>>ブログトップへ

7月 27 2021

欠点の修正と心の成長

台風は宮城県の辺りを直撃コースのようですが大丈夫なんでしょうか。あの辺りオリンピックなどしていてです。(サッカーか何かしているようですが)

しかし、よりにもよってオリンピック中にきますかね。台風がです。しかも、そのオリンピックをしているところにです。

この台風は何かコースが逆のコースを進んできたとか何とかいっていましたが、とにかく珍しいコースを進んできているようです。今回の台風八号はです。

だから、なんでこの台風がオリンピック中に大変珍しいコースを辿って今回日本を直撃したのか? その意味をよく考えてほしいものです。特にこのブログを見ている人たちはです。

そうして、昨日は青森、今日は福島と震度4の地震まで起きています。これもやはりオリンピックが開かれている東北でです。本当にまずいですよね。こういうことを無視しているのはです。

このような悪いことが連続して起きてくる時など必ず何か理由があるからです。その反面、日本は今回のオリンピックはやたら成績がいいですよね。金メダルを今のところどの国よりもたくさん取っているなど今まででもあり得ないことだからです。(これまでのオリンピックで一時でも日本が金メダルをどの国よりもたくさん取った時などないですから)

本当に奇妙なことが起きています。

今回のオリンピックが始まってから急に台風が発生して、それがオリンピックをしているところを直撃し、そうして同じくオリンピックをしている地域に強い地震まで起き出していて、それなのに成績だけはこれまでのどのオリンピックの時もよりも良い。

悪いことと良いことが同時に起きています。やはり何かありますね。今回のオリンピックはです。このままで終わるとはとても思えないからです。

もしかしたらです。もしかしたら、そのような良い成績の時に限って、非常に悪いことが起きる。つまり、天国から地獄に叩き落されるのかもしれませんね。今回の東京オリンピックの期間中(または終わった後)にです。

それくらいのギャップでも現れてこないと、日本の人々が神の存在に気づくことはないからです。

それはともかく、しかし、昨日でも怒っている人が多かったですね。この辺りはです。特にオバちゃんがよく怒っていた。案外昨日のブログが図星をついていて、それで怒って嫌がらせをしてきた人が多かったんではないでしょうか。

自分が短絡的で心が狭いのを自覚しているからです。そのような人たちはです。

それはよいことです。自分で自分の悪いところに気づいているなど、そういう人も少ないからです。(苦笑)

しかし、もしそうならです。素直に自分のそういう悪いところを直して、そうして感謝の布施をすればいいのです。(自分の悪いところを指摘してくれてありがとうといってです)そうすれば、そのような欠点はなくなり自身も成長するからです。

しかし、図星をつかれて怒っているようでは欠点がよけいひどくなるだけで、益々周りから嫌われていきます。(そんなケチなオバちゃんはどうせ周りから嫌われているでしょうから)もう直したらどうでしょう。

そのような欠点はです。そうしないと自分が不幸になるだけであるからです。

それに、その(ひどい)性格を棚に上げて私に嫌がらせしてしまったのです。もう天罰がくだるのも時間の問題です。(すでにくだった人もいるかもしれないし)

そんなケチな性格のまま死んでいくなら確実に地獄行きです。もういやがおうでも直した方がいいのです。そのような性格はです。その性格を直すため、そういう人たちはこの世に出てきているからです。そのような欠点を直すのは、この世に出てきた、その人たちの使命の一つであるからです。

自分の悪いところに自分で気がついて、自分で修正しないといけないのです。そうしないと成長しないのです。自分の心はです。その自分の心を成長させる人が今生はあまりに少ないため、これほどの災いも起きてきているのです。今生など特にです。あまりに自分の心の成長にうとい人が多いからです。

このような災いはすべてです。すべて、その進歩のない、自分の心を気づかせるため起きてきている気づきの現象なのです。

いい加減それに気づいてはどうでしょう。だからこれほどの悪いことも起きてくる。何度もいいますが、あまりに心を進歩・向上させる人が少ないからです。

それがために今度は新型コロナの感染まで第五波に入ったのではないかといわれています。(昨日の東京の感染者など月曜日では過去最多だったとか)もう次々に災いが現れてきます。誰も気づかないからです。自分の心が進歩していないことをです。

