準を知らないといけないというのです。その正しい基準を知らないと平気で悪いことをして、ドンドン自分の周りに悪いことが起きて来て、ドンドン不幸になる人が増えていくからです。

今の時代などその典型なのです。

それだけ正しさの基準が分からない人が多いということです。だから最近の思想は(ほとんどが左翼思想)間違っていることが非常に多いということです。

だから多くの人たちが不幸になっていく。多くの人たちが(知らずに。今の思想が正しいと勘違いして)間違った考えでいるからです。

間違った考えでいるのなら悪いことは起きて来ます。だからこんな悪いことばかり起きる世の中になっているのです。間違った考えの人が多いからです。

それでまだ間違った考えのままでいくのですか? こちらなどこのままではドンドン地獄に堕とされる人が増えていくのにです。(過ぎ越しの祭で)

だからそれは神に対する考えも同じであるということです。それどころか、神に対してはより正しい行いが求められるということです。あまりに神に対し間違ってしまうと、こちらで起きているようなすさまじく恐ろしいことも起きてくるからです。

そのすさまじい恐ろしさを感じていない人たちもこちらでは多いようですが、すでに歴史に残るほどの恐ろしい現象がこちらでは次々に現れ出しているのです。

その恐ろしさも理解できないようですが(この時代の多くの人たちは神の恐ろしさを理解しないから)しかし、どの時代の人たちもです。

神を一番恐れたのです。なぜなら神に逆らうなら未来永劫不幸になるからです。単に今だけの話ではなくなってくるからです。

しかし、現代の人たちは、その神の恐ろしさまで知らないのです。何でも知っているようで(最近は知識だけは増えていますから。インターネットがあるため)実は肝心なことを知らない。(そのインターネットにも出て来ないからです。神の存在はです)

だからずいぶん恐ろしいことをこちらの人たちなど平気でしているのですが、新型コロナだけではなくです。

この正法神理も正しく恐れませんか。

この正法神理は正しい神の教えであり、正しい神の教えであるなら、当然神の力は作用しているからです。

その神の力をないがしろにするなら、どれだけ恐ろしいことが起きてくるか知れないからです。

神理に対しもっと正しい態度を取りませんか。そうしない限り、新型コロナ同様、この過ぎ越しの祭も終わらないからです。

0コメント

1月 20 2021

そこらじゅうに現れ出した過ぎ越しの祭

やはりですね。残念ではありますが、やはり私の予想通りでした。もうそこらじゅうに現れているようです。過ぎ越しの祭がです。

一昨日どこも何か様子が変だったので、昨日は最初からきいてやろうと思って私に嫌がらせをして来ているところをいくつも回ったのです。

昨日は堀川から六番町の辺りを回ったんですが、そうしたら堀川に行く途中のことです。

ある病院を工事している連中がいて、この連中も私に何度も嫌がらせをしているんですが、その現場が見えてくるともう凄い音を立てて、この連中が怒りまくっています。私が歩いてくるのが分かったんでしょう。

こちらはこちらですぐに分かりました。この連中にもコロッと逝った人がいるとです。

だから近くまで歩いていって「コロッと逝くのが出たんだろう」と大きな声できいたのです。

すると、大きな音を立てていた現場がとたんに静かになりました。

やはりと思って「もうそこらじゅうでコロッと逝くのが出ている様だからな。感謝して布施しないと止まらんぞ。そのコロッと逝くのは」と続けていうとまた怒り出しました。

しかし、事実は事実です。そういう態度をし続けるなら、もうどれだけでも出て来ます。過ぎ越しの祭はです。

本当に恐ろしい話ですが、それでもいいなら、そういう態度をし続ければいいのです。私がいったことが嘘ではないとすぐに分かるからです。(だからもう出ていませんか? 昨日騒いでいた連中などに過ぎ越しの祭がです)

その後、堀川にいってしばらく鳥や魚など見てから今度は六番町の方に歩いていきました。そこから家まではいくつも私に嫌がらせをしていたところがあるのですが、しかし昨日は一ヶ所として私に嫌がらせをして来たところはなかったですね。

