>>ブログトップへ

11月 05 2018

謙虚さ

正法誌 1986年四月号より抜粋

<高橋信次先生の言葉

謙  虚

人はややもすると自分を過大評価しがちである。それは自分が何であり、何をなすべきかを悟っているならまだしも、地位、名誉、知識が人より優れているという理由から、そのような偏見が生まれるとすれば、その人はなかなか悟ることは出来ないだろう。

人の一生は、普通五十年、長くて百年である。だが、本当の人間の生命は、そんなに短いものではない。何億、何十億年の年齢を重ね、現在、ここにある。

人はこうした過去を持って、現在を生きているのだが、そうした長い年輪と、その短い現象界の一生とは、比べものにならないひらきがある。その短い一生の過程の中で得た知識、地位、名誉におぼれるとすれば、これほど浅薄にして、自己を偽るものはないだろう。今世の一生を点とすれば、過去世の生涯は線に相当する。線と点を比較してみてほしい。………とすれば今世で得た知識、名誉というものが、いかに頼りないものであり、夢のようなものであるかということを知ることが出来よう。

正法の智慧は、線の中に内在されている。

その智慧は現象界の知識が呼び水となることはあっても、知識そのものから生まれるものではない。点のその一生を、謙虚に、素直に、正道に基づいた想念と行為を重ねていくうちに、半ば、こつ然と現れてくるものである。

自己を過大評価し、知識におぼれ、地位に固執した生活を習慣にしてしまうということは、こうした内在された智慧をひもとくカギを、自ら閉ざしてしまうことになる。

さらにもっと具体的に、率直にいうならば、人の過去世は十人が十人、正道に学び、自分の血肉になっているかというと、必ずしもそうではないのである。正道を学んでいない人は、それに基づく智慧が出てこないのも道理ではないか。

過去世には縁があり、今世もその縁につながったことは、何よりも大事にしなければならないが、しかし、過去もわからず、実在界も知識の範囲しか知りえないとすれば、まず、現在の自分自身を、正直に、素直に見直すことがなにより大切である。

自分の心に、誰もウソはいえないはずだし、そのウソのいえない自分に立ち返り、日常生活についても、謙虚になることが、悟りを進める導因となろう。

己を知るには、まずなにはさておき、謙虚な心から始まり、謙虚な心を持ち続けることである。そうして、その謙虚な心の培養は、今をおいて、永遠に、そのチャンスは訪れてこないということを知ってもらいたい。

解 説

「謙虚」を辞典で見ると「自己の弱小、無力、罪業に対する深刻な自覚から、神の意思にあくまで従順になろうとする心」と書いてある。これは本当の謙虚の意味ではない。

謙虚の真の意味を知るためには「敬虔」(けいけん)を知らなければいけない。敬虔も辞典を見ると「うやまいつつしむこと」としか書いていない。

敬虔さと謙虚さと、この二つの心と切り離して考えられないのが「尊敬」である。この三つの言葉は一体として考えなければいけない言葉である。謙虚な心を持つ前に持たなければいけないのは敬虔な心である。敬虔さのない謙虚さは真の謙虚さではないし、謙虚さの心には必ず尊敬の念がある>

これからの時代は、特にこの謙虚さが求められます。

この謙虚に対比するものが傲慢ということであり、この傲慢な人たちに現在、次々に災いが現れているのです。

そのようなことから考えましても謙虚な心が、この時代いかに大事なのかということがよく分かるのです。

せっかくここに救われる方法を書いても、それを行わなければ絵に描いた餅にしかすぎません。このブログを読んでいるだけではダメなのです。(それはこのブログを読んでいるだけの人たちに次々に災いが起きていることでもその事実が分かります。〔この辺りの人たちや運転手連中などなど〕)

ここに書いたことを行わなければ救われないのです。

では、行ってはどうでしょう。他に救われる道はないからです。

(他に救われる道があるなら、日本中にこれだけ災いが現れているわけがないですから)