そのような進歩しない心が災いを呼んでいるのです。

しかし、このような災いが次々にオリンピック期間中にまで起きてくる。まさに天国から地獄ですね。このオリンピックが終われば、いやがうえにもそのような現実は見えてくるからです。

いい加減素直になりませんか。自分の心に対してです。自分の心をよく観てみれば、その進歩のなさはよく分かるからです。

そうして、その心の進歩のなさがです。すべての災いの原因であるのです。

心を成長させませんか。そうすれば起きてくる災いは奇跡に変わってくるからです。

0コメント

7月 26 2021

短絡的思考と狭い心

オリンピックは金メダル続出ですね。(笑)

しかし、今日の夜から大雨になり、明日にでもその金メダル金メダルと騒いでいる辺りに(関東、東北辺りに)台風が直撃するかもしれないというのに、よくそんなことで騒いでいられます。ほんとオリンピック競技(もはや狂気としか思えませんが)の面目躍如(めんもくやくじょ)ですね。(不都合な真実をごまかす、まさにオリンピックの面目躍如です)

そればかりか、東京など新型コロナの感染者も増えていて(昨日も一日の感染者が千人超え)オリンピック関係者にもその感染者が増えてきているようではないですか。(選手、関係者、ボランティア、警備の警察官にまで)

これは今回のオリパラが終わるまでにどれだけ感染者が増えるか知れませんね。関係者だけでもです。そのような人たちは、オリンピックがなければ多分、新型コロナの感染などしなかったはずであるからです。

まあ、そこまではっきり分かりませんが、しかし、感染者がドンドン増えだしてもそれでもやり続けるんでしょうか。オリンピックも、その後のパラリンピックもです。

もはや悪魔の虜ですね。オリンピックなどはっきり書くなら、やらない方がいいくらいだからです。オリンピックを日本でやったばかりにこの後、新型コロナの感染者が増えるばかりでなく、日本はさらにまたひどい不況にもなりかねないからです。(オリンピックの祟りでです)

どちらにしても感染者が増えてくるなら、コロナ不況はまだまだ続くことになります。それがオリンピック不況とのダブルパンチになるなら、このオリンピック後、日本がどれだけ落ち込むか知れません。

その後、日本政府が正しい政策を行い経済だけでも回復すればいいのですが、それも望めそうにありません。(アメリカ、ヨーロッパなど、もうバンバン財政出動を行い景気回復に躍起〔やっき〕になっているというのにです。日本はオリンピックに浮かれて先の経済対策などそのような他国に追随〔ついずい〕しようともしない。もはやダブル不況は確実ですね)後が怖いですね。ほんと、このオリンピックの後がです。

しかし、オリンピックの後も怖いんですが、まだこのオリンピックの最中にどんな悪いことが起きてくるか知れません。本当に浮かれている場合なんでしょうか。金メダルを取ったなどとです。

このような状況で、しかし、それでも心を入れ替える人はいませんか。このブログを見ている多くの人たちの中にはです。一人として新しい人で布施しようとする人などいないからです。

そんなことよりオリンピックですか。金メダルが日本がどれだけ取るかの方が興味がありますか。本当に短絡的な人が多いようです。現代の人たちはです。

今がよければそれでいいみたいなです。それは今回のオリンピックのことだけではありません。私がそんな罰当りなことをしていたら罰が当たるとか、地獄に堕ちるとか、どれだけいっても一向に態度を変えない人たちも多いからです。

そういうところを見ていても分かるのです。どれだけ短絡的な人が多いのかはです。

そういう人たちはそうならないと分からないからです。つまり先のことがまるで想像出来ない。今のことだけしか分からない。そういう人たちばかりであるからです。

だからどれだけ罰が当たるとか、地獄に堕ちるとか、そういうことをいっても一向に分からない。今のこと以外、一ミリも先のことなど考えようとしない人たちばかりであるからです。

だから、そんなこと(嫌がらせ)をしていると病気になるとどれだけいっても、それでもしてくる人がいるのです。本当に病気になる人がドンドン出ていてもです。そういう人たちは自分が病気にならないと分からない人たちであるからです。

