>>ブログトップへ

7月 04 2019

如来の教えを知らされている人の責任

さて、いよいよ参院選も始まりますが、すさまじい雨ですね。

九州南部など大変な雨になっているようですが(千ミリ以上降ったところもあるようで)もう折れたらどうでしょう。もちろんあなたたち(このブログを見ている人たち)がです。

これだけの災いが起きているのです。

この調子で災いを次々に現されたら日本が滅んでしまいます。(そうすると日本を滅ぼすのは、財務省でも、消費税でも、影の世界政府でもなく、このブログを見ている人たちということになりますが……)このブログを見ている人たちが態度を改めれば全然変わってくるのです。

日本に起きてくることもです。

いい加減、信じませんか?私のいうことをです。

皆さん方がこの教えを信じ行うなら、今度は次々に奇跡が現れるようになるからです。

間違っているから災いが起こり(これだけの災いが起こされているのですから、相当な間違いをしています)正しいから奇跡が起きるのです。

基本これだけは、このブログを見ている人たちは(如来の教えを知らされている人たちは)信じたらどうでしょう。

そうすれば正しさの基準が少しは分かってくるからです。

もう時代が変わっているのです。末法から正法の世にです。

だから(広く大きく豊かできれいな)正法の心にならないといけないと(狭く小さく貧困で汚い)末法の心のままではいけないと、そういっているのです。

末法の心のままでは時代と心が合わないため災いが起きてくるからです。

その通りのことが起きているにもかかわらず、このブログを見ている人たちは、それを信じようとせず、一切、心を変えようとしません。

ただ、このブログを読んでいるだけです。

だから、悪いことが起きてくるのです。それでは心が変わらないからです。

心を変えなければ起きることは変わって来ないからです。

そのような理由から(末法から正法の世に心の時代が変わってきたため)悪いことが起きて来ているにもかかわらず、この辺りの人たちなど、それをまったく理解しよとせず、その悪いことを全部私のせいにしています。

それでは汚い心をよけい汚すことになり(自分の罪を人に擦り付けているからです。そんな悪いことをずっとしていれば心はドンドン汚れていきます)この時代、汚い心をよけい汚しているようでは、この辺りによその地域以上の災いが起きて来ても決して不思議ではないでしょう。

その汚れた心がより多くの災いを呼ぶからです。

結局、心を変えないからいけないのです。末法の心から正法の心へとです。この辺りの人たちはもちろんですが、他の地域の人たちもです。

だから、日本にドンドン災いが現れ止まらないのです。自分たちの心は変えずにいて責任転嫁ばかりしているからです。

それでは心が汚れはしてもきれいになることはありません。だからよけいひどい災いが現れてくるのです。みな同じように、汚い心をよけい汚しているからです。

そのような人たちと比べ心を変えている私たちにはちゃんと奇跡が起きているのです。

その書いた通りのことが起きているのですから、これだけ正しい話もないと思うんですが、その実例をこのブログにいくら書いてもです。

まるで無視です。

何で無視するのでしょう。これほどの災いが日本中に起きて来ているのにです。それに対し、私たちにはこれだけの奇跡が起きているのにです。

分かりませんか。いっていることの意味がです。

繰り返しますが、これだけの災いが日本中に起きていても、私たちの周りには次々に奇跡が現れているといっているのです。

何で、この重大なことを理解しようとしないのでしょう。このブログを見ている人たちはです。

ことの重大さを多くの人が理解するなら、この災いを止めることが出来るのにです。

そうして次々に奇跡まで現すことが出来るのにです。

しかし、書いていることの重大さをちっとも理解しません。まだ分かりませんか?この教えの大事さがです。

つまり私は「この如来の教えを多くの人が実践するなら、日本にこれだけ起きている災いも止めることが出来、次々に奇跡を現すことも出来る」と、そういっているのです。

もう前から何度もです。

それをいつまでたっても信じようとしませんが、その通りのことが起きているではないですか。それなのに何で信じようとしないのですか?

口だけでいっているわけではないのです。この教えを実践している私たちには、実際どれだけ多くの奇跡が現れているか知れないのです。

それをこのブログを見ている人たちはみな知っているはずです。

それなのにいつまでたってもそれを認めようとしませんが、それを認めないがため、これだけ多くの災いが日本に未だ起き続けているのです。

ことの重大さをこのブログを見ている人たちがいつまでたっても理解しようとしないからです。

実際に可能なのです。この教えを実践するなら「災いを奇跡に変える」ことがです。

しかし、それを多くの人がいつまでたっても理解しないため、災いが起き続けているのです。

そのような人たちが理解するなら災いは止まるのにです。奇跡に変わるのにです。

しかし、無理解な人たちばかりなため、いつまでたっても災いは止まらないのです。

本当に無責任です。如来の教えを知らされているにもかかわらず、そうしてその如来の教えをもう何年も前から見ているにもかかわらず、いつまでたっても、その如来の教えの偉大さを理解しようとしないからです。