0コメント

11月 04 2018

危なさの自覚

祝日とはいえ、昨日も道路はすいていましたね。しかもずいぶんです。

神をいつまでも信じようとしない皆さん、気をつけてください。別に脅すわけではありませんが、名古屋はドンドン車が減っていっているようだからです。(恐)

この近所はずいぶん怒っているところが多いんですが、その反面、少し離れるともう引いているところがほとんどで、最近は歩いていてもあまり嫌がらせもされません。(運転手連中は別ですけどね。もうやけくそみたいですから、この連中は)

しかし、その中でもみな怒っていて嫌がらせばかりして来るようなところもあります。

場所によってずいぶん違うんだなと思いますが、みな怒っていて嫌がらせばかりして来るようなところは、心の低い人たちが固まって住んでいるのでしょう。

心の低い人たちが多いから、その辺りの人たちは私が歩いているといまだに怒って嫌がらせをして来るのです。

これは前に書いた小学生と中学生との違いと同じで、中学生でも出来るような判断が、その辺りの人たちには出来ないというのですから、ずいぶん情けない話なのですが、そういう心の低い人たちも含めてです。

もうちょっと視野を広げることは出来ないのでしょうか?そうすれば正しい判断も出来てくるからです。

悪いことが起きているのはもうこの辺りだけではないのです。

名古屋はもちろんですが、日本中に、もっといえば世界中で起きているのです。

そうして、この辺りだけ考えてもです。自分の周りだけではなく、あっちでもこっちでも悪いことが起きだしているのです。(そんなこと少し離れた人たちとかにきいてもらえれば分かります。それくらいのことされたらどうですか?そうすればいま起きている悪いことの多さはよく分かるはずだからです)

それは、これだけ減っている車(トラック)など見ても分かるはずです。

こんなことこれまで起きたことがないのです。起きたことがないことがいま起きているのです。

もう少し危機感を持たれたらどうでしょう。

そうしないといつ自分に大きな不幸が降りかかってくるのか知れないからです。

もうこれだけのことが起きているのです。それをたった一人の者のせいにしている場合ではないでしょう。

それは有名人など見ても分かるはずです。

また、女優とか漫画家とかが亡くなったそうですが、もう今年に入って有名人がボンボン死んでいるのです。(週に一人、二人くらいのペースで亡くなっていませんか?今年だけで六~七十人くらいはもう亡くなっていますから)

これだけ有名人が次から次に亡くなった年などこれまでないのです。

ということは、特別、有名人だけにそういうことが起きているというわけでもないのでしょう。

要は、そこらじゅうの人たちにこういうことが起きているということなのです。

だから、多死社会などといわれているのだし、もうそういう時代に入ったということを自覚しないといけないのです。

これまでと同じような心でいれば、次々に死んでいかなければいけない、そういう時代にです。

だから、有名人だけ見てもこれだけのペースで亡くなり始めたのであるし、このような速いペースで人が亡くなり始めたのなら、もっと凄まじいペースで悪いことが(例えば不治の病など発症する人が)現れてもおかしくはないはずです。

むしろ現れていないとおかしいでしょう。そうでなければこれだけ死ぬ人が増えてくるわけがないからです。

そう考えるのであれば、この辺りの人たちにたくさん悪いことが起きていても、特別おかしくはないのであるし、それは他の場所でも同じなのです。

悪いことなどもうどこでも起きているからです。ただ散らばっているか、集中しているかの違いと、起きていることが病気かけがか、あるいは天変地変なのかの違いがあるにすぎないからです。

そのような悪いことが、もう日本中(世界中)で、次々に起きだしているということを知るべきなのです。(ほんと恐ろしい世の中になって来ているのですが…まだ気づきませんか?)