だから、そういう態度を続けていれば地獄に堕ちるといくらいったところで、そんなこと関係あるわけがないのです。現代の人たちは、そんな死んだ後のことまで(そんな先の先のことまで)考えるわけがないからです。だから、そんなことをいわれても怖がりもしない。年寄りでもそうなのです。なら、若い連中ならなおのことそうでしょう。

死んだら死んだ時、くらいにしか思わず、その先のことなど考えようともしない。短絡的な人ばかりであるからです。

しかし、それではダメなのです。そこが違うのです。昔の人たちと今の人たちとではです。昔の人たちの多くはちゃんと考えたからです。先の先までです。

だから罰が当たることも恐れたし、その先にある、そのままでは地獄に堕ちるということも恐れたのです。

昔の人たちは、そのような先の先まで考えることが出来る心の広さを持っていたからです。

しかし、現代の人たちは最近起きている狭量な事件が多いことでも、その事実が分かりますが(今回のオリンピックの辞任、解任続出の件でもそうですが)心の狭いことこの上ありません。全然そこまでの発想が出来ないようです。

だから短絡的にもなる。それだけ心が狭いからです。やはり、それだけの心の広さがなければ先のことも、その先のことも、考えることは出来ないからです。

だから短絡的思考はダメだと(間違いだと)書いているのです。そんな心が狭いままでいいわけがないからです。それだけ狭量で正しい判断が出来るわけがないからです。

だから、これだけ不幸も起きてくる。多くの人が狭い心のまま間違った判断をしているからです。

そのような自分の狭い心を直しませんか。そのような心のままでは必ず不幸になるからです。

それでもいいと、そんなの自分の勝手だなどと、そう思う心がすでに狭いのです。その狭い心に自分が気づいていないだけなのです。心が狭い人は自分の悪いところなど一つも気づかないからです。だから、そういう人たちは自分に悪いところなどないと、そう思っているのではないでしょうか。

しかし、それが自分の心が狭い証拠なのです。

なぜなら、自分に悪いところが一つもない人などいま現在は存在していないからです。もし、そんな人が存在するなら、もうとっくに悟りを開いているからです。釈尊やキリストのようにです。(だから悪いところがない人とはあのような方々をいうのです)

もう少し心を広げてみませんか。そうすれば自分の欠点がよく分かり、いま現在、何でこれだけ多くの不幸が現れているのかも分かってくるからです。

0コメント

7月 25 2021

オリンピックの真実

昨日もありましたね。やたら怒っているところがいくつもです。しかし、大丈夫なんですかね。怒っているだけでです。

昨日は洗濯にいきましたので、あのやたら怒っていた(先週、先々週とです)大工のところも通ったんですが、昨日は最初少し怒っていましたが、それっきり静かになってしまい、前で仕事をしていた大工連中が二、三人いたんですが、あせった顔でこちらを見ていました。

やはり相当出ているんでしょうね。難病奇病がです。

この辺りどこもそんな感じのところばかりだからです。だから止まらないんでしょう。どこも難病奇病がです。

いい加減、この正法神理を信じ神に手を合わせて頭を下げませんか。そうすれば救われるからです。しかし、間違った態度を取っている限り、災いは絶対に止まらないからです。

そのような様々な災いを封じ込めることが出来るのがこの正法神理なのです。いい加減神理を理解し信じて帰依されませんか。

そうすれば本当に救われるからです。

災いといえば、あの台風八号も大丈夫でしょうか。この台風はそれほど発達しないといわれていますが、それでも台風は台風です。直撃するなら被害は出るでしょう。まして、オリンピックが開催されている最中に、そのオリンピックが開催されている辺りを直撃するのではないかといわれているのですから、オリンピック選手たちも考えた方がいいのではないでしょうか。

そのような災いに対する態度をです。オリンピック選手であろうと誰であろうと同じであるからです。神に対する態度はです。

しかし、今回のこのような運の悪さを考えますと、オリンピックに神などいないと、神など宿らないとよく分かりますね。本当に平和の祭典であるならもっとよい事が起きてきてもおかしくはないからです。

しかし、今回のオリンピックなど悪いことばかり起きてきて台風まで直撃しそうです。(別に今回だけではありませんが。テロがあったり、ボイコットがあったり、中は揉めまくっていたりと、いろいろ問題があったオリンピックなど過去たくさんありますが)オリンピアの神々は一体どこにいってしまったんでしょう。

そのような神々がもし存在するなら、オリンピックはもっと守られなければいけないはずなんですが、オリンピックであろうと他のスポーツ大会であろうとさして変わりません。特に今回などは、問題ばかり起こって台風まで直撃するというのですから、もう目も当てられないくらいの運の悪さです。

どうしてこういうことが起きてくるのでしょう。オリンピックとは平和の祭典で神々に守られているのではないのでしょうか?