小さな音で何かして来たところはありましたが、でかい音を立てたところは皆無です。ずいぶんでかい音を立てていたところもあったんですけどね。その辺り前回、回った時まではです。(ちょうど一週間前ですが)

いくつかあったのです。やたらでかい音を立ててきたところがです。そういうところは、ずいぶん前から私にそのような嫌がらせをしていて、何か起きていても平気で(まあ、やけくそでやっているのかもしれませんが)やってくるのです。

何か起きたかどうかは態度が変わるので分かるのですが(やたら怒ったりしてです)そういうところが不思議なことに昨日はどこもドン引きしているのです。

キレていたところは一つもありませんでした。どこもみな引いています。

だから本当によく分かったのです。これは相当出ているなとです。過ぎ越しの祭がです。

だからどこにも「コロッと逝くのが出たんだよな」と確認したのですが、どこも少しの音も立てませんでした。大きな会社から小さな会社までです。どこも一昨日回ってドン引きしていたところと同じような態度と雰囲気です。

だから本当によく分かりました。その辺りに、いくつもある私に嫌がらせして来たすべての会社に(と工事現場に)過ぎ越しの祭が出ているんだなということがです。

そうして、それだけではないのです。どうもあまり私に嫌がらせしていないところにまで出ているようなのです。

というのも、昨日そのあまり私に嫌がらせをしていなかった会社の横も通ったのですが(もちろんこの会社も私に嫌がらせをしたのがゼロではありませんが)昨日通ると珍しくその会社の中から「シャー」という音がきこえて来ました。

あれ、ここはあまり嫌がらせのようなことはしないのに珍しいなと思ったんですが、すぐにピンと来ました。

それで「ここもコロッと逝くのが出たのか」ときくと急に静かになりました。

それで分かったのです。こんなところにも過ぎ越しの祭が出ているとです。

だから、ここ数日でそこらじゅうのところに現れ出したのではないですか。過ぎ越しの祭がです。そこも一週間前に通った時には何もしなかったからです。

とにかくこの辺りも前回通った時とは態度が全然違うところばかりでした。

だからここ数日で一変に態度が変わった感じです。ということは、ここ数日で一斉に出たのではないでしょうか。過ぎ越しの祭が(コロッと逝く人が)です。

それこそ、そこらじゅうにです。

だからこちらはくどいほどいっていたのです。感謝して布施してくださいとです。

こういうことが起きてはいけないからです。しかし、今のままではどこかでこういうことは起きるだろうと分かっていたからです。

それはそうでしょう。神理をきいているのに一切感謝せず、それでも平気で神理を見続けているなどという不遜なことが、そのままいつまでも許されるはずがないからです。

どこかで大きな(すさまじい)天罰はくだるはずであるからです。

これまでも天罰はくだっていましたが、ついに究極の天罰(過ぎ越しの祭)がくだり始めたということです。この辺り、次々にです。

だから私に嫌がらせをしてくる人たちは(歩いている人や運転手連中など)大丈夫かといっているのです。もうすさまじい数の過ぎ越しの祭がそこらじゅうに現れ出しているようだからです。

そのような災いはすぐにでも現れます。そのことも昨日よく分かったのです。

というのも、昨日と一昨日は同じ道を通ったところがあるのですが、その同じ道を通ったところは二ヶ所ほど工事現場があったのです。

両方とも家か何かをつくっていると思うんですが、その二ヶ所ともで私は嫌がらせをされたのです。

一昨日通った時にです。

そして昨日また同じくらいの時間に通ったのですが、一ヶ所のところはたしか一昨日は二人で作業していたはずですが、昨日は一人しかいませんでした。(私に嫌がらせをして来た方の作業員がいませんでした)

そうして、その一人の作業員が私が通ると、変な顔でこちらをチラチラ見ているのです。もうすぐに分かりました。

私に嫌がらせして来た作業員に何か起きたのだなということがです。

そうしてもう一ヶ所のところもやはり一昨日は三人ほどで作業していたと思うんですが、昨日通ると一人いませんでした。(たしか、そのいなかった作業員も私に嫌がらせをして来た人だと思うんですが)そして昨日その現場にいた二人の作業員は、私の方を見ることはなく背を向けてもくもくと作業をしていました。