だから、特別この辺りだけに悪いことが起きているわけではないのです。

しかし残念なことに、これだけの悪いことがそこらじゅうで現れているにもかかわらず、あまりに危機感のない人が多いのです。

結局それは自分自身に何か悪いことが起きない限り(そこまで来ないと)悪いことが起きていると自覚できない人が多いからでしょう。

だから、何か特別、私が悪いことをしているみたいに勘違いしている人もこの辺りは多いのですが、すでにもう悪いことはそこらじゅうで起きているのであって、ただ、自分たちにこれまではその自覚がなかったということです。

それを私が、そういう(危機感のない人たちに)危なさの自覚を持たせてあげたということです。

私がいなければ、いまだ温暖化のせいでこうなったとか、最近は死ぬ人が増えたねとか、そういう能天気な会話くらいしかしていない人が多かったと思うのですが、しかし、私が出てきたから、これだけ危ないことが分かったのです。(まだ、分かっていない人が多いんですが…)

だから、感謝されないといけないのですが(危ないことに気づかせてくれてありがとうとです)なぜか逆の態度を取られます。

ほんと因果な商売です。(苦笑)

いっていることがあまりに早すぎるとつまはじきにされるものですが、しかし、実際に次々に不幸になる人が出てきているのです。

もう気づかなければいけないのです。今の(心の)ままいることの危なさにです。

そうしないと自分たちの危なさがよく理解できず、知らぬ間に不幸になっていくからです。

この辺りの人たちなど、その危機感にいち早く気づいて日本中に警告を発しないといけないのです。

その危機感に一番気づきやすいのがこの辺りの人たちであるからです。

なぜならもちろん私がいるからです。

この辺りは、私が起こす奇跡は目の前で見られる(鳥や魚が集まって来る奇跡や私に嫌がらせした人たちがすぐに病気になるような奇跡などもです。よいことも悪いこともすべて奇跡なのです。そういうことは普段は起きない不思議な現象であるからです)周りの人たちは次々不幸になっている。天変地変はよく起きる。有名人が次々に亡くなっているのはニュースでよく分かるなど、ありとあらゆる情報(危ないことに関してのです)が身近に分かるからです。(それはこのブログを見ている人が多いからです)

そうであるなら、そういう状況の中で次々に奇跡が起きているのは私だけなのですから、では、誰のいうことをきけば、これだけ悪いことが起きている世の中でも救われることが出来るのかもよく分かるはずです。

もうくだらない我をいつまでも張っていてはいけないのです。(そんな場合ではありません)

これだけの災いがすでに日本中で、そうして世界中で起きているからです。

その災いに気づいて、警鐘を鳴らすことが出来るのはこのブログを見ている人たちだけなのです。

早くいま起きている現象の危なさに気づいてください。

その危なさに気づかなければ、次々に死んでいかなければならない、もうそういう時代が来ているからです。

2 コメント

11月 02 2018

感謝と反省

ほんと大丈夫ですか?この近所の人たちはです。

だって怒っている人がドンドン増えているからです。

もうこの近所のほとんどの会社が怒っています。何でそんなに怒っているんですか?

その怒っていることを、その会社の人たちは、本気で私が一人で行っていると思っているんでしょうか?(もうそこらじゅうですよ)

もうちょっと真剣に考えたらどうでしょう。起きていることをです。

私一人でそんなことがやれるわけがないでしょう。真剣に考えないと本当に滅びますよ。

この近所の人たちなどです。

この近所の人たちは、みな私のブログを見ているのに嫌がらせしかしていないのです。それもかなりひどい嫌がらせをくり返ししている人たちも多いのです。(近所だもんですから、もうしょっちゅう嫌がらせをしてくる人もいますから)

散々、私のブログを見ていながら(本当の神の教えを伝えてもらっていながら)一つも感謝せずにいて、嫌がらせはずっとやり続けている。

これでは悪いことが起きてこない方がおかしい(天罰が当たらない方がおかしい)ですし、皆さん方が読んでいるもの(私のブログ)には本当の神の教えが書かれてあるのです。(だから、そこに書かれたことを行えば奇跡も起きるし、そうやって感謝もせず、嫌がらせなどし続けていればひどい災いも〔天罰も〕起きてくるのです)