まあ、そんなことでは全然ないということです。正味の話をすればです。あまりこのブログには(誰でも読むことが出来る)はっきり書きませんが(オリンピックに夢も希望もなくなってもいけませんから。〔苦笑〕)このオリンピックも例の抗議をしてきた団体の仲間の人たちがつくったものであるからです。

それが今回分かったんではないのでしょうか。今回これだけ世界に新型コロナの感染が広がっているにもかかわらず(そうしてその新型コロナでどれだけ多くの人が世界中で亡くなっているか分からないくらいなのに)それでもオリンピックを強行開催し、そうして、今回のオリンピックなど調和と多様性を目指すとかいっていながら、調和どころか不調和なことばかり起こして、多様性を認めるどころか、狭量さを暴露し、それをスポーツ競技でごまかしている。

オリンピック選手も気の毒なものです。そのような様々な不都合な真実のごまかしに利用されているだけであるからです。そのような不都合なことがいくつもあっても、オリンピック競技でそれをごまかし、競技が盛り上がればそれですべてよしと、そのようなごまかしの連続であるからです。

今回の東京オリンピックだけでなくこれまでのオリンピックはです。そのような華やかさで、裏の様々な不都合な真実をごまかす、それがオリンピックの真の姿なのです。

だから、オリンピックの後は、それを行った国に必ず不況がくるのです。

そのオリンピック不況を何か物の先取りのように説明していますが、しかし、おかしいのではないでしょうか。オリンピックが開催されたから売れる物が先に売れて、それでその後は不況になったなどという説明はです。

だって、オリンピックはその国だけの話ではないからです。

だからオリンピックで物が売れたのなら、その後も、そのオリンピック人気でもっと物が売れていってもおかしくはないはずです。むしろ売れない方がおかしいのです。オリンピックを行い世界に知れ渡った国であるなら、その勢いで世界中の人々がその国に集まってきて、もっと景気がよくならないといけないはずだからです。

しかし、オリンピックが開催された国は、景気がよくなるどころか不思議とその後は必ず不況がくるのです。

なぜでしょうか? なんで逆のことが(悪いことが)起きるのでしょう? オリンピックを開催した国にはです。

それも因果応報であるということです。悪因悪果が現れているということです。オリンピックなど行った国はです。

もうこれくらいにしておきましょうか。あまりに本当のことばかり書くと、今やっているオリンピックも興ざめになるからです。(もうなってしまいましたかね。〔苦笑〕)

しかし、すでにそのようなごまかしがばれる時代になってきているのです。この前のアメリカの大統領選でもそうですが、これまで隠してきたものが段々世に(多くの人の目の前に)現れてくる、もうそのような真実の時代に突入しているからです。(それが正法の世です)

だから、私がそのようなことを書こうが書くまいが、誰かがそれを(そのような真実を)世に伝えるのです。

それがためにこのようなインターネットなど現れてきているはずであるからです。真実を知るための一端としてです。

それは、そのような裏に隠れた悪魔たちだけではなく、このブログに書かれているような本当の神の存在を知ることもそうなのです。

このブログだけですからね。本当の神のことが書かれてあるのはです。

だからもうすべてにおいて真実を知らなければいけない時がきているということです。

そうしてその真実を知るならです。いかに今の時代、悪魔の支配が強いのかがよく分かるのです。あらゆるところに、その悪魔の力が作用しているからです。

そのような時に本当の神の心を書いているのはこのブログだけなのです。

このブログの価値、いい加減理解してもらえませんか。それが出来ない間は不幸は止まらないからです。

そうしてこのブログを(神理を)理解しない限り、そのような様々な悪魔の魔の手から逃れる術はないからです。

0コメント

7月 24 2021

神理を無視する恐ろしさ

いよいよ東京オリンピックが始まりましたね。開会式も凄かったようですね。(あまりよく見ていませんでしたが…)