そちらの現場も何か起きたのではないでしょうか。私に嫌がらせをして来た作業員にです。

昨日はその二ヶ所の両方ともで何もされなかったからです。

昨日と一昨日でこういうことが起きるのです。多分ではありますが、このようにすぐに天罰が現れるということです。私に嫌がらせをした人たちにはです。

まさかそんな人たちにまで過ぎ越しの祭が現れているとは思えませんが(その二ヶ所の現場の人たちは一昨日初めて嫌がらせをされたので)どういう天罰が現れているのかこちらでは分かりません。ただ、すぐにもう何か現れるのだけは確かなようです。

だから気をつけてほしいといっているのです。神理を見ているのに、くだらない嫌がらせなどするとどういう天罰がくだるか知れないからです。

そうして、その天罰は確実にくだっているようであるからです。そのような罰当たりな態度を取る人たちにです。

しかし、どちらにしても、いずれはこの過ぎ越しの祭はこのブログを見ている(感謝しない)すべての人に広がっていくことになるでしょう。

そうなる前に感謝の布施くらいされた方がいいと思います。

そうなってからでは遅いからです。また、そうならないと分からないでは、これだけ愚かな人もないからです。

いい加減、真剣に私のいうことをききませんか。いつまでも笑ってきているのではなくです。これほどのことがこちらでは起きているからです。

こちらではもう次々に地獄に堕とされる人が出て来ました。このようなことが(本当に)起きているのです。

だからもう神の怒りは相当なものであると思います。もう少しこのような現象を恐れ、この正法神理を真剣にききませんか。

この神理を真剣にきいた人だけが救われていくからです。

0コメント

1月 19 2021

愚か者に合わせる愚かさ

しかし、大丈夫なんですかね。昨日でも歩いているとあちこちで嫌がらせする人がいて、トラックの運転手連中なども平気でブシュとかしていったのもいるからです。

そういう人がコロッと逝ってませんか。というのも、昨日回った辺りなどこれまでずいぶんうるさかったのです。それが昨日は全部静かだったからです。そういううるさかったところ(会社や現場)がです。

ちょっと驚きました。確かに最近は静かになったところも多いのですが、しかし、昨日回った辺りなどはまだうるさいところがいくつかあって、そういうところまで昨日は静かだったのです。

正確にいえば一ヶ所だけでしたかね。ちょっとガンガンやってきたのはです。しかしそこもこちらが何かいうとすぐにやめてしまいました。そのような嫌がらせをです。

後のところは私が何をいようが物音一つ立てないのです。シーンとしてまるで人がいないみたいなのです。

「おいおい、どうなってんだ。今日は休みか」「皆さん、感謝して布施してください。そうしない人たちがドンドンコロッと逝き始めました」などなど散々、声をかけたんですがまったく反応しないのです。どこもです。

奇妙といえば奇妙でしたね。いくら何でもあそこまで引かなくてもいいと思うからです。

これまではこういうことはなったですね。あの辺りは静かなところが多くはなっても、どこかは必ず嫌がらせをしてくるところがあったからです。そうして前回通った時もまだ何ヶ所かは嫌がらせをしていたはずであるからです。

それが四、五日ぶりに通った昨日はどこもドン引きしています。

「なんで?」と不思議で仕方ありませんでした。その中には絶対に嫌がらせをやめなかった大きな現場もあったからです。

そこも私が何をいっても反応しません。「この現場までもか…なんでだ?」とほんと不思議でした。

しかし、よく考えてみればです。この数日ですもんね。どこかの会社にまた過ぎ越しの祭が現れ出したのはです。(今日は朝からドン引きしていますが…)