分かりましたか?今日のブログの題の意味がです。

つまり、如来の教えを知らされている人たちは、それほどの責任があるということです。

如来の教えとは、世に起きている不幸を幸福に変えることが出来るからです。

如来の教えは天に通じているのです。

だから、正しく行うなら奇跡も起きるし、逆らうなら災いも起きてくるのです。実際に天に通じているからです。

だから、本当にこの教えを実践するなら、日本にこれだけ起きている災いも奇跡に変えることが出来るのです。実際に私たちにはそのようなこと(奇跡)が何度も何度も起きているのですから、これだけ正しい話もないわけです。

そうであるならです。それを知らされた人たちが、いつまでもそれを信じようとしなくてよいのですか?自分さへそれをきけばそれでよいのでしょうか?

そんなわけがないのです。如来の教えを知らされた人たちは、それを信じて、自身で勉強するのはもちろんのこと、それを人にも伝えないといけないのです。

天に通じているものは自分一人だけのものではないからです。天に通じたものは、この世のすべての人のものであるからです。

だから、如来の教えを知った者は、そのような責任があるのですが(自分で信じ勉強し人にも伝える)それにもかかわらずです。

このブログを見ている人たちは何人の人がそれをしたのでしょう。ほとんどしていないのではないでしょうか?

この教えが如来の教えと知っているにもかかわらずです。

そういう自覚があるにもかかわらず、如来の教えを知った者としての責任をほとんどの人が果たしていないのです。

それでは天も怒ります。

だから、これほどのこと(災い)も起こされるのであるし、ことの重大さも理解出来ないのです。

如来の教えを知ったことの責任の重さを理解しようとしないからです。

しかし、私はそのようなことをもう何度もこのブログに書いてきたのです。この教えを知った人は大きな責任があるとです。

しかし、それさへもしっかり理解しようとせず、自分本位なことをし続けているのが、このブログを見ている人たちなのであり、だから、これほどひどいことも起こされるのです。

如来の教えを知った者の責任を多くの人が果たしていないからです。

長年このブログを見ている人たちは(長年如来の教えを知らされている人たちは)そこに書かれていることを信じ、その偉大さを知り、自分で勉強して、それを世に伝える、そのような大きな使命があるのです。

しかし、このブログを見ている人たちは、その使命を果たそうとせず、如来の教えを知らされている人の責任の重さを理解しようとせず、自分のことばかりしているのです。

だから、起こされているのです。これほどの災いが日本にです。それだけ如来の教えを知らされている人々の責任は重いということです。

如来の教えを知った者の責任の重さを少しは理解していただけるでしょうか?(それとも未だしようとはしませんか?)

しかし、その重さが分からない限り、日本に起きている災いは止まらないのです。

0コメント

7月 02 2019

貴重な体験

アメリカのトランプ大統領が現職の大統領で初めて北朝鮮に入ったそうですね。

そうして金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談されたとか。世界平和のため、よりよい話し合いになっていることを期待します。(さすがの労働党委員長も、アメリカ大統領に呼ばれたらすっとんでこられたようですね。〔苦笑〕)

しかし、世界平和はいいんですが、日本の平和はとても保てそうにありません。神に逆らい続けている人たちがいるからです。

何か、異様な天気になって来ましたね。(大汗)あちこちで激しい雨になっているようですが、特に九州はやばいですね。

熊本や宮崎や鹿児島など凄い雨になり、冠水被害はもちろんのこと川の氾濫や土砂崩れも相次いでいるようだからです。

しかも、この活発な梅雨前線は今後も同じような位置に停滞し激しい雨を降らせるとか。これは九州など甚大な大雨被害が出るかもしれません。

というか、このままでは確実に出るでしょう。甚大な被害がです。

だって、その激しい雨の期間が、最初は一日、二日とかいっていたのが、今週中頃までになり、それが今週一杯になり、何か来週も同じよな天気が続くという話にまでなって、段々伸びていっているからです。

つまり激しい雨の期間がいつまで続くか分からないということです。それでは被害が出ない方がおかしいからです。

ほんと神を怒らせると恐ろしいです。信じられないことが起きてくるからです。

にもかかわらず、知らん顔ですか?このブログを見ている罰当たりな人たちはです。(信じられますか、ウナッシーさん)

正気ですか。この激しい雨は、皆、このブログを見ている人たちのせいなのですよ。それなのによく平気でいられますね。

またこの雨でどれだけ多くの人が不幸になるか知れないのにです。

確実に不幸になる人が出るのですよ、このままではです。お分かりですか?いま起きていることの恐ろしさがです。

いくら梅雨とはいえ、これだけ激しい雨が連日のように降り続くなどあり得ないことなのです。しかも、その激しい雨がどれだけ続くか分からない。

これだけあり得ないことを起こされているのは一体誰のせいなのですか?

全部、このブログを見ている人たちのせいではないですか。あなたたちが何もしようとしないからこうなっているのです。それなのにまだとぼけて知らない顔をし続けるのですか?(ほんと心が痛みませんか?)