しかし、その東京オリンピックが始まったとたん日本の南海上に台風が発生しました。(八号)しかも、その台風八号は日本に向かってくるそうではないですか。さすがに違いますね。神を敵に回しているオリンピックはです。

海外メディアがいうように本当に呪われた大会になりそうです。今回の東京オリンピックはです。だって、その発生した台風八号はなんとオリンピックの真っ最中に、そのオリンピック会場辺りを直撃する予想が出ているからです。

そうですよね。その台風八号の進路予想を見ると、二十七日くらいに関東から東北の太平洋側辺りを直撃する予報が出ています。

ちょうどその辺りでオリンピック競技は行われているんではないですか。そうして二十七日というなら今から三日後です。真っ最中も真っ最中。多くのオリンピック競技が行われている最中(さなか)なのではないでしょうか。

台風八号が日本を直撃すると予想されている二十七日頃などです。

そのオリンピックの最中(さなか)に、そのオリンピック競技が行われている辺りを台風が直撃するというのですから驚きます。こんなことがあり得るんでしょうか? 凄いタイミングであるからです。しかし、現実に起きそうなのです。そのような悪いことがです。

しかし、きますかね。この時期に台風が日本にです。どう考えても早いですよね。台風がくるのがです。いつもより一ヶ月くらい早いですよね。毎年台風など、八月末くらいからですもんね。日本に上陸してくるのはです。

それが今年はまだ七月だというのにもう日本に向かってくる。いつもの年であるなら、この時期はまだ太平洋高気圧が強くてとても台風など日本に寄ってはこれないはずであるのにです。ところが、なんと今年に限っては、すでに太平洋高気圧がどこかにいってしまい(もう北の方に上がってしまっているんでしたっけ?)日本上空には太平洋高気圧がないそうではないですか。

だから台風が日本の南海上に発生するなら、簡単に日本に向かってこれる。何もじゃまするものがないからです。

何で今年に限ってこんなことになっているのでしょう。こんな夏のオリンピックが日本で開催される今年に限ってです。

しかもその台風が、ちょうどオリンピック開催時にオリンピックが開催されている辺りを直撃するなど、まるで台風がそのオリンピックを狙ってきているかのようです。

何でこんなことが起きるのでしょう? たまたまでしょうか? もちろん違います。

その理由はこのブログを見ている人たちならお分かりいただけるでしょう。(ほんとこのブログを見ている人たちだけですよね。こんな本当のことが分かるのはです)もちろん狙ってきているからです。今回の台風はそのオリンピックをです。

だからこういうことになるのです。ちょうどオリンピックの最中にオリンピック会場辺りを台風が直撃するようなあり得ないことも起きるのです。神が(天上界が)そのようにしているからです。

さすがにこれは分かりますよね。無神論のこのブログを見ている多くの人たちでもです。これだけ分かりやすく台風が発生し(なんと、オリンピックの開会式と同時くらいに)その台風がよりにもよって、そのオリンピック会場辺りを直撃する。

これは明らかにそうされているとです。私のいう神に(天上界に)よってです。さすがにこれだけ分かりやすく結果が出るなら、誰も認めざるを得ないでしょう。天上界の存在をです。もう私はずいぶん前から、今回のオリンピックはいいことが起きないといっているからです。

その通りのことがこれだけ起きているからです。

私はいま沖縄辺りをウロウロしている台風六号が出来た時、こちらに(東京辺りに)くるのではないかと思っていましたが、それがこなかった。何でこなかったのかと不思議だったんですが(だから、こちらにくるのではないかとヒヤヒヤしていたと書いたのです)あの台風六号は警告だったんですね。

そのまま多くの人たちが(オリンピック関係者を含めたです)これ以上、神理を無視するなら、台風をそのオリンピックに直撃させるぞというです。

その通りのことが今回起きてきた。神理の無視を続けたからです。今回のオリンピック関係者を含めた多くの人たちがです。

私があれほど、前回のオリンピックで神理に対し感謝しなかったのはいけなかった、と書いていたにもかかわらずです。

それを何度書いても無視を続け、どれだけそのオリンピックの準備中に災いが起きても、それでも私のいうことを無視し続け、そうして呪われた大会などと海外メディアからいわれているにもかかわらず、それでもまだ私のいう神には目もくれなかった。