では、同じことが起き出しているんではないですか。この静かになった現場や会社にもです。またコロッと逝く人が次々に出だした。だから、どこもドン引きし出した。

そういうところにすべてコロッと逝く人が出たからです。

昨日、回った辺りはそのようなうるさかった会社や現場が十~十五くらいあります。もし、そういうところ全部に出ていたら、もう相当怖いんですが、しかし、その連中は、このブログに少々危ないことを書いても屁とも思わない、そういう連中ばかりです。

まさかこのブログに、どこかの会社にまた過ぎ越しの祭が現れ出した、程度のことを書いたくらいでは、絶対にドン引きして嫌がらせをやめるなどということはないでしょう。(だから歩いている連中や運転手連中など平気で嫌がらせをしてきますし)

そういう連中がドン引きするなど、自分たちのところによほど危ないことでも起きて来ない限りすることはないはずです。

そういうところが昨日は皆ドン引きしていたのです。そうして、雰囲気もどこも何か異様だったのです。

だから、そういうことも考えられると思うのです。それこそ昨日回った多くのところ(会社や現場)でどこかの会社と同じようにまたコロッと逝く人が出ているのではないかとです。

だからいっているのです。昨日私に嫌がらせをした人たちは大丈夫かとです。

もし、そんなに過ぎ越しの祭が現れているのなら、そういう(嫌がらせした)人たち全員に過ぎ越しの祭が現れても不思議ではないからです。

だから、これからは特にです。そのような愚かな人に(私に嫌がらせしてくるようなです)合わせない方がいいのではないでしょうか。そのような愚かな人と同じ行いをするなら、自分にも同じことが起きてくるからです。それだけ恐ろしいことがすでに始まっているかもしれないからです。

だから自分だけでも、そのような愚かな人たちとは違う行いをした方がいいでしょう。そうすれば自分だけでも救われていくからです。そういう人が増えてくれば愚かな人は減り、災いも減ってくるからです。

しかし、何で現代の人たちはそういう愚かな行いをし続けているのでしょう。そんなことをしていれば(私に嫌がらせなどしていれば)どれだけ悪いことが起きてくるか知れないのにです。

そういう態度を取っていて、すでにどれだけ多くの人に、どれだけ多くの天罰がくだったか知れないのです。

そういうことを知っている人もこの辺りにはたくさんいるのに、それでも態度を改めようとしない。

何度もいいますが、そういう愚かな人たちは現代の人たちだけなのです。何でそんな子供のようなことをし続けているのですか? そういう人を愚か者といわずに誰を愚か者というのでしょう。

罰が当たるのが分かっていて、それでもそんな罰当たりな態度を改めようとしないからです。

そのような人が現代は多いのです。そのような自分の間違った態度を間違っていると分かっていながら改めようとしない、愚かな人がです。だから災いも増えてくる。

そのようなひねくれたケチな心が大間違いであるからです。

新型コロナの変異種の感染者が日本国内でも見つかったようですね。

まったくいいニュースが流れて来ませんが、このように続々と現れてくるのです。悪いことがです。そのようなひねくれたケチな(罰当たりな)人が多いとよいことは起きて来ないからです。

そうなるとまだまだこれから新型コロナの感染者は増えてくるでしょうね。すでに感染力が七倍もの新型コロナの変異種が日本国内にも入って来ているようだからです。(だから最近はこれだけ感染者が増えているのでしょうが)

まだまだ感染者増えてくるようなら、今年予定されている東京オリンピックは当然中止ということになります。

アメリカの新聞などもうそういうニュースが流れていて、このような状況では誰も今年東京でオリンピックが出来るなど思っていないでしょう。口ではやるなどという人がいてもです。

よく考えてみれば東京でオリンピックなどやれるわけがないのです。

それは前回のリオオリンピックの時に分かっていたのです。なぜなら、あのあと誰も日本のオリンピック選手は神理に感謝しなかったからです。

あのリオオリンピックはずいぶん神理の奇跡が現れていたのです。(あの時、私はずいぶん書きましたから。これは私が祈ったからこういう結果が出ただの、奇跡が起きただのです。このブログにです)しかし、あのリオオリンピックの日本選手の誰一人この正法神理に感謝する人はいませんでした。