これだけ神を怒らせているのです。少しくらい責任を感じて「これまですいませんでした。いま振り込みましたので、大雨が降っているところを祈ってあげてください」くらいいう人はいないのでしょうか。

このまま、このブログを見ている人たちがボーっとしていれば、また甚大な被害が九州などに出るのはもう目に見えていることだからです。(もう何度そういうことが起きたかしれません)

では、そのくらいの(たったそのくらいのです)愛の心くらい持ってはどうでしょう。

あなたたちがそのような愛の行為を無視してきたがため、すでにこれまでどれだけ多くの人たちが不幸になっているか知れないからです。

それをしない限り(そのような愛ある態度を取らない限り)神の怒りは収まらないのです。このブログを見ている人たちのあまりに愛のない態度が神をこれだけ怒らせているからです。

それともまだ自分は関係ないという無慈悲な態度を続けますか?「このような異様な状況になっているのは自分たちのせいである」という自覚のある人が、このブログを見ている人たちの中にはすでにたくさんいるはずなのにです。

それにもかかわらず「自分は一切関係ない。悪いのはすべてお前」などという、この辺りの人たちと同様な態度を取るというのでしょうか?

他の地域の人たちもです。

この辺りは、いまだそのような考えの人が多いようです。どれだけ災いが起きても(自分たちにも、そうして他の地域にも)それでも考えを改めようとしない、哀れな人たちが多いようです。

自分たちが大間違いをしているから、それほどの災いが現れているにもかかわらずです。

昨日でもそうでした。歩いていればブシュブシュやってくるトラックはいる、近くのスーパーに行けば、逆恨みして嫌がらせしてくる従業員はいる、前回(光の強い私に汚い心のまま嫌がらせして来ては罰が当たると)あれだけ書いているのに、まったく反省しようとしません。

これでは災いが止まるわけがありません。

それどころか、これだけ神が怒っているにもかかわらず、その神をまったく恐れようとせず無反省な態度を取り続けているのです。

それこそ、そういう人たちは今度こそ神の逆鱗に触れるのではないかと心配ですね。

神の逆鱗に触れるなら、ただでさえこの辺りは危ない現象が現れ続けているのです。一体どういう現象が現れてくるのか想像がつかないからです。(この辺り、人がバタバタ死に始めたら大変なことになります。〔怖〕)

この辺りの人たちはもちろんですが、少なくともこのブログを見ている人たちはです。もう少し神を恐れてはどうでしょう。これほどの異様なことが次々に起こされているからです。

それがもう何年にもわたってです。

そのような魔訶不思議なことをいろいろ体験しているはずです。このブログを見ている人たちはです。ここにその解説をちゃんと書いているからです。

これまでいろいろありましたよね。(今回のように)急に天気がドンドン悪くなっていったり、地震が頻繁に起きだしたり、すさまじい大雪になったこともありました。

そのような天変地変ばかりでなく、この辺りで起きているような現象も、私やウナッシーさんに起きている奇跡も、このブログがあったから分かったんですよね。

他の地域の人たちにもです。(もっといえば外国に住んでいる人たちにもです)

よく考えてみてください。このブログを見ている人たちは、他のブログを見ていても体験できないような不思議な体験をすでに何度も(何十度も)しているのです。

ただの自然現象と素通りしてしまうような出来事も、ここにそのわけを書いたから、そういうことが起きたのかと、起きた理由が分かったからです。

そういう意味が分かったから、そのような体験は不思議なことであったと分かったわけで、そういう理由が分かって不思議だなと思うのと、分からないまま(不思議さを知らないまま)過ごしてしまうのとでは、一度の人生でどれくらいの差がつくか分かりますか?

それはそれは凄い差となって後々現れるのです。自分の人生体験を後で知るならです。(死んだ後、皆それを知ることになりますから)

そういう貴重な(不思議だなと思える)体験をこのブログを見ている人たちは何度したか分からないのです。(今回の件もそうですが。こんなに急に天気が悪くなるなど誰が思うでしょう。こういう体験もよく分からないのです。その理由が分かっていないとです。理由を知らない人たちは〔このブログを見ていない人たちは〕ただの自然現象としか思わないからです。本当にもったいない話です。この現象は、ただの自然現象なのではなく、つくりだされた現象であると分かるのはこのブログを見ている人たちだけなのです)

つまり、このブログを見ている人たちは、今生、どれだけ神の心を知らされ、そうして、その神の業を体験を通して教えられているのか知れないということです。

このブログ(如来の教え)を通してです。

そういう稀有な体験をしているにもかかわらず、一切の(感謝の)布施もしようとしないのです。

それでは神は怒りませんか?