そういうものを読んでいて、そのような自分勝手な、傲慢な態度を取り続けていれば天罰をくらうのは当たり前のことなのです。(特別、神の教えでなくても、これだけの態度を取り続けていれば罰は当たります。どれだけ傲慢なんでしょう)

それを私のせいにし続けていても、その起きている災いが止まるわけがないでしょう。

その災いが起きている原因はすべて自分にあるからです。(自分たちの傲慢な態度にです)

その災いを止めたかったら、自分たちの行いを反省するしかないのです。

その傲慢な態度を反省し、私に感謝するしかないのです。(だって、ずいぶん、このブログを見て心を救われたんでしょう。救われていませんか?)

それ以外で、その起きている災いを止める方法はないのです。筋を通していないのは、そのように災いが起きている、その人たち自身であるからです。

それは大人だけではなく子供も同じなのです。

大人も子供も、この辺りは多くの人たちがこのブログを見ているからです。

しかし、感謝する人は一人もいなくて嫌がらせをしてくる人しかいないのです。これではいいことが起きるわけがありません。

この辺り、大人から子供までドンドン罰が当たっているのはそういう理由なのです。

そうしてもう一つの理由は、これも何度も書いていますが、もう時代が変わっているのです。

心が悪いままでは、これもまたドンドン悪いことが起きてくるのです。

それは日本中で起きている凄まじい天変地変など見ても分かるはずです。

その天変地変が、最近は急に止まってしまいました。(ほんとここ一ヶ月ほど急に静かになりました。一ヶ月も静かだったことなどもう何年もなかったことです。逆に怖いです)

では、ここに書いた通りのことが起きてくるのではないですか。

だから、この辺りの人たちが(これまで静かだった人たちも含め)次々に怒りだしているのです。

そのように天変地変にいっていた『天の力が』今度は個人個人に向きだしたからです。(だから、前ほど天変地変が起きなくなったのです)

だから、個人個人の人たちが(前以上に)怒りだしたのではないですか。これまで以上に数多くの現象が、多くの人たちに現れだしているからです。

私がそれを行っているのではないのです。私はそうなりますよと先に教えているだけなのです。

それをこの辺りの人たちは、本当にそういうことが起こりだすと、それを全部私のせいにして怒っているのですが、何で書いたことが起きると怒るのですか?

書いた通りのことが起きたのなら、本当にそうなったと驚くというのならまだ話も分かりますが、何とこの辺りの人たちは、ここに書いた通りのことが起きてくると、驚きもせず怒ってくる人がほとんどなのです。(ほんと、完全に態度を間違えています)

お前のせいでそうなったとでも思っているのでしょうか?(もしそう思っている人がいたとしたら相当なバカです)

そんなの八つ当たりにすぎないのです。私はこれから起きることを先に教えてあげたのだから、感謝されないといけないくらいなのです。

それなのに、そこも感謝せず、ただ怒っているだけ。

やることなすことみな傲慢さがにじみ出ているのですが、そのような傲慢で愚かな態度が、自分たちの周りに次々に災いを現しているということを、もういい加減、理解しないといけないのです。

それを理解し、そのような行いを反省しない限り、その災いは止まらないからです。

もう、ただでさえ危ないのです。(正法の世になってぼんぼん天変地変が起きだしましたから)

それなのに、その(今のままの考えだけでも)危ない時代に、それに輪をかけるくらい傲慢な考えを持っているようでは、もういつ災いが現れてもおかしくはありません。

そういう危ない状況に一人一人がいるということを、この辺りの人たちは自覚しないといけないのです。

そのくらいの勢いで、すでにこの辺りは次々に現象が現れる人が出ているからです。(よくパニくりませんね。そこまで出ていると知らない人が多いからでしょうか…周りに起きだしただけではなく、これだけトラックも減っているというのにです)