だから私はリオオリンピックの後、次の東京オリンピックでは日本選手は勝てないと、リオほどのメダルは取れないと、そう書いたのです。

そうしたら、リオほど勝てないどころか、オリンピック自体が中止になりかけている、こういうことになるのです。

その東京オリンピックだけが中止になるなどというこういう悲惨なことにです。

これだけ神理に対し、恩を仇で返したオリンピック選手もいないからです。これまでのオリンピック選手の中にはです。

リオでの日本のオリンピック選手ほど神理に対し恩を仇で返した選手はいないのです。だからこれだけひどいことを起こされるのです。神からです。東京オリンピックだけが中止などという考えられないひどいことをです。

だからあの時の選手たちが悔い改めて、あの時はどうもすいませんでしたと、私に頭を下げ感謝して布施するなら、この後、奇跡も起きて東京オリンピックも開催できるのでしょうが、そういうことはまずしないでしょう。(というか、絶対しない。〔苦笑〕)

では、奇跡は起きません。東京オリンピックは中止でしょうね。だからこれだけ感染者も増えてくる。リオオリンピックの日本選手が神を怒らせたからです。(だから次のオリンピックからは普通に行われるのではないですか。次のオリンピックは日本で開催されるわけではないからです)

このようになるのです。神理に逆らい続けていればです。悪いことしか現れて来ないのです。

だから災いもドンドン増えてくる。そのような間違った(神の心に背く)心の持ち主ばかりであるからです。現在の日本はです。

今のような心の人たちばかりでは災いも増える一方なのです。しかし、神理を実践している私など愛ある奇跡がドンドン増えて来ます。

現在の日本はずいぶん愚かな人が多いんですが、しかし、そんな愚かな人に合わせるくらい愚かな行いもありません。

どうせなら愛ある奇跡が起きている私に合わせませんか。そういう人に合わせるなら同じように愛ある奇跡たくさんが起きてくるからです。

いま現在の日本は多くの災いだけではなく、せっかく決まったオリンピックまで中止になりかけていて、一つとしてよいことが起きてくる気配がないのです。

それもこれも皆、日本の多くの人々が神理に背を向けているため起こされていることなのです。

この神理に従う人が増えてくるなら(次々に奇跡が現れ)起きてくることが変わってきます。

愚かな人に合わせるよりも、神理を実践している人に合わせてみませんか。自分の心と行いをです。

そうしない限り、よい方向には決していかないからです。

2 コメント

1月 18 2021

次々に滅ぼされる人たち 災いの減らし方

恐ろしい話です。もうドンドン出ているようだからです。どこかの会社など過ぎ越しの祭がです。

昨日もガンガンガンガンガンとかやっていたキレたのがいたみたいだし(日曜日までそんなことしています。ほんと哀れです)今日も朝からキレているのがいました。

それで「もう止まらないんだろう。コロッと逝くのが」と私がいうとよけいキレています。

もうキレている場合ではないのですが、どこかの会社の皆さん、キレているバカはほっといて反省する人がいるのなら早く詫びに来てください。そのような人だけが救われていくからです。本当にそのままでは皆コロッと逝ってしまいます。

本当に、本当にです。すさまじく恐ろしいことが実際に起きているのです。その恐ろしさの自覚だけは持ってください。一刻も早く詫びなければもういつ自分が地獄に堕とされるか知れないからです。

本当にドンドン恐ろしいこと起きて来ます。究極の天罰が現れ出しているからです。どこかの会社などです。

これ本当に起きていることですから。嘘でもなんでもなくです。それなのに何でこの会社の連中など(周りの人たちもそうなんですが。私たちの話をきいている人はたくさんいるはずだからです。この周りにはです)普通に仕事をしているんでしょう?