怒って当然なのではないでしょうか。それほど不遜な態度もないからです。

だから、これほどの現象も現されるのです。不遜があまりにすぎているからです。このブログを見ている人たちはです。

少なくともです。こと神に関することは、私のいうことをきいた方がよいのではないでしょうか。

これほどの現象が(すでに何度も何度も)現れているからです。そうして、それほどの貴重な体験をこのブログを見ている人たちはしているからです。

今回起きている現象を止めるには、このブログを見ている人たちが愛の行為を行う以外にないのです。

では、速(すみ)やかにそれを行ってください。

このブログを見ている人たちは、それをしなければいけない、責任が大いにあるからです。

2 コメント

6月 30 2019

末法と正法

台風三号と梅雨前線の影響で九州南部や四国などは大雨になったようですね。

こちらでも岐阜県で突風(竜巻)が吹いたようで屋根が飛ばされたところなどもありました……が、それどころではなくなってきましたね。

まだ、これから大変な雨になるんでしょう。(汗)

これから数日間は記録的な大雨となり、場所によっては、一~二日で五百ミリ超の大雨になる恐れのあるところまであるとか。(メチャクチャな雨量です)

これは西日本豪雨の再来ですね。また大変なことになるかもしれません。しかし、次から次にすさまじい災いが現れてきます。(なんか凄いペースです。〔汗〕)

完全に神を怒らせてしまいましたね。(大汗)

怖くはありませんか?このようなすさまじい現象を次々に現されてです。

それともまだ自分は関係ないと知らぬ顔の半兵衛を通しますか?このブログを見ている人たちはです。

こう考えると、去年のあの西日本豪雨もこのブログを見ている人たちの影響を大分受けていたのでしょう。だから、あれほどの被害が出たのです。(異常な雨量でしたからね。何かおかしいと思いましたがこれで分かりました。このブログを見ている人たちの影響であれほどのことが起きたのです)

しかし、これだけのペースですさまじ災いが現れ出したのです。もう相当神を怒らせているのは確かなようです。

このブログを見ている無神論の人たちがです。

この災いを止めるには(この神の怒りを鎮めるには)正しい教えに帰依する(心をきれいにする)人が増えるしかないのですが、どうも私たち(私とウナッシーさん)以外、そのことに興味を持つ人はいないようです。

どれだけ反省して感謝して布施してくれといっても、このブログを見ている他の人たちは、そんな話をまともにきく人はいないようです。

これはまたすさまじい災いが起こされそうですが、そればかりでなく、さすがに神もキレたのかもしれませんね。

今年で十年です。このブログ(如来の教え)を書き出してです。

それから一度も布施しようともしない人たちばかりなのです。十年たって一区切りはつきました。それでもまだやらないということであれば、もうこれ以上待っても、この者たちはやろうとしないと(正法神理の勉強をです)神は思われたようです。

あの地震が起きてから(震度6の二十二分に起きたやつです)立て続けに恐ろしい現象が起き出しています。

どうもあの地震が、その境目(さかいめ)であったようです。

あの後、続けて起きた地震で(震度4の)神の心を証明したのに、それでも、このブログを見ている多くの人が神の心を無視してしまったがため、ついに神もキレて、よりすさまじい災いを現し出したのではないでしょうか。

どうもそんな気がしてなりません。あれから立て続けに災いが起き出し(この辺りも凄いんですが)今回また西日本豪雨級の雨が降るかもしれないとのことです。

これは完全に(このブログを見ている人たちが)神を怒らせたとしか思えないからです。(ほんとえらいことをしてくれました)

いい加減、正しいことを理解しませんか。正しい神のことをです。このままでは本当にまずいからです。(ほんと潰されますよ。日本がです。あなたたちのせいでです)

無神論をどれだけ気取っても、これだけの現象が現れてきているのです。これだけ現象が現れてきているにもかかわらず、それでも無神論など気取っていては、それは気取れば気取るだけ滑稽で(滑稽でしょう。これほどのことが起きているのに知らん顔をしているなどです)神を怒らせることになります。

もう、そういうところまで来てしまっているのですが、それでも、そういう自覚は一切持とうとはせず、神を恐れようともせず、まだ無神論を続けますか?

このブログを見ている人たちはです。(本当にやばいですよ。これ以上神を怒らせるとです)

それにすでに皆さん方は大変な罪を負っているのです。それはそうでしょう。皆さん方のせいでずいぶん天変地変も起こされましたから。

そういう自覚があろうがなかろうが、事実は事実です。このまま死ぬのであれば、このブログを見ていた(そうして何もしよとしなかった〔嫌がらせ以外の〕)人たちは全員地獄行きなのです。

それもずいぶん深いです。

どちらにしてもです。長年このブログを見ている人は、これ以上、私のいうことを無視するのはやめていい加減きいてください。私のいうことをです。

皆さん方が長い間、そのような傲慢な態度を取り続けていたがため、こんなメチャクチャな現象まで現れて来ているからです。(それでどれだけ多くの人たちが不幸になったことでしょう。まだ増やすつもりですか。不幸な人たちをです)

それとも、まだ脅し半分で思いつくまま適当なことを書いているとでも思われますか?