その結果がこれであるということです。オリンピック開催中に、そのオリンピックが行われている場所への台風直撃。(だから私はお祓いくらいしたらどうですかと書いたのです。こういうことも起きかねないと思ったからです。それも無視されましたが)

しかし、これだけではすまないでしょう。これ以上、私のいうことを無視するなら下手すれば今回の東京オリンピックはグチャグチャにされますよ。日本の人たちがあまりに神を怒らせているからです。

神理を説いている私のいうことを無視してです。

それでもまだ無視しますか? このブログを見ている多くの人たちは私のいうことをです。このブログを見ている多くの人たちが、素直に神理に感謝して布施してくれていればこんなことは起きなかったのにです。

しかし、それでもまだ神理を無視するというのなら、今回のオリンピックを通して神の恐ろしさを、そうして神理を無視する愚かさを、再確認することになるでしょう。

このブログを見ている、そのような不遜な態度を取り続けている多くの人たちはです。

そういう態度の人が多くては、まだこれからこのオリンピックでどれだけひどいことが起きてくるか知れないからです。(知りませんよ。台風だけでなく、今度は新型コロナの感染者が爆発的に増えだしてもです。そういう気配がすでに出てきているからです)

この辺りの天罰もずいぶんひどいようです。(昨日もやたら怒っているところがありましたが)昔の人たちと同じ態度を取ってもらえませんか?

それこそ神理に対する正しい態度であるからです。

0コメント

7月 23 2021

天の祝福

昨日は凄かったですね。

何が凄かったのかといえばです。昨日は午後から白鳥公園にいったのです。昨日は休みのところが多くてわりと静かに白鳥公園にまでいけたんですが(人通りも少なくて)それと同じように白鳥公園内も人が少なくて、それで白鳥公園横の堀川までいって魚でも出てこないかとながめていました。

しかし、昨日は堀川も静かなもので、見た感じ魚も全然水面まで上がってきている様子はありません。「今日はいないな」とキョロキョロ見渡していましたが、水面は静かなものでした。

それで「お前らいないのか」と声をかけながら掘川沿いを歩いていましたが、川ばかり見ているのではなく歩きながら鳥の相手をしたりして、暑いのでトボトボゆっくり川沿いを歩いていきました。

しかし、あまりに暑かったので、いつのまにか下を向きながらトボトボ歩いているだけになり、たまに「お前らいないのか」と声だけかけて掘川沿いを歩いていたのですが、ふと気づくと何か周りからピチャピチャ音がしてきます。

「ん? 何の音がしてるんだろう」と最初はその音が何か分からなかったんですが、そのうちにザバーンとかいう音もしてきました。それで何気なくパッと顔を上げて横の堀川の方を見て驚きました。

なんとなんと、先ほどまでシーンとして静かだった川面がもう一面です。一面ざわついていて、あちこちでキラキラ光る魚のうろこが見えます。

「えっ」と思ったんですが、いつのまにか堀川の水面にたくさん小魚たちが上がってきていてあちこちで飛び跳ねているのです。その飛び跳ねている時に小魚の背のうろこや白い腹がキラキラ光って見えるのです。

先ほどピチャピチャ音がしていたのは、それだけ多くの小魚たちが一変に水面まで上がってきて、水面でピチャピチャ跳ねたり泳いだりしていたので、それでそんな音がきこえてきたようなのです。

そりゃきこえるでしょうね。だって、凄い数なのです。もう堀川の川面一面にすさまじい数の小魚が上がってきていて、その小魚たちが見渡す限りいるのです。

「なんだこれ? お前らいつ上がってきた」などと声をかけていましたが、そういう声をかけると何か知りませんが、大喜びして、一ヶ所だけ跳ね回る魚たちがたくさんいて、その跳ね回っている辺りがです。

まるでその辺りだけ雨ではなくヒョウですか。ヒョウでも降っているかのごとくパシャパシャパシャと水面に穴が開いて、それがだだーと列をなし、何か凄いのです。この小魚たちがやっていることがです。

「お前らなんか凄いな」などと声をかけると、それと同じことをする小魚たちがあちこちにいて、あっちでパシャパシャパシャ、こっちでパシャパシャパシャと凄い跳ね方をしています。