怖くはないのでしょうか。いつ自分もコロッと逝くか知れないのにです。

本当に不思議です。このような人たちのいつまでも平気でいられるその神経が分かりませんが、しかし、平気でいる人間に何をいっても無駄でしょう。

平気でいられなくなったらいつでも来てください。平気でいる間はその現象は(過ぎ越しの祭は)止まらないからです。激しくなる一方であるからです。

しかし、こちらの過ぎ越しの祭もそうですが、新型コロナの感染も止まりませんね。ワクチンもきくかどうか分からないという学者もいるようですし(新型コロナは直接ウイルスが肺に入ってそれで肺炎になるので、その直接肺に入ってくるウイルスにワクチンがきくのかとかなんとかいっていましたが)ワクチンがきかないのならワクチンを打っても感染者は減らないということになります。

ワクチンを打っても新型コロナの集団感染を起こしているところも出ています。(まあ、いくら何でも打ってすぐに効き目は出て来ないでしょうが)ワクチンもちょっと様子を見た方がいいのかもしれませんね。そのワクチンが感染を広げるという話まであるからです。

どちらにしても、ワクチンの効き目がしっかり分かるのに半年や一年はかかるんですよね。そうして特効薬などもっと先の話になります。

当分は広がるでしょうね。新型コロナはです。まあ、そんなに簡単に効き目があるワクチンが出来るとは思えませんから。変な陰謀論など信じるなら話は別でしょうけどね。(後付けでいうならいくらでもつくれますからね。話をです。陰謀もどこまでが正しくてどこからが間違っているのか、はっきり分かりませんから)

それはともかく、ということは当分は災いが広がるということになります。天罰はもちろん新型コロナを見てもそうだからです。

だから私はこのような災いは心で抑えることが出来ますよといっているのです。

天罰はもちろんですが、新型コロナも当分は薬の当ても出来ないからです。

だから私の話を真剣にきいてはどうかといっているのです。もうそれ以外で助かる道などないからです。

すでにそのような悲惨な状況になっているのです。現在の日本は新型コロナだけではなく、過ぎ越しの祭まで次々に現れ出しているからです。

だから、いい加減、私の、神理を伝えている者のいうことを真剣にききませんかといっているのです。

神理を伝えている者のいうことをきき行うなら、その災いは止まるからです。

しかし、神理の無視を続けている限り、その災いは止まらないどころかドンドン激しくなります。その通りのことがこれだけ起きているのです。それなのにまだ分かりませんか。このブログを見ている多くの人たちはです。

もう命が危ないのです。こちらなどは過ぎ越しの祭が次々に現れているところも出て来ているからです。そうして、新型コロナの感染者も増えすぎて入院できずに自宅待機の人たちがドンドン増えているとか。

そうして、そういう人たちの中から突然死する人も増えて来ているとか。

ということは、ドンドン滅ぼされていく人が増えているということであり(同じ死ぬことには変わりがないので)このままではまだこれからどれだけ増えるか知れないのです。

そのような滅ぼされていく人がです。

一体いつになったら分かるのですか。自分たちが罰当たりなことをしているため(し続けているため)これだけひどい状況になっているということがです。

これは嘘ではないのです。本当のことなのです。

私のいう通り、この神理に対する態度を改めない限り、このような災いはドンドン増え、その人が死ぬまで災いは続き止まることはないのです。

そのような神理を知っている人たちが、神理に対する考えを改めない限り、災いはドンドン現れてくるからです。そのような不遜な態度がどれだけ神を怒らせているか知れないからです。

改めてもらえませんか。神理に対する態度をです。そうすれば私のいっていることが嘘ではないと分かるからです。

神理に対する態度を多くの人が改めるなら必ずです。必ず、この起きている災いは減ってくるからです。

何度もいいますが、適当なことをいっている人間に奇跡は起きません。しかし、このブログを見ている多くの人たちに奇跡は起きていないのです。

災いが起きている人はもちろんですが、奇跡が起きない人はどこかに間違いがあるのです。その間違いを正さないから奇跡が起きないのです。

奇跡など起きないのが当たり前ではないのです。逆なのです。神の子である私たち人間は奇跡が起きるのが当たり前なのです。神は奇跡を当たり前のように起こすからです。

親である神が奇跡を起こさせるに、その神の子である人間がなぜ奇跡を起こすことが出来ないのですか?