これだけ書いていることが起きて来ているのです。もうこのブログを見ている誰もそんなことは思わないでしょう。

これだけ私には奇跡が起きているのです。その奇跡は正しさの現れです。神の心を正確に言い表しているから、私には、そのような神の力としか思えない、奇跡が次々に現れてくるのです。

では、きくしかないのではないですか。その正しいことをいっている者のいうことをです。

もう時代が変わっているのです。(これまで何度もいっていますが)神を信じなければいけない正法の世にです。

それにもかかわらず、まだ無神論で末法の(きたない)心のままでいるから、これだけ次々に災いが起きてくるのです。

正法の世になっているのなら、正法の心にならない限り災いは止まらないからです。

その正法の心になるには、如来の教えを実践するしかないのです。だから、私はいっているのです。この教えを勉強してくださいとです。

それ以外で、この時代、救われる道はないからです。

それにもかかわらず、私がどれだけそれをいっても平気で末法の心のままでいるくせに、自分に起きて来た悪いことを私のせいにしている者までいるというのですから、開いた口が塞(ふさ)がりません。

それはどう考えても、末法の(汚い)心のままでいる自分が悪いからです。そういう心でいては、災いが起きない方がおかしいからです。

もう少し真剣に私のいうことをきいてもらえませんか?

私のいっているこの如来の教えを実践するなら、確実に災いは止まるからです。しかし、それを無視し続けるなら、災いは止まらないどころか増えていきます。

もう皆さん方の考え方では(末法の)通用しないのです。まだ分かりませんか?だから災いがこれだけ起きているのです。

自分たちの(末法の心の)考え方が間違っているからです。

正法の世になれば正法の心になるしかありません。私たちは正法の心になっているから奇跡が起きているのです。

もう私のいうことを信じ行ってもらうほかありません。今すぐにでも行ってもらえませんか?

そうすれば私も今すぐにでも祈りを始めるからです。

(布施する人がたくさん出てきて、私が祈れば、今回の大雨もいくらかでも止めることが出来ると思います。〔あまり降らずに出来るということです〕しかし、このブログを見ている人たちが、まだ私のいうことを無視し傍観しているのなら、今回の大雨だけではなく、この後もまだすさまじい災いは続くでしょう。これ以上神を怒らせることはやめてください。これ以上神を怒らせては日本が壊れてしまうからです。そうして不幸になる人も続出するからです。すべてあなたたち〔このブログを見ている人たち〕のせいなのです)

追伸…こういうことが立て続けに起き出すと、この辺りの人たちも相当危ないと思います。

ただでさへ、この辺りはたくさんの災いが起きているのです。それに加えて全国規模の災いが増えてくるということになれば、この辺りの災いもまた一段と増えてくるということになるからです。(全国規模の災いが増えて、この辺りの災いが減るなどということはあり得ないでしょう。全国の人以上にこの辺りの人たちは如来の教えに対し反感を持っているようであるからです。では、災いはもっと現れるでしょう)

先ほども書きましたが、自分たちの心が汚いから(末法の心のままだから)災いが起きて来たのであって、その災いは私のせいではないのです。

自分の心のせいなのです。いい加減理解してもらえませんか。そのくらいのことはです。

スーパーなど行けば、そこの従業員がずいぶん怒っていますが(ほんとどこの従業員も怒っています)私は買い物をしていただけなのです。それなのに一方的に嫌がらせをして来たのはあなたたちの方でしょう。

そんな汚い心のまま私に嫌がらせなどすれば、それは病気になる人もいるでしょう。自分たちの心が汚いまま行いを間違えたからです。(それは運転手連中も同じですが)

しかし、そのような人が、もし、私の顔を見た時、これまでの自分の行いを反省し、私に布施などしていれば、まったく逆の結果が現れたのです。

私の顔を見た時に反省し(布施などの)善い行いをすれば、その時、自分の心は浄化され、私から出ている光によって、奇跡という現象が現れてきたはずであるからです。

結局、如来の教えを説いている者からは強い光が出ています。(オーラのことです。もちろんオーラは誰からも出ているのですが、心の程度によって強い弱いがあります。心の程度が低ければ低いほど〔悪ければ悪いほど〕オーラの光は弱くなり〔そういう光の弱い人たちが不慮の事故とかに遭うのです〕高ければ高いほど、そのオーラの光は強くなります。当然、釈尊やキリストは凄いオーラの光を放たれていたわけですが〔黄金色のです。このオーラの色も心の程度によりずいぶん変わるのです〕その如来の教えを説いている私も相当光が強いのです)

光が強ければ影もまた濃くなります。

だから、私に嫌がらせした人に病気が出る人が多発するのです。そのような(心の汚い)人たちの影が(私の光により)強く浮かび上がってくるからです。

しかし、逆に善いことをすれば奇跡も起きるのです。

そのオーラの影響によってです。(結局オーラとは神の光が自分の身体を通して現れているのであり、その神の光の影響によって、心の汚い人にもきれいな人にも現象が現れるのです。一つの浄化現象です。心のです)

そう考えるならです。すべては自分の心が問題なのではないでしょうか。

自分の心がきれいであったのなら、自分にそんな不幸が起きることはなかったのであるし、また自分の行いを間違えなければ逆に奇跡が起きていたかもしれないからです。(その判断も心でするのですから)

いつまでも責任転嫁をしていてもよいことは起きてきません。特にこれからは正しい判断が出来なければ大きな不幸が現れてくるのです。

いい加減、正しい判断をされませんか?