いま起きていることをもっとよく知らないといけないのです。それがしっかり分かるなら、自分たちがどれだけ危ない状況にいるのか。

それも正確に分かるからです。(もう多くの人が青くなっていてもおかしくはないのです。このトラックの減り具合だけ見てもそれが分かりませんか?もうこの辺りには相当危ないことが起きているのです)

何度もいいますが、反省し、感謝されることです。それ以外で、この辺りで現れている凄まじい勢いの災いを止める方法はないからです。

(特にこの辺りの人たちは、今この辺りで激しく起きだしている〔この辺りの人たちがドンドン怒りだし、車もドンドン減っている〕現象の恐ろしさを早く理解しないといけないのです)

追伸…今日のブログはこの近所の人たち専用に書きました。

この辺りの人たち、ここ数日はやばいくらい怒っている人が増えてきたからです。(本当に増えてきました。もうこの近所だけでも周り中、怒っているといった感じです…それにこれだけ車が減っていては…ほんと怖いです)

だから、感謝と反省ということを(それだけを)くどいくらい書いたのです。

それをしないと、この辺りの人たちは、本当に危ないからです。

今のままでは大人から子供まで、これから現象が出まくってくるでしょう。(現時点でもそんな感じですから)

これまでの行いを反省し、私に感謝してください。(ソロソロ法の勉強をされたらどうでしょう。多くの人がこのブログを読んでいるからです)

そうしないとこの辺りの人たちは、これから次々に現象が現れてきます。

それだけこの辺りの人たちは心が汚れているからです。

(いってはいけませんが、この教えを勉強しないともう危ないですよ。それくらいたくさんの現象が現れだしているからです。〔この教えを勉強するなら神から守られますが、他の教えではもう…〕これほどの危ない状況がまだ分かりませんか?この教えだけが自分を守れるのです。この状況で奇跡が起きているのは私だけなのです。いい加減、私のいうことを信じませんか?何度もいいますが、この教えだけが〔この状況でも〕自分自身を守ることが出来るのです)

0コメント

11月 01 2018

心の成長

しかし、ほんとすいてますね。道路がです。

一昨日、金山に行ったんですが、やはりすいていて、それで「金山がこんなにすいているのなら名古屋駅はどうなんだ?」とふと思ったものですから、昨日は久しぶりに名古屋駅まで行ったのです。(ほんと久しぶりです。何年ぶりかです)

そうしたらです。

名古屋駅の表も裏(駅裏)もずいぶんすいていましたね。あの辺りはいつも渋滞していたんではないですか?

それがすきすきなのです。とにかくトラックが少ないのです。名古屋駅の辺りは工事中のところが多いのに、トラックが走っているのが全然少ないというのですから、よく工事に支障をきたさないなと驚きました。(きたしているのかどうか、それは知りませんが)

これ相当やばい状態だと思うんですが、名古屋の人たちは相変わらず金儲け(仕事)や遊びにしか興味がないのでしょうか?

本当の神の教えに興味を持つ人はいないのでしょうか?

このままほっとけば本当に名古屋は滅びますよ。そう思えるほどの道路のすき具合でした。

まあ、私からしたらそう見えるのですが、他の人から見たらそうは見えないようで、名古屋駅で私が「道路ほんとすいてるな」とかぶつぶついっていたら、怒って嫌せををしていく人が何人かいたくらいです。

ほとんどの人はどれだけ道路がすいていても関係なさそうでした。そんなことより自分たちのしたいことの方が大事なようです。

昨日は名古屋駅から栄まで回って帰ってきたのですが、繁華街を歩いていても誰も道路を気にする様子などなく、素知らぬ顔で歩いていく人ばかりでした。

道路がどれだけすこうが自分には関係ない、それどころか、道路が以前と比べてずいぶんすいている、それに気づいている人もいなさそうでした。

日本に集中して起きている天変地変でもそうですが、どれだけ悪いことが次々に周りに起きていても、気づかない人はどこまでいっても気づかない、そういう人たちの鈍さには本当に呆れます。