だからそちらの方がおかしいのです。奇跡が現れてこない人たちの方がです。

それは、それだけ親である神の心に反した人間が多いからです。親の(神の)心を理解しない人間が多いからです。

だから奇跡が現れて来ないのです。親である神の心からずいぶん離れてしまった人が多いからです。

このようなことまで分かるのは、この神理だけなのです。

そんなこと分からなくてもいいではないのです。だから災いが現れるのです。そのような不遜な心が災いを呼ぶからです。

そういう知らないことを(災いを起こさない調和への道を)教えてもらえるのがこの正法神理なのです。こんなことは誰からも教えてもらえることではないのです。神理をしっかり知っている人以外からはです。

もう少し謙虚になり神理に対しもっと感謝してもらえませんか? そういう人が増えてくるなら、この増え続けている災いは必ず減ってくるからです。

このブログを見ている人がそれをしてもらわねば、してもらえる人はいません。このブログを見ている人では人数が少なすぎて寄付など集まらない、ではないのです。

そういうこの世の常識など関係ないのです。このブログを見ている人が多かろうが少なかろうが、このブログを見ている人が(神理を見ている人が)感謝の布施をするのです。

そうすることが神理を教えられてきた人たちの筋であり、そのような行いが神の怒りを鎮め災いを減らせる、唯一の手段であるからです。

その神理に対する筋を、現代の人たちが通さないないため、これだけの災いも現れています。

すれば分かります。とにかく起きている災いを減らさねばなりません。

感謝の布施をしてもらえませんか。

そういう人が増えてくるなら、必ず起きている災いは減ってくるからです。

0コメント

1月 17 2021

心と災い 

昨日のブログを書いた後のことなんですが…どうもまた出たようです。どこかの会社にコロッと逝く人がです。

昨日ブログを書いた後どこかの会社にいくつか電話がかかってきていたのですが、そのうちにまた烈火のごとく怒り出したのがいました。凄い怒り方だったんで「また出たのか?」と声をかけたんですが、その後もやたら怒っていました。そうして、その後はドン引きしています。

その極端な態度「ああ、また出たんだな」とピンと来ました。

しかし、恐ろしいことです。こんなことが次々に起きているのに怒っているだけだというのですから。

本当に現代の人たちは頭がおかしですよね。こんなことが起きていたら、普通は恐れて頭を下げる人がたくさん出て来てもおかしくはないはずなのに、恐れるどころか怒りまくって平気で嫌がらせをしてくる人ばかりです。

大丈夫なんですかね。そういう人たちは今頃みなコロッと逝ってませんか。こんな恐ろしい神の業をあまりになめているからです。

神の業に対し、それほど傲慢な態度もないからです。

しかし、どう考えても態度がおかしいと思うんですけどね。普通これだけ天罰がくだったら(もうこちらなど数えきれないくらいくだっているんですから)反省する人があちこちから出て来て、頭を下げる人がたくさん出て来てもおかしくはないはずなのに、この辺りなど、そういう人がほぼゼロです。(まるっきりゼロではないので)

昨日でもこのブログを見ている人が多かったんでしょう。ずいぶん怒ってキレかかっている人がたくさんいました。昨日のブログの内容が内容であったからです。

しかし、昨日のようなブログを読んでキレますかね。

恐れはしないんでしょうか? 反省はしないんでしょうか? 自分たちが悪いからこういうことが(これだけ天罰が)起きているとです。

しかし、そのように思う人はほとんどいなくて怒っている人ばかりです。だから極端にいうなら、この辺りは天罰がどれだけくだろうと反省する人は皆無で、その罪を私に責任転嫁している人たちばかりであるということです。

それで天罰が止まると思っているんでしょうか? そのような傲慢不遜な態度(心)でです。

ほんと、呆れるほどの傲慢さです。昔からそういう人はいたんでしょうが、現代はそういう人がほとんどです。

だから止まらないのです。災いがです。

昔の人なら、これだけ災いが起きて来たら、みなその災いを恐れ反省して神に頭を下げたのです。

だから災いは止まったのであって、その災いを恐れもせず全部人のせいにして怒りまくっていて、災いが止まるわけがありません。

その災いは、そのような傲慢な心が現しているからです。

その傲慢な心を直したから、昔の人は早く災いがおさまったのであって、現代の人たちは、どれだけひどい災いが現れて来ても心など直そうとしません。起きている災いと心は関係ないと思っているからです。