このブログを見ている人たちは、ずいぶんこのブログによって救われているはずであるからです。

0コメント

6月 27 2019

無責任な態度

愛知県清須市で段ボール工場や住宅などが燃えた大規模な火事が起きました。

この前は名古屋市で二人が刺される殺人事件もありましたし、車は減っているし、豚コレラは止まらないし、ほんとこの辺りいいこと起きません。(私がよく行く庄内川も最近はよく死体があがっているんですよね。〔怖〕)

神の心に逆らっている人が多いからでしょう。この辺り、恐ろしいことばかりが起きてきます。(ほんと私の周りだけです。楽しい奇跡が起きているのはです)

ウナッシーさんからまた布施をいただきました。心より感謝します……で、他の人はどうなんですか?まだ、罰当たりな態度を続けるのでしょうか?これだけ災いが現れてきているのにです。

今度は台風ですか。また、梅雨前線と重なってすさまじい雨になるんでしょうね。(すでに、そういう予報が出ています)本当にドンドン悪いことが起きてきます。

どれだけ私がいっても(ウナッシーさん以外のこのブログを見ている人たちが)罰当たりな態度をやめようとせず、愛の行為を(報恩の行為を)行おうとしないからです。

しかし、これは少しひどいですね。(そう思いませんか?ウナッシーさん)

だって、もう自分たちが何もしないから、このようなひどいことが次々に起こされているということが分かっているのです。(それともまだ否定されますか?いつまでも正しことを認めようとしない人は、それこそ病気が現れて来ても知りませんよ。もうごまんと現れているからです。こちらはそういう現象がです)

これまでは、まだそのようなことは本当とは思わなかった、半信半疑であった、などと、とぼけることも出来ましたが、これだけ分かりやすくそれを証明するような現象が(地震が)起きたのですから、それでもまだ私のいうことを無視して、それでいて平気でこのブログを読んでいるのならです。

そういう人は、起きることが分かっていて故意に災いを起こさせているのか、それとも、災いなどどれだけ起きても、人のことなど知らないと、自分さへよければ(助かるなら)それでいいと、そう思っているかのどちらかであるからです。

そのどちらであっても、あまりにひどい考えなのではないでしょうか。

そのような態度は、日本にどれだけ災いが現れても自分は一切知らないと、人のことなど、どうでもいいと、そういっていることと同じであるからです。

それはあまりに無責任な態度でしょう。そのような考えは自分さへも滅ぼすことになるのです。

もうお分かりいただけたと思います。ここに書いていることの正しさはです。

同じ時刻に地震が起きた後、私があれだけ警告したにもかかわらず、それでも(ウナッシーさん以外の)誰も動こうとしなかったがため、今度はあれだけ遅れていた梅雨に(関西方面など)急に入って、そうしてそこに台風までぶつけられるのです。

この台風も、梅雨前線がなければ、この時期はそれほど強い台風になるわけではないので、大した被害は出ないはずですが、急に日本全体が梅雨に入ったことで(梅雨のない北海道以外の)その大したことがなかった台風が梅雨前線と重なって、またどこにどれだけすさまじい大雨被害が出るのか分からないのです。

すでに沖縄など昨日もすさまじい雨になっています。(もちろんそれで冠水被害や土砂崩れの被害が相次いでいます)

これ以上、神から災いを現されてはならないのです。もう正しい信仰をするしかないのです。それ以外で、この(次々に)起きる災いを止める手立てはないからです。

それでもです。それでもまだ私のいうことを無視しますか?このブログを見ている人たちはです。

この教えに唯一従っているウナッシーさんにはちゃんと奇跡が起きているのです。私にも、もちろん起きていますが、しかし、この教えを実践する人が増えてくれば、このような奇跡が次々に現れてくるのです。

そうして、そうなれば今のように次々に起きてくる災いも止まるのです。

どちらにしても、それが一番大きいのではないでしょうか。これだけ災いが起きたら(皆さん方が大好きな)仕事も遊びも何も出来なくなるからです。

それどころか、命までなくすのです。

では、一刻も早く従ってもらうしかありません。この教えを実践する以外でこの災いを止める方法はないからです。

最近、この辺りでは、まだ一部の小学生ではあるのでしょうが、私に頭を下げ、挨拶をしてくる小学生が増えて来ました。

小学生の集団と行き会うと、向こうから「こんにちわ」と声をかけてくるのです。

表面上、そのような態度を取っているだけの小学生では救われませんが、少しずつでも心が変わってきて、反省した思いから、そのような態度を私に取る小学生がいたのなら、その小学生は救われて行くでしょう。