ヒョウが降っているというより、何かその辺りだけ鉄砲で水面をパンパン撃っている(映画やテレビでよく見る光景です)かのようにも見えて凄い迫力です。

「おいおい元気だな」などといおうものなら、またあっちでパシャパシャこっちでパシャパシャやり出す魚たちがいます。また凄いなと思いながらその小魚たちを見ていました。そうして水面一面にはすさまじい数の小魚たちが上がってきている。おいおい、今日はどうしたと驚きました。

何でまた今日はと思ったんですが、しかし、不思議な話です。先ほどまでは本当に静かなものだったからです。堀川の川面はです。何もいなかったのです。シーンとしていたのです。

それが私が川沿いを歩いていたわずか数分の間に、いつのまにかすさまじい数の小魚たちが上がってきていたのです。水面上までです。信じられますか? こういうことがです。

しかし、嘘ではありません。昨日、私の目の前で起きたことをそのまま書いているだけだからです。

それでこの魚たち、一体どれだけいるんだろうとずっと掘川沿いを歩いていったんですが、白鳥橋をこえて七理の渡しくらいまではびっしり上がってきていましたね。二~五センチくらいの魚の集団がそこらじゅうにいましたから。それこそ川面一帯にです。

その先まではもういきませんでしたが(もうキリがないですから。〔笑〕)この小魚の数を考えればです。もう天文学的な数になります。考えられない数の小魚たちが昨日は堀川の水面まで上がって来ていたということです。それも急にです。

こういうことはさすがの私にもあまり起きたことはないですね。

最初からたくさん水面に上がってきていたということはあります。そういう日もあるからです。堀川にいくとたくさん小魚たちが水面にいたということはです。

しかし、それまでまるでそんな気配がなかったのに、声をかけていたら、いつのまに天文学的数字の魚たちが水面にまで上がってきたなどということは、これまでもあまりなかったことです。いきなりすさまじい数の魚たちが、一斉に水面まで上がってくるなどちょっと考えられないことであるからです。

その考えられないことが昨日は起きたのですが、何で昨日はそんな考えられないような奇跡が起きたのか? ということです。

だからきっとそれは天の祝福ではなかったのかと思うわけです。

昨日ああいうブログを書き、このブログの題名をしっかり「清き者たちへのおくりもの」としたからです。

それが天の御心に叶ったのでしょう。だから、そのような考えられない奇跡も起きた。天がそれを祝福してくれたからです。

このブログこそ、正真正銘、高橋信次先生の神理を正しく継いでいるからです。そのブログの題名を「清き者たちへのおくりもの」としたのなら(高橋先生の絶筆である新復活の副題をつけるなら)このブログこそ神理を正しく受け継いでいると(高橋先生や園頭先生の弟子たちも含めた)多くの人たちに知らしめることになります。

それを天も喜び、それで祝福してくれた。そうでなければ、これほどの奇跡が早々起きるものではないからです。

ということは、天もこのブログが唯一無二の正法神理を正しく説いているということを認めてくれたということになり、そうなると昨日書いた通り、正しい題名をこのブログにつけたことにより、これまで以上の奇跡もまた現れてくるということになります。

このような天のお墨付きまでもらえているからです。

その天が認める神理をです。いつまでも無視しているほど(逆らっているほど)愚かな行いもないのです。

追伸…いよいよ今日から東京オリンピックが始まりますね。しかし、このオリンピックは呪われた大会と海外メディアからいわれているようですね。(苦笑)今回のオリンピック関係者で辞退者や辞めさせられる人が続出しているからです。

昨日もまた演出担当者がクビになったそうですが(昨日はユダヤ団体から抗議文が出たとか。さすがに皆さんユダヤ団体から抗議文が出てきては真っ青でしょう。〔苦笑〕)今のところサッカーやソフトボールなど出だし好調なんですが、果たしていつまで続きますかね。

この調子では日本チームの成績がよいのもです。

今回のオリンピックは完全に神を敵に回しているからです。日本はです。だからこんなことも(呪われた大会などと)いわれるようにもなる。神が味方しないからです。

さて、その神が味方をしないオリンピックがどういうものになるのか、興味を持って見ていましょう。

0コメント

« Prev - Next »


あなたは人目の訪問者です。