それでは心の成長は望めないのです。

昨日は途中から、一昨日(金山の帰りに)歩いたところと同じところを歩いて帰ったのですが、そうすると、同じようなところで小、中学生とあうのですが(学校の近くも通るので下校時間と重なるのでしょう)一昨日、私に嫌がらせをしてきた小、中学生が何人かいました。

そうして昨日また、その嫌がらせをしてきた同じ学校の小、中学生と歩いていて出会ったのですが(同じ学校でしょうね。同じようなところであうのですから)もう昨日と一昨日では、その小、中学生たちの態度がまるで違うのです。

小学生たちは私の顔を見ると皆が皆、怒っていました。そうしてまた嫌がらせをしてくるのです。

それに対し中学生たちは皆が皆、引いているのです。(しかもずいぶんです)中学生たちは私の顔を見るとみな顔が引きつって下を向いてしまいます。

小学生と中学生で全然態度が違うのには少々驚きましたが、たぶん一昨日、私に何かしてきた小、中学生たちに現象が現れたのでしょう。(罰が当たったのでしょう)

それで片方(小学生たち)は怒り、片方(中学生たち)は引いたのです。

小学生より中学生の方が起きていることの怖さを知っているからです。

だから、本当は怒りたいところなんでしょうが、私に嫌がらせなどして自分に何か起きてもいけないと、中学生たちはみな引いたのです。

しかし、小学生たちは、そんな怖さより自分たちの感情が先に来て、お前のせいで同じ学校の生徒が病気をしたと、みな怒っていたのでしょう。

これは、小学生より中学生の方が心が成長しているから、そのような行動に違いが出たのであり、もし、中学生も小学生同様、感情だけで先走ってまた私に嫌がらせなどすれば、その中学生たちもまた罰が当たる者が出たということです。(まあ、昨日あった中学生の中にもそういう小学生クラスの態度を取った者もいたことはいましたが。一人二人です)

どちらにしても、同じ態度を取るなら同じことが起きます。だから、昨日、私に嫌がらせをした小学生たちは(残念ではありますが)また同じことが起きている者がいるでしょう。

何度もいいますが、それは天罰であるからです。

心がきれいな者に嫌がらせなどすれば、それはすぐに自分に返るのです。

そのことをもう私は何度も説明しています。しかし、それを素直にきこうとしないのは、その嫌がらせをしてくる人たちなのです。(私が人を病気にしているのなら、それが自分に返ってきて自分も病気になります。それももう何度も説明しています)

いい加減、理解しないといけないのです。正しいことをです。

そうしないと、自分が不幸になるからです。

先ほど書いた、中学生と小学生の違いはお分かりいただけると思います。

そのように人は、順次(体だけでなく)心も成長していかないといけないのです。そうしないと正しい判断も出来ないからです。(だから、小学生より中学生の方がまだ正しい判断をしていたということです。完全に正しいわけではありませんが、少なくとも私に嫌がらせをしなければすぐに罰が当たることはないからです)

この時代、正しい判断が出来ないと必ず不幸になります。

何も気づかなければ心の成長もなく、心の成長がなければドンドン不幸になって行くのです。

日本中でこれだけ悪いことが起きているのは、そのような心の成長がない(止まっている)人たちが多いからです。

心が成長して行くのなら、最初は理解できなくても、これだけいっていることが当たり、これだけの現象が現れているのなら、では、この人のいうことを信用してみようと、段々、私のいうことが分かり、行う人も出てくるはずです。

しかし、そういう人はごくわずかで、あとの人たちは、ずっと同じ態度を変えずにいる。これは、心の成長が止まっている人たちが多いからであり、だから、いつまでたってもいいことが起きてこないのです。

自分たちが、同じ事ばかり繰り返して、そこで心の成長を止めてしまっているからです。

もうこの時代、心の成長を止めてしまえば、その時点から不幸は始まります。なぜなら、この正法の世は(というか、今回の正法の世は)常に心が成長していかなければついていけない、そういう時代であるからです。(それはそうです。私はもう何度もいっています。これから本当のユートピアが来るのですと。だから、これから時代はよい方に進むことはあっても、悪い方に戻ることはないのです。よい時代がこれからドンドン進んでいくのです。では、心も進めないと〔成長させないと〕進んでいく時代にあわなくなるのです)