そのような反省する心が自らの心をきれいにして行くからです。そのきれいな心が自分自身を救うのです。

そのような小学生たちは自分で変わらないとダメだと、自分でそう思い、自分でそういう態度に改めたのでしょう。

もうどちらが正しいかは(私か、それとも私に逆らっている人たちかは)小学生でも分かるはずであるからです。

これだけ奇跡が起き続けている私が正しくないはずがないからです。

このような小学生たちのようにです。自分で考え自分で態度を改めた人だけが救われて行くのです。(それが自力です)

大人たちはこのような小学生たちを少しは見習ったらどうでしょう。大人たちがこのような態度を取るなら、災いは段々収まって行くからです。

本当は大人たちが先にこのような態度を取って、そうして子供たちを導いてやらないといけなかったのです。

それにもかかわらず、まだ大人たちは災いを起こすことしかしない。(私のいうことに逆らって)もう子供たちは、そのような大人をあてにせず、自分自身で考え、そうして自分自身で行いを変えたのでしょう。

それが正しいと自分で判断してです。(大人がダメなばかりに本当にけなげです。涙が出ます。〔涙〕)

どちらにしても、子供らのそのような私に対する正しい態度は子供ら自身は救いますが、世の中を救う(災いを止める)までには至りません。

やはり世の中を救うことが出来るのは大人たちであるからです。

大人たちが、いつまでも小学生以下の態度を取り続けていては世の中を救うことは出来ません。

大人が世の中を救うことが出来ないのであれば、そういうけなげな小学生たちにも申し訳が立たないでしょう。

大人は大人としての責任を果たしてください。(無責任な態度はやめてです)そうしないと、そのようなけなげな小学生たちをも滅ぼしてしまうことになるからです。

(そのようなダメな大人たちがです)

0コメント

6月 25 2019

続、神の心

二十四日の午前九時十一分に関東南部で震度4の地震が起きました。その後、十九時二十二分ごろ、今度は静岡でまた震度4の地震が起きました。

これで分かってもらえたと思います。

十八日の新潟で(午後十時二十二分に)起きた震度6の地震は、このブログを見ている人たちがいつまでもボケっとしていたせいで起きたということがです。

十八日の地震も二十二分、二十四日に起きた地震が十一分と二十二分、これだけ合わされてはねえ。これを偶然とはいわない(いえない)でしょう。このブログを見ている人たちはです。

そういうことを(十八日の地震はこのブログを見ている人たちのせいで起きたと)私はちゃんとブログに書いているからです。

そのことをこのブログを見ている人たちはみな知っています。二十四日に起きた地震は、そのことが正しかったと証明するために起こされたのです。

ここまで時間を合わされて、それでもまだそれを否定し、神の心を無視するのなら、次はもう南海トラフでしょう。

または、首都直下ですか。もうそのくらいの危ないレベルまで来ているからです。それくらい、このブログを見ている人たちは神を怒らせているのです。

二十四日に起きた地震は、これからは神を一として(だから最初の地震が十一分に起きたのです)神の心を行えという神からの警告なのです。

しかも(十八日に続いての)二度目のです。

それでもまだ無視しますか?私のいうことをです。

このブログを何年も前から見ていて、今さら知らないはないのです。それでもまだ私のいうことを(このブログに書かれたことを)無視するのなら、その人はどれだけ大きな罪を負うか知れないのです。

如来の教えを知らされるということは、それ相当の責任が伴うからです。

私はそのことをもう何年も前からいっています。(やる気がない人はこのブログを見てはいけないとです)ここまでこのブログ読んでいて、こういう事実を何度も知らされていながら、それでもまだ自分は知らないなどといっている人は、もう大罪人以外の何ものでもないのです。

もう、これほどのことが起こされているのです。それでどれだけ多くの日本の人たちが不幸になったか知れないのです。(自分たちも不幸になっているのか知りませんが)

少しでも自分の責任を感じている人たちは、私のいった通りのことを行ってください。これまでの行いを反省し、感謝して布施の行為をしてください。

とりあえずそれが、如来の教えをきいている人の最低限の礼儀であるからです。最低限の礼儀さへわきまえない人ばかりでは、いつまでたっても神の怒りは解けないからです。

いつまでたっても神の怒りが解けなければ、もう日本全体が危ないのです。

これ以上、神を怒らせては神は本気で日本を潰しかねないのです。

もう真剣に私のいうことをきいてください。今のまま、このブログを見ている人たちが、私のいうことを無視し続けるなら(如来の教えを無視し続けるなら)政治も経済も、あるいはスポーツも遊びも何もなくなるのです。

すべて潰されるからです。(財政破綻どころじゃなく、本当に潰されるのですよ。日本がです)