だから災いが止まらないのです。ドンドンひどくなるばかりなのです。心と起きてくる現象は関係大ありだからです。

昔の人たちはそれを知っていました。だから自分たちが反省し、だから災いはおさまったのです。

いい加減気がつきませんか。そのような正しいことにです。その通りのことがこれだけ起きているからです。

しかし、そのような大事なことにいつまでたっても気づかない。だから、起きてくる災いがひどくなる一方なのです。

現代の多くの人たちが自分の心をまったく直そうとしないからです。その自分たちの心が周りに災いを現している原因なのにです。

最近私はよくメジロを見るのです。

まあ、もちろんすずめやムクドリやカラスなどはよく見ますが、ほんと増えましたね。メジロを見るのもです。

少し前まではこの時期でもたまにメジロを見かけるくらいだったんですが、最近は歩いていると急に横の木から凄い勢いで飛び出してきた小鳥がいると思ったら、その小鳥が近くの木にパッととまるのです。

そうして木の間を凄い勢いで飛び回っています。ん、と思ってよく見るとそれがメジロなのです。

「おお、お前か、元気いいな」などと声をかけるとよけい喜んで飛び回っています。それが二、三羽の時もあれば五、六羽いる時もあり、鳴きながらよく私の周りを飛び回っています。

どこからか急に飛んで来て木にとまりジッとこちらを見ているメジロもいます。

そうして名前を知らない鳥も似たようなことをするのがたくさんいます。

そうして、ある神社の池などいくとです。この真冬の寒い時でも鯉たちが集まって来て私の前をたくさん泳いでいます。その鯉たちの中にはあのクリッとした目でこちらをぎろりと見ているものもいて、かわいいものです。

去年までは暖かい時期はともかく(暖かくなればよく寄って来ますが)こんな寒い時期に鯉が集まってくるなど考えられなかったんですが(鯉は寒い時期は底にいてジッとしていますから)今年など池にいる鯉がよく集まってくるのです。これだけ寒い時期でもです。

つまり私が何をいいたいのかといえばです。

私の周りではよいことが(愛ある現象が)ドンドン増えて来ているということです。

ずいぶん違うのではないでしょうか。恐ろしい現象がドンドン増えている人たちと私のように愛ある現象がドンドン増えている者とではです。

つまり愛ある心で、愛ある行いをするなら、ちゃんと周りに愛あることは起きてくる(増えてくる)ということです。いくらでもです。

自分の心と行い次第なのです。自分の周りに起きてくることはです。別に人のせいではありません。全部自分が原因で起きていることであるからです。

だから、どれだけ周りの人に多くの不幸が起きていても私には関係ないのです。私自身が愛ある行いを増やせば(愛の心を増やせば)返ってくる愛も増えてくるからです。

実際その通りのことが起きているのです。

これだけ正しい話もないのではないでしょうか。いった通りのことが起きているからです。

だからいっているのです。心が(と行いが)災いを現すのですよとです。その心と行いを愛あるものに変えれば、ちゃんと愛が返ってくるのです。自分自身にです。

いい加減気づきませんか。私はここにずいぶん大事なことを書いているからです。

その大事なことをいい加減にきき行わないからちっともいいことが起きて来ないのです。逆らうからよけい悪いことが起きてくるのです。

ここに書かれてある神理は、それだけ正しく大事なものであるからです。

いい加減その価値を認め、行いませんか。この神理をです。そうすれば、その行った分だけよいことが(愛が)返ってくるからです。

どちらにしても悪いことがドンドン増えて来ています。(この辺りの天罰、天変地変、コロナ禍などなど)そのような災いは自分の心がつくるのです。

心を正しませんか。この神理に合わせてです。

そうすれば皆が幸せになれるからです。

2 コメント

« Prev - Next »


あなたは人目の訪問者です。