心の成長を止めては時代についていけません。だから心の成長を止めてはいけないのです。

しかし、どちらにせよです。私たちは、その心を成長させるためにこの世に生まれて来ているのです。

では、それをしなければ(心を成長させなければ)この世に生まれてきた意味がないということです。

追伸…渋谷のハロウィンのバカ騒ぎが問題になっているようですが(それ以外でも渋谷は何かあると人が集まってバカ騒ぎするそうですが)渋谷は、ずいぶん同性愛などのLGBTの取り組みに力を入れているようですね。

同姓のカップルに対し、結婚に準ずる関係を認めた同性パートナーシップ証明書を発行したり、LGBTの大きなイベントまでやって大掛かりなパレードまでしているとか。

こんなバカげたことを堂々としていては、バカげた人たちが集まるに決まっています。(類は類を呼ぶ、波長、共鳴の法則です)

そのようなバカげたことを渋谷がやめれば、このようなバカ騒ぎするバカな人たちは集まらなくなります。

これもまた原因結果の法則(因果応報)なのです。

(こういうことが起こることを見ても〔正しいことをしているのなら、正しいことが起きますから〕LGBTなどを支援していることの間違いがよく分かるのです)

0コメント

10月 30 2018

よくならない理由

こちらはよい天気が続いているのですが(北海道や東北の天気が悪いのは原発を動かせば止まりますよ。やってみたらどうですか?)本当にあれだけ頻繁に起きていた天変地変が、ここ一ヶ月ほどは起きなくなりました。

ちょっと信じられませんね。(だって、あれだけ次から次に起きていたのですから)

しかし、その反面、こちらは怒っている人が相変わらず多いし、トラックなどドンドン減っているし(それに気づいている人がどれだけいるのか知りませんが…特に運転手連中は分かっているのでしょうか?この恐ろしい事実がです)どこかの会社など、夕方、帰って来ると毎回、烈火のごとく怒っています。

そういうところが、この辺りは多いんですが、こういうのを見るとです。

個々に起きている現象は減るどころか増えているようで(何かそれを私のせいにして怒っている人も多いんですが、そうなったのは私のせいではなく、怒っているあなたたち自身のせいなのです。いい加減、それを自覚しないと不幸にしかなりませんよ)ここに書いた通りのことが起きていると思うんですが、それでも私のいうことに従おうとはしないのでしょうか?

このブログを見ている人たちはです。

しかし、私のいうことをきいているウナッシーさんなど、次々に奇跡が起きています。従った方がいいと思うんですけどね。従っていない人たちに奇跡が起きているなどきいたことがないからです。

しかし、災いがたくさん起きているのは知っているからです。

では、従うべきところは従ってはどうでしょう。(すべて従えとはいいませんので)そうしないと(自分たちの考えだけでは)不幸ばかり起きている人がたくさんいるからです。(それはもちろん全国的にです)

これだけ起きている天変地変を見ればそれは誰でも分かるのですが、その天変地変でもです。

私がここに書いたことを実践するなら起きなくなるのです。現にここに書いたことをして、それが起きなくなったところもあるからです。(例えば鹿児島の原発など)

しかし、ここに書いたことに従っていないところは相変わらず天変地変は起きているからです。(例えば茨城など。風力発電をそのままにしているので茨城の地震は続いています)

この教えを知っているのなら、正しいことが分かるのです。だから、この教えに従ってはどうですか、といっているのです。

そうすれば不幸は起きなくなるからです。

残念ではありますが、皆さん方のような(法を知らない)考え方ではもう通用しないのです。

これまでのような上辺だけよければそれでいいと、心はどうでも(真っ黒でも)表面上だけ周りにあわせておけば、それでやっていけるような時代ではもうないからです。

そうやって上辺だけよくしていても、心からいい人間にならなければどこかで不幸が起きてくる、もうそのような時代になっているのです。

だから、これだけ悪いことが全国的に起きているのです。上辺だけ善人の人が多いからです。(心は真っ黒のです)