これだけここに書いていることが起きているのです。本当にそうなるのです。それだけこのブログを見ている人たちの使命は大きいからです。

その大きな使命を(分かっていながら)無視し続けているのです。当然、その罪は大きくなります。

今さらどこにも逃げられないのです。もう腹を決めるしかないのです。腹を決めて如来の教えに従おうと、これまで神を無視していた自分が悪かったと潔く頭を下げるしかないのです。

園頭先生は「同じ時に同じ国に生まれるということは、その国に生まれてなさなければいけない共通的使命を持っているのです」といわれていました。

その同じ日本に生まれて、同じブログをもう何年にもわたり読んでいる。では、その人たちの共通的使命の重さは一体どれほどのものなのかということです。(同じ国に生まれただけではなく、その国の中で、同じものを読み続けているというのですから)

その自覚を持たないといけないのです。それほどこのブログに書かれてあることは重大なことであるからです。

その重大な使命を、このブログを読み続けている人たちは知らされ続けているということです。

そうして、その知らされ続けていることは、みな神の心から出てきているということです。

だから、これほどのことも起きるのです。(普通こんなこと起きないでしょう。地震が同じ時刻に起きるなどということはです。わずか数日の間にです)

日本には特別な使命があるのです。

日本の人々は、その(特別な)使命を果たさなければ死んでも死にきれないのです。(だから日本に生まれて、その使命を果たさずにあの世に帰った〔亡くなった〕人たちは、今頃、死ぬほど悔やんでいます。すでに肉体的には死んでますけどね。精神は生き続けていますから)

その特別な使命が何かを知っているのはこのブログを見ている人たちだけなのです。

では、その使命を果たさぬことくらいの悪もないでしょう。それを果たそうとしないから、これほど神の怒りを買っているのです。

これほどのことが(これほどの神の業が)日本に起きて(現れて)います。

これ以上、神の心を無視していては日本は滅びるのです。

追伸…本当にこのままでは日本は危ないのです。あまりに神の心に背いている人が多いからです。

特に最近など政治までそれを(神の心から離れる政策ばかりを)率先して行っています。これではドンドン危ない方向に行ってしまうでしょう。

自民党が性的少数者(LGBT)への理解拡大を図る「LGBT法案」の今国会の提出を見送るということが、中日新聞に書かれてありました。

これもまた困ったものです。こんな罰当たりな法案をまたまた自民党は通そうとしているからです。

最近の自民党の出す法案のひどさは目を覆うばかりですが(本当に神を怒りに怒らせています。一部の人たちばかりが儲かるような私利私欲法案ばかりを出してくるからです)このような法案もまた神を怒らせるでしょう。

このような(LGBTの)人たちを神は許されていないからです。

こういう人たちを釈尊やキリストが許されたのでしょうか?

神も、釈尊も、キリストも、こういう人たちを認めてはいません。園頭先生も「神は、この世界を男と女とに、即ち陰と陽とにつくられました。だからして男でもなければ女でもないという人間は一人もいないのであります。男と女しかいないわけですから、この世界は、男と女との関係によって成り立っているわけです」といわれていました。

この世界は男と女とによって成り立っているわけですから、それ以外の人が入って来たら、成り立っているものが成り立たなくなるのではないでしょうか。

そのような(男か女か分からない)存在を神は認めないからです。

神がつくられた世界に、神が認めない人たちがいるなら、当然その世界は神から認められなくなります。

だから私は、こういう人たちは早く正常に戻さないと(元々このような人たちはまともな男であり女であったのですから)いけないと何度もいっているのです。

こういう人たちが増えれば当然神の怒りを買い、神がつくられたこの世界が成り立たなくなるからです。

したがって自民党が出そうとしていたLGBT法案など、神の心に背く罰当たり法案以外の何ものでもなく、最近の自民党はこのようなくだらない法案ばかり出してくるから、よけい日本に災いが起きるのです。

政治の世界で一強である自民党がおかしな法案ばかりを出して、それが神の怒りを買っているからです。(前回書いた男性の育休のこともそうです。こんなこれまでしたこともないようなことを自民党は義務化〔男性の育休の義務化〕しようとまでしているのです。本当に左翼も真っ青な法案ばかりを次々に出してきます。自民党は名前を変えてはどうでしょう。自由民主党ではなく、自由民主社会共産党みたいにです。〔苦笑〕そうしないと最近の政策の〔右から左までの〕幅広さは理解できないからです)

とにもかくにも、こう神の心から離れる行いばかりをする人が多くては災いしか現れてきません。

その事実が分かっているのは、このブログを見ている人たちだけなのです。では、その人たちがボケっとしていたら(神の心に少しでも近づこうとしなければ)神は怒らないでしょうか?

そのような事実をもっと真剣に理解しないといけないのです。

もう時は限られているからです。(これだけ災いが起きて来ては、そう思わざるを得ません)

2 コメント

« Prev - Next »


あなたは人目の訪問者です。