それをいつまでも理解せず、表面上善人のふりをして責任転嫁ばかりしている人が多くては不幸にしかなりません。

私のいうことをきいたらどうでしょう。私のいうことをきく(法に従う)ならです。必ずよい方に(幸せになれる方に)いくからです。

それはウナッシーさんのコメントなど見ても分かるはずです。

ウナッシーさんのコメントにもありますように、この教えを実践するなら知らず知らずのうちによい導きがあったり、祈れば何か現象が現れてきます。

例えば、その祈りだけとってもそうでしょう。

私たち以外で、普段からそういうことが起きる人がいますか?

お寺や神社で祈っている人はたくさんいますが、そういう(祈りがきかれたと)分かるような現象が現れた人など果たしてどれくらいいるのでしょう。

ほとんどいないのではないでしょうか。

いたとしても、一度や二度、それらしいことが起きたといった程度でしょう。

しかし私たちは、わざわざお寺や神社など行かなくとも、その場で祈ればすぐにその祈りはきかれるのです。

しかも何度でもです。

この教えを実践し、心から自分が(よい人間に)変わるのであれば、こういうことが次々に起きてくるのです。

災いばかりが次々に起きてくる人たちと、奇跡ばかりが次々に起きてくる人たちでは、雲泥の差があります。

だから私は、この教えを知って幸せな生活をされてはどうでしょうといっているのです。

災いばかりが起きてくる生活など、とても幸せな生活とはいえないからです。しかし、次々に奇跡が現れるなら、それを幸せな生活といっても何ら問題ないと思うからです。

正しい教えを知って、正しい信仰を行うなら、幸せな生活が出来るのです。(ということは、これまでの信仰は間違いであったということです。だから、祈りもきかれず、幸せな生活も出来ないのです)

正しい信仰を知らないと幸せな生活が出来ない、もうそういう時代になったのです。

私は正しい教えを知って、正しい信仰が出来ているから奇跡が起きているのであり、その正しい信仰を知るならです。

例えば、これから起きてくることも予想がつくということです。だから、私のいっていることはよく当たるのです。

この世には法則があり、その法則通りにしか、この世の物事は起きてこないからです。

この世は法則通りのことが起きているのであり、その法則に沿って正しく生活するなら、その人はちゃんと幸せになれるのです。

ところが、今の人たちは法則もくそもありません。なんでも偶然が重なってそうなっていると思い、悪いことが起きても運が悪いですましています。

そうして自分たちの都合が悪くなって、にっちもさっちもいかなくなると、そういう時だけ神に祈っています。

そんな都合のいい祈りはきかれませんし、そうならないやり方がちゃんとあるのです。

だから、それを知らないといけないのだし、そのような法則を知って、その法則にあわせて心を正すなら、悪いことは起きてこないのです。

それをいつまでも理解せず、責任転嫁ばかりしているから、いつまでたってもよくなってこないのです。

しかし、この世に偶然はありませんし、自分の心さえ正せば悪いことは起きてこないということを知るべきでしょう。

そうして、仮に悪いことが起きてきても、正しい祈りをするのなら、その悪いことも調和と安らぎのうちに解決の道がついてくるということも知るべきでしょう。

現に、そのようなことが起きている人がいるのですから(私やウナッシーさん)それを信じればいいと思います。

今の考え方を頑なに変えないのであれば、よいことは起きてきません。何度もいいますが、もう皆さん方の考え方ではこの時代、通用しないからです。

だから、よくならないのです。いつまでも自分の心も行いも変えようとしないからです。

心と行いを変えませんか?(この教えにあわせてです)

そうすればよいことが必ず起きてくるからです。

2 コメント

« Prev - Next »


あなたは人目の訪問者です。